ホームあったか下着ヒートファクト(イオン)

ヒートファクト

ヒートファクト(HEATFACT)は、イオンのプライベートブランドの「トップバリュー」から発売されている、あったかインナーです。

【ヒートファクト 2010】
着心地や各部のフィット感などについて、計4万人の お客さま・従業員を対象にアンケートを実施し、結果をふまえて商品開発。
スタイルの変更、軽量化、バリエーションの追加、機能追加などを行っているようです。

【ヒートファクト 2009】
女性用の【保温性】【ストレッチ】【なめらかタッチ】の「ヒートファクト8分袖Tシャツ」が
価格:980円(税込)
素材:アクリル50%,レーヨン45%,ポリウレタン5%

女性用の【保温性】【ストレッチ】【吸放湿性】【消臭】の「ヒートファクトリブ長袖Tシャツ」が
価格:1280円(税込)
アクリル45%,ナイロン35%,レーヨン10%,指定外繊維(アクリル系繊維)8%,ポリウレタン2%

男性用は【保温性】【ストレッチ】の「長袖クルーネック」が
価格:1280円(税込)
素材:アクリル50%,綿30%,レーヨン13%,ポリウレタン7%

【ヒートファクト 2008】
男性・女性用に「保温・ストレッチ・裏起毛」、
男性用に「吸湿発熱・ストレッチ」、
女性用に「保温・ストレッチ・抗菌防臭・裏起毛・なめらか」とシリーズがあります。

保温素材はアクリルの中でも超極細の東洋紡のプレリール糸で、 綿の約3倍、ポリエステルの約2倍の吸水速度、 綿の約4倍、羊毛の約3倍の乾燥速度の吸水速乾性能をもつ繊維です。
また、超極細繊維は非常にソフトで空気をたくさん含むので保温性に優れています。
そのため常にドライで暖かさが持続します。

2008/12/10


TOPVALU 【レディース】【ヒートファクト】タートルネック長袖インナー パープル TV53YK1359 PPL TOPVALU 【メンズ】【ヒートファクト】ロングタイツ ブラック TV588089 BLK TOPVALU 【メンズ】【ヒートファクト】クルーネック半袖インナー カーキ TV588099 DGN
TOPVALU 【レディース】【ヒートファクト】タートルネック長袖インナー パープル TV53YK1359 PPL
TOPVALU 【メンズ】【ヒートファクト】ロングタイツ ブラック TV588089 BLK
TOPVALU 【メンズ】【ヒートファクト】クルーネック半袖インナー カーキ TV588099 DGN
イオンのオンラインショップ


 【トップバリュ】 ヒートファクト長袖丸首 2008

ブランド:トップバリュ(イオン)
素材:アクリル50%・綿43%・ポリウレタン7%
重量:150g
価格:1280円
購入時期:2008年

ヒートファクト

サティをのぞいたら「ヒートファクト(HEAT FACT) 保温・ストレッチ」が1280円から200円引きの1080円で売られていたので購入してみました。
安い割には、着てみて意外とその作りの完成度が高かったです。

9分丈程度の袖口はリブなしになっており、細く絞られているので、たるみがなくフィットします。
肩回りの縫い目も一応フラットシーム調に工夫されており、ストレッチ性もよく、体にちょうど良くフィットしますので、 特に袖などは上に重ねる服に影響の出ない作りになっています。
こういった仕様は高価格帯のスポーツアンダーにはよくあるのですが、 この価格帯のものではあまり見かけないように思います。(これからは必須かも。。)
気持ち程度の裏起毛のぶん、少しだけ厚みがあるかなと感じる薄手の生地はソフトで肌触りが良く快適です。

暖かさと吸湿発散性に関しては、やはり高機能のアウトドア用には少し劣ってしまいますね。
寒い場所に出ると、結構早めに冷えを感じ始めてしまいますので、 外でじっとしている場面などでは頼りない気がします。
あったか下着を選ぶときに敬遠されがちな綿混ですが、 ウォームビズや普段着であれば必要十分な暖かですし、値段も安いので満足できます。
個人的には、ぽかぽか陽気の日や、春秋など、発熱下着では暑すぎになってしまう場面、 暖房の効いた室内で薄着で過ごす時などに合うのではないかと思っていますが、 そうなると少し袖のフィットがきつく感じるかもしれませんね。 でもそのうち伸びてくると思うので、そうなったくらいがちょうどいいかもしれません。

