審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカード 審査項目

JALカード

クレジットカードの審査項目はいろいろあります。「いろいろと言われたって、具体的にどんなものを審査するか教えて欲しいと」と思われる人もいるかもしれませんが、実はあなたが申し込むクレジットカードの審査項目のヒントは、そのクレジットカードの申し込み書や申し込みフォームにあるのです。まず「申し込み条件を満たしているかどうか」。まずここをクリアしていることが必要になります。

どんなクレジットカードでも、年齢等、多少の条件はあるはずですからね。それ以外の審査項目は、「申し込み書や申し込みフォームで入力する、ほとんどのことが審査項目となる」と思っておけばいいでしょう。審査項目としてまず間違いなく聞かれるのは、年収です。支払い能力の大きな判断基準のひとつとなりますからね。

しかし、仕事にかかわる審査項目は年収だけではありません。勤務先や勤続年数を聞かれるだけでなく、正社員なのか契約社員なのか派遣なのかアルバイトなのか、勤務形態も聞かれるケースがほとんどです。他にも、居住年数、固定電話の有無などを審査項目とし、安定性を見るケースも多いです。

申し込み書や申し込みフォームの内容の大半と、CICなどの信用情報が、一般的なクレジットカードの審査項目だということです。ただ、ライフカードの審査とゴールドカードの審査が違うように、カードの種類によっても審査項目が変わったり、カード会社によって、審査項目は異なることもあります。

なお、申し込み書や申し込みフォームの記入・入力内容に間違いや抜けが多かったりすると、「いいかげんな性格」と判断され審査上でマイナス評価されてしまう可能性もあるので注意しましょう。あと、意外なことに、一般クレジットカードにおいては、預貯金などの資産については審査項目の対象となっていないケースも多いです。

一般クレジットカードは限度額も低いので、クレジットカードの審査方法はあくまで、「預貯金があろうとなかろうと、現時点での支払い能力と安定性」を重視する傾向があるわけです。ですが、これが、プラチナカードの審査、ブラックカードの審査ともなると、やはり資産は審査項目に入ってくると言われています。

プラチナカードの審査項目やブラックカードの審査項目は、各カード会社でも完全に極秘!といってもいい状態ですので、「資産が審査項目になる」というのはあくまで推測、ウワサの範囲だと思っていたほうがいいでしょう。

ページトップへ