mネット・民法改正情報ネットワークは、民法改正論議と男女共同参画に関する情報を発信するメディアです。








              いよいよ総選挙!
              選択的夫婦別姓を求める緊急院内集会

 mネットは、日本弁護士連合会の共催により、参議院議員会館で10月13日、「いよいよ総選挙!選択的夫婦別姓を求める緊急院内集会」を開催しました。
 民法改正を求める市民や、国会議員、メディア関係者など120人が参加しました。

集会をYouTubeでご覧になれます。
いよいよ総選挙!選択的夫婦別姓を求める緊急院内集会

 各党・各会派を代表して、立憲民主党、日本維新の会、公明党、共産党、国民民主党、社会民主党、沖縄の風、碧水会、れいわ新選組が挨拶しました。

▼立憲民主党代表・枝野幸男衆議院議員
 自民党の中に賛成の方がいても、党の公約には一言もない。今の政権 が続いている限り、選択的夫婦別姓は実現しないということを自民党自 身が示した。立憲民主党は選択的夫婦別姓を実現するために、政権を代 えることを高く掲げてこの総選挙に臨む。私自身が先頭に立つ政権選択 選挙で、国民の皆さんに選択的夫婦別姓を実現しようという1票を投じ ていただけるというのは、私自身にとっても感慨無量。何としても結果 を出して、この総選挙後にようやく動き出すということを皆さんと分か ち合いたい。全力で頑張ることを約束する。


▼公明党副代表・古屋範子衆議院議員
 公明党はマニュフェストにも掲げて、党の法務部会で議論している。 アイデンティティの問題、男女共同参画実現のためにも、選択的夫婦別 姓を実現すべき。通称使用では海外に行ったときに不便があると聞いて いる。少子社会であり、両家の氏を継ぐために事実婚の方からも切実な 声も聞く。粘り強く頑張る決意だ。





▼日本維新の会幹事長代理・足立康史衆議院議員
 わが党は、制度が実現していないことで不便を被っている方々の不便 を解消することを最優先に考えている。100%の別氏はできない。選 択的夫婦別氏制度ができるのは政権交代してから。枝野さんが総理にな ったらできるが、総理になるのは無理じゃないか。枝野さんは自民党と いうキャッチャーが取れないボールを投げている。剛速球。私たちは自 民党でも取れそうなボールを投げる。それが維新版選択的夫婦別姓。併 記ではない。自民党の旧姓併記は最悪。維新は旧姓使用公証化で、氏の 使用を制限する。第一歩としてそれをやるべきだ。

▼共産党委員長・志位和夫衆議院議員
 自民党の中で個人的には選択的夫婦別姓に賛成という方がトップにな っても結局は実現されない。岸田さんが首相になって、岸田さん自身も 自民党内で「選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟」の呼びか け人だった。ところが首相になったら「引き続き議論する」と言う。私 は昨日の代表質問で岸田さんに、「引き続き議論する」と言うけれども、 党の政調会長に選択的夫婦別姓制度の反対の急先鋒に立つ方をつけてい るじゃないか、いったいやる気があるのかないのかと聞いたら、結局、 「引き続き議論する」という答えだ。2代にわたって個人的には賛成の方 がトップについても結局、党の意見としては変わらない。こういう状況 を突破するにはやはり政権交代しかない。今度、共産、立民、社民、れ いわの野党4党で共通政策を結び、その中に選択的夫婦別姓の実現が入 っている。総選挙で政権交代が実現したら選択的夫婦別姓はすぐにでも 実現する。

▼国民民主党男女共同参画推進本部長・矢田わか子参議院議員
 自民党の中で個人的には選択的夫婦別姓に賛成という方がトップにな っても結局は実現されない。岸田さんが首相になって、岸田さん自身も 自民党内で「選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟」の呼びか け人だった。ところが首相になったら「引き続き議論する」と言う。私 は昨日の代表質問で岸田さんに、「引き続き議論する」と言うけれども、 党の政調会長に選択的夫婦別姓制度の反対の急先鋒に立つ方をつけてい るじゃないか、いったいやる気があるのかないのかと聞いたら、結局、 「引き続き議論する」という答えだ。2代にわたって個人的には賛成の方 がトップについても結局、党の意見としては変わらない。こういう状況 を突破するにはやはり政権交代しかない。今度、共産、立民、社民、れ いわの野党4党で共通政策を結び、その中に選択的夫婦別姓の実現が入 っている。総選挙で政権交代が実現したら選択的夫婦別姓はすぐにでも 実現する。

▼社民党党首・福島みずほ参議院議員
 1980年代に多くの人たちと参議院法制局に通って選択的夫婦別姓 の法制化を求めることを一生懸命やっていた。今まで本当に実現しなか ったが、今、また機運が満ちていて近未来、選択的夫婦別姓法制化を皆 さんたちと一緒に実現していきたいと思っている。通称使用では限界が ある。通称使用では戸籍名がある限りどうしても解決がつかない。事実 婚は法定相続人になれない、控除が認められないなどの問題がある。み んなで力を合わせて選択的夫婦別姓の立法を実現していきたい。



