Madden NFL
マッデン NFL




 メニュー  ディフェンス(スナップ後)

トップページ
共通
オフェンス(スナップ前)
オフェンス(ラン)
オフェンス(パス)
ディフェンス(スナップ前)
ディフェンス(スナップ後)
スペシャル
その他
選手の能力値

ブログ



Author: kommander
kommanderにメールを送る
PSN オンラインID:
kommander_US(北米)

Xbox LIVE ゲーマータグ:
Kommander HZK(日本)
kommander2(北米)

ディフェンスの操作

○ボタン……選手切り替え
ボールに近いディフェンダーに操作を切り替えます。

L2ボタン……横移動(Strafe)
L2ボタンを押している間、常に正面を向いて移動します。

R2ボタン……加速
R2ボタンを押し続けると、加速します。加速中は、スタミナを早く消費します。

ディフェンシブアシスト

ディフェンダーを自分で操作しているとき、×ボタンを押し続けている間だけ、CPUによるオート操作に切り替えることができます。×ボタンを離すと、再びマニュアル操作に戻ります。

タックル

□ボタンを押すと、ダイビングタックルを行います。□ボタンを押し続けると、ボールキャリアーを追尾し、より確実にタックルします。

ストリップ

L1ボタンを押すと、ストリップを行います。相手選手の持っているボールを叩いて、ファンブルを誘います。

ヒットスティック

ヒットスティックとは、ディフェンダーを操作中、右スティックを倒すことで、強烈なタックルを繰り出す機能です。成功すればボールキャリアーをブッ飛ばし、ファンブルさせることもあります。ただしミスタックルになる危険もあるので、ボールキャリアーをしっかりとらえ、かつ、できればミスタックルしても一発タッチダウンされないよう、他のディフェンダーが近くにいるときに使うのがいいでしょう。

右スティックを倒し続けると、ボールキャリアーを追尾するヒットスティックを繰り出すことができます。

ユーザーピック

自分でディフェンダーを操作し、パスをインターセプトすることを「ユーザーピック」と呼びます(成功すると、画面に「USER PICK」と表示されます)。

△ボタン……インターセプト
L1/R1ボタン……スワット(パスを叩き落とす)

●まず、レシーバーに近いディフェンダーを操作し、パスの落下地点へ向かいます(このとき、レシーバーを妨害するとパス・インターフェアランスの反則を取られるので要注意)。

●インターセプト(△ボタン)もスワット(L1またはR1ボタン)も、ボタンは押しっぱなしでOKです。タイミングよく押す必要はなく、ボールが来る前からボタンを押しっぱなしにしていれば、自動的にジャンプしてくれます。

●L2ボタンで横移動しながら△ボタンを押しっぱなしにすれば、正面を向いて高くジャンプし、インターセプトします。レシーバーに競り勝ちやすくなります。

●L1またはR1ボタン押しっぱなしでスワットです。インターセプトはできませんが、こちらは体勢が悪くても、手を伸ばしてパスを叩き落とせます。

●インターセプトやスワット以外にも、パスを防ぐ方法はあります。レシーバーがボールをキャッチした瞬間、ヒットスティック(右スティック)で強烈なタックルを決め、ボールをドロップさせます。

ブロックをかわす

DLの選手を自分で操作しているとき、右スティックを倒すと、その方向に対応したスペシャルムーブを繰り出し、相手のブロックを突破することができます。

右スティック下……パワー・ムーブ(Power Move)
相手ブロッカーを、パワーで押し倒します。

右スティック左右……フィネス・ムーブ(Finnese Move)
相手ブロッカーを、スイム(※)やスピンでかわします。フィネス(finnese)とは「巧みな」といった意味で、パワーの対極といえます。

※スイム……腕を泳ぐ(スイム)ように振って、ブロッカーをかわすテクニック。

ハンズアップ/バットパス

DLの選手を操作しているとき、△ボタンを押すと、手を挙げて(ハンズアップ)ジャンプします。例えば、相手QBに迫ったがタックルは間に合わない! といったとき、相手がパスを投げる瞬間にこの操作を行うと、パスを叩き落とす(バット)ことができるかもしれません。

プレス

プレス(press)とはディフェンダーが、プレー開始直後(スクリメージラインから5ヤード以内)に、相手レシーバーにぶつかって邪魔をすることです。
※バンプ&ラン(bump and run)、チャック(chuck)、ジャム(jam)なども同じ。

プレスをすることで、相手のパスプレーのタイミングを乱すことができます。パスの中でも、タイミングが重要となるショートパスに対しては、特に有効といえるでしょう。同時にブリッツを入れれば、プレスされたレシーバーがパスルートに出られずにいる間に、QBをサックすることも可能です。ただし一度プレスを外されると、レシーバーはオープンになりやすいため、ロングパスには注意が必要となります。プレスを行うには、以下のような方法があります。

●最初からプレーに組み込まれている(カバー2のCBや、名前に“Press”と入っているプレーなど。例:2 Man Press)

●カバレッジオーディブルのプレスカバレッジを使う

●自分でディフェンダーを操作しているとき、R1ボタンを押しながらレシーバーに接触する



ページの一番上へ

トップページへ