私たちの心はどんなに傷ついてもいたみを感じても、
体は懸命に生きようとする方向へ、がんばって働いてくれています。
心の病は、精神がバランスをとって生きのびようとするために現れている
現象です。その症状を一方的に抑圧したり、封じ込めたりするのではなく
潜在下の要因に目を向け、ひとつひとつ解きほぐして解決していく姿勢が
たいせつだと、私は感じています。

    内田多美子プロフィール 1961年生 B型 かに座

             立教大学心理学科にて社会心理学専攻
              
調理師免許/食事療法/大和本草
            在宅医療、終末医療の精神ケアに携わる
              しかごカウンセリングルーム室長、日本伝承医学心理療法士 

               カウンセリングメール shikago@kids.email.ne.jp(パソコン)
               URL http://www.ne.jp/asahi/shikago3/kids/counselingroom.htm 


    日本伝承医学心療科  土曜日16時〜19時(予約制)
       

記憶からの記述

counseling mail

しかごカウンセリングルーム

こころと脳のはたらき
解離性同一性障害(多重人格
アダルトチルドレン
こころの傷、心的外傷(トラウマ)
多重感覚  パニック障害
子どもの心
イソップ療法

counseling room

--------------------ーー

-------------------

日本伝承医学

日本伝承医学家庭療法
日本伝承医学的考察心理学
肝・腎の関係〜尿失禁・夜尿症
胆汁の概念〜胆のうをとらえなおす
皮膚にあらわれる症状
自律神経調整法と後頭擦過法
喘息
慢性疲労症候群