ホームあったか下着ジオライン

ジオライン【ZEO-LINE】

ジオラインはモンベル社がアンダーウエア用に独自開発した高性能ポリエステル素材。

特徴:
・無機系抗菌ポリエステル糸と超抗ピル・ポリエステル糸に親水処理を施し、 かさ高く編み込むことによって、吸水拡散性と保温性を向上させている。
・肌さわりは綿のように自然で柔らかな着心地で、着たときの冷たさを感じず、 密着性に優れているため、着た瞬間から温かさを感じられる。
・湿度0から100%まで、ほとんどの条件下で性能が低下しない。

2008年のカタログから拾った特徴:
・空気層を間に持つ三層ニット構造により保温力は確保しながら軽量化を実現。
・繊維に練り込まれた特殊セラミックが遠赤外線を放出して身体の芯から温める。
・糸自体にウーリー(縮れ)加工を施すことで200%という高い伸縮性を実現。
・銀イオンを発生させる抗菌剤を繊維に練り込むことで強力な強菌効果を半永久的に発揮。
・繊維自体は保水しないので肌を常にドライに保つ。
・生地の縫い合わせ部分の糸にカーボン繊維を用いて自然放電させ静電気防止。


株式会社モンベル(mont-bell)は1975年に設立された日本を代表するアウトドア総合メーカーです。
そのモンベルが糸一本から独自に開発し、デザインから縫製に至るまで、 肌に直に触れるクロージングとして快適性を追求した ジオラインのアンダーウエアはとても高品質です。
記憶ではすでに90年代初めにはジオラインは存在していたと思いますが、 そこからもだいぶ進化しているように思います。

ジオラインは厚さ別にL.W.(薄手)/M.W.(中厚手)/EXP(厚手)の3種類があります。

個人的にも好きなアンダーウェアで、 5000円前後の金額が出せるなら間違いなく人にすすめる品です。

2008/1/18



モンベル登山用品寒さもへっちゃらアンダーウェアモンベル ジオラインM.W.ラウンドネックシャ...
3カラー■保温性と吸水拡散性の高バランスで常にドライに保つ中厚手のVネックシャツです■スト...


【mont-bell】モンベル ジオライン L.W.(薄手) 1992

ブランド:モンベル
素材:ジオライン(ポリエステル)100%
重量:115g
購入価格:4000円くらい
購入時期:1994年

ジオライン

ライトウェイトのジオラインアンダーウェア。 当時はゼロポイントアンダーウェアという名前でした。 体へのフィット感がとてもよく、体へピタッと密着する感じは、 まるでストッキング(履いたことないけど)のようです。 たいへん薄くて軽いのですが、とても暖かいです。 厚手や中厚手のほうが絶対的な暖かさは上なのでしょうが、 薄さからいった暖かさは抜群ではないかと思います。
ただし防臭性は良くないです。 それとL.W.にもかかわらず、フラットシームではありません。

[カテゴリ:薄手]
保温性:○
機能性:△
快適性:△

【mont-bell】モンベル ジオライン M.W.(中厚手) 1993

ブランド:モンベル
素材:ジオライン(ポリエステル)100%
重量:165g
購入価格:5000円
購入時期:1994年

ジオライン

90年代前半のモンベル・ジオラインのミドルウェイト(中厚手)アンダーウェア。 体へ密着感のよさは当時からで、ピタッとフィットして、とても暖かい。 縫い目もフラットシームになっています。 この頃のジオラインM.W.はシルクのような肌触りで、耐久性も非常に高く、 毛玉もまったくできません。胸のロゴが「ZEROPOINT」となっていて「MADE IN JAPAN」です。 今は「mont-bell」で「MADE IN CHINA」となっています。 生地のソフト感、消臭性は現行のジオラインのほうが優れていると思いますが、 この頃でも、クオリティは大変高かったです。

