お気の毒な冒険の書

  • *「こんな 夜ふけに わが教会に なんの ご用じゃな?
  • → いきかえらせる
  • *「どなたを この世へ 呼びもどすのじゃな?
  • → 冒険の書1
  • *「ごじょうだんを。 冒険の書1は 消えていらっしゃる!

[DQ10 レベルとスキル]
[シアトリズム スコア]
[リアル脱出ゲーム 戦績]

5/25:第5回謎検
5/26:ボドゲ会
6/1:コナン・ザ・エスケープ 紺青の序幕(USJ)
6/8:ピラミッドからの脱出(原宿)
7/27:紺青の美術館からの脱出(原宿)

冒険の書54 2019年4月〜

2019/05/24

DQ10、レモスラクイズでどくろあらいが打撃しかしてこなかったため誤答w。

あと昨日、正解がブリザードマンのところ、計算機で候補が0件になったのはなんだったんだろう(かがやく息と氷結弾を使ってきたので正解は自力でできた)。こっちの条件は素手、全裸。終わった後に原因をはっきりさせとこうと思って試したら、かがやく息、氷結弾の条件ではブリザードマン出てくる。被ダメ条件を入れても出てる。与ダメ条件を入れたら消えた(実際の与ダメなのに)。なので、与ダメがなんかおかしいらしいことは分かったが、そこからが不明。実際115とか116ダメだったところ105くらいの値にしたら出てきたけど、なんか普通の状態よりダメージが増えてしまうファクターあったかなぁ???

2019/05/23

DQライバルズ第7弾、ここまでで貰ってたチケット使ってアンルシアもゾーマも当たらなかったので、しばらくは新しくないコンセプトのデッキ。自分で使うという意味では一応新しいデッキに変えたのと、新弾カードを5枚くらい混ぜた。レジェ達成ごとに1リーダーずつ使っていく方針は環境関係ないので、リーダーはアリーナ継続。

新弾直後はみんな手探りなので、必ずしも新弾のコンセプトを取り入れたから勝てるというものでもなく、むしろ運用を熟知しているデッキの方が勝てたりもするものだが、今回はスタン落ちのせいで新弾カードが揃っていようがいまいが熟知したデッキを離れなければならないのが厄介なところ。

まぁせっかくなので1から考えたオリジナルデッキを、実戦でデバッグしながらダイア5→ダイア4まで。まだ試作段階なのでコンセプトは伏せておく。

2019/05/22

DQ10、レベル上げがあとちょっとだけ残ってるところにレモスラクイズ(超上級正解で経験値55000×2週間弱)。今週末には終わるかな。

2019/05/21

DQ10TV、Ver5情報。レベル上限解放とかそういう情報も来るかと思ってたけどなかったな。(もうすぐやっと再び上限に追いつくところなので、しばらくは週課から解放されたいw。)

2019/05/20

DQライバルズ、ナーフ情報が出たけどラーミアは関係なしで一安心。そうだよね、ラーミア言うほど勝てないもの(現在ダイア5〜4辺りをうろうろ)。まぁ新弾になったら多分全く別のデッキに変えるだろうけど。

ザオラルナーフでコストが増えたけど、成功率50%にするとかの方が原作っぽい気も。あれ、ザオリクじゃん。……と思ったらザオリク既にあるのか(一度も見たことないけどw)。低コストユニットを蘇生してしまうことを失敗と捉えると、ザオラルとザオリクだったわけね。でも、ユニットを絞ることにより、ザオラルで十分な確実性を得られるようになってしまったと。

2019/05/19

来週の謎検に備えて、過去4回分の問題集を総復習。しかし、次回は60分100問という新形式(過去4回は50問)。簡単な問題を多数出題するスピード勝負とのことなので、過去問と確実に傾向が異なる。果たしてどこまで役に立つか。

ぷよぷよ脳なおれとしては、時間をかけて難しいことを考える勝負よりは、単純なことを高速で考える勝負の方が、適性は高い。ただ、ひらめきというのは速く思考したから思いつくというものでもないので、どこかでハマりこんで致命的な時間配分ミスをしてしまわないか、とても心配。あと、本当に全問等しく小謎なのか、やはり後ろの方には傾斜があるのか、なんとも読めない。

とりあえずできるのは、コンディションを整えておくことのみ。

2019/05/18

TSG60周年パーティー@駒場。サークルの同窓会的な集まり、2年前にあったゲー研の方では、おれは古い側1/3くらいだったのに対し、TSGではめっちゃ若い側w。95年にできたサークルと59年にできたサークルだものなぁ。今日来てた中で一番上76年入学とか、おれ生まれてねぇw。

これだけ続いてるサークルだと全員が揃うのは到底無理な話で、誰それは来てないのかーというのも結構あったが、をやてつさん、タト、mitty君、H.H君あたりと久しぶりに会えた(ROPPYはこないだ一緒にルイーダ行ったばかりw)。TSGの夏合宿にOBとして最後に参加したのが2012年なので、TSGの集まりは本当に久しぶり。そういう意味では、TSG夏合宿で夜通しゲームしてた面々がもっと来てて欲しかったところではある。

それと、2014年の駒場祭でTSGをのぞいた時は、すごい小規模になってて部員数も減ってるという話だったので心配していたけど、いつの間にか盛り返していて、それどころか今は結構ガチな技術者集団として活動している模様(素晴らしい)。ずっとTSGは駒場祭だけ参加だったが、これもいつの間にか五月祭も参加するようになってるらしい。

