FACEBOOK頁
本・映画から健康まで↓

 
 
 
 
 
 

電脳和風空間を検索
WWW を検索

     

 

 

Cyber Japanesque 〜私の電脳和風空間
www.cyber-jp.com   ビジネスパースンのための和風スローライフ・・・
  和風ライフスタイル ポータル

今月の鎌倉   鎌倉の海に咲く華・・・花火大会   

和風着物美人

*皆様、FaceBookの ”和風Japanesque”もお楽しみください

★耳より和風情報★ (ほぼ毎週更新。お見逃し無く)

アメリカ ワシントンのNational Gallary Artで日本美術の動物展。動く若冲には引込まれる!

日本全国の行ってみたい”伝統的な夏祭りランキング”。静と動、そして鮮やかな色彩が素敵だ

シネマ歌舞伎玉三郎の”鷺娘”が6/21〜7/4の2週間限定で全国で公開。究極の美に浸る機会

深川江戸で資料館杉浦日向子の視点 〜江戸へようこそ〜が11/10まで。独特の柔らかな江戸風景

海老蔵の團十郎襲名記念で7月より来年3月まで高島屋で海老蔵展が全国を回る。襲名応援も楽しもう

"フランス人が好む日本の愛すべき芸術の街"ランキング。マンホールも人気があるとは!?

二子玉川の静嘉堂美術館で、6/2まで"日本刀の華 備前刀"。国宝"曜変天目"も展示。備前は刀でも有名なのか

松竹サイトに"エンタテイメント歌舞伎考"なる連載有。花道、道行等を現代に当てはめてポップに解説

歌舞伎座では團菊祭五月大歌舞伎が5/27まで。菊之助が娘道成寺。玉三郎とではなく独自の世界を表せるか!?

シネマ歌舞伎は、野田版 桜の森の満開の下が4/5より全国で公開。まさに桜の季節を外でも舞台でも楽しもう

歌舞伎座は、3月の弁天娘女男白浪は猿之助vs幸四郎。一幕見で比べよう。そして5月の道成寺は菊之助!

奇譚絵画は、4/7まで東京都美術館”江戸絵画ミラクルワールド”。3/31までサントリー美術館”河鍋暁斎”展。

鎌倉 光明寺は、3/24(日)は山門楼上の公開。3/31、31は観桜会。北鎌倉では3/31まで100か所で吊し雛

”満足度の高い寺社仏閣”の調査結果。中盤は派手目で、上位は正統派の結果かな。東海道中膝栗毛もあそこへ!?

1/20は、片瀬東浜で”寒中神輿”。新成人を筆頭に、神輿が海を練り歩く。濡れても良い靴で見よう!

 

★和風全般に興味のある方、和風卒論書きたい方などこのサイト作成の手伝いを募集中です

★新着コラム★
 ←2014/8よりFacebookページにコラムを移行しました。ご覧下さい

2014/7/31:志の輔が、長い物語の怪談 牡丹灯籠を、満足と感動の話に再構成!実は仇討話!? 徒然日記へ

2014/7/26:歌舞伎座にて海老蔵の夏祭浪花鑑。コクーン歌舞伎と比較して如何に!? 徒然日記へ

2014/5/5:新たに”落語”について記しました。3分でわかるビジネスに役立つ落語とは!? 落語コーナーへ

2014/4/20:箱根の小湧谷にある”岡田美術館”。圧倒的な東洋と日本の美に酔えます。五つ★。徒然日記へ

2014/1/17:一度本物を聴いて見たかった落語家 ”立川志の輔”を堪能しました。凄い話芸だ!徒然日記へ

2013/11/3:北鎌倉 円覚寺の舎利殿見学と宝物風入れ。そして素晴らしい京都の絞りの話は、徒然日記へ

2013/10/5:稲村ケ崎アートフェスティバルで、男芸者とも言われる”幇間(ほうかん)”芸を見た。徒然日記へ

2013/9/8:茅ヶ崎市美術館で、11/4まで開催中の”魯山人の宇宙”展。料理を美味しくする器達。徒然日記へ

2013/7/19:日本橋で行われている金魚が美しい”アートアクアリウム”。斬新なアイディア面白し。徒然日記へ

2013/3/29:シネマ歌舞伎を全作品上映。勘三郎の平成中村座の”法界坊”を見たが・・・その結果は!?徒然日記へ

2013/3/5:文楽人形がゆっくりと表情を紡ぎだします。映像美も操る技術も凄い。五つ星★なり!徒然日記へ

 
情報・感想 cyber-hu@yokohama.email.ne.jp   src="image/dennouwafuu_icon.jpg"
 

リンクはご自由にどうぞ。主人までご一報いただければ幸いです。掲載の文章・画像などの無断転載はお止め下さい。著作権は電脳和風主人またはその情報提供者に帰属します。

 
    この電脳和風空間サイトは、1999年5月5日より、鎌倉や歌舞伎情報を発信するために 綴っています。日本の伝統文化である歌舞伎を気軽に楽しみつつ、鎌倉に住まう。もちろん普段は普通のビジネスマンですが、こんな歌舞伎や鎌倉を身近に楽しむ和風生活も良いと思います。山口椿さんの情報も載せています。皆様も、鎌倉、歌舞伎などの和風生活を楽しみませう。 歴女、歴男の訪問も大歓迎!