memorandum
 TOP   一人バンド    柏崎と新潟   Mansyon    これが最後   エンディング    雑記帳        記念の切手 
 
簡易葬の実践(2008)
ジジングリ
荒海や佐渡によこたう
鶏が先か、卵が先か
いずれ買物難民に
世界アルツハイマーデー
体育会系的価値観
次のノートパソコン
終の棲家を考える
サマータイム
海洋葬の復活か!
海水浴場発祥の地
どうしたするめいか
終戦の日(73年)
Topは終身がお好き
オー!カオル君
御巣鷹山事故から33年
これが最後の?柏崎
越後の高校野球
夏のバカンス
越後人気質
えんま市とぎおん
人類の寿命予測の変更
シンギュラリティ
最後の?免許更新
 
 
巷のYAMANEさん
ド・素人バンド
突然アーサー・キット
ああそれなのに
今、田中角栄が熱い
52年振りの法師温泉
My Band Style
エアロフォン評価
OH! エアロフォン
アベック道路
三角池があった
葛飾柴又を歩く
六花(華)寮
六花寮回顧談
また、理事長の横領
Haruko叔母
柏崎年表
何の意味もないこと
(パソコン回顧)
ブロードバンド
 (回顧)
ハローワーク
 

senami

簡易葬の実践(2008年
 
   締めて、469、060円也の簡易葬!!
 (実支払い、359,060円)
   
   2008年10月23日、午前1時30分頃である。IS病院からTELである。入院中のY・I氏が危篤との報である。午前2時25分、死亡が確認された。

 ある事情から身内、親戚とは縁を切った人である。我々夫婦2人が後の処理をすることになった。兼ねてから自分自身の葬送は「簡単」にと考えていたが、実際実行出来るのかわからなかった。今回は、その実践となった。

 密葬、家族葬まどの簡易葬が云われているが、今回の葬は「近親葬」と名付けた。本当に、身近にいた5名による葬である。
基本は
 1.通夜、告別式はしない。
 2.無宗教である(戒名は付けない)
 3.火葬をもって終わりたい。
 実際、こんな葬も出来るということで、今回の葬送をまとめておきたい。
なくなってから、35時間での葬送である。
     
   
【10月23日】
02時25分 ・主治医とは、延命的な措置はしないということで確認。
2時25分死亡(Y・I氏の知人Kさんと我々夫婦の三人がみとる)
 病院霊安室への安置が行われる。
この間、S葬儀社へ連絡をとる。(幸いこの葬儀社の互助会員であった。)
医師、看護士・・・焼香
03時35分 ・葬儀社到着、葬儀社へ搬送。
葬儀社5階の間に安置、5時30分一旦引揚げる。
09時30分 ・葬儀社と打合せ。
通夜、告別式は行なわないこと。戒名はつけない。無宗教で行ないたい。火葬をもって終わりたいという基本を了解してもらい、見積書ををもらう。
幸い、翌日(10月24日)AM11時に火葬の許可がでる。
18時30分 ・通夜を行なわないということだったが、我が夫婦二人で安置所に出向く。約1時間半、過ごす。
【10月24日】
10時 ・納棺に合わせ、近親者5名参集。
11時 ・火葬
11時40分 ・火葬終了。
13時30分 ・葬祭場に戻る。自宅に簡単な祭壇を設け、お骨を飾る。
これで葬関係は総て終了する。
     
     
   病院からの通報を受けてから、35時間で葬送という行為は終了した。勿論、この後細々としたことは残ったが、葬というものが、こういう形で出来るということが判ったのである。