食事と酒が思ったより少量だったので、というかみんなすごい勢いで群がって速攻なくなるので(この辺、歳とってもTSGだなぁw)、終わった後山手行こうぜと提案したらROPPYがめっちゃ食いついてきたw(をやてつさん、ROPPY、mitty君と行った)。やっぱ駒場に行ったら山手にも行きたくなるものであるw。ゲー研とTSGと2つのサークルにいると、結構ノリや文化が違うなぁと思うところがあるものであるが、それぞれ違った居心地の良さがあって、こういうところはTSGの居心地の良さである。

2019/05/17

海腹川背って、一度自分でも似たようなものをつくってみたくなるゲームである。物理ゲーなので、プログラム楽しそう。

多分おれがつくると、主人公がバーバラになってルアーの代わりがカルベロビュートとかになるw。

2019/05/16

海腹川背Fresh!、コットン(一定時間空中を飛べる別キャラ)のクエストも全クリ。なんか元ネタありそうな感じだったけど、別ゲーキャラのゲスト出演か何かかな。

2019/05/15

会社でスマホ持たされた。……電源ボタンどこ???(スマホ初めてw)

プライベートでガラケー使いなのは、別にスマホが嫌いなわけではなく、単純に無関心なだけ。PCがあるし、ゲームはゲーム機でやるし、積極的に欲しい理由がないもののことをわざわざ検討する暇あったら、その時間ゲームする。ああ、でも、スマホはみんな持ってるものっていう決めつけは大嫌いかな。

2019/05/14

仕事上がり、yunoとルイーダへ。ドリンクの制覇を3種(セーニャ、グレイグ、ハーゴン)進めて、残るはホメロス、いてつく波動の2種。いつ行こうかしら。

2019/05/13

海腹川背Fresh!、クエスト全クリ。食事とキャンプ縛ったら結構大変だったが、いい難易度だった。シナリオは最後まで見たけど……やっぱり蛇足感w。

全クエスト(敵配置は微妙に異なるけど)マップが共通で何度も同じ場所を通るのも、最初は不満だったけど(分岐しながら次の面へと進んでいく従来システムと全く異なるし、先に進んだら新しい景色を見たいので)、これはむしろ今作の評価ポイントであることに途中で気付いた。

要するに、3日前に書いた「死ぬごとにふりだしに戻される方が、同じ道中を前よりもスムーズに進めることに気付いて、身に付いていく」の別形式と解釈できる。今作は順路が示されるけど、目的地が前と同じクエストでも順路がよりテクニカルな方になっていたりして、「あ、こんな行き方もできるんだ」と気付かせてくれる作りになっている。従来はゲームオーバーによる反復の中にこそ、この気付きを得るきっかけがあると論じたわけだが、なるほど、同じマップを使う新しいクエストなら、ゲームオーバーというネガティブな要素なしに同じ効果が得られるというわけだ。(そしてひよって前のルートを進んだり、未知のルートを開拓したり、順路を無視する自由もある。)

そして、マップが広大でクエストも多く、スタートとゴールはクエストによって異なるので、反復分を差し引いても十分なバリエーションになっている。

2019/05/12

DQライバルズ、ここまでラーミアを使ってみて分かったこと。

オーブを出してドローしたのがまたオーブだったらという連鎖は、まだ手持ちオーブや他にドローソースがなければオーブ以外が来た時点で途切れる。逆に、1つドローソースがあるごとに、掘り切るためにデッキに混じっててもよい不純物枚数が増える。そこから最速で掘り切るための最低限のMPを逆算し、残りを無駄なく生存につぎ込む。(上がりターンが結局変わらないのに、前のターンに過剰にオーブ出しを頑張ってしまわない。もちろん生存に過剰にMPをさいて、上がりターンを遅らせるのも駄目。)

ドローソースをラーミアを出す前に使うか、後に使うかは、最後のオーブが底にあるなら(ターン数的には)どちらでも変わらない。ラーミアを早めに出した場合、薄まったデッキで相手への対処が難しくなる区間が長くなるかわり、オーブが浅ければワンチャンすぐ上がれる。遅めに出した場合、相手への対処が難しい区間を圧縮できる。これもやはり、勝敗が決しそうなターンを逆算して、博打度合いを選択していく感じ。

とにかくラーミアは逆算逆算っぽい。

2019/05/11

DQライバルズ勇者杯観戦(@ニコ生)。優勝者予想キャンペーンは、二次予選観て応援することに決めたまいける氏にしていたところ、惜しくも準優勝。

決勝の最終戦も、応援するきっかけになった二次予選の試合を彷彿とさせるエイピvsレッテリだったうえ、やはり二次予選同様ギリギリで踏みとどまっての逆転になりそうだったが、1/3のライデインガチャが通って負け。通した側を称える流れになっていたが、撃たれる側しか経験したことがない身としては怒りとトラウマが込み上げたw。とはいえ、準決勝でじゃんけんを神回避してるから、運に文句は言えないだろうなぁ。

2019/05/10

海腹川背Fresh!、クエスト50くらいまでクリア。蛇足要素はさておいて、アクション部分はちゃんと海腹川背なので、まぁ許せる。

というか、蛇足と思ってその辺の要素を全部縛っているので、ほどよい難易度になっている(会話のように飛ばせない蛇足もあるけど)。食事による回復や、キャンプによる中間セーブとか、これまでのシリーズはそんなものなしでクリアしてきたのだから、使っちゃ駄目でしょ。満腹度も体力も空にしたまま進めば、オワタ式になってやっとこれまでと同じバランスになる。

