審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカードとは?

クレジットカードとは、商品購入などの際、現金がわりとしてその代金を決済できる手段を持ったプラスチック製のカードのことです。発行元で審査は違うのですが、カード会社が会員に「この限度額内であればあなたの支払い能力を信用していますよ」という意味でカード所有と利用を認めるものであり、「信用=credit(クレジット)」というところから、クレジットカードという名がついています。

ところで、そもそもクレジットカードとはどこでどんなきっかけで誕生したのでしょう?クレジットカードの歴史は、アメリカから始まりました。元々アメリカは、「多額の現金で決済を済ませる」という日本の文化とは異なり、かなり昔から小切手での決済が当たり前のように行われていたんですよ。

その「現金代わりの小切手」よりも、さらに便利な現金代わりの決済手段として、クレジットカードが誕生したというわけです。最初にクレジットカード会社を作ったのは、今も老舗のクレジットカード会社として世界的に有名なダイナーズクラブです。しかし、まだこの時点ではクレジット「カード」の形ではなく、チケット制の手帳型でした。

ちなみに、ダイナースクラブのクレジットカード会社を設立した理由は「財布を忘れても、みじめな思いをしなくていい支払い方式があればいいのに」というものだそうです。確かに、小切手を使うにしても、小切手は長財布の中に入れるのが普通、って感じですからね。

そして、ダイナーズクラブがクレジットカード会社を設立した翌年である1951年、ついに、フランクリン・ナショナル銀行がはじめて、クレジットカード発行をすることとなりました。ここからいよいよ本格的に、今の形のクレジットカードの歴史がスタートしたというわけです。

ちなみに日本では1960年代からクレジットカードの流通が始まりましたので、アメリカからは約10年遅れということになりますね。それにしても、当時「現金決済が当たり前」の日本文化の中で、クレジットカードを認知・流通させるにはかなりの苦労があったんじゃないかと思います。

ページトップへ