審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

JCB ドライバーズプラス 特徴(キャッシュバックキャンペーン中!)

さくらカード ドライバーズプラス

JCBから一風変わったクレジットカードが発行されています。
その名も、JCBドライバーズプラスカード。

クレジットカード名称から、このカードの特徴は察することができますが、他クレジットカードでは、なかなか見ることができないサービスを提供しています。

■JCBドライバーズプラスカードの概要について

JCBドライバーズプラスカードは、名前どおり車をよく運転する人に向けたクレジットカードとなっています。だからこそ、JCBドライバーズプラスカードという名前になっているわけですが、どのようなメリットを受けることが出来るのか?について、掘り下げてお話をしていきます。また、合わせてデメリットについても触れていきたい思います。

◇得られるメリットはキャッシュバック

メリットは何と言っても、現金を貰うことができるキャッシュバックサービスです。
キャッシュバックということで、返ってきたお金で、ちょっとしたランチなどを楽しんだりと、使用用途は様々。元々、返ってこないはずのお金が手元に戻ってくるというのは、「お得感」が非常に大きいため、大きなメリットと言えるでしょう。

そして、このキャッシュバックされる金額は、車に乗れば乗るほど高額になるため、職業柄、よく車を運転するようなドライバーの方は、大きな恩恵を得ることができます。
完全にドライバーに特化したカードとなり、状況がハマって利用できる方は、これ以上ないくらいのメリットを実感できると思いますよ!

◇デメリットは「複雑」と「浮いた存在」がキーワード

先ほど説明した通り…JCBドライバーズプラスカードはポイントプログラムの概念がないため、汎用性がないというデメリットがでてきます。
例えば、ポイント移行について通常、JCB系クレジットカードで貯めることができる、OkiDokiポイントは、Tポイントを始め、楽天ポイント、ANAマイルなどに交換ができます。結果、汎用性が高いと言えるわけですね。キャッシュバックで得られる現金は…やはり現金のためそれでも汎用性が高いのですが…。

「サブカードをどうするのか?」など、先に説明したポイント移行を含め、他クレジットカードと相性が悪くなってしまいます。つまり、浮いた存在になってしまうということが、大きなデメリットになります。(殆どの場合、クレジットカードはメインカードとサブカード数枚の組み合わせで所持する)

さくらカード ドライバーズプラス加えて、ポイントプログラムの代わりになる「キャッシュバック」のシステムが、複雑で理解がしにくい点も挙げられます。例えば、キャッシュバックを得るためには、高速道路の利用、またはガソリンスタンドの利用をしなければならないという点。

さらに、キャッシュバック率も、クレジットカードの使用状況によって変わってきます。詳しくは後ほど説明をしていきますが、理解するのに一苦労というデメリットがあることを、まず理解してください。

■新規入会キャンペーを上手に利用してお得なカードライフを

JCBドライバーズプラスカードは、新規入会キャンペーンもお得となっており、上手に活用をしていきたいところ。最大で「6,500円」相当のプレゼントが期待できるため、その "お得さ" は言うまでもありません。
しかし、単純に入会すれば6,500円相当のプレゼントが貰えるわけではありません。
相応のハードルをクリアしなければならないため、1つずつ説明をしていきます。
ちなみに1つは「新規入会するだけでJCBギフト券2,000円」が貰えるため、説明をする必要もないため割愛させて頂きます。では、残り4,500円分のゲット方法を説明していきましょう。

◇家族カードの同時入会で2,000円獲得

クレジットカードを発行時に、家族カード1枚発行に付き、1,000円分のJCBギフトカードを獲得することができます。最大に2人までとなっているため、2,000円までは獲得することが可能。正直なところ、家庭持ちの人でなければ、得ることができないカードになってくるため、人によっては実現はなかなか難しいかもしれません。ただ、環境的に可能であれば、積極的に家族カードを発行することをオススメします。

◇「支払い名人」の設定で現金1,500円獲得

支払い名人とは、平たく言えば、リボ払いの自動切り替えサービスになります。
一定の金額を、前もって任意で決めておき、この決めた額を超えるようなクレジットカード払いをしたとき、自動でリボ払いになるサービスです。例えば、1万円と設定しておいた場合、2万円の買い物をしたとします。支払い名人が自動的に1万円ずつの支払い(プラス手数料)に変えてくれるわけです。手数料は、いわゆる利息のことで、この利息を支払たくないという方もいらっしゃることでしょう。

であれば、設定金額を10万円など、普通に買い物をしたときに超えないような金額を設定しておけば、リボ払いにはならないため問題ありません。この設定するだけで、1,500円のキャッシュバックを得ることができます。

■JCBドライバーズプラスカードで発行ができる追加カードについて

JCBドライバーズプラスカードには「ETCカード」「家族カード」「QUICPayカード」の追加カードが存在します。QUICPayカードに関しては、先ほど新規入会キャンペーンの章で説明したため、詳しくはそちらを参考にしてください。この章では、残りのETCカードと家族カードについて触れていきます。

◇家族カードとは?

