お気の毒な冒険の書

  • *「こんな 夜ふけに わが教会に なんの ご用じゃな?
  • → いきかえらせる
  • *「どなたを この世へ 呼びもどすのじゃな?
  • → 冒険の書1
  • *「ごじょうだんを。 冒険の書1は 消えていらっしゃる!

[シアトリズム スコア]
[リアル脱出ゲーム 戦績]

5/27〜5/30:謎検
7/22:ライブアライブ リマスター
8/27:追憶のハロウィンからの脱出

冒険の書66 2022年4月〜

2022/05/26

クロノクロス、スラッシュステージ確認。

蛇骨館の 3択は、最終周とすることを考えると勇者バッジを取れるピエールルートにしておきたい(3点セット揃えたピエールを使えるように)。しかし、エンディングがスラッシュステージになる条件はスラッシュとラズリーがいることなので、当然スラッシュルートでないといけない。というわけで、蛇骨館前でセーブしておいて、スラッシュルートでスラッシュステージを観たあと蛇骨館前から再開してピエールルートで進めることにした。本当はここまでの周回でスラッシュルートだったときにこのエンディングを観てしまっておくのが賢かったんだけど、エンディングを観ていく周を全部まとめて最後に持ってきてしまったので仕方ない。

勇者バッジを子供から回収した後、ピエールに渡さずにスラッシュルートに進めば巻き戻し不要では?とも思ったが、勇者バッジは勇者のバッジ(アクセ)と勇者のバッジ(キーアイテム)がある。前述の方法で取れるのはキーアイテムの方。アクセの方はピエールを仲間にしないと取れない。でもここで仲間にしなくても、カオスフィールドでクロノクロス召喚したときに初期装備で付けててくれないかしら?と思ったが、それをぱっと検証できるデータがなかったのでリスクを避けて結局巻き戻しで行くことにした(ググってもみたが、答を見つけられなかった)。

2022/05/25

クロノクロス、マルチエンディング確認周開始。今日は開発室、アカシア大帝国の 2つ。

2022/05/24

クロノクロス、プリズムベストとプリズムメットも全員分作成。

強くてコンティニューのおかげで楽だったけど、エンディング飛ばせないのが面倒だった。毎度ラスボスを倒してエンディングを待たないといけないうち、前半はまぁいいとして、後半が暇(盗めない宝石を口ずさみながら別のことをして待つw)。

いざ、最後の強くてニューゲーム。

2022/05/23

クロノクロス、プリズム武器とプリズムメイルを全員分作成。あとはプリズムベストとプリズムメット。

2022/05/22

クロノクロス、44人分の装備作成は素材集めでもう何周もしないといけないと思ったが、強くてコンティニューを忘れていた。これなら、全員分やろうかな。

初回クリア直前のデータは残してあったので、そっちで輝く素材を軽く収集。で、ラストからコンティニューしてクリアを繰り返し。

2022/05/21

夜のゾンビ遊園地からの脱出、真珠さんと挑戦し、脱出失敗。雨の影響があったのでノーカンとしたいところだが、致し方なし。

夜の遊園地シリーズ。数日前までは天気予報くもりだったのに、前日から雨の予報に突然変化。開催中止(払い戻し)になるか、12:00 過ぎに公式ツイッターでアナウンスされ、小雨決行。払い戻しがなくとも見送って別日参加にしようか迷ったが、16:00 時点では降ってなかったので参加することにした。

ゲームが始まり 19時過ぎ。ポツポツと小雨が降り始める。傘をささなくても全然平気なレベルではあるのだが、いかんせん紙を持ち歩いて謎を解くには十分落ち着かなく、ことあるごとに落ち着いた場所に退避して謎を解かねばならない(しかもそういう場所が混んでいる)ロスが馬鹿にならなかった。

とは言うものの、大謎はそっちのロスではなく、別の要素(ここだけちょっと腑に落ちてない)に惑わされたことによるロス。そして、時間終了直後、解説前に解けるというギリギリアウトパターン。大謎自体はきれいで、前半は真珠さんが、後半はおれが閃いたので、そこはよかった。

教訓としては、屋外謎解きの雨による参加判断は、傘の要否で判断してはならない(ちょっとでもパラつけば、時間制限あるやつはやめておいた方がよい)。

なお、ゲーム終わった 21時頃は本降りになっていた。ゲーム中これでなかったのは不幸中の幸いか。

2022/05/20

明日の天気が心配になってきた。

2022/05/19

クロノクロス、仲間 44人揃えた。

さて、このゲームどこまでやろうかな。次の 4周目でエンディングを全部見ていこうと思っているので、もう 1周は確定。

その後、仲間 44人の固有エレメントを全部揃えるのもやりたい(周回で引き継がれないので、最後の周回でやる必要がある)。これは、同じ 4周目でできるし、何なら今の 3周目でもできる(レナ、ピエール、ラズリー、ドク、イレーネス、ファルガは、道中を適切に進めている必要あり)。

さらに、仲間 44人に最強装備とエレメントをセットした状態がゴールと考えられるが、虹色の貝殻がネックとなってもう何周か必要。ここまではやらなくてもいいかなぁ。44人から一番気に入ったパーティメンバー 3人を選出して、その 3人だけやってゴールが妥協案。

2022/05/18

DQ10、バトエン 1880勝。あと 120勝なので、1日 4勝の日課であと 1ヶ月。

2022/05/17

クロノクロス、2周目の終了地点を超えて 3周目のツクヨミ離脱まで。

初見だと、パーティをヤマネコ、ツクヨミと誰かにしがちなところ不意のパーティ変更を強要されるうえ、そもそもツクヨミが意味が分からないとうざいキャラであることも相まって、ロクな思い出がないということになりがちなこのシーン、離脱の真意を理解してからだと見え方が変わる。

