審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカード 無職でも作れるの?

LINDAカード

「今無職なんだけど、クレジットカードを作れる?」というのは、結構気になるところです。結論から言うと、「無職でも状況しだいでは、作れることもある」といった感じです。例えば、専業主婦。「主婦を無職扱いとは失礼な!」と怒ってしまう人もいるかもしれませんが、主婦というのは本来、職業名ではないし、家事は、世間一般の「仕事」とは別物なので、実質的には無職扱いになってしまいます。

ただし、専業主婦の場合は、普通の無職と違って、収入を得ている配偶者がいるというのが大きな強みです。たとえ、自身が無職でも、クレジットカード審査の際、配偶者であるご主人の支払い能力が認められれば、専業主婦の名義で、主婦のクレジットカード発行は、ある程度の範囲までは認められるということです。

クレジットカードとは少し違ってきますが、似たケースで、アイフルなどのカードローンの審査では、主婦でも審査に通るケースが多いといわれています。また、主婦以外でも、学生なら学生カードを申し込めば、無職でもクレジットカードを手に入れることは可能になります。

それ以外の無職の人については、やはりクレジットカードの審査は相当厳しいものとなります。ですが、たとえ無職でもそれなりの不労所得(預貯金の利子や株の配当、不動産の賃料収入など)が安定して見込める場合は、クレジットカードの審査を通してもらえるケースもあります。

ただし不労所得があるということを黙っていては、審査でも分かってもらえないので、事前にクレジットカード会社に「自分には不労所得がある」ということを確認してもらう必要があります。ただし、不労所得でクレジットカードの審査を通してくれるところばかりではありません。

「専業主婦でも学生でもない無職」というだけで問答無用で落とすところも多いということは、理解しておきましょう。なお、「短期バイトをして、その間に、バイトでも申し込めるクレジットカードを狙ってみる」という人も、中にはいますが、これはおすすめできません。

そもそも、そういうことを考える人は、どうしても収入が将来的にも安定せず、いずれクレジットカードの支払いに行き詰まりやすい傾向があります。「クレジットカードが作れない」というのは、支払い能力がない人にとっては、ある意味安全弁のようなものでもあるのです。

ページトップへ