縛りたい人は縛ればいいし、初心者にはそういう救済がある方がとっつきやすくて間口が広くなったように見えるが、1つ注意が必要である。このゲームは難所で詰まったとき、そこだけひたすらリトライしてもそうそうできるようになるものではない。むしろ死ぬごとにふりだしに戻される方が、同じ道中を前よりもスムーズに進めることに気付いて、身に付いていくゲームである。ふりだしに戻るけどプレイヤーは成長している、不思議のダンジョンに近い感覚。そういう意味で、初代にセーブや面セレクトがなく、ゲームオーバーになるたび1面からだったのは、あながち機能不備ではないと思っている。

通じる人がどれくらいいるか分からないけど、最近ので言えば、SteamのGetting Over It(通称「壺」)が近い。まぁ壺は見てるだけでやったことないんだけどw、海腹川背もこれぐらい硬派なアクションだったはずなんだよ。

2019/05/09

ぷよe、R3000突破(3008)。240位/56898人(0.4%)。

レートの相場は変動するので、どれくらいすごいかという話をしたいなら順位割合を見る方がいいんだけど、キリのいい3000を当面の目標にしてた。インフレすれば当たり前の数値になる可能性もあるが、現時点としては上振れしてるときに頑張って届くぐらいのいい目標。

下振れしてるときだとR2850、上位1%ぐらい。つまり、R2800以下(〜上位数%)には優位に勝ち越せる。ただし、勝ち越せる≠負けない なので、R2400、2500にも負けるときはある。逆も然りで、R3100とかを倒せることもある。ぷよeではそれ以上のクラスとあたったことはないが、2ぷよ時代は全一レベルの人たちとも対戦できた経験からすると、勝てない相手はいない(10回〜20回に1回でよければ全一レベルにも勝てる)。

とはいえ、こっちとて上位1%内なのに1-9とかで負けるわけだから、ここから先が如何に断崖絶壁で、上位が如何に化物かという話である。

2019/05/08

配属されてきた新人の挨拶で、みんな(数十人)仕事の手を止めて立ち上がって一斉に注目するもんだから、ガチガチに緊張してるのを見て、モンスターハウスで寝てた敵が一斉に起きてこっちを向いたときのビビり具合みたいだなと思った。

2019/05/07

GW明け。ジャンプを探して今日が火曜日であることに気付く(それ以前に先週合併号)。これが休みボケというやつか。

2019/05/06

ゲー研の五月祭情報出た。……が、守備範囲のタイトルなしなので、スルーかな。

夜はTSG60周年パーティーなので、むしろ本郷じゃなくて駒場に行くw。昼は空きに。

2019/05/05

DQライバルズ、昨日まで行われていたイベントマッチに初めて参加してみた。今回のは第1弾カード縛り(ただし1枚だけ第1弾以外を入れられる)というルールが、第3弾から始めた身としては逆に新鮮で、やってみたくなった。

1日3戦ずつ昨日までの5日間で15戦行われ、12勝3敗で600位台だった。ランクマのレジェ到達時よりいい順位!

縛りの例外枠としてぱっと浮かぶのはやはりオルゴ。オルゴ入りのアグゼシなら(第3弾でだけど)レジェンド経験あるし、第1弾カードのみに置き換えるのも簡単そうだったので、1デッキはそれに(2デッキ登録できる)。もう1デッキは、オルゴ以外かつやはりレジェンド経験あるアグピベースで考えてみようということで、例外枠にゲマをチョイス。ゲマは新弾出るごとに対処が増えてきたので、第1弾環境で出せば結構困らせられるかなと。そういう意味では、アグゼシの方もステルスを入れておいた(ドロヌーバ、亡者のひとだま)。

で、結局ピサロの出番はなく、アグゼシだけ15回使い続けて、そこそこ無双。アグロミラー多いだろうなと思って、ガチャコ2、ジャガメ1、セクシービーム2を入れておいたのが、いい具合だった。(第3弾でレジェ行けたときのアグゼシにもガチャコを入れていた経験があったので。)マジックフライのサーチにセクシーが混じってしまうのは迷うところだったが、相手のマジフラをセクシーで奪ってこっちをサーチさせるなど、痛快な刺さり方をしていた。プレイングもやはり、これぐらいまでは盤面で戦って、これぐらいからは顔面をつめるという感覚をアグゼシはレジェ経験で理解できていたので、うまく戦えた感じ。

2019/05/04

PONさんからサガ系の人達の麻雀オフ会に誘われ初参加。4半荘やって、参加者9人のうち前回優勝者をランク外とした8人中で2位。

……と書くとすごそうだが、順位は2位、4位、3位、1位で均等。最後の半荘だけ得点を倍とするルールが設けられたおかげで、一気に浮いたw。それがなかったらプラマイゼロくらい。

1半荘目は、東1でいきなり跳満に振り込むも、そこから4万点までの大復活。オーラスでトップだったが、最後ににゅすけさんにまくられる非常に悔しい2位。途中で四萬単騎という変な待ちで上がったのだが、四暗単騎と聞き間違えられてぎょっとされたw。

2半荘目、3半荘目は、なまじ満貫以上の手ができていたばかりに相手のリーチに突っ張ってしまい、玉砕。どっちも、オーラスにラスからの脱出を賭けてリーチする展開になったが、2半荘目は脱出失敗で、3半荘目は脱出成功。

4半荘目は、真珠さんの槓ドラもろ乗りリーチ(公開情報だけで5飜)をかいくぐって逆に親満を振り込ませたのが勝負の決め手に。

2019/05/03

海腹川背Fresh!、今のところものすごい蛇足感。ストーリーやクエスト、収集要素などが追加されてる。(やらずには批判しない主義なので、もちろん全部やるけど。)

海腹川背ってアクションが唯一無二の圧倒的完成度を誇っていて、余計なものは削ぎ落としてそれ一本で勝負してきた作品だと思っている。アクションの応用性が無限大で、ゲーム自体はシンプルなのに無限に遊べてしまう。だから他に何もいらない。そういう作品だったはず。

