審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカードの審査基準

さくらカード

クレジットカードの審査基準としてよく言われるのが「3C」という要素です。3Cとは能力=Capacity(キャパシティ)、性格=Character(キャラクター=)、そして資産=Capital(キャピタル)です。ちなみに能力=Capacityとは、支払い能力のことをいいます。支払い能力の審査基準は、もちろん「年収200万円以上」など、まずは、年収を見るのが、第一ということになります。

なお、支払い能力については単に収入面を見るだけでなく、安定性も重視されます。いくら年収が高くても勤務年数があまりに短いと審査基準をクリアしないケースも多々ありますし、もちろん多額のローンなどを抱えていれば、これも大きなマイナス要素になります。

「一定の年収があり、正社員、勤続年数が長く、自宅は自己所有の持ち家で携帯電話だけでなく自宅にも固定電話があり、他にローンなどを抱えていない」という人なら、能力=Capacityの部分の評価はかなり高くなるでしょう。これならば、CMでもお馴染みの モビットの審査などはクリアする可能性は十分だと思います。

性格=Characterはどこを見るのかというと、ハッキリ言えば「ズボラ・ルーズでないか」というところです。他のクレジットカード支払いやローンなどの返済が遅れる人は当然ながら、「きちんと支払日・返済日を守ろうという意思がない」というマイナス評価がつけられてしまいます。

あと、申し込み書に記入漏れやミスが多発している場合も「慎重性に欠ける」などと判断されてマイナス評価になる可能性があります。資産=Capitalについてですが、預貯金など、プラスの資産については、一般のクレジットカードの段階であればさほど重視されません。

預貯金総額などを、あくまで「任意」で聞いてくるカード会社はありますが、一般カードならせいぜいその程度のものです。一般カードにおいて重視される資産と言えば、「負の資産」である、他のローンの残高等ですしょう。こちらについてはもちろん、一般カードであっても相当重要視されます。

また、クレジットカードの審査基準は、「どのクレジットカードでも一律」というわけではありません。クレジットカード会社によって、審査基準が厳しいか、審査基準がゆるいか、ある程度の差があります。一般のクレジットカードの中でも審査基準が厳しいといわれるのは、アメリカン・エキスプレスカードですね。

アメリカン・エキスプレスカードは、全ての面でゴールドカードに限りなく近いステイタスを持っているので、その分、クレジットカードの審査基準も ゴールドカードの審査基準に近いレベルだと言われています。

審査基準でみるクレジットカード比較

人気クレジットカード / 審査基準・特徴
アコムマスターカード
系列や業種からみて審査基準は柔軟に設定!
パート・アルバイトの方でも申し込み可能です。
3秒診断でスピード審査ができるし、最短で即日発行も可能ということから、審査基準は低めと解釈できます。見た目が、アコムのクレジットカードと分からないところが嬉しいですね。
三井住友VISAカード
3営業日でカード発行=やさしい審査基準を設定!
世界シェアNO.1!200国以上で愛されるクレジットカードです。
カード発行が最短3営業日とブランドイメージから考えても、近年では柔軟な審査基準に設定されているようです。カード機能とサービスが充実した最もスタンダードなカードです。
ライフカード
審査の通過者が多い=審査基準は低めに設定!
若者をはじめ、主婦や学生にも人気のクレジットカードです。
発行する際に、審査通過者が多いことから、審査基準は柔軟と解釈できます。入会金・年会費は永年無料、ポイントサービス、会員特典、付帯保険もかなり充実しています。
エポスカード
流通系カードならでは?!ゆるめの審査基準を設定!
マルイを中心とした優待が人気のクレジットカードです。
審査基準で比較しても選ばれている一枚でしょう。入会金無料、年会費無料のうえに、ポイント機能や付帯保険、ETCカード発行無料など、充実したサービスも魅力です。

ページトップへ