2022/05/16

DQけしケシ、前は極力スタミナを無駄にしないように 1時間おきにプレイしてたけど、クロノクロスが出てからはフレから届くスタミナは全部消化しきって、自然回復するスタミナには神経質にならない程度にとどめている。

前のペースだと、木曜に出た強敵チャレンジの全報酬を金曜か土曜には取り終えていたけど、今のペースだと今日(月曜)終わるくらい。前だろうと今だろうと、イベント期間中に 10連まわせる回数(3万貯まる回数)はそう変わらないので、ピックアップにちょいちょい取り漏れが発生するのは変わらず。

2022/05/15

DQ10、実はまだ Ver6.1 をやっていない(シナリオだけでなく、Lv120 → 122 解放とかも)。あと Ver6.0 では海賊クエを終えてない(海賊になれるように 1つ目をやったのみ)。

DQ10 は毎日バトエン 4勝ずつやっている(以前は日課 3勝だったが、4勝に増やした)。あと DQけしケシとクロノクロスもやってるので、DQ10 はとりあえずバトエン 2000勝の称号とるのに集中してから他のコンテンツをやろうかと。

DQ10 はアプデ待ちの間に前のシナリオを忘れてしまうのが難点なので、6.1 を 6.2 とまとめてやることでシナリオの理解を深めようという意図もある。(ただ、6.0 と 6.1 の間が空いて 6.0 を忘れそうであるw。)

2022/05/14

クロノクロス、1つ読み解き忘れてた。魔王=アルフってどこから分かるんだっけ。(トリガーDS版の追加エンディングではっきり明示されたけど、クロスの方で。)

テルミナの占い師との賭けに負けたときの会話は、マスクの下の素顔がなんかヤバいということしか分からなかった。凍てついた炎の前でのセリフとかだろうか(未確認)。

2022/05/13

DQけしケシ、新しい面で 31コラボのスライムが出てしまうと敵の HP ≒ 与ダメの総量が下がって★3が取りづらいので、出ない回までやり直しを強いられることがあるんだが、もしかしてこいつらはお邪魔キャラだったのだろうか。

2022/05/12

クロノクロス、2周目はツクヨミ離脱直前でエンディングに行き、3周目へ。

全部のマルチエンディングを見るのはそのうちやる予定だが、そっちはエンディング見るごとに次の周ではなく、エンディング見ては直前から再開してシナリオを進め……を繰り返して、1周で進行度合いごとのエンディングを全部見ていけばよい。

ただ、ツクヨミがいる状態でクリアしたことだけは、後に 44人同時に揃えるためにセーブしておく必要があるので、それを今回に持ってきた。(最短 3周でやろうと思う場合は、必ず 2周目にする必要がある。今回は 3周よりもっと周回すると思うので必ずしも 2周目でなくてよいけど、なんとなく。)

2022/05/11

クロノクロスの話が難しいからというだけで悪く言うのはおかしいと前に書いたが、例えばひぐらしとかは、1周目で分からなかった話が周回してテキストを読み込むごとに「うおー!なるほど!面白えー!」ってなるけど、クロノクロスは分かったとして「あ、はい」という感じではあるなと思ったw。

とはいえ、それこそひぐらしのような分かれば分かるほど面白いコンテンツに出会ったときのために、これくらいの難解さをちゃんと消化していける読解力を持っておきたいものである。

2022/05/10

昨日書きかけで時間切れになったやつを(そのまま昨日分の日記に)書き終えた。長文で解説してるサイトは探せばあるだろうから自分なりに簡潔にまとめたかったが、どうしても長くなってしまうなぁ。このシナリオを 3行で説明できる人がいたら見てみたい。

2022/05/09

クロノクロス、アルティマニアを読了。2周目はまだ途中だけど、オリジナル当時の記憶もだいぶ蘇ってきたので、GW も終わったことだし GW の宿題成果として、シナリオをもう一度整理する。