デフォルメ好きとしては今作の絵柄は結構好みだけど、会話シーンとかはたるい(このゲームに求めてるものはそこじゃないから)。早く操作させろ!ってなる。ライフとか満腹度とかつけた開発者は、やたらと要素をプラスすればいいってもんじゃない、マイナスこそがこのゲームを洗練されたものにしていたことを分かっていないのではなかろうか。

せめて難易度はこれまで通りの容赦のなさを期待したい。

2019/05/02

ROPPYとルイーダへ。レベル8新メニュー、食事はようやく制覇完了。残るはソフトドリンク5種(セーニャ、グレイグ、ホメロス、ハーゴン、いてつく波動)。1回で5杯は飲めないから、あと2回いかないとなー。

失敗したのは酒だけ先に制覇してしまったこと。あと2回は酒が飲めない!というか、グレイグ、ホメロスをノンアルコールと思ってなかった。

アルコール/ノンアル選べる
主人公、カミュ
アルコール
シルビア、マルティナ、ロウ、ドラゴラム
ノンアル
ベロニカ、セーニャ、グレイグ、ホメロス、ハーゴン、いてつく波動

やっぱり、グレイグ、ホメロス違和感ないw?おまえらは酒だろ!

2019/05/01

DQライバルズ、月が変わったのでアリーナでスタートした。

どんなデッキでいくか全く考えていなかったが、第6弾ヒーローをまだ使ったことがなかったので、少し前に入手したタバサを使ってみることに(レックスは未入手)。アリーナでタバサならラーミアだろう。これまでの相手で見たことあるのは、無念無想使って1ターンで一気にラーミアを孵化させるタイプと、スライムで回復しまくってる間にオーブを揃えるタイプ。スライムの方があまり見ないので、そっちをやってみることに(被らない方が好き)。

やはり使い始めは慣れなくて全然勝てないが、段々分かってきた。タバサの活かし方が肝な気がする。そして、今日イチの教訓は、ドレアム出すと手札のラーミアが燃える。ユニットというより特技っぽいカードだからほんとうっかりするわこれw。魔物の呼び笛でラーミアが呼ばれて0/1が場に残り続けるのを見たことあるので、れっきとしたユニットであることは承知しているのだが。

2019/04/30

ヨッシークラフトワールド、コンプ完了。これにて終了。分からなかった赤コインまじ盲点だったわー。ローラーで全探索を何往復もしたのに見落としてる箇所ってあるものである。それでも諦めずに、まだ試していないことはないか、考えていない観点はないか、動かし考え続けると、ふとした拍子に見つかる。なお、それよりシークレット最後の条件達成の方がよほど簡単だったw。

というわけで明日からは海腹川背Fresh!

夜は平成最後のというコンセプトで行われた会社のオタの会番外編。……という名の技術屋のグチのこぼし合いw。

2019/04/29

ヨッシークラフトワールド、残るは赤コインが分からない1面と、シークレットの一番最後のみ。後者はストレートな難しさなので、問題なくいけるはず。前者、まじで見つからないなぁ。困った。

ボス面は普通の面と違い、タイム条件、ノーダメ、個別の特殊条件の達成がコンプ要素となっているが、これのタイム条件が、DKリターンズやトロフリのTAモードっぽい感じで面白い。普通に倒すと、ロスらず最速で倒しているつもりなのに全然間に合わなくて、初見では気付きづらいタイム短縮テクがどのボスにも存在する(ボスの行動をスキップさせる方法があるなど)。そして、フラワー3つ目の特殊条件がそのヒントになっていたりして、ちょっとした謎解きみたいに。特にラスボスは、撃破パターンを見つけるまでにかなりの試行錯誤が必要なうえ、遂行にもそこそこ腕が必要で、過程も含めて楽しめた。

2019/04/28

ライバルズ以外のゲームを思う存分進められる解放感w。いや、もちろんライバルズも楽しんでやってるんだけど、月でリセットされるから、やると決めた月はやりきってしまわないと努力がパーになってしまうのが難しいところ。今日は他のゲームもやりたいのになかなかノルマに届かない(どころか後退)というときが辛い。だからこそ勝利の快感があるわけだが。

ヨッシークラフトワールドは9割くらいコンプであと少し。ただし、1面赤コインを飛ばしたままなのが不安要素。ちょいちょい戻って探してるが一向に見つからない。もう1面クラフトンキッドを飛ばしてた面は見つかったし、その後の面で何かしらを飛ばしてる面の増加はなし。

2019/04/27

DQライバルズ、今月こそ行けそうだったので、このところ根を詰めてやってた(そのうえほかも並行してたけど)。負けに負けてめっちゃ時間使ったのに進捗マイナスとか、ブチ切れて絶望しながら眠る夜も続いたが、やっと報われた……!

