審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

知って得するクレジットカードを賢く使う方法

元大手金融会社勤務の管理人よっしーのお得なクレジットカード情報です。
クレジットカードを賢く使いましょう。

第23回 クレジットカードの電子マネー導入の背景

ポストペイタイプの電子マネーを利用するためには、提携しているクレジット会社にあらかじめ加入する必要があります。

クレジット会社と電子マネー会社はライバル関係にあるとに思ってしまいますが、それが提携関係を結ぶのには理由があります。電子マネーが得意とする分野は、3000円以下のコンビニなどの小口決済がほとんどであり、実際の利用状況もそれを反映しています。

コンビニといえば、セブンカードを発行する人を見かけるようになりました。キャンペーンもやってるし、カード特典も満載ですし評判が良いのもうなずけます。

話しを戻しますが、クレジットカードというのは、電子マネーよりも高額な、5000円以上の決済がメインで、小口決済に関しては、手間がかかり、手数料収入も多くは見込ないため、今まで力を入れてきませんでした。

ですが、改正貸金業法によってクレジット会社の収益の一部を担っていたキャッシングの金利も引き下げざるを得なくなり、そこからの収益も以前よりも期待できなくなりました。 そこで、クレジットカード会社は電子マネー会社と提携して、相互のメリットを生かしたビジネスを展開しています。

顧客が電子マネー利用時に提携クレジットカードからお金をチャージしたり、ポストペイを利用してお金がクレジット決済されることにより、クレジット会社は電子マネーの会社から手数料が入ります。

電子マネーの会社としてもプリペイドだけだと利用金額も伸びず、顧客の獲得にも限界があるので、クレジットカード会社と提携し、その都度チャージする必要の無いポストペイで利用者の増加を狙っているのです。

現金よりお得なところは、チャージした金額でもクレジットポイントが付いて、電子マネーの利用でもポイントが付くタイプもあり、利用者としてはダブルでポイントが付くのが嬉しいですね。 クレジットカード利用で貯めたポイントを電子マネーとして交換できるカードもありますので、利用する側から見てもメリットがあります。


< 編集後記 >

私は毎日電車で通勤していますが、いつもに乗る時間と車両は決まっています。
電車やバスで通勤、通学されている方は、ほとんどの方がそうじゃないでしょうか?

ある程度日数を重ねると、必ず毎日顔を合わせる人達というのが出てきます。この人は次の駅で降りるから、前に立っていれば必ず座れるとか、だんだんわかってきます。

電車に乗る前も、お互い顔を知っているライバルがいるので、その相手に先を越されて、いいポジションを押さえられて、悔しい思いをすることもあります。毎日通勤するのは大変ですが、こんなところで地味に楽しんでいます。

>>【第24回】セゾンカードでお得

知って得するクレジットカードを賢く使う方法 カテゴリー 一欄

ページトップへ