審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカード 手数料

楽天カード

クレジットカードの手数料といえば、本来は「カード加盟店がJCB エイトなどのクレジットカード会社に支払う手数料」のことを指しますが、このカード手数料が、クレジットカード利用者に直接ふりかかってくることは決してありません。なぜならカード会社の加盟店になる際に、「カード利用者と現金払いのお客様で金額的な差をつけてはいけない」という趣旨の契約をしているからです。

ですので、加盟店が「クレジットカード会社から取られるカード手数料を、お客様に請求しよう!」ということ自体が規約違反になるのです。それでも「クレジットカード会社に内緒で、コッソリお客様にクレジットカード手数料の負担を要求する」という悪質な加盟店は今でも多少残っているといいます。

カード利用者が「手数料を支払う必要がない」ということを知らずに払ってしまうケースも多いので、それを狙っているわけです。もし「クレジットカード払いの場合は○%の手数料がかかります」などと言われた場合、いったん取られてしまった手数料を取り返すのは困難ですので、会計をそのまま済ませてしまってはいけません。

有効な手段としては「手数料を払う必要があるのか、今からクレジットカード会社に確認します」とカードの裏面にある電話番号に電話してみるという方法があります。これをやればたいていの加盟店はあわてて手数料請求を取り消してくれるでしょう。もちろん、あとでその加盟店についてはしっかりとカード会社に報告しておきましょう。

では、一般的に「カード利用者がクレジットカード会社に支払う手数料」としてはどんなものがあるのでしょうか?利用者に関わってくるクレジットカードの手数料は、おもに、クレカの年会費の手数料、分割払い手数料、リボルビング払い手数料とあります。この中でも、年会費手数料については、無料のところも少なくありません。

また、本来は年会費がかかるクレジットカードであっても、「返済面や所有期間などの一定の条件を満すことにより、年会費手数料が無料になる」というところもあります。分割払い手数料やリボルビング払い手数料は、感覚としては、ローンの金利のようなものです。余談になりますが、一昔前は、クレジットカードの新規発行や解約の際にも手数料を取っていたケースもあったといいますよ。

ページトップへ