再履修前に書いたものよりは幾分正確になったと思うけど、あくまで自分自身の理解のためのアウトプットなので、保証はしない。

出来事
クロノトリガーの世界線
BC12000
(トリガーにおける「古代」)
  • ラヴォスによりガッシュが未来へ飛ばされる。
  • ラヴォスによりサラが時空の狭間に飛ばされ、絶望のまま時空を彷徨う。後に「時喰い」となる。
時喰い
負の感情(絶望、怨念)を持つ者をラヴォスが取り込んだ形態。時空を喰らい全てを無に返す。
ラヴォス撃破により未来が変わった世界線
AD2300〜2400
(トリガーにおける「未来」)
  • ガッシュが時間研究所を設立。
  • ガッシュ自身は小型タイムマシン「ネオ・シルバード」を完成させ現代へ。
  • エルニドにて「凍てついた炎」が発掘される。
  • ガッシュの時間研究所を前身とする「クロノポリス」がエルニドに設立される。
  • 「クロノポリス」にて「タイムクラッシュ」が発生。
エルニド
クロノクロスの舞台。トリガーの世界線ではまだ何もない海のため、トリガーには登場しない。(「タイムクラッシュ」後、人工的に島が作られる。)
凍てついた炎
ラヴォスの欠片の総称。炎に選ばれた者「調停者」は強大な力を得るが、しばしば「時喰い」と化し世界の破滅を招く。
調停者
「凍てついた炎」に選ばれた者。危うい存在であるが、「調停」の名の通り、負の感情を断ち切りトゥルーエンドへと導く希望でも実はある。
クロノポリス
「凍てついた炎」の力を利用した時間制御を試みる研究所。
タイムクラッシュ
クロノポリスが AD2400 から BC10000 へと飛ばされた事故。いずれ倒されることを察知したラヴォスが歴史改変を企て、「凍てついた炎」を(タイムポリス諸共)引き寄せたことが原因。
ガッシュ
現代では蛇骨館の預言者に扮して登場。「タイムクラッシュ」は予期しないことだったと本人は語るが、ルッカの「すべてガッシュの計画」という言葉もある。「時喰い」の存在を知り、これをなんとかするために鍵となる「調停者」(セルジュ)および「クロノクロス」を揃えるべく(どこまでが計画通りかは不明だが)行動していたと思われる。
タイムクラッシュにより改変されたクロノクロスの世界線(本編前)
BC10000
  • 時を同じくして別の世界線の未来から「ディノポリス」も古代へと飛ばされる。
  • 「クロノポリス」対「ディノポリス」の戦争の末、「クロノポリス」が勝利。
  • 「フェイト」が「凍てついた炎」の力で「龍神」を 6属性に分け各地に封印する。
  • 人類が再び同じ歴史を辿るよう「フェイト」が人間の感情や行動までもコントロール開始。「クロノポリス」は神の庭に。「クロノポリス」職員達は「フェイト」に記憶を消され、エルニド諸島の原住民に。
ディノポリス
アザーラ達恐竜人が勝ち残った別の世界線の未来都市。古代に転移した「ディノポリス」は「星の塔」と呼ばれ、最終的にクロノクロスのラスダンとなる。「ディノポリス」も飛ばされたのはラヴォスの仕業ではなく、星(地球)が対抗手段として引き寄せた。これだと、ラヴォスだけでなく「クロノポリス」までもが、星から敵とみなされたかのようである。(星にとっての敵はラヴォスだけなはずなのに、人間 対 恐竜人の戦争になっている。)クロノクロスのシナリオを通して人間は、「凍てついた炎」によって異常進化した種であり、環境を破壊し世界を破滅させる存在としてしばしば描かれる。「時喰い」化しかねないから、「凍てついた炎」に関わったやつは世界の敵ということだろうか。セルジュも、いずれ世界の敵になると脅されるシーンがあるが、トゥルーエンドを導く鍵でもある。
龍神
恐竜人文明における自然制御用生体マシン。エネルギー集合体であり、姿は仮のもの。最終的に「時喰い」に取り込まれる。
フェイト
「クロノポリス」の管理 AI。本来人間を守る存在であったが、過剰な管理が始まるにつれて考えが歪んでいく。
神の庭
古代に転移した「クロノポリス」のその後。隔離環境から密かにエルニド諸島の人間をコントロール。
AD1006(14年前)
  • セルジュ(3歳)がヒョウ鬼(トラウマ回想ムービーに出てくる黒豹)に襲われ、瀕死の重症を負う。
  • セルジュを助けるため、セルジュ、セルジュの父ワヅキ、レナの父ミゲルがマブーレを目指して出航する。
  • 時空を彷徨うサラが偶然セルジュの泣き声を聞き、この世界線にサラの分身であるキッドを出現させる。
  • サラの干渉の影響で嵐が発生。嵐でワヅキ達は遭難し、「クロノポリス」へ流れ着く。また、嵐によって「フェイト」が一時的にダウンする。
  • 「フェイト」ダウンにより「龍神」の封印が弱まり、ツクヨミが出現。
  • セルジュが「凍てついた炎」に接触し、一命を取り止める。炎に選ばれ「調停者」となる。
  • 「プロメテウス」が「調停者」セルジュに「クロノポリス」の権限を渡してしまう。
  • 復帰した「フェイト」によってワヅキは精神、身体を乗っ取られヤマネコへと変貌する。ミゲルは「クロノポリス」に閉じ込められる。
キッド
サラの分身(フルネームはサラ・キッド・ジール)。孤児としてルッカに拾われる。サラの願望の表れか、サラとは対照的な正確。サラのペンダントを持っており、瀕死の重症を負ったときはペンダントの力で時を巻き戻し回復する。
プロメテウス
「フェイト」自身も気付いていなかった、「フェイト」の暴走を防ぐためのセーフティプログラム。ルッカが仕込んでいた。
ヤマネコ
「クロノポリス」の権限を奪われた「フェイト」が奪還のためワヅキを乗っ取った姿。
ツクヨミ
7体目の「龍神」。他の「龍神」を解放するため立ち回る。しかし、その過程でセルジュのことも気に入ってしまい、いずれはセルジュと戦わねばならない哀しみを抱えながら目的を果たす。最後は他の 6龍共々「時喰い」に取り込まれる。
AD1010(10年前)
  • 権限を持つセルジュを殺すことで権限を奪還しようと、ヤマネコがセルジュ(7歳)をオパーサの浜で溺れさせる。ここで世界線が 2つに分岐する。
  • HOME:トゥルーエンド後のキッドによってセルジュは助けられる。(OPムービーで印象的な、浜でキッドの瞳にズームするシーンがそれ。)
  • ANOTHER:セルジュは死亡する(こちらが本来の世界線)。
  • いずれにしても権限を奪還できない。
  • HOME:「神の庭」が「死海」化する。
死海
クロノトリガーで回避されたはずの滅びの未来が蘇った姿。未来から「クロノポリス」を引き寄せた姿が「死海」に変わったということは、「クロノポリス」が存在する未来(滅亡を回避した未来)がセルジュの生存によって存在できなくなったということ。セルジュが「時喰い」化するなどして破滅をもたらしてしまう可能性が暗示されている。(それを覆し「調停」を成し遂げたのがトゥルーエンド。)
AD1015(5年前)
  • ヤマネコとツクヨミがルッカの孤児院を襲撃する。(ヤマネコはルッカに「プロメテウス」をなんとかさせるため。ツクヨミは、自分達を封印した「フェイト」は敵であるが、「クロノポリス」の権限が必要であるという共通目的からヤマネコに接触。)
  • HOME:ルッカはおそらく死亡。キッドも消息不明に。
  • ANOTHER:ルッカはおそらく死亡。キッドは未来(5年後)のセルジュ(17歳)によって救出される。(これが本編終盤のキッド救出イベント。)
  • いずれにしても権限を奪還できない。
AD1017(3年前)
  • HOME:蛇骨大佐達が死海に取り込まれ帰らぬ人に。
蛇骨大佐
エルニド諸島を治める領主。軍事国家パレポリの圧政から領民を守っている。ヤマネコにそそのかされ、パレポリへの対抗手段として「凍てついた炎」を得ようとする。本編序盤で悪役に見えてしまうのはこのため。死海に向かってしまった HOME側では、パレポリのエルニド侵攻が進んでいる。なお、パレポリがエルニドを侵攻するのも「凍てついた炎」目当てであり、これもヤマネコが持ちかけ仕組んだこと。
クロノクロス本編
AD1020
  • (以降の物語がゲーム中で展開されるが、それを通してここまでのバックグラウンドを読み取る必要がある。)
  • HOME:トゥルーエンド後のキッドによってセルジュがオパーサの浜から ANOTHER に導かれる。
  • ANOTHER:古龍の砦での儀式によりヤマネコとセルジュが入れ替わる。セルジュの姿を奪ったヤマネコは「クロノポリス」の権限を取り戻す。なお、儀式に必要な「龍の涙」は、最初の蛇骨館潜入イベントで蛇骨大佐の机にあったもの。「龍の涙」はガルドープの宝だが、ANOTHER ではオーチャを操ることで盗み出されている。
  • ツクヨミにとって「フェイト」が本来の敵に戻り、今度はセルジュ(ヤマネコの姿)に協力する。6龍達も実際は「フェイト」打倒ために協力しており、人間のために協力しているわけではない。しかし、ツクヨミは葛藤が始まる。
  • HOME:HOME側のまだ残っている「龍の涙」と古龍の砦で儀式を行い、セルジュの姿を取り戻す。(これで 2人ともが権限持ちになってしまうのは、テクノロジーの割にちょっとガバガバなのでは?w)
  • ANOTHER:クロノポリスで「フェイト」を撃破する。ツクヨミは「クロノポリス」の「凍てついた炎」を奪って封印を解放。人間への復讐を果たさんとする 6龍共々「時喰い」と化す。(最後はイベント戦と考えればこれが実質のラスボス。)
  • 「クロノクロス」により「時喰い」に囚われたサラを解放する。
  • 次元のゆらぎが消滅。セルジュ達の記憶はリセットされて本編冒頭に戻り、「フェイト」の支配も消えたことで本来の歴史がスタートする。
  • サラの分身であるキッドだけは記憶を失っておらず、ペンダントの力で時空を超え、溺れるセルジュを助けたり、本編冒頭のセルジュを ANOTHER へ導いたりする。その後も、誰も自分のことを覚えていないなか、セルジュを探して様々な時空を旅し続ける。(エンディングで唐突にファンタジーではない学校やスクランブル交差点が出てくるのはこれ。)

