審査で比較!クレジットカード

審査で比較してクレジットカードを紹介しながら、金融の審査をわかりやすく解説!

クレジットカードの審査とはいったい何を審査されているのでしょう?当サイトでは、金融の審査基準について、わかりやすく解説! 発行元やカードのターゲットユーザーから、審査について分析比較! 審査で比較したクレジットカードもご紹介いたします。

クレジットカードランキング

クレジットカードではないですが便利なローンカードが欲しい、という貴方はこれ!

どうしてもクレジットカードを作りたい方はこの1枚!アコムなら、キャッシングをしなくてもマスターカード機能が付いてくる!

ACマスターカード
  • MASTER CARD
アコムACマスターカード
テレビCMでおなじみのアコム ACマスターカードは、クレジットカード機能付ローンカードです。キャッシングの他に、お買い物にも使える便利なカードとして大変オススメです。 しかも見た目では、アコムのカードとわかりません。当サイトでも一番人気のカードとなります。

審査で比較!お勧めのクレジットカード

クレジットカード審査について

クレジットカードに申込もうとは思うけど、二の足を踏んでしまっているという方は多いかと思います。それぞれに事情はあるでしょうが、1番の引っかかりは「審査」そのものでしょう。いまいちハッキリしない部分もあるので、不安に思う気持ちも分からなくはありません。

そもそも何故、クレジットカードを持つのに審査が必要となるのでしょうか?その鍵を握るのが、クレジットカードの仕組みにあります。

まず、カードで何か物を購入する際、代金は一旦カード会社が立て替えてくれます。そして時期が来れば、カード会社が立て替えてくれた分を利用者が支払うという訳です。

この仕組みを確立させるには、カード会社・利用者の双方に信頼関係が無ければ成り立ちません。つまりクレジットカード会社は「この人は信用して良いのかどうか」を見極める為に、審査を行うのです。

ではどのようにして、クレジットカードの審査が行われているのでしょうか。細かい部分に関してはカード会社にもよるので何とも言えませんが、大筋についてはおそらくどこも同じかと思われます。

まずは申込書に書かれたことを元にして、年齢・収入・性別・住居形態を元に“属性”を見ていきます。そして加盟している信用機関に問い合わせて、申込者が信用おける人物かを見極め判断します。クレジットカードの審査を決定づける上で、「信用情報」が占めるウェイトはかなり大きいものになります。

審査に重要視される信用情報

信用情報とは、文字通り信用に関する情報のことを指します。しかしここで言う「信用」は、誠実な人柄かどうかを示したものではありません。確かに人柄もクレジットカード審査に大きく関係はしているものの、別の話になります。

ここで言う信用情報は、金融機関の取引を客観的に記録した情報のことを言います。例えば消費者金融からお金を借り入れると、「消費者金融からお金を借りた」という情報が記録されるのです。ではこれらの情報は、一体何処で管理されているのでしょうか。

信用情報は、CIC・JICC・JBAの3つの機関によって管理されています。いずれも信用情報を管理して、その人がクレジットカードを使うのに相応しいかどうかを判断する為の、材料を提供しているのです。ただ勘違いして頂きたくないのは、扱っているのはあくまでも“信用情報”であり、“個人情報”ではないということです。

氏名や住所・電話番号等も取り扱っているものの、趣味嗜好の情報までは取り扱っていません。もちろん思想や犯罪歴までは記されていないので、神経質になる必要はありません。では3つの機関には、それぞれどういう特徴があるのでしょうか。

指定信用情報機関・株式会社日本信用情報機構(JICC)は、1986年6月に設立された信用情報機関です。2009年に全業種横断型信用機関・株式会社シーシービーと経営統合し規模を広げ、翌年2010年には貸金業法に基づく指定信用情報機関として指定されました。現在JICCの会員は主に消費者金融で、お金を借り入れる際に信用情報の問い合わせに用いられます。

銀行系のキャッシングやクレジットカード作成の際に、大きく関係するのが一般財団法人全国銀行協会(JBA)です。設立は明治10年と歴史は深いものの、現在の形となったのは2011年と比較的新しい部類に入ります。銀行そのものの運営に携わるのが主な業務となっており、信用情報の取り扱いも含まれています。

クレジットカードに最も深く関わっているのが、割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関・CIC(株式会社シー・アイ・シー)でしょう。CICの会員となっているのが主にクレジットカード会社で、カードを作る際に用いられる機関となっています。

1983年に現在の経済産業省から、信用情報機関を統合するようにと要請が入りました。そして話し合いの末に統合が決まり、翌1984年に株式会社信用情報センターが設立されました。1991年に株式会社シー・アイ・シーに変わり、1億件近い信用情報を取り扱っています。

日本信用情報機構(JICC) 主に消費者金融へ信用情報の提供・開示
指定信用情報機構(CIC) 主にクレジットカード会社へ信用情報の提供・開示
全国銀行協会(JBA) 銀行の運営・企画(信用情報の提供・管理を含む)

