倭国と日本国の関係史
複数資料に整合する日本古代史を求めて

 By Isshun   
   このホームページについて

 はじめに
 日本古代史を科学する
 日本人の起源と系統について
 日本人の起源と系統について2
 倭人の国について
 「やまと」について
 日本国について
 日本人誕生の意味
 九州の倭国と『日本書紀』の日本
 倭国と日本国-通史
 雑考ノート

          資 料
 図解 倭国と日本国
 中国・朝鮮史料の紹介
 中国史書の倭と日本(原文比較)
 〈原文史料〉
   
日本の金石文
   
百済三書
   
任那加羅
    加耶

    翰苑(新羅 倭國)
    高句麗広開土王碑文
   
元興寺伽藍縁起并流記資財帳
 
日本・朝鮮・中国史料比較
    
『日本書紀』と『三国史記』
    白村江までの倭・日本・朝鮮諸国
   
白村江後の日本・新羅
    任那加羅・加耶
 『日本書紀』の任那 要約版
 
年表 百済滅亡-白村江敗戦
 〈古鏡〉
    主要紀年・銘文鏡一覧
    九州北部-畿内 出土鏡比較
 干支早見表
 参考文献・図書

 更新記録

 
日本古代史の謎を解く鍵は、『隋書』俀国伝行路記事の中にあった。
「東」「海岸」「十日」である。これら三つの語句が持つ本当の意味とは。私の日本古代史探求のすべてはここから始まった。

『隋書』俀国伝と真摯に向き合うこと、それは一連の古代史資料に整合する、真実の歴史へ辿りつくための第一歩である、と私は確信している。
 
倭人・倭国の登場
弥生時代は水稲耕作と共に訪れた。
水稲が中国江南から伝わったルートは倭人の渡来ルートでもある。『漢書』地理志以来、中国史書は日本列島に倭人の国があったことを伝える。
57年倭奴国王は倭を代表する王として後漢光武帝から印綬を授かり、107年には帥升が倭国王としてはじめて後漢に遣使した。
倭国は九州島
『隋書』は俀国(倭国)が九州島であることを記し、俀国の都・邪靡堆(邪馬臺)を有明海北東部沿岸へと導く。
『魏志』倭人伝は我田引水の道具にされてしまったが、『隋書』と併せて考えるとその行程が見えてくる。
『旧唐書』までの中国史書の記録と『新唐書』の記録の違いからも、倭国は九州にあったことがわかる。
やまと」の語源は「山東」
「邪馬台」という国は史書には存在しない。「邪馬壹」あるいは「邪馬臺」である。「臺」と「台」は別字であり、「臺」を「台」に置き換えることはできない。
『日本書紀』は「臺」と「台」を使い分け、しかも「臺」を「ト」とは読まない。『万葉集』も「臺」を「ト」とは読まない。「邪馬臺→邪馬台→ヤマト」は成立しないことになる。
「元興寺伽藍縁起并流記資財帳」は「やまと」を「山東」と記す。
饒速日(ニギハヤヒ)が最初に治めた国・河内の「山の東」にあったことから「山東(やまと)」と呼ばれた地は、東進してきた別の倭人の治める国となり、やがて倭人の国を意味する「倭」をもって「やまと」と呼ばれるようになった。
日本国と日本人の誕生
最新の遺伝子等の研究によれば、現代日本人は北東アジア系である。
「山東」にやってきて「やまと」となったもう一つの倭人の国は、北東アジア系渡来人の増加により、倭人の国から北東アジア系の血を濃く引く国となった。やがて「倭(やまと)」は「日本」と改名し、ここに日本人が誕生した。
『日本書紀』はなぜ編纂されたのか。日本人誕生がその謎を解く鍵を握っている。
『日本書紀』は百済人が書いた
「上代特殊仮名遣い」という現象、百済滅亡、白村江敗戦、統一新羅誕生という半島情勢、日本人は北東アジア系であるという事実は、『日本書紀』が日本人となった亡国の民・百済人によって書かれたものであることを示唆する。
そうであれば、白村江敗戦の相手国・新羅より優位に立つ日本を描く『日本書紀』の目的も理解できる。