[カテゴリ:中厚手]
保温性:○
機能性:○
快適性:◎

【mont-bell】モンベル ジオライン M.W.(中厚手) 2003

ジオライン ブランド:モンベル
素材:ジオライン(ポリエステル)100%
重量:180g
購入価格:4300円
購入時期:2003年

モンベルのジオラインアンダーウェアのミドルウェイト(中厚手)です。 フラットシームで縫い目のごろつき感がなく、 身体へピタッとフィットする密着感は相変わらずで、着た瞬間から暖かく、 吸水拡散性も大変いいです。

前回の購入から10年も経っているのでジオラインにも変化が見られます。 ソフト感が増し、保温性がアップしているように感じます。 その分、毛玉もできやすくなった気がします。 防臭性も向上しているとは思いますが、今一歩という感じがします。 値段が10年前より安くなっているのは立派です。

発熱素材よりもこちらのほうが自然な暖かさで好きです。

[カテゴリ:中厚手]
保温性:◎
機能性:○
快適性:◎

【mont-bell】モンベル ジオライン M.W.(中厚手) 2012

ブランド:モンベル
素材:ジオライン(ポリエステル)100%
重量:140g
購入価格:4600円
購入時期:2012年

ジオライン

あったか下着はだいたい10月くらいから、半袖から着始めます。 12月の中頃くらいまではヒートテックやPB品の薄手を着ていますが、 年末から3月の暖かくなり始めるまでの冬本番時期には、もう少し厚手の高価格帯の登山用などのインナーを着ています。
ここ数年はずっとそんな感じで、わりと自然にそうなってます。 暖かさも違うと思いますが、"冷えない"、"快適"を重視してます。

さて、今シーズンも冬本番用が一着欲しいなと思って探していたのですが、 最近は高価格帯のインナーにもポリウレタンが入っているものが多いですね。
ポリウレタン混は伸縮性があって体にフィットしていいのですが、 2シーズンくらい着ると、買った当初のフィット感がなくなったり、 スタイルが崩れたりするんですよね。
ヒートテックやPB品の低価格のものであれば買い直すのに抵抗はないのですが、 やはり高価格のものは長持ちしてもらいたいな、と思いまして、、
選んだのはモンベルのジオラインM.W.
3着目ですね。でも1着目は1994年購入、次は2003年購入、今回は2012年。
9年サイクルで買ってるんですね。。。長い。。

同じシリーズでもだいぶモデルチェンジしているのがわかります。
ジオライン

袖口が変わってます。(右上画像)
スパイラルスランテックカフと呼ぶらしく、袖口の縫い目をスパイラル状に斜めにし、伸縮性のロスを抑え、袖をまくった際も不快な締め付け感がないという、特許出願中のものらしいです。

肩口(右下画像)もラグランスリーブのような形に変更されており、腕の回しがスムースです。
スランテックアームホールと呼ぶらしく、これも特許出願中らしいです。

ロゴ(左下画像)も刺繍からプリントに変わっています。
これもいいですね。刺繍はその縫い目からほつれやすかったりするので。

左上の画像は、左から1994年、2003年、2012年とたたんで並べてみたのですが、ふんわり度が違いますね。 重量が軽くなった上にボリューム感があります。 これがマイクロファイバーとちじれを持たせたストレッチスパン糸の三層ニット構造のなせるわざですかね?

で、実際のところ暖かいです。保温性が高くて冷えません。体へのフィット感もよく、ソフトで柔らです。 身頃は丸編みで縫い目がなかったり、他の縫い目も当然ながらフラットシーマーでゴロつき感がなく、とても着心地がいいです。

なんか欠点がなさそうなインナーなんですけど、 洗濯したら細かい毛羽立ちというのでしょうか、毛玉チックなものがたくさんできてしまいました。 爪がちょっと引っかかっただけでほつれそうな感じもあるので、耐久性に若干の不安要素が。。。
あと、中厚手(M.W.)のラウンドネックの色が黒とグレーしかないのもさえないですね。
まぁ、主用途がファッションではなくて登山等での実用性なので仕方ないのでしょうけど。。



ページトップへ





セブンネットショッピング

ベルメゾンネット

PageRank track feed
----- なんだか趣味〜あったか下着と音楽とPCと -----