審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカード 還元率

楽天カード

クレジットカード選びにおいて基準は色々ありますが「そのクレジットカードの還元率がどれだけいいか」を最大の基準にしている人も多いのではないでしょうか。

クレジットカードの還元率とは、「そのクレジットカードの利用代金に対して、還元されるポイント等にどれだけの価値があるか」というものです。ポイント還元でもっともわかりやすいクレジットカードといえば、楽天カードでしょう。

楽天カード利用で貯まったポイントは「1ポイント=1円」換算で、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天関連の商品購入やサービスを受ける時に使えます。要は、家電量販店のポイントカードと同じようなものです。キャンペーン等が特にない場合、楽天カード利用100円につきカード利用ポイントが1ポイント貯まります。

つまり、楽天カードの還元率そのものは「通常なら1%」ということになります。これに対して、大半のクレジットカードは「ある程度貯まったポイントを、ポイント特典商品と交換する」というのが主流です。キャンペーン等がなければ1000円でカード利用ポイントは1ポイント付与が一般的です。

これだけ見ると「楽天カードの10分の1しか還元率がないの!?」とビックリされるかもしれませんが、1ポイントの価値が違います。交換できる商品は多様ですのでいちがいに言えないところがありますが、ポイント還元率が分かりやすいのが「商品券類とのポイント交換」でしょう。

商品券や図書カードでは、1000ポイントだと、大体、5000円分のの交換になります。つまりクレジットカードの還元率としては0.5%ぐらいになるものが多いです。これでも楽天カードよりも還元率は低いですが、その分「商品券や図書カードはさまざまなところで使える」という大きなメリットがあります。

なお、ここにあげた還元率の例は、あくまで「キャンペーンなど、ポイント付与率が上がる要素を一切加味していない」例にすぎませんので、クレカ ポイントの付与率が上がるキャンペーンなどを積極的にやっているクレジットカードを選べば、かなりお得なポイント還元を効率よく得ることができると思います。

ページトップへ