現逆境のピサロでレジェンド行ったぁぁぁぁ!!!ゼシカに次いで2キャラ目。これでピサロを卒業!!!次は、一時期ちょっと先回りで使ってたアリーナかな。相変わらず現逆境リーダーになってしまうが、来月新弾での追い風を期待。新弾的には、魔王がフィーチャーされるタイミングでピサロを卒業してしまうのが、結構残念w。

レジェンド到達(ピサロ)

ピサロは現環境に合ってないと何度も言われたが、そんなこと言われたって今ピサロの順番なものは仕方がない。Tierなど知ったことか。実際、結局レジェンドまで勝ち抜いたのは、Tier 3辺りに挙がってるエイピではなく、もはや挙がってすらいないアグピだった。そもそも、第6弾ナーフでお咎めなしのエイピ天下になるのではと騒がれた割に全然そうならなかったし、人の声に惑わされてはダメである。

レジェンド到達デッキ(ピサロ)

Tier 1、2と言われてる奴らに対して、アグピはラーミアを殺せる。召喚ゼシカはエイピの方がやりやすいけど、アグピでもそこそこいける。レックステリーはエイピより断然アグピがいける。現環境でピサロならアグピが一番と感じた。何より、アグロの俺イズムを押し通す気持ちよさが好き。

アグピと一口に言っても結構人によって細部が違うもので、こっちが抜いてるものとしてはエビマス、ダックカイト、わたぼう、はぐメタ、ブラレ、オルゴ、除去系特技等々、いっぱいあると思う。まず、一番のさばってるレックステリー対策にゴンズは必須と感じた(レックスには仁王立ちであることを先月実証済み)。あと、ゲマ頼みしすぎず(アグロにとって5Tに本命は遅いし、今は除去手段が多い)、それまでにユニットで殴り殺す動きを意識。なのでエビマスは抜いた。新弾カードとしてはとげぼうずとりんご。とげぼうずは1発目ならモーモンより強い。2発でイーブン。3発なんてまず殴れないので、モーモンと交代した。りんごはロトで除去しつつユニット展開もできるという、アグロにとってとてつもなく都合のいい性能。

あと、ククールが相手のときはタバサかどうかを見てから殴り始める(どんぐり対策)。タバサ(=ラーミア)なら、ふくぶくろ、スパイクを手札に貯め込みつつ、相手ユニットを必ずそのターンで殺し切る以外は一切殴らないで長引かせ、ラーミア見てから一気にドローさせてオーブ燃やせば勝ち。アリーナラーミアの場合は無念無想と合わせてラーミア出したターンにオーブを出し切ってくることが多いので、燃やそうとせずに素直にゲマでドローを咎める。飛び蹴り回し蹴りされないように、ゲマの前には(たとえウォールを張れなくても)ユニットを置かない。

2019/04/26

飲み会。1次会出席率は高いものの、2次会はいつも行かないキャラなのだが(帰ってからゲームする時間がなくなるので)、今日は明日からGWなので珍しく2次会まで。

世間だと今年は連休が長いと騒がれているが、うちは毎年、全社的な休みでこの長さのGWがデフォなので、いつも通り嬉しいのだけど、優位性がなくて損した気分になるw。

2019/04/25

やはり今日も満杯で不在票。これは偶然被ったじゃなくて、開かずのボックス疑惑が濃厚。これ、宅配ボックスも月の管理費とかに含まれてるだろうし、管理人に苦情を出すべきなんだろうか。通販利用頻度はそこまで高くないので、ひとまずはGWに入って直接受け取れてしまえばしばらく困らないわけだが。似たような経験者の話を聞きたいところ。

2019/04/24

今の家、宅配ボックスがあるから気楽にポチれると思っていたのだが、満杯で不在票が入ってた。前の家まで宅配ボックスに馴染みがなかったので知らなかったのだが、よくあることらしい。それも純粋に利用が同時期に集中したとかではなくて、取り出し忘れて使いっぱとか、勝手に個人使用だとかが満杯になる要因らしい(うちがその状況なのかは、これまで注意して埋まり具合を観察してなかったので分からないけど)。急いではいないけど、明日、明後日飲み会だからGW入るまで再配達が繰り返されるのか……。

2019/04/23

ヨッシークラフトワールド、半分くらいコンプ。赤コインがどうしても見つからない面1つと、クラフトンキッドがどうしても見つからない面1つを飛ばし中。

それなりに鍛えたゲーム脳をもってすれば、大抵の隠しは予測がついてしまうものだけど、面の手前や奥に意識を散らされたり、隠しハテナ雲もいっぱいあったり、一筋縄でいかないことがしばしば。

2019/04/22

昨日行われたライバルズ勇者杯2019春の二次予選(ニコ生のフィーチャーマッチ)を、タイムシフトで一通り観た。

ピサロで強い人を参考にしたかったのだけど、案の定ピサロの使用率は低い。しかし、最後のラウンド8フィーチャーマッチの2戦目、エイピがレックステリーに(しかも2T少年テリー、3T後攻ブラレ、4T後攻ブラレと出されたにも関わらず!!)HP4で踏みとどまって逆転していて、激アツだった。その人2位で決勝大会出場を決めていたので、応援せざるを得ない。(ただ、エイピが本領を発揮する7Tまで持ちこたえるかなめとなったストーンビーストは、おれも入れているので、特効薬が得られたわけではない。やはり、きついものはきついマッチアップに感じる。)

本日、しばらくナーフがないことが発表されたが、

以上の状況を踏まえ 現在の環境は
・使用率の高いリーダーはいるが 突出した勝率ではない
・どのリーダーも得意/苦手が存在する
状態であり カードの調整は不要と判断しました。

いや、それはそうなんだけど、

一方で 職業間の得意/苦手の傾向が強まっており
複数デッキから選択する大会形式では問題ありませんが
対戦相手のデッキがわからないゲーム内ランクマッチでは
一方的な展開となるケースが増えることも認識しています。

なんとかして欲しいのはこれなんだよ!!構築とプレイングという実力要素以外にツモ運が介在するのは、カードゲームである以上受け入れられるけど、それに加えてマッチング運というじゃんけん要素まで乗っかってくるのは非常にストレス。「チョキを殺せるけどパーに殺されるから突出した勝率のデッキはない」ではなくて、「デッキ自体はどれも互いに拮抗しているので、突出した勝率のデッキはない(その強さの引き出し方への理解を深めれば、どのデッキでも勝てる)」という状態にして欲しい。