価格帯的にユニクロのヒートテックと比べてしまうのですが、 リブなし袖というだけで、ヒートファクトの作りはほうが上のように思ってしまいます。
素材的に「アクリル・綿・ポリウレタン」のソフト感が良いような気がします。
2007年モデルのユニクロ ヒートテックプラスの「綿・ポリエステル・ポリウレタン」は少々固いんですよね。 そして2008年モデルのユニクロ ヒートテックの「アクリル・ポリエステル・レーヨン・ポリウレタン」は少々テロテロなんですよね、 ヒートファクトに比べると。

おそらくは比較するのであれば、この綿混の「保温・ストレッチ・裏起毛」版ではなく、 「アクリル80%・指定外繊維(アクリレート系)11%・ナイロン7%・ポリウレタン1%」の 「吸湿発熱・ストレッチ」版の方なのでしょうが、値段が\1,980と少し高くなってしまうので微妙です。

[カテゴリ:薄手]
保温性:○
機能性:○
快適性:◎

【トップバリュ】ヒートファクト ワッフル 2009

ブランド:トップバリュ(イオン)
素材:綿60%, アクリル38%, ポリウレタン2%
重量:165g
価格:1280円
購入時期:2009年

ヒートファクトワッフル

昨シーズン(2008年)の個人的なヒット作のひとつと言えば、
部屋着&パジャマとして大活躍した、ユニクロのヒートテック"ワッフル"。
今シーズンも一着欲しいと思っていて、発売を待っていたところ、今シーズンはヒートファクトシリーズにもワッフルが登場してました。

ヒートテックワッフルの素材と価格が、
【綿49%・ポリエステル44%・ポリウレタン7%】で、1,500円
ヒートファクトワッフルの素材と価格が、
【綿60%, アクリル38%, ポリウレタン2%】で、1,280円
綿ベースは部屋着、パジャマとして肌に優しくよろしいです。 ポリエステルとアクリルを比べるとアクリルの方が保温性があり柔らかいのですし、価格もヒートファクトの方が安かったのでこちらを購入しました。

早速の着てみた感じですが、10分丈の袖の長さはピッタリ、そしてきちんと袖が絞られています。
しっかりとしたアンダーウェアです。といってもアンダーなのでそれで正しいのですが、 ヒートテックのワッフルがダブついていたので(だからこそ長袖Tシャツとして重宝したわけですが)、 その違いは少々意外でした。
袖口はリブ袖になっていますが、袖本体と袖口の縫い目がフラットシームで しっかりと潰されており、このあたりのヒートファクトの作りはホントに良く出来ています。

わかりやすいように画像を載せてみます。
左のネイビー色がヒートファクトワッフル、右のカーキ色がヒートテックワッフルです。
左の2枚が表から撮った画像、右の2枚が裏から撮った画像です。
※ヒートファクトは2009年モデル、ヒートテックは2008年モデルです。
ヒートファクトとヒートテックのワッフル
ヒートファクトは袖口の縫い目がフラットで表裏どちらかわからないくらいですが、
ヒートテックは縫い目がフラットではなく盛り上がっています。
袖の太さも一目瞭然で、ヒートファクトはピッタリフィット。 ヒートテックワッフルがピッタリフィットだった場合は、 袖口の縫い目が肌にゴロゴロしてしまいます。 運よく?ダブついているので気にはなりませんが。。
あとは、綿+アクリルの【ヒートファクト】のほうが柔らかくて気持ちいいです。
比べると、綿+ポリエステルの【ヒートテック】はザラッと固い感じです。

ということで、ヒートファクトワッフルはインナーウェアとして外にも着て行こうかと思ってます。
ワッフル生地は着心地がソフトで保温性も高いですし、見た目的にもそれほど下着っぽくないですし、 発熱ではないヒートファクトは秋口や春に、上に軽く羽織って、暑くなったらインナー一枚にもなれる便利な1枚になりそうです。
中途半端な気候の時には発熱素材はかえって快適ではないんですよね。

