審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカード 種類

JCB EIT

クレジットカードの種類は、個人カードの場合、今のところ基本的には5種類のランクがあります。一般カード、学生カード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード。この中で、とりあえず最初に作ることができるのは一般カードです。

一般のクレジットカードは利用金額の返済も変わることもあり審査基準も甘めなので、多くの人が審査にパスして手軽に所有することができます。

もちろん手軽な分、利用限度額は高くはありませんが、それほど高額な買い物をする人でなければ、この一般カードがあればたいていは対応できるといっていいでしょう。気軽なカードといえば、機能的には一般カードとほぼ同じですが、職を持っていない学生が持てる学生カードというのもあります。

学生ですから当然支払い能力は社会人以下、ということで、利用限度額はかなり低く抑えられる傾向があります。また「学生カードは学生なら誰でもOK」というわけではなく、各カード会社は「18歳以上」や「20歳以上」など、加入の際の下限年齢を設定しています。さらに年齢の上限が設けられているケースもあります。

ゴールドカードは、一般カードよりもランクが上のカードです。一般カードよりもはるかに高い利用限度額と充実したサービスがありますし、世間的には「ゴールドカードを持っている」ということ自体がステイタスにもなります。ですがその分、ゴールドカードは一般カードよりも審査基準がかなり厳しくなります。

特に年収については、MUFGのゴールドカードのように一定の水準をもうけているカード会社がほとんどです。また、サービスが充実している分、ある程度年会費も高額になります。一般カードの利用状況が良好な会員に対しては、カード会社側からゴールドカードへの切り替えを勧めてくるケースもあります。

そしてプラチナカードは、ゴールドカードよりさらにワンランク上。各カード会社がゴールドカード利用実績などが良好な会員に対し、「プラチナカードに切り替えませんか」という趣旨の招待をするのが一般的ですが、最近ではHPなどでこちらから申し込みができるタイプのプラチナカードも増えつつあります。

そしてプラチナカードよりもさらにステイタスが上で、クレジットカード最上級の存在といえるのがブラックカード。ブラックカードともなると、取り扱いをしているカード会社もかなり数が限られてきますし、招待制についても徹底されており、こちらからホームページなどで申し込み、ということはまずできません。

ページトップへ