2022/05/08

過去の DQライバルズ勇者杯の決勝や予選の生放送って、スクエニの Youtubeチャンネルに 2018春の第1回から全部残ってて、作業用BGM 代わりにサブディスプレイで流しておくとちょうどよいことに最近気付いた。(これまで、ちょうどその時間やってるニコ生の適当なゲーム配信がそのポジションだったが、よいのがなかったり、はずれを引くと流し始めたばかりなのにもう配信が終わるところだったりする難点があった。)

あと、第3弾から始めたおれは、勇者杯第1回(第2弾の時期)だけちゃんと観たことがなかったので、これは作業用と言わずじっくり観てしまった。ライバルズ自体が懐かしいうえに、初期環境がさらにめちゃくちゃ懐かしいw。

……観てると、もうやれないと分かっているのにやりたくなってしまうのが難点だな。

2022/05/07

クロウ君の Discord会でオンラインカタン。4戦 2勝(9、10、9、10)。

最後の 1勝は、港なし(超予定外)、都市なしからの諦めずに逆転勝ち。家5 + ポイント1 + 騎士賞(5)+ 道賞(10)。先に騎士 3 使われてこっちは騎士 1 からの諦めずに騎士賞強奪。道賞はもうちょい楽に取れる予定だったけど、開拓と騎士賞争いがまず優先事項だった結果、道 7 タイ(こっちが後発)からの先に道 9 取られたところを 10 で強奪。勝ち筋を追い続けることは大切。長く苦しい戦いだった……(ガチ)。

2022/05/06

DQけしケシ、31コラボのスタンプカード(ログボ)で貰える中に、3種の 31アイススライムの消しゴムもあるが、ランダムエンカの方で先にスキルレベル MAX にしておけば、スタンプカードからはドラ消しポイントが貰えておいしい。(ガチャ以外でドラ消しポイントが取れるのって初めてでは?)既に 3種とも MAX 済み。

2022/05/05

DQけしケシが先週から 31アイスとコラボしているが、ゲーム内で取れる 100円引きクーポンが 99枚カンストしてしまったw。

なお、店で使っても消費するわけではなく、画面を見せるだけで何度でも使えるようなので、たくさん持っている意味は全くない。そして、アイスを食う習慣がなく 100円程度安くなったところでわざわざ行くものでもないので、使う予定もないw。

すた丼とかとコラボしてくれないかなぁ。

2022/05/04

ハンター試験スタジアムからの脱出、雪月花と挑戦し脱出成功。1500人中 463人脱出成功していた。

神宮球場での大会場型ハンターコラボ。7年前のワンピースのやつ(頂上戦争)以来の神宮球場。(え、てかあれもう 7年も前!?)