2019/04/21

夜の巨大監獄からの脱出、ピロテースさん勢3名(2名の名前忘却)、PONさんと挑戦し、脱出成功!985人中424人脱出成功した中の5人。(脱出率高すぎw。)

夜のよみうりランドの大会場型、時間制限あり。囚人になって脱出する王道のシチュエーション。「思い思いの格好で囚人になりきろう!(コスプレでのイベント参加OK!)」とサイトに書いてあったので、コスプレなんてものではないけど一応縞模様の服で向かったら、ちゃんとメンバー全員しま模様だった。(約1人しま違いがいたけど。)

謎解きも王道で、とてもすっきり。演出にやや茶番多めで、はよ謎解かせろやとちょっと思ったけど、面白かったから許せる。これぞ様式美。(それだとみんな慣れちゃってるから脱出率がこうなっちゃうんだろうけど、それで楽しめてるのだから何も問題ないと思ってる。)

序盤〜中盤はそれなりの速度で謎を解いたが、ある程度各自で解いたので特に仕事というわけではなく、大謎で半分くらい仕事した。本来、時間制限付き大会場型なので、複数同時に出た謎を割り当て決めて完全分担したり、最速で解いた人の答をガンガン共有していかないと頭数を増やす意味がないのだが、そこまでするほどではなかった。最速を狙うなら、2人くらいがベストだと思ってる(実績あるし)。

2019/04/20

真珠さん、クロウ君とTMCの遊戯王周遊+色々。真珠さんから行きたいと持ちかけられ、ついでにパセラでも遊戯王コラボやってるのでそっちも行きたいし、ルイーダの新メニューも行きたいとのこと。

いや、ちょっと待った、それパセラで食事とパセラで食事なんだが!と、プランニングに頭を悩ませた結果が以下。

ルイーダ

時間が読めるものを先にするため、まずはルイーダから。新メニューの制覇が進んだが、案の定まだ全制覇はならず。食事はあとちょいだが、ドリンクがあと8つ残っているのがネック過ぎる。

海馬コーポレーションからの挑戦状

TMCの遊戯王コラボ。MAIL BOX系なので、周遊というほど動かなくていい内容なのだが、混んでるせいで逐一外のテーブルまで移動して解いてた。1時間45分くらいでクリア。謎解きやってるおれは謎解きフェーズが速く、遊戯王やってる真珠さん、クロウ君は遊戯王フェーズが速いうという分かりやすい分担具合になった。

LINEが必須だったけど3人ともLINEやってなかったので、真珠さんがこのためだけに用意。LINEの内容は遊戯王フェーズの謎にがっつり関わっていて、各自が手元で見たくなるようなものだったが、真珠さんがゲームの要点となる部分だけを整理して(本質的でない会話や絵は端折って)しっかり口頭伝達してくれたので、それを聞いてメモればLINE画面を覗きこまなくても十分だった(普段のホール型の6人1枚しか渡されない紙資料とかでも、これができてないせいで覗きこまなければいけないことが多いので、真珠さんGJだった)。まぁでも皆が使ってるとは限らないものを強要するのは、今回の唯一の不満点かなぁ。

軽めの内容だったけど、前後予定を入れてたので、むしろ程よいボリュームだった。

パセラの遊戯王コラボ

昼は六本木のパセラで、今度は新宿のパセラw。コラボメニューの内、ハニトーとかは頼まずドリンクメニューだけ頼んで、あとは普通にカラオケ。(晩飯は別途普通に。)

真珠さんが遊戯王縛りで歌いきっていた。おれがカラオケで○○縛りができる(レパートリーが2桁くらいある)のは、戦隊、ドラえもん、アイマス、けいおん、ジブリくらいだろうか。

2019/04/19

今日も早めに終わる外出仕事からの飲み。なぜか最近続くなぁw。これがプレ金というやつか(前回は月曜日)

で、結構飲んでから気付いたけど、明日も昼から飲むうえにその後謎解きだった。真珠さんが全部解くから大丈夫だな。

2019/04/18

ヨッシークラフトワールド、隅々まで探索しながら進んだはずなのに、赤コインが足りないままゴールが見えたときの絶望感w。

こういうとき、意地でも見つけるまで次に進まないか、とりあえず後回しにして他のステージのコンプを終えてから戻ってくるか、の2択になるわけだが、一般的には後者の方が効率がいい。まだ気付いていないギミックや観点があるせいで見つけられていない場合、後のステージでそれらの知見がもっと自然に得られる可能性がある。だけど、飛ばしたら負けた気がしてしまうせいで、なかなかその決断ができないんだよなぁw。

2019/04/17

仕事上がりソロルイーダ。先月末にレベル8になってから初の入店。

今週末にも3人でルイーダ行く予定なわけだが、ガイドブックを更新するために新メニューを制覇しなければならず、1回では厳しそうなので先回り……と思ったけど、2回でも厳しそうだな……。ドリンクが増えすぎw。

今日は、フロッガーのローストビーフバーガー、ロザリーヒルのジャーサラダ、毒の沼スープ、ブレイブ・イレブンズ、クール・カミュを制覇。食事は、みんなと行くときにはシェアしづらくて頼まそうな毒の沼スープを優先的に制覇して、あとはそれっぽい組み合わせになるように。ドリンクは単純に上から順番。時間や胃の容量的にはまだ余裕があったが、ソロだとこれだけでも5000円弱なのでこれぐらいにしておいた。

