審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカード 審査に落ちる理由

NTTグループカード

クレジットカードはすべての人が発行できるわけではありません。せっかく申し込みをしても、審査に落ちることもあります。一度でも、クレジットカードの審査に落ちたことがある人は、「審査に通らない理由って何?」と考えたと思いますが、場合によっては、「なぜ、審査が通らなかったのか!?」と、直接クレジットカード会社に理由を問い合わせる人もいることでしょう。

ですが、クレジットカードの審査に落ちる理由については、絶対に答えてもらえません。なぜなら、審査に落ちる理由を明かすということは、そのクレジットカード会社の審査基準を話すことと同じになってしまうからです。カード会社に限らず、モビットのカードローンなども審査基準というのは極秘事項になっていますからね。

ただ、クレジットカード会社で、審査する上で重視している項目というのはいくつかありますので、それを知っておけば、クレジットカードの審査に落ちる理由を知る参考くらいにはなるはずです。審査において、もっとも重視されるのは「クレジットカードの利用代金をきちんと支払う能力と意思があるかどうか」ということ。

他のクレジットカードやローンの契約・利用状況、そして返済状況などが信用情報を通じてチェックされます。年収とのバランスを考えて、新たにこのクレジットカードを作っても支払いがきちんとできるかという点を審査されます。もちろん延滞などがあれば、これは審査に落ちる大きな要因となります。

ローンの延滞はもちろんのこと、他のクレジットカードの支払いの延滞もよくありません。「うっかり1回だけ数日程度、延滞をしてしまった」というレベルで、その後はまったく遅れもないし、きちんと支払いが出来ているなら、大目に見てくれるところもありますが、審査が通りやすい状態とはいえません。

「延滞日数が長い」「延滞日数は短いが、複数回延滞を繰り返している」という人は、まともな返済の意思がないと判断され、審査に落ちる可能性がきわめて高いです。また、安定性についても審査に大きく影響します。「収入はどのくらいあるか」、「正社員か」、「勤続年数はどのくらいか」、「居住年数はどのくらいか」。

このあたりの安定性は、クレジットカードの審査においてスコアリング(点数付け)をされるケースが多いです。例えば、いくら年収が高くても「不安定な雇用形態で職を転々としている」などという状態では、スコアリングの基準点に満たないということで審査に落ちることもあるわけです。

ページトップへ