大会場型はそんなに難しくない印象があり(おそらく移動時間が万人向けに考慮されているため時間に余裕が生まれやすい)、今回のも特に苦労せず。

成功するとハンターライセンス(実物のカード)が貰えるわけだが、3年前のハンター試験からの脱出(こっちはホール型のハンターコラボ)でも成功してハンターライセンスを貰っているため、2枚に。前回のやつはかなりの狭き門で、作中ほどではないにしろ希少価値の高いハンターライセンスだったが、今回ので安売りされてしまったなぁ。

2022/05/03

クロノクロス、ツマルを神獣形態まで。外見だけはエレメント使用回数を満たした瞬間にすぐ変化するが、能力やグリッドに反映されるのはレベルスター獲得時なので、2周目までに(レベルスターがカンストして獲得できなくなる前に)やっておかないと最終形態にできなくなる(外見しか得られなくなる)という罠。

2022/05/02

クロノクロス、アルティマニアのキャラ、バトル、モンスター、アイテムの章を読み終え、シナリオ、マップの章は読みながらプレイして 2周目を進行中。

1周目と変えて、最初のタイミングでキッドを仲間にせず、蛇骨館はピエールルート、キッドを見捨てて船入手まで。

なるほど、このタイミングでアナザーのヒドラ沼奥まで探索できたのか。1周目はガルドープで笛を取りそこねていたので、上の方の奥に穴があく終盤まで沼の方の奥を探索できなかった。あと、1周目で世界のへその手がかりがヒドラ沼にあることを推測で当てたけど、調査隊が普通に話してた。1周目も序盤にはその話を聞いたはずだけど、その時点では後半のイベントを覚えていなかったせいで、後半まで短期記憶に留めておけなかった。

2022/05/01

PONさん達と 8人でボドゲ@ゲームスペース柏木。

カタン 3戦 1勝。勝った回は 10 対 5、3、3 の爆速勝利で大満足。9鉄 9麦を厚く押さえたところに 9が出まくって、序盤に都市 3軒からの騎士賞、道賞獲得。最後の道賞は、道 2本引くために木木麦麦麦麦鉄鉄鉄鉄を使うという麦鉄フィーバーぶりw。

コードネーム、前何度かやったピクチャーズ版の元のやつ(カードがイラストではなく文字のやつ)。4戦 3勝(出題側で 2戦 1勝、回答側で 2戦 2勝)。ダークホースはドラクエのモンスターではない。

2022/04/30

DQ10 のバトエンで、マッチング相手が 1人も見つからかなかったときに、このまま行くを選ぶと CPU 3人戦ができることに今更気付いた。(Ver5.5 後期から 4人揃わなくても CPU 混じりでできるようになったが、最低でも 2人はいないと、もう一度相手を探すかの確認が出るのでダメだと思ってた。よく見たら、もう一度探すかやめるかの他に、そのまま 1人で CPU とやる選択肢があった。)

日課をこなすにあたってマッチング待ちの時間で結構くってたので、もっと早く気付いておきたかった。むしろこれからは日課を 3勝より増やしてもよいかも。

しかし、1人ででもできるようになったせいで、だからこそ余計にマッチングが遅かったのでは。

2022/04/29

飲んだ後の会計で、右手でお釣りを、左手でレシートを受け取り、不要レシートの箱に右手の中身を入れてしまったけど、おれは酔ってない。(なお、レシートに埋もれた小銭を拾い集めるのが大変だった模様。)

2022/04/28

明日から GW 10連休。

2022/04/27

クロノクロスのオリジナルはディスク2枚組で、終盤はディスク2だった(ディスク交換が懐かしいw)。

もしかしたら記憶違いしてるかもしれないけど、ディスク1の OPデモがクロノクロスを代表する人気楽曲の「CHRONO CROSS 〜時の傷跡〜」で、ディスク2の OPデモがラジカルドリーマーズとクロノトリガーのメインテーマが混ざった隠れ名曲の「時のみる夢」だったと思う。多分。

あれ、ということはディスク2というものが存在しない今回のリマスターでは時のみる夢は聴けないのだろうかと思いきや、起動してまず時の傷跡、その後タイトル画面、タイトル画面放置で時のみる夢、となっていて両方聴けた。

オリジナルについて自信がないのは、ディスク1、2それぞれで、タイトル前、タイトル放置後がどうだったか覚えているわけではなく、サントラで楽曲に対して「時のみる夢 = ディスク2の OP」と認識していた覚えだけが残っているから。

2022/04/26

クロノクロス、2周目かラジカルドリーマーズか迷ったが、シナリオ理解を深めるには集中的にやってしまった方がよかろうということで、2周目を選択。

1周目は、話の大事なところだけは思い出しておいたので訳分からなくならないで進められつつも、結末に至る道筋、細々したイベント、仕掛け、謎解きは全部忘れて、再度初見プレイの気持ちを味わえるという程よい忘れ具合だったが、2周目以降はがっつり調べて計画的に進めるため、まずはアルティマニアを熟読中。

2022/04/25

クロノクロス、グランドリーム入手とキッド復活もやってから、1周目クリア

まずはわざとノーマルエンド見てから真エンドも見ようと思ったら、クリア後セーブが強くてニューゲーム専用になるという罠にハマる(上書きした)。が、リマスターにはオートセーブがあるおかげで無事ラスボスに挑む直前状態から再開でき、真エンドも見た。