失敗したのは、元気玉の明石焼きVer.2と超元気玉の明石焼きのどちらかを制覇しておくべきだったこと。どう考えても次で両方とも頼むとは思えないので、次で制覇しきれないことがほぼ確定してしまったw。まぁどのみちドリンクの多さを考えると次だけでは厳しい。(謎解き前なので酒を飲みまくるわけにはいかないw。)デザート3種も未着手。

あと、コースターがドリンク1つ注文ごとに1枚、ランダムに違うのが貰えるようになっていた(同じ日に複数種類を入手可能)。これはだいぶコンプが楽そうで助かる。

2019/04/16

ヨッシークラフトワールド、最初の方からコンプ中。

1つのステージにコンプ要素がいっぱいあって、ステージを隅々まで見て欲しいという作り手の意図を感じる。まず、表でいつもの赤コイン、フラワー、ライフ満タンゴール。そして、裏でポチ探しとタイムアタック。さらにクラフトンの探しものに、クラフトンキッドのかくれんぼ。

2019/04/15

ヨッシークラフトワールド、全クリ

タイトルにもある通り、紙やストローやテープなどの工作物で世界が表現されているのが本作の特徴。ペーパーマリオで紙世界は既にやってるじゃんとか思ってたら、そんな域じゃなかった。ものすごい実写感で、NHK教育テレビのコマ撮りアニメか何かのような雰囲気。ステージを見るだけで楽しめる。

アクション的には、いつものヨッシーシリーズだけど、画面手前や奥にも卵を投げたり移動できる。あと、ところどころにミニゲームみたいな感じのチャレンジコース(それぞれ全く別内容)も用意されている。難易度は低めで、2回くらいうっかり死んだ程度。ラスボスも初見撃破。

赤コインやフラワーなどの隠し要素はそれなりに歯ごたえがありそう。さらに全ステージに「裏」(工作の物理的な裏)が用意されており、これからコンプするのが楽しみ。赤コインやフラワーはヨッシーアイランドのような採点方式ではなく、ドンキーコングのパズルピースのように個別に入手が管理される方式になっているので、1プレイで全部一気に取らなくてもいいのが楽。

2019/04/14

ヨッシークラフトワールド、4つ目のビーズ入手まで。見かけの進捗は8割だけど、もう何ひねりかあるのか、果たして。

2019/04/13

PONさん、にゅすけさん、PTOMO君とうちでボドゲ。カタン2戦1勝、世界樹ドミニオン4戦1勝、ストーカーマンションたくさん戦1勝。

カタンの1戦目は、序盤調子良かったけど後半失速。2戦目も同じような展開になりかけたが、マークがはずれたおかげでポイント2枚ツモったのを悟らせずに逆転勝ち。

ドミニオンは全然やりこんでないので、勝った記憶がないのだが(あって1回とか)、1勝できた。大まかな考え方(デッキのG密度を濃くするフェーズ、薄くするのと引き換えにポイントを取りに行くフェーズ)は分かってるけど、その切り替えの見切りや、今勝ってる負けてるの把握が難しい。

ストーカーマンションは初プレイ。数分でさっくり遊べる、テーマが生々しくて嫌なw、正体隠匿系(アイドル、ストーカー、オタク、管理人)。管理人、ストーカーの勝率が高かったが、アイドル、オタクも1回ずつ勝って、全役職の勝ちが見られた。そしてオタクでの1勝がおれの1勝。しかし、2本先取ルールだったので、そういう意味では0勝。

2019/04/12

それにしてもヨッシーがこんな愛玩動物みたいなキャラになったのいつからだっけw。最初の方はこんなじゃなかったような。

2019/04/11

ヨッシークラフトワールド購入。迷ってる間にクリアすればよさそうなので、とりあえず現行の方から。ウールワールドも遡って購入予定。

1つ目のビーズ入手まで。とりあえずは全体のボリュームをつかむために、点数無視してさっとクリアしようと思ったけど、今作はフラワー集めてないと足止めされるのか。

2019/04/10

DQビルダーズ2が終わったので、3/29に出たヨッシークラフトワールドを買うか迷い中。迷っているのは、前作のヨッシーウールワールドを飛ばしているのと(DQ10でいっぱいだった時代の弊害w)、4/25に出る海腹川背の新作は購入予定のため。

アクションならそこまで時間かからないだろうし、GWもあるから、海腹川背が控えていても積み上がることはないかな。

そっちはいいけど、前作を飛ばしていることについては、むしろ前作を今買うという選択肢がある。Wii Uだっけ。もう片付けちゃったなぁ。3DSにも移植されてた気がするから、買うならそっち。

2019/04/09

紙幣が変わると聞いて最初に思ったことは、謎解きのネタにいつ使われてもよいように身構えておこうだったw。長方形3つに、10文字、5文字、8文字の番号付き空欄が並んでたりしたら脊髄反射できるだろう。

今の紙幣ネタは謎検で使われたし、元号ネタもあちこちで使われた。2回目の東京オリンピックも複数回見かけている。謎解きのために時事ネタは押さえておいて損はない。(クイズ勢とかもそんな感じじゃなかろうか。)

で、2千円札を忘れてると引っ掛けられるような問題だったりして。

2019/04/08

外出直帰予定の仕事が16時に終了。

相手の人
飲みに行きますかw
上司
行きますw
おれ
行き……たいけど、今日DQ10TVだったな……
おれ
今日はちょっと都合が

ちなみに飲み自体は好きなので、普段は行けるときは行く側である。まぁおれの場合、飲みニケーションとかではなくて、飯と酒目当てなんだけどw。

さておき、相手の人と上司だけで飲みに行く相談が始まって、

上司
定時まで1時間どうしましょうね
相手の人
もう行っちゃいましょうwww
上司
うwwwはwww
おれ
あれ、それなら間に合うぞwww
おれ
なら行きますwww

