聖書の福音

罪人の客となられた方


 それからイエスは、エリコにはいって、町をお通りになった。
ここには、ザアカイという人がいたが、彼は取税人のかしらで、金持ちであった。
彼は、イエスがどんな方か見ようとしたが、背が低かったので、群衆のために見ることができなかった。
それで、イエスを見るために、前方に走り出て、いちじく桑の木に登った。ちょうどイエスがそこを通り過ぎようとしておられたからである。
イエスは、ちょうどそこに来られて、上を見上げて彼に言われた。「ザアカイ。急いで降りて来なさい。きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」
ザアカイは、急いで降りて来て、そして大喜びでイエスを迎えた。
これを見て、みなは、「あの方は罪人のところに行って客となられた。」と言ってつぶやいた。
ところがザアカイは立って、主に言った。「主よ。ご覧ください。私の財産の半分を貧しい人たちに施します。また、だれからでも、私がだまし取った物は、四倍にして返します。」
イエスは、彼に言われた。「きょう、救いがこの家に来ました。この人もアブラハムの子なのですから。
人の子は、失われた人を捜して救うために来たのです。」

(ルカの福音書 19章1〜10節)


ザアカイという取税人のところにイエス様が来られた場面のお話です。
取税人とは、今で言えば税務署の職員のことです。
当時の取税人は、ユダヤ人を支配していたローマ帝国の手先として嫌われており、
更に、多くの取税人が決められた額以上のお金を騙し取って自分のふところに入れていたので、
罪人とさえ言われていました。

そんな取税人の一人であるザアカイにイエス様が声をかけられました。
「きょうは、あなたの家に泊まることにしてあるから。」
ザアカイにとって、イエス様は始めてお会いする人でした。
しかし、イエス様は彼のことをずっと前からご存知で、
このときの出会いも偶然のものではなく、
最初からザアカイに会うためにここを通られたのでした。
そして、イエス様は私たち1人1人のこともずっと前からご存じの方です。


「神は私たちを世界の基の置かれる前からキリストのうちに選び、
御前で聖く、傷のない者にしようとされました。」
(エペソ人への手紙1章4節)

驚くべきことに、私たちが神の事を知る前から、私たちが生まれる前から、
更に、この世界が造られる前から、神は私たちを救う計画を立てておられたのです。

ザアカイは喜んでイエス様を迎え入れました。
そしてイエス様にお会いして彼は全く変えられました。
人々から騙し取っていた彼が、人々に与える者となりました。

私たちもイエス様を自分のうちに受け入れるとき、
大きく変えられます。
神を無視し、時には敵対さえしていたのが、
神に従い、神を喜ばせようとするようになるのです。
それは、命令されてするのではなく、
神の計り知れない愛と恵みに応えようとしてするのです。

今、あなたのところにイエス様がやって来て下さっています。
どうぞ、ザアカイのように喜んでイエス様を自分のうちに迎え入れてください。


「私たちがまだ弱かったとき、キリストは定められた時に、
不敬虔な者のために死んでくださいました。
正しい人のためにでも死ぬ人はほとんどありません。
情け深い人のためには、進んで死ぬ人があるいはいるでしょう。
しかし私たちがまだ罪人であったとき、
キリストが私たちのために死んでくださったことにより、
神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」
(ローマ人への手紙5章6〜8節)