リマスター発売前にシナリオを復習して整理したが、その時点ではプレイし直したわけではないので、20年ぶりにプレイし直してみると若干不正確なところもあった。20年後にはまた忘れているだろうから自分のために正確なものを書き残しておきたいところであるが、今はまだ中途半端だと思うので、もう 2〜3周してアルティマニアも読了したら修正していきたい(前の日記を直すのではなく、その時の日記に改めて書くと思う)。

さて、というわけで強くてニューゲームで 2周目を……といきたいところだが、今回のリマスターはラジカルドリーマーズ(幻のサテラビューソフトであるため誰も中身を知らないクロノクロスの原型作品)も収録されたラジカルドリーマーズエディションであり、こっちも早くやってみたい(やれば思い出す本編と違ってそもそも全く知らない)。本編強くてニューゲームか、ラジカルドリーマーズか、どっちにしよう。

2022/04/24

クロノクロス、星の塔クリアまで。もうあとラスボスだけだっけ。やっちゃってもよかったけど、星の塔の最後でかなり長時間戦ったので区切った。

星の塔最後の 7連戦 1回目、ペース配分を誤って回復エレメントが尽きてしまい、7形態目(最後)で泣く泣く逃走。2回目、即死系が全部刺さってリバイブが尽きてしまい、5形態目(青)で逃走。3回目で撃破。長い戦闘をやり直すと心が折れるw。

星の塔は、知ってて進むと真エンドの色順のヒントが散りばめられてて面白い。6色のクリスタルがあるフロアの音(要音感)とか、ワープゾーンが出る時の光の順とか(当時これで自力で行けた)、7連戦の順(最初を除く)とか。なお、当時「きかみおくし」と呪文のように無理やり覚えていたものがなぜかずっと頭に残り続けているので、ここは今回思い出す必要がなかった。

2022/04/23

クロノクロス、加護 6/6 → セルジュ復活 → フェイト撃破まで。さぁ終盤だ。

パーティはセルジュ、リデル、ラズリーにした。HP に不安があるが、萌え優先w。

2022/04/22

クロノクロス、加護 4/6 +緑龍の場所発見まで。

残り、白龍は最後として緑龍はどこだったっけ、これまでの話で会ってないし情報もなくね?としばらく迷ってしまった(正確には、覚えてないけどきっと世界のへそだろうなと思ったけど、どこから行けるかが分からなかった)。分布的にホームだろうと当たりをつけ、そんなに広い世界地図ではないから他の 5龍の場所を除外して考えたら、探索範囲は相当限られる。色のイメージ的にヒドラ沼かなと、行き着いた。これ、なんか誘導あったっけ?(着けば、ああ、あのイベントの続きなのかってなるけど。)

2022/04/21

クロノクロス、加護 3/6 まで。

マブーレの覚えてたイベント、出番はここだったか。

2022/04/20

クロノクロス、加護 1/6 まで。

今回のリマスター、ムービーだけは昔の画質のままでめちゃくちゃ粗く感じる。当時はこれを最先端の綺麗なグラフィックと感じてたんだよなぁ。

しかし、この頃(PS1 や N64頃)のグラフィックを久々に見ると「え、こんな粗かったっけ!?」って感じることがあるのに対して、SFC以前のグラフィックはいつ見ても当時感じたのと同程度の綺麗さを感じられる不思議。

あと、PS1時代だなぁと思うのは、マップが分かりにくいこと(どこが進めて、どこが調べられるのか)。FF7、サガフロ1、SO2、クロノクロス 等々。これに関しては今見るとそう感じるではなくて、ぶっちゃけ当時もそう感じていたけど、口に出すと最新ゲームについていけない人と思われるような気がして、強がって適応していった気がするw。(そしてもう少し時代が進めば改善されていく。)

FC、SFC時代から進化したはずなのに、過渡期ゆえ感じられるむしろの粗さがピークの時代。

2022/04/19

クロノクロス、リデル救出まで。

この辺のボスは特に苦労しない。やっぱりミゲルだけえらい難関な気が。ヤマネコ、ツクヨミの黒とミゲルの白の相性だろうか。黒に回復や蘇生がなく、リバイブとか使わされるとますます白に染まってしまうのが辛く感じた。

2022/04/18

クロノクロス、死海クリアまで。

忘れているクロスも、全部覚えているトリガーすらも、強くてニューゲームで周回したプレイ時間の割合が圧倒的過ぎて 1周目の感覚は全然残っていないのだが、クロスのここのミゲル戦は結構苦労した記憶がある。

そしてやっぱり今回も何度かやり直した。

2022/04/17

クロノクロス、亡者の島に行くことになったところまで。

マブーレのイベントは覚えてると言いつつ、それに付随するファルガの船のイベントは全く覚えていなかった。(見たら、あーあったなぁとなったけど。)そして、いよいよ覚えてたシーンの出番かと思いきや、それは保留で先に死の門?(で、隠者の小屋、亡者の島と進めたところ)

駄目だ、やっぱり途中は全然覚えてね〜。

2022/04/16

クロノクロス、ホーム側で船とって、行けと言われたマブーレ以外の島々を一通り探索したところまで。

マブーレのイベントはなんか覚えてるなぁ。サントラを持っているので、BGM と結び付いたイベントは覚えている。

2022/04/15

クロノクロス、ラディウス加入まで。

うわー、ここから全く覚えてねぇ。

2022/04/14

クロノクロス、古龍の砦クリアまで。

ここの、十字キー操作したら、「え、そっちを動かしてる!?」ていう演出うまいよなぁ。メタ的だけど、入れ替わったことが説明なしで伝わる。

2022/04/13

クロノクロス、古龍の砦到着まで。

当時、この辺からネタバレ注意と認識した記憶。

というか、「ネタバレ」という語彙に最初に触れたのがこの作品だったかもしれない。

小学生の頃とかはゲーム下手くそだし、長時間ぶっ通しでプレイすることが許してもらえない環境だったから、1つのゲームをクリアするまでに数ヶ月かかる間にどこかしらで攻略情報やラスボス情報に触れてしまうもので、ネタバレなんて当たり前で気にもしなかった。中学生の頃はゲームの腕は上がってきたけど、まだそこまで廃プレイしていなかったので、やはりネタバレを気にしていなかった。(ネタバレを回避する方法は自分が爆速でクリアする以外あり得ないと思っていて、ゆっくりやってる以上、どんなに気をつけても、周りに悪気がなくても、ネタバレというのは不可避なものだと思っている。)

