審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

ブラックリスト

omcカード

クレジットカードを申し込んでも、「延滞などでブラックリストに載っている人は審査に通らない」などという話を聞いたことがありませんか?ブラックリストって、黒い分厚い本のようなものがあって、そこに名前が記載されるとダメ、みたいなイメージがあります。でも実際には、審査上において、そうした「延滞などをした要注意人物一覧」という形式のブラックリストが出回っていることはありません。

「ブラックリストに載る」というのは、「その人の信用情報に延滞や破産など、なんらかの事故情報が記録された状態」のことを指していて、「ブラックリストに載った」というのは「信用情報に事故情報が載った」ということで、ブラックリスト本が不特定多数に閲覧されるわけではありません。

普通に生活している上で「あの人はブラックリストに載ってるよ」などと後ろ指をさされることもありませんが、クレジットカードの申し込みをした際には、必ず審査の際に申し込み者の信用情報を照会するので、ここで「ブラックリストに載っている=事故情報がある」ということは、カード会社に見られてしまうということになります。

申し込み者からすれば「他社の延滞は関係ないのでは!」と思うかもしれませんが、クレジットカードというのは「所有者の信用をもとに、代金決済の後払いを認める」というものです。いくら、年収の審査基準などをクリアしたとしても、他で延滞をしているような、支払い能力に信用のおけない人には、カードを発行することができません。

ところで、「ちょっとでも支払いや返済が遅れたらブラックリストに載ってしまうの?」と心配する人もいるかと思いますが、そういうわけではありません。たとえば、「うっかりしていて返済日を間違えていて、一度だけ返済が数日遅れたことがある」という程度なら、まずブラックリストに載ることはありません。

ただ、ゴールドカードをはじめ、一般のクレジットカードでも、アメリカンエキスプレスやダイナースクラブカードなどは、特に審査の基準が厳しくなっていますので、たとえブラックリストに載っていなくても、何回か返済が遅れたことがあるだけで、審査の上でかなりマイナスになることがあります。

ブラックリストに載るというは、ある程度長期の延滞や任意整理・自己破産など「支払い・返済に関する重度のトラブル」です。ただ、クレジットカードやローンカードで延滞を繰り返すなどして、カードが強制解約となってしまった場合も、ブラックリストに載ることになります。

ページトップへ