2020年1月9日 更新: 新着  ***  1999年6月5日から   詠里庵ホーム
本ページは阪大における自分のページのミラーサイトです。 英語版はこちら。 昔の研究室のページはこちら
【New!】・「量子コンピュータ技術の歴史と展望精密工学会誌 第85巻 第12号(2019年12月)
     ・窮理第14号が出ました!ハイゼンベルクのピアノ演奏がレコードで残っていたとは!
     ・「解説記事」大幅更新。公開のものにアクセスできます!
     ・「論文」 「国内招待講演」 「一般向け講演・スクール講師」 「国際会議」 もかなり更新。
【近況】量子コンピュータで講演が増えています。
  • 2018年終了したimidasは「現在は無料でどなたでも全てのコンテンツを利用できます。拡散していただけるようでしたら、ぜひ先生のホームページなどで紹介してください」ということなので、どうぞimidasのサイトをお楽しみください。私の担当である量子情報はここ
  • 窮理「音楽談話室」の内容紹介
    音楽談話室13 アインシュタインとハイゼンベルク:来日時の演奏評
    音楽談話室12 日本のピアノ導入の黎明期    :修復された文部省初期輸入ピアノの数奇な運命
    音楽談話室11 日本最古のピアノ        :修復されたシーボルトのスクエアピアノを弾いて
    音楽談話室10 お宝と贋作(2)        :自作を他人作として発表/その逆の例
    音楽談話室 お宝と贋作(1)        :自演を他のピアニストで発表/その逆の例
    音楽談話室 天体の音楽           :天体音楽/人間音楽/音として鳴る音楽
    音楽談話室 錯覚と音楽(2)        :知識に基づく思い込み錯覚
    音楽談話室 錯覚と音楽(1)        :聴覚上の(実際と違って聞こえる)錯覚
    音楽談話室 和声学と量子力学        :和声と推移←→状態ベクトルと演算行列
    音楽談話室 ショパンの青年時代       :なぜ周囲の人たちに恵まれたか
    音楽談話室 ショパンの少年時代       :ピアノは進化の真っただ中
    音楽談話室 ロシアとユダヤと科学と音楽と  :キーワードはパラドックス?
    音楽談話室 芸術家と社会性         :発表に社会性が必要な/不要な芸術
    Youtubeによる補足説明もあります。 窮理サロンの様子
【その他】 ◇GalleryJST領域探索プログラム「量子情報科学」報告書(要旨)(2003年6月10日)
【目の錯覚コーナー】 ◇逃げる斑点  ◇場の歪み効果1  ◇場の歪み効果2
2004年10月1日掲載のプロフィール

【サイエンス・エッセイ】

Copyright© 1999-2018 Nobuyuki Imoto All Rights Reserved