TOP | ■ アピール | ■ 活動報告 | ■ GPCA-FAQ | ■ トピックス | ■ 出版案内 |
mook 動物ジャーナル | ■ Links | ■ 通信販売 | ■
ご連絡窓口 |

当サイト掲載のすべてのコンテンツは著作権により保護されています。
転載・複製ほかの二次利用、二次的利用等には動物虐待防止会の許諾が必要です。

Copyright

 動物虐待防止会 2000 - 2016

木彫「FUDO」

Copyright  浅井健作 2000 - 2016

動物虐待防止会は動物につらい思いをさせたくないと希っている市民のボランティアグループです。

基本理念は「共生」です。「共に生きる」以上、動物たちの「基本的主体的権利」を尊重しその命の尊厳を認めます。
この立場から判断する「虐待」に対しそれが行われないよう申し入れや要望などをしてきました。
季刊「動物ジャーナル」編集にたずさわり、情報提供・問題提起・知識の普及に努め、動物を真に愛する人の輪を強く大きくしようと努力しています。

動物ジャーナル95 2016 秋

先進国って何?(十六・完)最終篇 下の下
調査捕鯨を巡る最近の動向
     ーエルザ自然保護の会ホームページ より
Caution!
  環境省が飼育ケージサイズ等の数値規制を検討
/動物虐待防止会 調査部
しっぽ心/菅 けい子
表紙作者の言葉
  2016年 秋号「雨の日のサティ」/星川 耀
反響
俺と子猫の物語  四話 癌とウサギ/松田 奈央貴
表紙:星川 耀「雨の日のサティ」                 編集室から


更新履歴