月曜日の16:30から酒を飲む背徳感w。

2019/04/07

DQ10 モンスターシール、白馬も終了。前とほとんど数字同じなので表は省略。これで残るはSランクのみ。白馬は特に石を作る必要はないけど、全てそこからの移動が必要。デフェルと魔女は飛竜ですぐなので楽な方(魔女は着地の腕が問われるが)。ポルネアと異形は移動が大変。

ビルダーズ2終わったことだしと久々に長めにインして、4.5で追加のクエスト、調律も片付けた。

2019/04/06

麻布で火事とな!?原因が花火の不始末、場所が地下の資材置場ってどこからつっこめばいいのか分からないが、消防車18台と結構な騒ぎだった模様。

DQビルダーズ2

入手率&作成率100%。仕上げにビルダーズ100景コンプとLv99も今日1日で一気に済ませて、これにて終了。

ハーゴンの騎士500匹ちょいまで稲妻の剣ドロップせずで256分1という予想を疑いかけたが、585匹時点で確認したら2本ドロップしてた(正確に何匹目でドロップしたかは不明)。1本目が下振れした分、2本目が立て続けにきて収束した感じだろうか。やはり256分の1くらいに見える。(ネット上の報告で、4桁までもつれこんだ人は見ないことからしても。255/256の1000乗は2%程度だからいなくはないはずだが。)

なお、稲妻の剣を入手したことで入手率は100%になったが、作成率の方はそれだけでは終わらなかった。レシピを閃く演出はなかったが、入手と同時にしれっとレシピも覚えていて、稲妻の剣を作成。しかしそれでも作成率100%にならない。実はまだ漏れがあって、1つは遺跡のかけ壁。入手じゃなくて壊したときにレシピを覚えるらしい。もう1つはマガマガ島のシドー素材による禁断錬成。このように未修得レシピや禁断錬成は未作成リストには表示されず、入手が100%になっても漏れていることはあり得るので、作業台の途中段階を作っていないせいで100%にするのが詰むとかの誤解も、この辺りから生じたものと思われる。ちなみに、引き継ぎ特典の竜王の玉座みたいなゲーム内だけで取れないアイテムはカウント外なので、100%にするために1も買わなきゃとかはない(1もやっているが、1はPS4、2はSwitchで買ったので入手していない)。

2019/04/05

すれ違いフィッシング、メンダコA+やっとキター!しゃあああ!多分真珠さんしか分からないけど、しゃあああ!!

DQ10、コロシアムS2まで。ここからしんどそうだけど、過去のコロシアムと勝率感は同じくらいなので、続ければSSいけるはず。

2019/04/04

最寄り駅のラーメン屋制覇が長いこと49軒で止まってたが、本日50軒になった。しかも近日中に51軒になる見込み。

49軒で止まってたのは、(中華屋は除くと)あと1軒しかなかった残りが変な営業時間で行く機会がなかったためだが、最近たまたま近くを通ったら普通の時間に営業してるのを見かけて(変わった?店のページの記載は変な時間のままだけど……w)、本日制覇。あと、最近新しくできた店を1軒確認したので、それで51軒見込み。

ちなみに、50軒中オススメは6軒(だったが1軒閉店してしまった)、NGは2軒。NGは、店員の接客がクッソ悪いが1軒、家系なのにクッソ薄い(家系が美味くなる魔法の言葉「硬め濃いめ多め」で頼んだにも関わらず!)が1軒。

2019/04/03

DQ10、コロシアムのランクがリセットされてライバルズ方式になったので、始めてみた。とりあえずA2まで。

しばらくやっていなかった間に占いや天地も参戦できるようになってて浦島太郎状態だったが、とりあえずSまでは問題なく上がれそう。

2019/04/02

DQビルダーズ2

入手アイテム(多分)残り2のうちの片方を、レアドロ経由で入手。ついでに、別途入手済みだけどレアドロ欄が埋まってなかった他のレアドロも埋め終わった。残ってたのは素材島の強いモンスターやユニークモンスターばかりで、いずれも20体前後でドロップ。毎回島の出入りが面倒だけどその分確率は緩めで、100景コンプに必要な回数ぐらいで終わるので、並行すればそんなにストレスはない。

というわけで、未作成も未入手もレアドロも、例のあれ1つでラスト。罠敷き詰めようかなw。

DQ10

モンスターシール、姫猫終了。白馬もあと4枚だけど、レア度Aなのでもう1週間ぐらい必要そう。実装当初はレインより出てなかった姫猫だが、途中から追い上げを見せて白馬より僅差で早くゴール。確率の収束。

ココラタが一番回収が楽。ナルビアもルーラ一発だけど海岸までやや距離がある。港は、勇者姫石→船舶管理局だと港の反対に出てしまうので、勇者姫石→城入口→城内→港の方が早い。何にせよ切り替えが多くて面倒。そして、マデ島。なぜここは石をつくれないのか。

スラシャボン99+2サウルステントウ99+2ナウマンコック99+2たたきモグラ99+2
おそうじ童子99+2カメラこぞう99+2ホタルビー99+2おすもっこり71
きなこづち99+2カレーサタン99+2ヒッチハイクデビル99+2ちゃばしらこぞう99+2
はにわにんぎょう99+2プリンセスニャン99+2はくばのおうじ97レインコート74

2019/04/01

新元号予想で大喜利してるのを見かけた中で、面白かったのは、懲役、余命、全治など。あ、でも、余命は段々伸びてくぞw。あと2つは悪化してくw。てか、年単位の怪我ってどんな大怪我だよw。

過去ログ

特別日記