▼沖縄の風代表・伊波洋一参議院議員
 沖縄の風は、法務委員会での大臣所信では、必ず選択的夫婦別姓につ いて質問している。今年4月8日には、沖縄の風として上川陽子前法相に も要請した。岸田首相は、特技として「聞く力」を強調しているが、法 制審議会が答申し、46年も前から国会請願が提出されているが、その声 に耳をふさいできた。同じように、辺野古新基地建設反対の沖縄県民の 声にも背を向けてきた。岸田首相の「聞く力」に期待するわけにはいか ない。選択的夫婦別姓の実現も、新基地建設中止も政権交代しかない。 総選挙は負けられない闘いだ。

▼碧水会代表・嘉田由紀子参議院議員
 選択的夫婦別姓で家族が壊れるという反対の声があるが、今の日本の 家族は本当に難しい。日本が過去30年、本当に出遅れた。GDPは上が らず、実質賃金は下がっている。この源は、女性参画ができていないこ と。女性だろうが男性だろうが、一人一人を大事にして、一人ずつが独 立した精神を保つこと。その中の1つがせめて結婚のとき姓くらい選ば せてということ。選ぶことができない先進国はない。今の日本は経済も 政治も停滞している。国際的にガラパゴス化した源が女性を一人前に認 めないことだ。


▼れいわ新選組代表代理 渡辺照子様
 選択的夫婦別姓を認めないのは日本国憲法13条、14条、24条に 反するものだ。なんとしても選択的夫婦別姓を通したいと思っている。 れいわ新選組は、どんな人も生きていてよかったという社会を目指して いる。通称使用があればいいと言うが、名前は人格を表す。通称使用と いうことが、改姓することが不便だということの表れにほかならない。 もう世論は十二分に形成している。






選択的夫婦別姓を求める要望書



【国会1】衆議院解散、臨時国会閉会 10月14日

 10月8日に開会した第205回国会(臨時国会)は10月14日、衆議院の解散により閉会しました。
 2018年の通常国会で、野党が衆議院に提出していた選択的夫婦別姓の民法改正案は廃案となりました。
 選択的夫婦別姓を求める請願は、衆議院では16件3403筆、参議院では14件2576筆が提出されました。請願審査は、衆議院では解散により委員会審査が行われず審査未了となり、参議院では法務委員会で審査未了となりました。
 衆参の本会議では以下の議員が選択的夫婦別姓に関する質問を行いました。

▼衆議院
 10月11日 本会議 枝野幸男議員 (立憲)
 10月12日 本会議 志位和夫議員 (共産)

▼参議院
 10月12日 本会議 福山哲郎議員 (立憲)
 10月13日 本会議 山口那津男議員(公明)
 10月13日 本会議 小池 晃議員 (共産)




ひろばユニオン 10月号に掲載されました。

選べぬ不自由 夫婦別姓に道を
(坂本洋子:NPO法人mネット・民法改正情報ネットワーク理事長)



時の法令10月30日号 2108号に掲載されました。

レポート2020 
「夫婦別姓訴訟、再度最高裁へ」
(坂本洋子:NPO法人mネット・民法改正情報ネットワーク理事長)


900円(税込) 送料込
「時の法令10月30日号」注文受付中







選択的夫婦別姓&婚外子差別撤廃を求めて
待ちに待ったチャンスがとうとうやってきた。
今まで民法が改正されなかったほうがふしぎ。
これを読めば「抵抗勢力」を論破できる!

著者
犬伏由子・打越さく良・大澤容子・ 大谷美紀子・折井 純・
金澄道子・ 金塚彩乃・榊原富士子・坂本洋子・ 棚村政行・
二宮周平・ 道あゆみ・ 吉岡睦子 (あいうえお順)

mネット通信302号

mネット通信既刊号 302号(pdf)    
 国会 衆・参法務委員会で谷垣法相が婚外子差別撤廃の法案提出を表明 10月29日
 裁判 東京地裁で婚外子の請求を認める判決 10月28日
 国際 日本の男女格差は105位 10月25日

mネットでは読者を大募集しています。
    「mネット通信」購読料:5000円(1年分)
    郵便振替口座:00120-2-574543  口座名称:mネット
    ご入金確認後、「mネット通信」をお届けいたします

        購読申込みはこちらから

 
赤松良子さん(元文部大臣) ・安部宝根さん( 市民福祉サポートセンター事務局)・ 石坂啓さん(漫画家)
大村芳昭さん(中央学院大学法学部教員) ・戒能民江さん(お茶の水女子大学教員)
酒井興子さん(税理士)・坂井隆之さん(アムネスティ日本支部ジェンダーチーム)
酒井はるみさん(茨城大学教員)・榊原富士子さん(弁護士)・芳野友子さん(連合会長)
高桑茂さん(カウンセラー)・ 高野孟さん(インサイダー編集長)
高橋喜久江さん(日本キリスト教婦人矯風会)・ 田嶋陽子さん(英文学者)
二宮周平さん(立命館大学教授) ・橋本ヒロ子さん(十文字学園女子大学社会情報学部教員)
堀内初美さん(税理士)・松本侑子さん(作家) ・吉岡睦子さん(弁護士)
*あいうえお順


お問い合わせ、ご意見はメールまたはFAXでお寄せください。
 mnet@news.email.ne.jp
FAX 03−3568−3077
掲載記事・画像の無断転載を禁じます
Copyreght(c)mnet.All rights reserved