花沢館 はなざわだて

15世紀頃に和人によって築かれた城館で、蠣崎氏の居城とされている。1457年の「コシャマインの乱」では他の館が次々陥落する中でも最後まで陥落しなかった。小山隆政の城とも伝わる。道南十二館のひとつ。

▼遺構や見所

■ 中腹の郭 ■

恐らく居住施設があったと思われる城内で一番広い郭。城の説明板もここにある。ここより上は腰郭サイズの郭が雛壇状に連なっている。


■ 主郭 ■

城内で一番高い場所にある郭。平場があまり広くないが、発掘調査で柵列が出てきたそうなので、籠城時にはここに立て籠って指揮をとったのだろう。ただ、ここから銭が大量に出土しているため蔵のようなものがあったのかもしれない。


■ 堀切 ■

主郭の背後の山と繋がっている箇所は堀切で切られているが、思ったよりも浅いため、背後から攻められたらひとたまりもないのではないだろうか。

▼歴史

▼詳細情報

最終訪城日 2013年10月14日
別名 -
前身 -
普請開始 15世紀頃
築城完了 15世紀頃
築城者 (設計者) 渡党の和人、安東氏被官
分類 丘城
規模 面積:約3万平方メートル
標高 標高:58m、比高:50m
文化財指定 国指定史跡
現存建造物 -
復元建造物 -
模擬建造物 -
遺構 郭跡、土塁、空堀
現状 雑木林※山道有り
注意事項
場所 北海道檜山郡上ノ国町勝山

▼アクセス

 函館北斗駅前からバスで

函館バス「函館北斗駅前」から「江差」行きに乗り、「江差ターミナル」で下車。「原口漁港」行きのバスに乗り換え、「上ノ国学校前」で下車。城跡まで徒歩10分。

 函館駅前からバスで

函館バス「函館駅前」から「江差」行きに乗り、「江差ターミナル」で下車。「原口漁港」行きのバスに乗り換え、「上ノ国学校前」で下車。城跡まで徒歩10分。

 木古内駅前からバスで

函館バス「木古内駅前」から「江差(江差病院)」行きに乗り、「大留」で下車。城跡まで徒歩20分。

 駐車場

付近に駐車場なし。
■地域別の城
■特集
■その他