風の谷ようこそ

スタッフ紹介
「山岳ガイド「風の谷」」主宰・山田哲哉。1954年8月生れ。パミール、天山、ネパールヒマラヤ、アンデス、南米、アフリカに足跡を残すが、最も好み、通う場所は、奥秩父の谷と北アルプス北部の冬季。1996年、(社)日本アルパインガイド協会(現在の日本山岳ガイド協会)に入会。年間230日前後、山に登っている。他のガイド、および教室との一番の違いは、アルピニスト講座でのテント、雪洞、ツェルトでの宿泊を基本としていること、一切のいわゆる「ツアー登山」には協力しないことです。主たる著書「縦走登山」(山と渓谷社)、「奥秩父、山、谷、峠そして人」(東京新聞出版局)、「山は真剣勝負」(東京新聞出版局)・・その他、単著二冊、共著三冊。現在、山岳ガイドステージU(国内では全シーズン、全ルートのガイドが可能。)(常勤ガイド)古谷朋之。1973年8月生れ。「風の谷」が頼るKAZEエクスペディション社長・創立者。知る人ぞ知るアピ・サイパル・ナムナニの2000年代初頭の7000m代の極めて困難な高峰を野沢井歩、岩崎弘らと次々と登頂した実力者。海外登山、トレッキングの手配は大ベテラン。5月のタルプチュリ登頂の主役。

★エベレストを見る!ネパール・トレッキングに行きませんか山が好きな人なら、一度はその姿を見たい世界最高峰・エベレスト。間近で見上げるシェルパ族の故郷・ナムチェバザールの上のシャンボチェの丘に2017年3月22日出発、30日帰国の9日間のトレッキングをKAZEエクスペディション・山岳ガイド「風の谷」で行ないます。それぞれに魅力のあるネパールトレッキングですが、エベレスト街道のトレッキングの最大の魅力は「山の近さ・大きさ」です。目の前で見上げる角度で迫る巨大な山塊。そして、シャンボチェの丘から見上げる世界最高峰・エベレストが朝焼けの空に浮ぶ姿は最高です。また、この時期は「花の季節」。真っ赤なラリーグラスが街道を飾ります。前回は(2006年)は70歳代の方も元気に歩きました。説明会は1月26日(木)午後2:00と午後7:00の二回。話だけでも聞いて、映像だけでも見に来てください!(旅行代金は35万円前後の予定)当然、山田哲哉が同行します!

アルピニスト講座
1月6日更新3月5日までの募集、5月7日までの予定が出ています。

やまあるき講座
1月6日更新 3月1日までの募集と、4月12日までの予定が出ています。


■ネパール、アンデス、モンゴルなど「風の谷」が信頼する・海外登山、トレッキングの専門チーム★兜翼Gクスペディション(以下をクリックしてください)http://kaze-exp.co.jp/のページです。
奥秩父のど真ん中、登頂の他、沢登りの大拠点!甲武信小屋に泊まろう!(以下をクリック)
http://kobusi.com
奥秩父の王者!金峰山の超ステキな山小屋・金峰山小屋に泊まろう!(以下をクリック)
http://www.kimpou.com
行ってきました

登頂証明

「登山なんでも相談日」

山田哲哉のプロフィール

今読める「風の谷」山田哲哉
本のご案内


問い合わせ・申込
電話(0422−54−1676) FAX(0422−54−1679)郵送(〒180−0013武蔵野市西久保1−37−4山岳ガイド「風の谷」)  Eメール(nrh09361@nifty.com この部分をクリックするとメールが送れます)の何れかで、「アルピニスト講座」「やまあるき講座」の資料をご請求ください。


(風の谷・コラム)
毎週金曜日、変わることなく続けられている「原発再稼働反対行動」1月13日も「風の谷」の黄色い旗は寒気の中に翻りました。共にガンバロウ!寒さなんかに負けないぞ!
2017年1月18日更新
         (左)南尾根上部。真青な空に向けてラッセル(右)朝、早朝出勤前のジャンクションピークのテント。朝焼けの中に富士山が見える。もう、チラチラと雪が舞いだします。(左)南尾根森林限界付近のラッセル。一人50歩で交代で進む。(右)爺が岳南峰を越えて冷池に向けてトラバース開始。前方の雲の中が目指す鹿島槍ヶ岳。(左)冷池到着後、翌日に向けてラッセルしてトレースを布引山手前まで付ける。背景は越えてきた爺が岳。(右)鹿島槍ヶ岳目指して雪の中、ヘッドランプで出発。(左)予報を裏切って、ちょっと厳しい風雪の中、鹿島槍ヶ岳登頂。全く、何も見えず、山頂は各方向に雪庇が張り出している。(右)再び、爺が岳への登り返し。強い風の中、それでも時々射す陽差しが嬉しい。

