わのつくしのこくおう 

電 称 倭 国 伝

更新 2016/05/25 

筑紫の日向の高千穂の添山峯(英彦山) 

  つくしまほろば

 むかしむかし、奈良に都(平城京710年)が造られる、およそ240年ほど前に、筑紫に都が造られた。これを倭国筑紫王朝の太宰都督府という。その王を中国では「倭の武王」と呼んだ。  

 日本の古代は「倭国筑紫王朝」と、その前身である「邪馬台国」の歴史である。「遠の朝廷」の実体を求めて筑紫探訪。

 

 

電称倭国伝バナー

  倭国筑紫王朝
  邪馬台国を行く
  つくし伝説
 
  
   資料集
   更新記録
 

筑紫研 tukushiken@gmail.com

Since1999.8.29 Renew No52