[カテゴリ:薄手]
保温性:○
機能性:○
快適性:◎

【トップバリュ】HEATFACT ヒートファクト 2010

メーカー:イオン
商品:TOPVALU(トップバリュ) ヒートファクト
(クルーネックロングスリーブTシャツ(9分袖))
素材:アクリル50%・綿30%・レーヨン15%・ポリウレタン5%
価格:1280円

ユニクロのヒートテックのライバル、イオンのヒートファクト。
今シーズンは、なんでも「着心地や各部のフィット感などについて、計4万人のお客さま・従業員を対象にアンケートを実施し、結果をふまえて商品開発」したそうです。
ファッション性も強化。レディスでは、レギンスを昨年の5倍に拡大、ボーダーやラメ入りなど54色柄を用意。 メンズでも、若い層をターゲットに迷彩色やチェック柄など24色柄を展開するなど、気合がなかなか入っております。

メンズクルーネックでは、暖かさはそのままに、生地を10%軽量化したそうです。さらに消臭機能を追加。(え?なかったの!)
価格も780円〜1280円とユニクロよりリーズナブル。

メンズのレギンス(タイツ)で確認したのですが、縫い目がフラットになっていて、とても良さそうに見えました。(ちなみにヒートテックのタイツの縫い目はフラットではなく、盛り上がってます)。毎シーズン、ヒートファクトは良くできてるなぁと思う点がありますねぇ。

そんなヒートファクトの心意気に1票という感じで1枚購入しました。
購入しましたが、9月でまだそんな寒くなかったので、半袖Tシャツです。
価格は780円でした。
ヒートファクト
この微妙な季節は一日のなかで涼しかったり、暑かったりするので、発熱しないヒートファクトは合っているように感じます。
ただ、綿30%、レーヨン15%、合わせて45%を占める吸水素材が影響してか、汗をかくと少々重たく感じますね。

【トップバリュ】HEATFACT ヒートファクト 2011

メーカー:イオン
商品:TOPVALU(トップバリュ) ヒートファクト
(クルーネックシャツ 9分袖)
素材:アクリル85%・ナイロン10%・ポリウレタン5%
価格:1280円
重量:140g
購入時期:2011年

ヒートファクト
今シーズンはヒートファクトがモデルチェンジして、昨シーズンまでの綿混インナーから、100%化繊品になりました。 ただ、ユニクロのヒートテック等の発熱インナー系とは違い、ほぼアクリルの保温インナーということで、 独自路線であるのは変わりないようです。

綿混からアクリルインナーに変わったことで、綿素材にありがちな、 ”寒いところでじっとしてると意外と早めにやってくる冷え感”がなくなり、 温もり感が持続するインナーになったのではないかと思います。
綿混にもそれなりの利点(肌にやさしいなど)はありますけどね。。。

さて、ヒートテックと比べてみるとどうかと言うと、、
ヒートファクトのオフホワイト色は綿混みたいに黄ばんで見えますね。ヒートテックは真っ白できれいです。
生地はアクリル+ナイロンのヒートファクトのほうはふわっと柔らか、ポリエステルとレーヨンの入ったヒートテックはそれより硬めでツンとしてます。
暖かさのほうが微妙で、着用直後とか、じっとしている分にはアクリル保温インナーのヒートファクトのほうに分がありそうですが、 発熱機能が働く状況(体から程よい蒸気が?)になったらどうかな?という感じです。
あとは、これは以前からなんですが、ヒートファクトの袖はリブなしでピッタリフィット。ヒートテックはリブ袖です。 でも今シーズンモデルの身頃はヒートテックのほうがしっかりしている感じがします。 ヒートファクトのパッケージの裏にも「ポリウレタンは時間が経つにつれ劣化します」と書いてあるのですが、 この伸縮素材のポリウレタンが劣化しはじめたらヒートファクトのほうがはやくルーズになってしまいそうな感じです。



ページトップへ




メンテフリー(インナー関連_通年掲載)





セシール - スマートヒート(Smart Heat)



セブンネットショッピング

PageRank track feed
----- なんだか趣味〜あったか下着と音楽とPCと -----