3つの機関が承っている業務は、基本的には同じです。管理している信用情報を金融機関に提供することにより、お金を無理なく使えるように手助けをしているのです。ただ違う点を挙げるとすれば、それぞれに携わっている分野が違うということでしょう。必ずしも全てに当てはまる訳ではありません。

JICC・CIC・JBAと3つ全ての機関に加盟している所もあり、クレジットカード会社だからとはいえJICC・JBAに加入していないとは限りません。また3つの機関はお互いの情報を共有しているので、誤魔化そうと思っても誤魔化し切れるものでは無いのです。

3つの信用情報機関の情報共有

3つの情報機関はそれぞれFINEとCRINの交流により、情報を共有しています。これにより確実に申込者の信頼度を図ることが出来、無理な貸付等を防止しているという訳です。ではこれら2つの情報交流は、具体的に何がどう違うのでしょうか。

FINEは「Financial Information Network」の略で、貸金業法における指定信用情報機関制度に基づく情報交流のことを言います。指定信用情報機関制度とは、借り過ぎを何としてでも防ぐ為に申し込んだ人の借金情報を掴み、借入れをセーブする制度です。

クレジットカードは関係ないのではと思われるかもしれませんが、広い目で見るとカード会社に借金をしていることになるので、大きく関わっています。だから少しでも間違った情報を掴んでしまうと、申込者自身がとんでもない目に遭ってしまうので、絶対に間違いは許されません。その為にもCICと信用情報を共有し、より確実な情報を得るのです。

情報交流はFINEの他に、CRIN(Credit Information Network)があります。基本的な内容はFINEと変わりありませんが、決定的に違うのは貸金業法に基づいているかどうかにあります。CRINは他の信用情報機関と連携してはいるものの、貸金業法に基づいている訳ではありません。だから貸金業法にあまり関係の無い全国銀行個人信用情報センター(JBA)とも連携を取り、より正確な情報を得るという訳です。

つまりクレジットカードに申し込む際、少しでも審査を有利に進めようと“嘘”の申告をしても絶対にバレます。また審査に落ちたからと直ぐに別のクレジットカード会社に申し込んでも、100%審査に通る保証はありません。以前申し込んだクレジットカードよりも審査が甘めの所に申し込めば、少し可能性は出て来るでしょう。しかし「カード審査に落ちてしまった」という情報はしっかりと残るので、どの道不利に働いてしまうのは否めません。

自分自身の信用情報がどうなっているのかは、申し込むことが前提になりますが、閲覧することは可能です。もし何か“引っかかり”があるのならば、一度確認してみることをおすすめします。ただ信用情報を確認し、もしも不都合な情報が記録されていると分かれば、どのように対処していけば良いのでしょうか。

納得がいかないのならば異議の申し立てを検討するかと思いますが、事はそんな単純なものではないのです。例え納得がいかなかったとしても情報が真実であれば、訂正のしようもありません。でも不都合な情報が未来永劫残る訳では無く、情報の保有期間が過ぎれば解消されます。だから唯一出来る手段としては、何事もトラブルを起こさずただ待つのみとなる訳です。

クレジットカードの審査において、信用情報はかなり重要となります。信用情報は3つの情報機関が管理しており、お互いにネットワークを張って情報を共有しているのです。だから少しでも審査を有利に進めようと誤魔化そうにも、絶対に誤魔化せないのです。でも過去にお金に関する大きなトラブルを起こしていないのならば、信用情報も綺麗な状態になっているかと思うので、心配する必要はありません

審査で比較!人気のクレジットカード

審査が不安な方のカード選びのコツ

カードを発行をしたいが、申し込み審査が不安という人は少なくないと思います。ただ、カード審査については対策を考えるより、申込み者の不安の元がどんな要素によるかで選択するカードを選ぶのが重要になります。

例えば、主婦やフリーターということが不安に思っている人は、申込条件に「主婦・フリーターも申込み可能(専業主婦は不可)」、となっているクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。

具体的にいえば、アコムのクレジットカードをはじめ、ライフカード、エポスカードなどは、上記の条件に合いますので、カードの作成を検討してみると良いということです。

ただ、現在人気となっているアコムACマスターカードのように、クレジットカードが作りやすいといったことが、すでにインターネットなどで明らかになっている場合はそれらの情報も参考にすることができますが、もし仮に、それが誰でも作れるカードと判断していたとしたら、それは誤った判断をしていることになります。

中には自分の憶測だけでカード発行を期待しても、以前にローンやクレジットの支払いで延滞していたなど信用情報に問題があって現実的に発行が難しかったり、金融機関によっては年収や勤務先といった属性的に発行が難しい方もいるからです。それらについてもどういった基準なのかを、よく理解しておくことが大切になります。

ステータスで選ぶワンランク上のエグゼクティブカード

審査で選ぶ!クレジットカード番外編

審査で比較!クレジットカード コンテンツの紹介

他にもあるよ!種類で選ぶ クレジットカード

審査を気にしなければ、クレジットカードはイッパイあります。。。正直、迷っちゃいますよね…、審査も不安だし 以下に色々紹介しますが、一応、審査基準が比較的甘めのムフフなやつにはつけます。ムフフ。

ページトップへ