審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカード 年会費

ガンダム VISAカード

クレジットカードですが、カード会社にとって実はそれなりに経費がかかるものなんです。モビットのカード1枚を新規発行するにしても、カード発行や情報管理、そしてカードの発送などを合わせると、それだけで数千円の経費がかかってしまいます。もちろん、その経費は新規発行時にかかるだけでなく、その後も情報管理はずっと維持していかなければいけません。

カード利用明細の発行をしたり、会員サービス専用WEBサイトの運用をしたり、各種付帯サービスをつけてそれを維持したり、といったことが必要になってきます。ですので、クレジットカードたった1枚に対しても、継続的にずっと何らかの経費はかかってくるものなのです。

そうした経費がかかるという理由もあって、かつては年会費有料のクレジットカードが大半を占めていて、一般カードだと、2000円以下の年会費が中心でした。ところが今では、年会費無料クレジットカードが激増しています。経費がかかるのは同じなのに、なぜ年会費無料にできるのかというと「薄利多売」を狙っているからです。

年会費を無料にすれば当然ながら、クレジットカードの申し込みは多くなりやすいので、たくさんの利用が見込めます。クレジットカード使用で発生する、「加盟店からもらうクレジットカードの手数料」や「分割払い・リボルビング払いを選択したカード保有者からもらう手数料」での収入を見込んでいるわけです。

ただ、年会費無料である分、サービス面がイージーなものも少なくありませんので注意しましょう。逆に今でも年会費有料のクレジットカードは、サービス面や特典の充実で年会費以上の価値を出そうとしているところも多いからです。ですので「年会費有料=損、年会費無料=得」とは決めつけられない部分でもあるのです。

ただし、年会費無料というのは一般カードまで!一般カードを年会費無料にしているクレジットカード会社でも、ゴールドカード以上になると、ほぼ確実に年会費は発生します。キャンペーン等で「初年度のみ年会費無料」というケースも多少はありますが、「ずっと無料」というのはまずないと思っておいたほうがいいでしょう。

さらにゴールドカード以上のクラスは年会費も一般カードと比べるとかなり高くなりますが、その分付帯サービスも充実していますし、何よりそのカードを所有しているだけで、社会的ステイタスの高さもアピールできます。うまく使いこなせば、年会費をはるかに超えるメリットを得られるカードといえると思います。

ページトップへ