審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

ゴールドカード 特徴

《セゾン》ゴールドアメリカンエキスプレスカード

ゴールドカードの特徴としてまずひと目で分かるのは、カードの見た目が名前のとおり「ゴールド」なこと。もちろん、一般カードと違うのはカードの色だけではありません。ゴールドカードは一般カードに比べるとランクが上となっているのです。

たとえば一般のクレジットカードの場合は、カード利用限度額は数十万円程度のものが多いでが、ゴールドカードなら利用限度額は数百万円レベルです。

そのため、かなり高額な買い物にも対応できるようになっています。また、海外旅行傷害保険の付帯も見逃せないと特徴の1つですね。JALカードを始めとする一般カードには「海外旅行傷害保険が付帯されていない、あるいは付帯されていても最高補償額は2000万円程度」というものがほとんどです。

しかし、ゴールドカードの場合、そのほとんどに最高補償額が5000万円~1億円もの高額の海外旅行傷害保険が付帯されています。国内旅行傷害保険も付帯してくれているゴールドカードもありますからね。旅行関連の付帯サービスといえば、主要空港で会員専用ラウンジの無料使用をさせてくれるゴールドカードも多いです。

空港の喫茶コーナーなどは日によってはひどい混雑となりますが、クレジットカード会員専用ラウンジであればそんな混雑とは無縁で、ゆったりと過ごせます。と、ここまで見ればいいことだらけで、コストパフォーマンスの高いゴールドカードですが、一般カードに比べると年会費はかなり高くなります。

カード会社によってかなりの幅があるもののおおむね1万円前後の年会費が必要となるものが多いです。あと、ゴールドカードで知っておかなければいけないのは、「ゴールドカードの中にも、かなりのランク差がある」ということ。最近では年会費数千円で、審査の際の年収基準も低めに設定しているゴールドカードが一部で出てきています。

しかし、年会費が安く審査がゆるいゴールドカードは、その分付帯サービスも見劣りしがちですし、利用限度額もゴールドカードとしては低く抑えられる傾向があります。もちろんそうした「審査が通りやすいゴールドカード」であっても、見た目は立派にゴールドなので、対外的なステイタスアピールには有効ですけどね。

ゴールドカード 審査

MUFGゴールドカード

「ゴールドカードの審査は、一般カードよりもはるかに厳しいと聞くからなぁ。。どうせ、自分が申し込んでも無理だろうな・・・」と、最初からゴールドカード所持をあきらめている人は、多いと思います。確かに、かつてのゴールドカードの審査は、厳しかったようです。2000年代前半ぐらいまでは、「年齢30歳以上」、「年収500万円以上」、「勤続年数5年以上」という3条件がありました。

これが、ほとんどのゴールドカードの「申し込みのための最低条件」となっており、この3条件をすべて満たさないと審査どころか申し込みすら受け付けてもらえない、という状態だったんです。ですが、今ではゴールドカードの申し込み条件は全体的にかなり緩和されてきています。

年齢制限においても、MUFG ゴールドのように、20代から申し込めるゴールドカードが増えてきています。さらに年収についても「500万円以上」などというラインを引かず「安定した継続収入がある方」など、年収がかつての基準である500万円に及ばなくても、安定・継続性があればそこを見るというスタイルが主流になりつつあります。

勤続年数についても、今でも「1年以上」「3年以上」と一定の基準をもうけているところは多いですが、かつての「5年以上」からは、かなり緩和された感があります。こうして申し込み条件が緩和されているゴールドカードは、受け皿が広くなった分、審査についても大幅に緩和されています。

ですから、以前に比べるとかなり「所有のハードルが下がった」と言えます。しかし、クレジットカードの審査項目などが緩和された分は、利用限度額などに大きく反映されています。たとえば、「35歳で年収500万円台で勤続10年」の人と、「25歳で年収300万円台で勤続3年」という人とでは、審査の上で評価にも差が出てきます。

ゴールドカードの利用限度額は基本的に「この人の信用に対してどこまでの枠を出せるか」で決まるので、上記の2人が見た目は同じゴールドカードを所持していても、利用限度額には差が出てくるのです。また、いくらゴールドカードの審査が昔に比べて緩和されたといっても、やはりまだまだ厳しい審査基準のところもあります。

それでも「年齢・年収・勤続年数のいずれかに若干の不安要素があるから、あまり審査が厳しくないゴールドカードを狙いたい」というなら、年会費が安い、比較的若年層向けのゴールドカードを申し込むといいかもしれません。

ページトップへ