審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

利用金額の返済について

クレジットカード利用金額の、様々な支払い方法

クレジットカードの利用金額の支払いには、様々な返済方法が用意されています。

一般のクレジットカードの中でも、P-one カードライフカードとでは返済方法が異なる場合があるのです。 返済の方針を立てるためにも、必ずクレジットカード利用金額の返済方法を確認しておきましょう。

一括払い

一括払い、という名前の通り、クレジットカード利用金額を一括で(一度に)支払ってしまう方法です。
この場合、支払いを1ヶ月遅らせることが出来るのですが、手数料がかかりません。しかも、クレジットカード利用時のポイントが溜まるため、非常にメリットの大きい支払方法といえます。

その利便性ゆえ、クレジットカード利用者の9割が一括払いを利用しています。ひとつ注意点を挙げるとするならば、店舗で直接現金を支払うわけではないため、利用金額が大きくなりすぎないように注意を払う必要があります。

分割払い

一括払いと同様に手数料がかからない2回分割払いと、手数料がかかる3回以上の分割払いとがあります。
手数料がかかったとしても、瞬間的な大出費を防ぐことが出来ますのでとても便利です。高額な商品を購入する際に都合の良い支払方法です。

ひとつ注意点を挙げるのであれば、クレジットカードが分割払いに対応していたとしても、店舗が分割払いに対応していない場合があるということです。

リボルビング払い(リボ払い)

毎月決められた一定の金額を支払う方法です。分割払いでは、たくさん買い物をすると毎月の支払い金額が上がっていきますが、リボルビング払いではこれが一定金額になります。(毎月の支払い金額が一定となる代わりに、支払い回数が増えます)また、クレジットカード会社のキャンペーンで、リボルビング払いだとポイントが多く溜まるキャンペーンが頻繁に行われています。

クレジットカードの支払い金額が増えてくると非常に便利な返済方法ではありますが、支払い回数が非常に長期となってしまうことがしばしば有るため、クレジットカードの総支払金額が大きくなってしまうこともありますので注意して下さい。

ボーナス払い

一般的な会社員であれば年2回支給されるボーナスでクレジットカード利用額を支払う方法です。
ボーナス一括払いであれば最長6ヶ月、ボーナス2回払いであれば最長1年、支払い猶予期間があります。また、実際にはボーナスが支給されていなくてもボーナス払いは可能です。

ただ。先の返済の見通しが立たない状態でのボーナス払いは危険ですから、絶対にやめましょう。

クレジットカード利用額の返済に困った場合には

クレジットカード利用額と、毎月の支払額を計算して、返済に困るということが起こらないようにするのは当たり前ですが、それでもリボ払いや分割払いが嵩んでしまうと返済に困ることは出てきてしまいます。

そのような時に相談できる窓口として、司法書士事務所があります。お金の悩みというのは、非常に後ろめたい感情を伴うもので、親・パートナー・友人には相談しづらいものです。

司法書士事務所は、そんなお金の悩みを聞いてくれるばかりか、その悩みを解決するお手伝いをしてくれますから、悩んで参ってしまう前に是非相談したいものです。まずは連絡してみましょう。

ページトップへ