Madden NFL
マッデン NFL




 メニュー  ディフェンス(スナップ後)

トップページ
共通
オフェンス(スナップ前)
オフェンス(ラン)
オフェンス(パス)
ディフェンス(スナップ前)
ディフェンス(スナップ後)
スペシャル
選手の能力値



Author: kommander
kommanderにメールを送る
PS4 オンラインID:
kommander_HZK

■ディフェンスの操作

●○ボタン……選手切り替え。ボールに近いディフェンダーに操作を切り替えます。
●L2ボタン……横移動(ストレーフ)。L2ボタンを押している間、常に正面を向いて移動します。
●R2ボタン……加速。R2ボタンを押している間、速く走ります。

●L1ボタン……ディフェンシブアシスト。L1ボタンを押し続けている間だけ、CPUによるオート操作に切り替えることができます。L1ボタンを放すと、マニュアル操作に戻ります。

■タックル

コンサバティブタックル
ディフェンダーを自分で操作しているとき、選手の足元にタックルコーンが表示されます。相手ボールキャリアーがタックルコーンの中にいるときに×ボタンを押すと、コンサバティブタックルを行います。ビッグヒットでファンブルさせるチャンスは低いですが、ミスタックルも少ない、安全・確実なタックルです。このとき、L2ボタンで横移動しながら×ボタンを押せば、ボールキャリアーに対して正面を向き、より正確なタックルになります。

アグレッシブタックル
相手ボールキャリアーがタックルコーンの中にいるときに□ボタンを押すと、アグレッシブタックルを行います。ビッグヒットでファンブルさせるチャンスもありますが、ミスタックルになる危険もある、攻撃的なタックルです。また、右スティック(ヒットスティック)でも、ビッグヒットを繰り出すことができます。

ダイビングタックル
相手ボールキャリアーがタックルコーンの外にいる(距離が離れている)ときに□ボタンを押すと、ダイビングタックルを行います。

ストリップ
R1ボタンを押すと、ストリップを行います。相手の持っているボールを叩いて、ファンブルを誘います。ただし、ミスタックルになる可能性も高まります。

■パスディフェンス

ボールに対してプレー
パスが投げられた後、○ボタンでディフェンダーに操作を切り替え、△ボタンを押し続けると、ボールに対してプレーします。レシーバーと競り合い、インターセプトできるチャンスもありますが、ビッグプレーを許してしまうリスクも増えます。

レシーバーに対してプレー
パスが投げられた後、○ボタンでディフェンダーに操作を切り替え、×ボタンを押し続けると、レシーバーに対してプレーします。ボールではなくレシーバーに向かうため、接触でドロップさせたり、タックルを決めるチャンスは増えますが、インターセプトは難しくなります。

スワット
パスが投げられた後、○ボタンでディフェンダーに操作を切り替え、□ボタンを押し続けると、ボールをスワット(叩き落とす)します。基本的にインターセプトはできませんが、体勢やマッチアップが悪くても、手を伸ばしてパスを叩き落とせます。

■DLの操作

ジャンプスナップ
DLを操作中、スナップと同時にタイミングよくR2ボタンを押すと、イニシャルムーブ(初動)が早くなり、相手のブロックを突破しやすくなります。反対に、R2ボタンを押すタイミングが悪いと、相手のブロックを突破しにくくなったり、オフサイドやエンクローチメントの反則を取られる可能性があります。

フィネスムーブ
DLを操作中、相手ブロッカーと組み合っているときに×ボタンを押すと、フィネスムーブを繰り出し、ブロックをスイムやスピンなどのテクニックでかわします。左スティックと組み合わせることで、相手ブロッカーをその方向に押すことができ、ランニングレーンを狭めたり、ポケットを崩すことが可能です。

パワームーブ
DLを操作中、相手ブロッカーと組み合っているときに□ボタンを押すと、パワームーブを繰り出し、ブロックをパワーで突破します。左スティックと組み合わせることで、相手ブロッカーをその方向に押すことができ、ランニングレーンを狭めたり、ポケットを崩すことが可能です。

ハンズアップ/バットパス
DLを操作中、△ボタンを押すと、手を挙げて(ハンズアップ)ジャンプします。相手QBがパスを投げる瞬間にこの操作を行うと、パスを叩き落とす(バット)ことができるかもしれません。

■タックルバトル

ディフェンダーがボールキャリアーにスタンディングタックルを仕掛けたとき、選手の頭上にボタンがランダムで表示されることがあります。正しいボタンを、相手よりも早く押した側の選手が、タックルバトルに勝利します。ボールキャリアーが勝利するとタックルを外し、ディフェンダーが勝利するとタックルを決めます。

タックルバトルのボタン入力時間や発生頻度は、両選手の能力値やスタイルによって変わります。軽量級より重量級のランニングバック、コーナーバックよりラインバッカーの方が、タックルバトルが発生しやすくなります。

■スパイクラッシュ

スナップ後、QBスパイをしているCPU操作のディフェンダーがいるとき、任意のタイミングでR3ボタンを押すと、その時点でスパイをやめてQBを追いかけます。



ページの一番上へ

トップページへ