審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカード 審査年収基準

ダイナーズ

クレジットカードを作るには、基本的には「年収があること」が必須条件です。年収がなくても作れるのは、親や配偶者の支払い能力を担保代わりにできる学生カードや専業主婦のクレジットカードぐらいです。では、クレジットカードの審査に通る年収とはどのくらいなのでしょうか?実は、かつては一般カードであっても「年収200万円以上」という審査年収基準をつけているところが多かったです。

多少ゆるいところでも「年収150万円以上」が審査の年収基準となっていました。クレジットカード会社の先駆けとなったダイナースカードなどは、審査は厳しかったといえます。しかし今は、アルバイトやパートなど、年収200万円・150万円に満たない人たちでも、安定かつ継続した収入があれば、審査に通るケースも多くなっています。

ただ、審査年収基準がゆるくなっている分、その他の面はキッチリ見ています。他のクレジットカードやローンはないか?あった場合は、その総額はどのくらいか?支払いで延滞はしていないか?などといったところは、信用情報で特にしっかりとチェックされています。

この信用情報の状態が良ければ「たとえ年収は低くても、それなりにクレジットカード代金の支払い能力はある」と見なしてもらえるわけです。つまり今は、「審査に通る年収の基準」をそこまでキッチリ枠にはめず柔軟に審査してくれるカード会社が多くなっているということです。

もちろん、年収が低い人と高い人とでは、認められる利用限度額は違ってきますが、そこは仕方ありません。ですから一般カードについては、「継続雇用である程度安定した収入があれば、年収自体は低くても、利用限度額が少ないクレジットカードなら、カード審査に落ちる可能性は低い」ということです。

ただし、これがゴールドカードとなると、さすがに厳しくなります。ゴールドカードの審査年収基準は、かつては500万円以上が当たり前でした。現在は、500万円以下の年収の人でも申し込みができるゴールドカードが増えており、審査のハードルは下がりつつありますが、それでも、300万円以上の年収がないと厳しいところが多いです。

ページトップへ