高校生の頃から新作を如何に早くクリアするか燃えだし、特にシナリオ上衝撃的なことが発生する(ネタバレに気を遣う)最初の作品がクロノクロスだった。もうちょい上の世代だと、これが FF7 のエアリス死亡とかになるのだろうか。(中2のおれは先に知った状態でエアリス死亡を見たw。)

2022/04/12

クロノクロス、幽霊船クリアまで。

リメイク前(高校生)当時、「買ってすぐ」の記憶がこの辺りまで。

2022/04/11

クロノクロス、船入手まで。

普通にキッド助けた。助けないルートもあったと思うが、両方忘れてる状態なのでまずは普通の方からにし、強くてニューゲームの楽しみにとっておく。

2022/04/10

ボドゲ with PONさん、けい坊君、たまごん君。

イーオンズ・エンド、戦闘のある協力型(プレイヤー全員 対 ゲームシステム)ドミニオン。まずは高コストのカードを狙えるようにデッキの金密度を高めるのはドミニオンと同じだが、その狙いの高コストカードがドミニオンだと取ればよいだけの勝利点なのに対して、こちらは攻撃カードや回復カードで、さらにそれを使って戦闘を進めなければならない。そうすると今度は金密度より攻撃密度の方が必要になり、というかドミニオンと違ってデッキシャッフルがないため局所的な金集中箇所を狙ってつくれるので金密度は実はそこまで必要なくて、少しバランスが異なる。1回目はその理解が足らず早々に敗北。2回目は敵もこちらも体力ギリだが、5/6 で勝ち、1/6 で負けというほぼ勝ちの状況に持ち込み、後者を引いて惜しくも敗北(バトエンか!)。各々好きなようにデッキ強化してしまっていたので、誰かは金密度、誰かは攻撃密度のようにプレイヤー間で役割分担を決めるよう改善すれば、もっと確実に勝てそう。

インパクト、箱の中にサイコロを投げ込んでゾロ目をつくれたらサイコロ獲得、はずれの目を出したりファンブルしたらサイコロ消失。最後までサイコロが残った人が勝ち。基本運ゲーなのだが、他のサイコロに投げ当てて目を変えるという要素が面白い。ぶつけたところで狙った出目に変えることなど到底できないのでやっぱり運なのだが、ファンブルせずに強く投げ当てられるかはテクニックが必要で、運ゲーなのに単調さを感じさせないハプニングメーカーになっている。2位と 1位。

2022/04/09

クロノクロス、蛇骨館終わったところまで。

細部は覚えてないが根幹は思い出しておいたおかげで、この辺の謎めいたセリフも理解しながら進めることができる。

あと、見ればあーこんなだったと思い出す景色も多くて、1画面進むたびに懐かしい。

2022/04/08

クロノクロス、蛇骨館に着いたところまで。アルフルートにしてみた。

初回プレイではここで餌やりミニゲームに夢中になってしばらく進まなかった記憶w。

2022/04/07

クロノクロス リマスター購入。アナザー行ったとこまで。

DQけしケシも今日からダイ大イベント第2弾だし、DQ10 のバトエンもノルマこなさなきゃだし、平日仕事上がりは時間配分が大変になった。

2022/04/06

警察のやっかいになった。(うーん、もうちょっと早かったらこういうのをエイプリルフールネタに使えたのにw。)

ふと、BIG ECHO の会員カードが財布に入ってないのに気付いた。いつも財布に入れていて、カラオケ時しか取り出さないので、最後に行ったカラオケの部屋に忘れてきたと思われる。

直近がいつどこかは覚えていたので店舗に電話して聞いてみると、確かに忘れ物として拾得されていたが、貴重品扱いなので交番に届けたとのこと。(過去にも一度会員カードを忘れてきたことがあり、その際は店舗で保管されていたのだが、なんで時によって対応が違うのか???)

交番に行ってみると、警察署で保管されているとのこと。なんだこのイケてない RPG のような展開は!

警察署に行ってみると、確かに現物があるようなのだがすぐに渡してもらえず、なくした時間と場所やカードの外見、特徴を根掘り葉掘り聞かれた。要は本当におれのものなのかを明確に証明できないため、面倒なことになっているらしい。カードにはおれの名前は書かれていないが、カード内には情報としておれの名前が入っている。それは警察では読み取れないだろうが BIG ECHO の機械では読み取れるので、拾得された時点で BIG ECHO 店員に持ち主は確認されており、おれが電話した際に名前の照合は行われて済んでいる、ということと、記憶の限りの会員番号の最初の方の桁を言ったら、返してもらえた。

いや、面倒だった。というか、カラオケの受付時にいつも書かされる電話番号、あれは何のために書いているのか。いきなり交番に届ける前に忘れ物発見した時点でおれに電話かけろよ BIG ECHO。交番もだけど。警察署に引き渡されたせいでたらい回しをくらったけど、なぜ本人に連絡せず無断で事を進めるのか。すぐに取りに行ったのに。(近隣のカラオケだったのは救いか。電車使った先でこれをやってたらすぐ行くこともできない。)

