審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカード 家族カードのメリット・デメリット

家族

本人カードの信用の元、発行できる家族カードには、いくつかのメリットやデメリットがあります。メリットはいくかありますが、何といっても年会費の安さでしょう。

ほとんどの家族カードは、年会費が無料、もしくは、本人カードの半額程度かに設定されています。、たとえば「夫婦で本人カードをそれぞれ持つ」より「夫が本人カード、妻が家族カードを持つ」という方が費用負担が少なくて済むわけです。

それに、「本人カードとほぼ同様の特典・サービスが受けられるケースが多い」というメリットも見逃せません。たとえば、本人がゴールドカードホルダーであれば、空港のラウンジが使えるなど、その家族カードの所有者もゴールドカードクラスに近い、特典やサービスを受けることができるわけです。

もちろん、一部サービスでは本人カードと家族カードに差があるものも少なくありませんが、全体的にみて「本人カードに近いレベルのサービスが受けられる」というところは、魅力です。審査についても、本人カード所有者の信用情報をもとに家族カードは発行されています。

普通なら審査が通りにくくなることが多い専業主婦であっても、家族カードなら所持できる可能性がグンと高くなるのも大きなメリットでしょう。 例えば、専業主婦では審査基準から見ても、ほぼ作ることはできないですが、現在人気のMUFGカードのゴールドだって所有することができるわけです。

ただ、家族カードには、デメリットもいくつかあります。まず、なんといっても、「家族カードはあくまで本人カードの付属にすぎない」という点でしょう。本人カードが解約されれば家族カードも当然解約になってしまいます。サービス面においても、家族カードが本人カードを上回ることは、まずありません。

あくまで家族カードが受けられるサービスというのは「本人カードとほぼ同等か、それより少し劣るサービス」までにとどまります。その他に、これはメリットともデメリットとも断言することはできませんが、「家族カード利用の明細や請求については、本人カード所有者に通知が行く」ということも理解しておいたほうがいいでしょう。

これを「一括管理できて便利」、「家計簿をつけてるから助かる」といったメリットととらえるか、「自分が使った明細をいちいち見られるのは嫌」というデメリットととらえるかは、それぞれの家庭によって違ってくるでしょう。

家族カードが発行できるゴールドカード

家族カードが発行できるゴールドカードを、特典・サービス、審査などで比較しました。

家族カードが発行できるゴールドカード / 申し込み資格・審査基準・年会費・特典サービス
MUFGゴールドカード
  • 申し込み資格・審査基準: 生計を共にする配偶者、両親、満18歳以上の子供(高校生を除く)
  • 年会費 : 1人目無料、2人目から400円[税別]
    (初年度年会費無料)
  • 特典・サービス : 家族会員入会キャンペーン実施中!
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス
  • 申し込み資格・審査基準:生計を共にする配偶者、両親、満18歳以上の子供。(高校生を除く)
  • 年会費 : 1,050円
  • 特典・サービス : 本会員と同等のサービスを受けれます。
デルタ スカイマイル・アメリカン・エキスプレス
  • 申し込み資格・審査基準:生計を共にする配偶者、両親、満18歳以上の子供。(高校生を除く)
    ※ 18歳未満、高校生の場合は、JMB会員の方。
  • 年会費 : 12,600円
  • 特典・サービス : スカイマイルが日々の生活でもどんどん貯まります。

ページトップへ