既に知れ渡っている「家族カード」ですが意外と「知らなかった」ということもあるかもしれないため、復習の意味も込めて一読して頂ければ幸いです。家族カードは、本会員(メインとなる会員)と生計を同一にする配偶者とその子供に対して、発行できる追加カードです。「生計と同一にする」とは、言葉通りで、本会員の収入で生活をしていることを言います。
条件は、その配偶者となっているため、もし配偶者が働いて、生計を同一にしていなかった場合は、発行できないというわけです。子供に関しては18歳以上(高校生を除く)で、こちらも「働いていない」ことが条件となります。もし、18歳以上の子供が社会に出て働きに出ているのであれば、生計の同一ではないため、家族カードは発行出来ません。

◇ETCカードについて

ETCカードに関しては、家族カードのように、1人1枚で発行してくれるわけではありません。JCBドライバーズプラスカード1枚に対して1枚までとなっているため、注意が必要です。ただ年会費などは、家族カードとは違って発生しません。

■年間72,000円のキャッシュバックが可能!

ここからは、一番気になると言っても過言ではない、キャッシュバックについてのお話になります。よく車を運転する方が得する理由を始め、分かりにくいキャッシュバックのシステムについて説明をしていきたいと思います。

◇大きく3つのステップを経て現金獲得

キャッシュバックで現金を獲得するためには、大きく3つのポイントを押さえておく必要があります。

1.JCBドライバーズプラスカードを使う(キャッシュバック率決定のため)
2.キャッシュバック率の決定
3.JCBドライバーズプラスカードを使う(キャッシュバック金額決定のため)

まずは、JCBドライバーズプラスカードを使います。この使った金額…つまりクレジットカードで支払った金額に応じて、キャッシュバック率が変わってきます。例えば、10万円を利用したら、キャッシュバック率は10%になります。
(対象となる金額は1ヶ月間になります -> 例:7月16日~8月15日まで)
以下に、キャッシュバック率一覧表を以下に記載するため参考にしてください。

・0 3 万円未満 (キャッシュバック率:0%)
・3 ~ 5 万円未満 (キャッシュバック率:2.5%)
・5 ~ 7.5 万円未満 (キャッシュバック率:5%)
・7.5 ~ 10 万円未満 (キャッシュバック率:7.5%)
・10 ~ 15 万円未満 (キャッシュバック率:10%)
・15 ~ 20 万円未満 (キャッシュバック率:15%)
・20 ~ 25 万円未満 (キャッシュバック率:20%)
・25 ~ 30 万円未満 (キャッシュバック率:25%)
・ 30 万円以上 (キャッシュバック率:30%)

「10万円の10%だから1万円もキャッシュバックがある」と思った方…残念ながら、そうではありません。このキャッシュバック率は、もう少し後で登場するため、今暫くお待ち下さい。ちなみにキャッシュバック率は、先の例の期間「7月16日~8月15日」の場合、8月下旬頃に決定します。

さて、ステップ2のキャッシュバック率の決定まできたら、続いては、改めてJCBドライバーズプラスカードを使います。このとき、必ず「ガソリンスタンド」や「高速道路」の支払いも含めて下さい。理由は単純で、この2つの利用料金に対して、キャッシュバック率が適用されるからです。ちなみに、8月下旬に決定したキャッシュバック率は、9月1日~9月30日までが対象となります。

もし、ガソリンスタンドで給油5,000円、高速道路で10,000円を9月中に利用した場合、15,000円が対象となります。結果、10%のキャッシュバック率となるため1,500円が現金として手に入れることができます。

さて、このキャッシュバックですが、残念ながら「月最大6,000円」という上限があります。キャッシュバック率30%を獲得して、ガソリンスタンドや高速道路で50万円を利用しても15万円を獲得できるわけではありません。
この場合でも6,000円となりますが…年間72,000円までキャッシュバックされると考えれば非常にお得といえるのではないでしょうか。また、キャッシュバックのポイントが「ガソリンスタンド」「高速道路」という点があるからこそ、車によく乗る方が有利になるクレジットカードということが改めて、ご理解いただけたかと思います。

JCBドライバーズプラスカードの概要

お得なキャッシュバックキャンペーン実施中!
JCBドライバーズプラスカード

サービス / 会員特典
特典
キャッシュバックサービス
カードの利用金額に応じて、ガソリンスタンドや高速道路のご利用分がキャッシュバックされます。
ポイント ※キャッシュバックサービス
付帯保険 ショッピング保険 : 最高100万円 (購入してから90日間)
入会/申し込みについて
提携ブランド JCB
ショッピング 利用限度額 10~50万円
お支払方法 リボルビング : 13.20~15.00% / 分割払い : 12.00~15.00%
キャッシング 利用限度額 新規ご入会時の利用限度額、融資極度額は、上記の範囲で別途通知されます。
お支払方法 実質年率 : 18.0% / 1回払い、リボルビング払い
入会、申し込みについて
入会金・年会費
入会金:1,350円 (税込)
今なら初年度年会費無料(オンラインで入会申込をすると年会費が初年度無料になります)
ドライバーズプラス ゴールドカード / 10,500円 (税込)

家族カードの年会費は、432円(税込)です。

入会基準
日本国内にお住まいの高校生を除く18歳以上で、電話連絡が可能な方。
未成年の方は、親権者の同意が必要。
オンライン申込を利用する場合は、メールアドレスが必要となります。
必要書類
  • お支払いの際の民間金融機関または郵便局の口座番号
    (郵便局の場合は通帳番号)を確認できるもの)
  • ご本人様と確認できる本人確認書類
    (運転免許証・パスポート・外国人登録証明書など)
本人確認 カードお届けの際は、「本人限定郵便」にてカードをご送付させて頂きます。
カードのお受取時には、本人確認書類が必要となります。

ページトップへ