★(行ってきました!正月特集)12月30日〜1月3日、「風の谷・冬山合宿講習」爺が岳から鹿島槍ヶ岳・・・。1月1日、写真のように風雪の中、見事、登頂しました。全国の山が比較的温暖だった中、ここ北アルプス北部は初日と1月2日以外はずっと強い風と雪のなかでした。写真のように連日のラッセルと早朝出勤、深夜残業に耐え、三十代のカンバリに助けられ、なんと四回目の挑戦で、ついに登頂しました。今年の次の年末年始は「ネパール登頂合宿」。ガンバロウ!
行ってきました!1月7日〜8日南アルプス・仙丈ヶ岳。8日夜から大雪の情報に8日早朝出勤で仙丈ヶ岳を往復。雪の中を下山。登頂時には甲斐駒ヶ岳、北岳、富士山を見ながらの山頂でした。行ってきました!「やまあるき」の北横岳、縞枯山、茶臼山。初日はサラサラと雪が舞い続ける樹氷の北八ヶ岳。二日目はピカーンと晴れた北八ヶ岳。大雪原に足跡を記す嬉しさ!最高でした!
このホームページを見てくださった方、アルピニスト講座希望で、「今年から雪山登山を始めたい!」と思っている方、ぜひ、1月21日「体力も根性もないけど雪山初体験!日帰りで行く北横岳・三つ岳登頂と雪上訓練」22日の「雪山超初心者のための天狗岳日帰り登頂と雪上訓練」に来てください。充分な人数のスタッフが冬靴の履き方、ウェアーの装着、雪の上の歩き方、アイゼンの装着と歩行の方法、ピッケルの使い方、ルート判断の方法・・・「一」から徹底的に丁寧に教えます。「僕も雪山・・・行けそう」そんな気持ちになる講習です。「やまあるき」の方。楽しい「雪のやまあるき」のプランがビッチリと用意してあります。行こうぜ!雪山。
「風の谷」は山田哲哉ガイドの主宰する登山教室です。本格的な挑戦的な登山を主体とする「アルピニスト講座」(50歳以下の方を対象)と、全くの初心者とユッタリした山歩きをしたい方のための「やまあるき講座」(,年齢不問。)の二つを行っています。
「アルピニスト講座」では、雪山、岩登り、沢登りを中心に「登山道を一歩外れた時から本物の登山が始まった!」を基本にしてあらゆる登山にチャレンジします。また、岩登り初体験講習、沢登り初体験講習、雪上訓練等を徹底的に行い、意欲ある仲間に登山技術を丁寧に教えています。「アルピニスト講座」の他のガイドとの大きな違いは、テント、雪洞、ツェルト泊を基本とする事です。山小屋利用の講座は「雪山入門編」と「沢登り入門編」の二回だけです。大きな山の中で大焚き火を囲んで泊まって山を楽しみましょう!
「やまあるき講座」は四季を通じて、山を楽しみ学ぶための講習です。年齢不問、全くの初心者が対象です。南北アルプス、中央アルプス、八ヶ岳等にも出かけますが、最も好きなのは奥多摩、奥秩父、大菩薩、丹沢の山々です。雪の季節の北八ヶ岳等も「風の谷」の多く訪れる場所です。ここ三年ほど、かつて、あまり訪れなかった北関東、東北南部の山にも足を伸ばしています。これから「やまあるき」の第一歩を踏み出す方!ぜひ、「やまあるき講座」におこしください。「やまあるき講座」ではテント泊等は一切行いません。宿泊を伴う登山の際には食事付きの山小屋利用です。
年一回程度を基本に「風エクスペディション」のサポートの下、海外トレッキングを行っています。ネパール・ヒマラヤを中心に、キナバル、キリマンジャロ、モンゴル等にも登っています。この時は「アルピニスト講座」「やまあるき講座」の垣根を取り払い、一緒の行動です。
今、読める山田ガイドの本!
(モンベ岳人1月号)(山と渓谷12月号)
山と渓谷9月号 ゴールデンウィークに「風の谷」と「KAZEエクスペディション」の行なったネパール・タルプチュリ峰登頂がカラー6ページで紹介されます。登頂隊員4名と山田哲哉・古谷朋之の座談会、山本季晋行動隊長の「登頂手記」がステキです。
・山と渓谷12月号で「ステップアップ本格雪山登山」の特集で・金峰山の雪山登山の紹介を書いています。
・モンベルが発行する「岳人」2017年1月号に
昨年2016年正月の「風の谷合宿・蓮華岳丸石尾根」が写真と共に出ます!
・「縦走登山」(山と渓谷社)2015年6月10日、ついに11刷目出版!やったぁ!

・ 「岳人」長期連載「奥秩父、山、谷、峠そして人」。単行本で出ています。344ページの大著!1800円です。絶対に買って読んでください。
「岳人備忘録」(東京新聞出版局)が出版されました。登山界を代表する47人の山へのメッセージ、思いを岳人編集部の山本修二さんが纏めた物です。山田哲哉も14番目に登場(何で登山界のキーパーソンに選んでもらえたのか、未だに不思議)しています。大変、読みごたえのある、面白い本です。 価格1619円 
「山は真剣勝負」(東京新聞出版局・1400円)二年間にわたって雑誌「岳人」に連載された山田哲哉のエッセイを纏めた物。「歩けなくっちゃ話にならないんだよ!」を基本にした山への思いを書いています。
「縦走登山」(山と渓谷社・1800円)ヤマケイ登山技術全書の中の一つ。全文書き下ろしです。最も基本となる無雪期の登山道を登る登山の基礎を書いた物。8月1日にめでたく9刷目が発売されました。圧倒的な支持を受けた登山基礎の技術書。カラー写真を随所に入れた読みやすい入門書です。
「日本の登山家の愛した50ルート」(東京新聞出版局)「岳人」に連載された「マイフェバリットルート」を纏めた本。50人のこだわりある「山屋」が最も愛したルートを紹介した好著。山田哲哉は大好きな奥秩父荒川水系真ノ沢を書きました。

メールご意見・ご感想をお待ちしております。E-mail: nrh09361@nifty.com