2022/04/05

アルティマニアでのクロノクロス復習、結構忘れてるなー。一応当時はエンディングを全種類見たり、マニアックなキャラを育てたり(例えばスプリガンの敵コピーを全部覚えたり)をした覚えはあるのだが、短期集中でやってそれ以降反復していなかった。

シナリオに関して、先日書いた通り話の根幹と大まかな流れは、難解である分当時一生懸命読み解いたおかげで思い出せるが、1つ1つの細かなイベントが全くといっていいほど思い出せない。

キャラも、絵と名前を見てもこいつ誰だっけというのが何人もいる。確かにクロスは仲間になるキャラ多すぎ RPG だが、当時は一応全員育てたはず。

バトルシステムも、直近 3つまでの 6色の属性履歴が大事だとかはラストにも関わるので覚えているが、弱中強とかエレメントだグリッドだスタミナだとかだいぶ独特でほぼ忘れていた。

2022/04/04

DQけしケシ、サイレス(ステージ10 のレアモンスター)をスキルレベル MAX にした。

イベントステージでのやることを終えるたびに、次のイベントが来るまでの間、通常ステージの後ろから順にスキルレベル上げ(ドロップ集め)を進めていたけど、最初のステージ10 だけで結構かかってしまった。

全消しゴムコンプして、レベルとスキルレベルを MAX にすることがこのゲームのゴールだと思うが、今はレア枠でも将来のイベントステージで普通に出るということはこれまでもたびたびあったので、レアは後回して目先の効率が良いものから進めていた方がよいのかもしれない。

2022/04/03

昨日のトルネコ1の 3回目温泉(ノーミス全ダンジョンクリア)挑戦で思い出したけど、シレン1の 1回目マムル(同様の挑戦)って過去に 2回挑んで失敗してるんだよなぁ。

3回目温泉は、昨日は失敗したが、これまで何度も成功している。

1回目マムルは、フェイの問題 50問を回数増やさずクリアするためにテーブルマウンテン 50周しないといけないのが手軽じゃなさすぎる。(挙げ句、満を持して挑んだ最終問題 3F とかで呆気なく失敗してリトライする気を折られるw。)が、シレン好きとして 1度は達成しておきたい挑戦ではある。

2022/04/02

クロウ君の Discord会で最近続けているレトロゲーのぶっつけ通しプレイ配信、来週はクロノクロスやってるだろうからひとまず今日までかなと、DQ3 かトルネコ1かで迷って、今日はトルネコ1(DQ3 はもうみんな見慣れているだろうから)。

ちょっと不思議、不思議、もっと不思議(奇妙な箱のみ)で 3時間15分くらいだった。不思議のダンジョン系で RTA的なプレイをした経験はなく、むしろ時間を使ってでもクリア率を高く保つのが普段のプレイスタイル。今日も特にタイムを意識してスタイルを変えることはせず、それより冒険回数 3回(ノーミス)で終えることを目指した。

トルネコ1は最初に触れた不思議のダンジョン系である分、他作品より強く記憶していて、具体的には敵の HP、特殊行動率を全部暗記している。(あと何回殴れば倒せるか、その間に嫌なことをされる回数期待値を正確に把握できる。)

  1. ちょっと不思議。さすがに死にようがない。
  2. 不思議。武器も盾も出ない。やっと盾は出たけど、10F 過ぎてまだ素手(その後も結局出たのは棍棒と金の剣w)。そして毒消し草も全く出ないせいでおばけキノコに下げられた力も回復できず、ミイラ男とガチれない、キメラとガチれない、さまよう鎧とガチれない、動く石像とガチれない、どころか爆弾岩とすらガチれない(与ダメ 7 とかw)。20F 以降かというノリで序盤、中盤、終始アイテムでの対処を強要され、それでもなんとか 1発クリアしたが、凄まじく疲弊した。
  3. 不思議。幸せの箱を開け忘れて(もっと不思議に切り替え忘れて)間違って入ってしまった。1F で自殺。
  4. もっと不思議。4F でスモールグールに詰まされて死亡。分裂率と期待的にはぎり対処できることの方が多く、むしろ増やしてレベル上げに使いたい敵なのだが、下振れ(ミスったうえに分裂されることが複数回続いたり、背後を挟まれたり)がひどかった。
  5. もっと不思議。6F でミイラ男に詰まされて死亡。道中落とし穴を踏んでほぼ 1階分のレベル上げ不足で放り込まれたうえに、ミイラ男が 3体連続して襲ってきた。今日、運悪すぎないか?w
  6. もっと不思議。うって変わって武器、盾、力が申し分なく、ザキの杖も十分チャージできて勝ちを確信。奇妙な箱とってから 30F で 3連続落とし穴を踏んだけど(30F → 31F → 30F → 31F → 30F → 31F → 30F → 29F)、それでもアイテムは余裕あった(というか素潜りで 99F 目指せる余力だった)。

うーん、6回かかってしまった。1回は切り替え忘れなのでいいとして、序盤死亡の 2回。このゲーム、敵が強いがこちらも選択肢がある終盤よりも、選択肢がまだ少ない序盤での下振れが死因の結構な割合を占める。シレンもそうだが、本当に死にたくなかったらやはり 3F が大事なんだろうなぁ。

2022/04/01

今日から川崎で神戸出向……と、エイプリルフールなんだかよく分からん感じに書いてみたw。

正確には、神戸にある以前の出向先と同じところに再度出向するのはそうだが、テレワークなので引っ越しはなし。

神戸から戻ってきてからの業務より神戸での業務の方が面白かったものの、関東を離れてしまうのはネックだったので、テレワークによって会社の通勤圏内に住まなければならないという障壁なく異動を受けられるのは、新しさを感じる。

過去ログ

特別日記