アルピニスト講座のご案内

Homeへ戻る

※「アルピニスト講座」につきましては「机上講習会」「実技講習会」双方とも、50歳未満(初めて参加いただいた時に50歳未満で、その後、50歳を越えた方は引き続き参加してください)に限らせていただきます。

「本格的な登山に挑戦したい」「一歩上の山を目指したい」「岩登りや沢登り、テントを使った大きな雪山登山をしてみたい!」そんな方のための登山教室です。
一部の「入門講習」「体験講習」など以外では5人~6人程度の「一パーティー」として活動できる範囲の人数での登山です。
雪山登山では、入門者向けの日帰りプラン、赤岳などの初めての本格的雪山の第一歩のプランで山小屋などを使用する以外は、基本的にテント泊、雪洞泊です。
岩登りでは三つ峠などの基本講習の上で、剣岳八つ峰のフェース・およびチンネ、本峰南壁、北岳パットレス(三年前の崩壊以降、休止中でしたが、2016年再開)、中央カンテまでの谷川岳一ノ倉沢・マチガ沢などの基本的なクラッシックルートを中心に、少人数での講座を行なっています。
沢登りは「風の谷」の無雪期の活動の大きな柱となるものです。上越、谷川岳、東北、北アルプス、南アルプス、などにも出かけますが、奥多摩、奥秩父の沢登りが多いです。
とりわけ、奥秩父は荒川水系、笛吹川水系を中心に、かなりマイナーな箇所も含めて詳細にトレースしています。年に何回か山小屋利用の沢登りも行ないますが、基本的に「ビバーク」での沢登りが中心です。
「風の谷」のアルピニスト講座では、恐縮ですが、参加年齢を50歳未満と限らせていただいております。
宿泊装備、登攀用具などを全て背負った状態での長時間の行動となることが多く、他のガイドプランと比べて相当程度にハードな場合もあります。
以前より御参加いただいている方には50歳以上になられても来ていただいている方もいますが、初参加時点で50歳以上の方には、個人でのガイドに来ていただいています。

(七月の季節のご挨拶)

 梅雨末期の最後の雨が降っています。この雨の向こうに最も刺激的な挑戦的な「山」の季節の到来します。気温が高く、温む谷の水。梅雨空け十日間の安定した天候。雪渓を越えて挑む古典的バリエーション。太古からの幽谷の水との格闘。黒部源流の北アルプス最美の谷の遡行。天空に向けて攀じ登る大岩壁。全力で夏の山に挑戦しよう!

(八月の季節のご挨拶)

 真っ青な空にグイグイと伸びていく入道雲。北アルプスの岩壁や黒部源流の絵の様な美しい谷の遡行。奥秩父の大水量の滝の連続する谷。夏の終わりを締めくくる花崗岩のフリークライミング。どれをとっても挑戦的な気持ちで満を持して挑むような大きな登山が続きます。一つ一つの挑戦的な登山に成長をかけて飛び込んでみよう。

(九月の季節のご挨拶)

 山の秋は一気にやってきます。焼け付く岩場の岩肌は、いつか穏やかになり、周期的に変化する天候の中に、ある日、高い山の先端に白い物が見られます。高山植物は姿を消し、いつの間にか、一面のクサモミジの斜面に変わります。雄大な歴史ある岩稜の登高!最後の紅葉の谷の中での焚火を囲んでのビバーク。変化の秋が待ってます。

★机上講習会

このホームページを見ていただいている方、とりあえず、まず「机上講習会」に来てみませんか?
「今年こそ挑戦!はじめての雪山」「今年こそ始めよう!岩登り」「今年こそ挑戦!はじめての沢登り」を筆頭に山岳気象の基礎など、本格的な登山を行い、「風の谷」からも自立した登山者になるための基本的な知識をお話しします。
「風の谷・アルピニスト講座」は単に「個人では行けない困難な山に連れて行く」ガイドではありません。「風の谷を卒業して自立する登山者を育てる」ガイドです。・・・そのためにも、ぜひ!
 講習費は無料です。 参加の申込は不要です(直接、会場へとおこしください。)

今年こそ挑戦!「はじめての『泊まって沢登り』」

 沢を水源まで遡り、水源を究めて山頂に立つ「沢登り」。大きな谷を沢登りする際に、谷の中に泊まります。増水にも安全で落石などの心配のない安定した沢に宿泊する谷の中の一夜は、大きな焚火を燃やし、濡れた物を乾かし、豊富な水で炊事して・・・の楽しい登山です。「泊まって沢登り」の楽しさ、魅力、装備の工夫についてお話しします。


※カモシカスポーツから「風の谷」ガイド紹介割引券を参加者に配布!

★実技講習会

50歳未満の方が対象です(初参加の時に50歳未満の方が対象です。参加後、50歳に達した方は、引き続き御参加ください。)「オレは強いから例外にしろ!」はちょっと無理です。 ※20歳代の方、失業中などの求職中の方には講習費の大幅割引があります。主宰者に申し出て、講習費金額を確認してください。

7月13日から12月1日の講習会です。アルファベット表記の物は現在、募集中のプランです。

A、7月13日~15日 奥秩父荒川源流・入川股ノ沢を遡行し十文字峠に登り、赤沢谷下降 ※梅雨末期の為、避難小屋二泊

 首都圏最大の原生林・遺伝子保存林として見事な太古からの森が生きている荒川水源地帯。その中を悠々と流れる本流・入川。巨樹が林立する中を辿り源流の柳小屋に宿泊します。本流・真ノ沢と分かれ入る入川は次々と現れるナメ滝と苔むしたゴルジュが続く美しい沢です。土砂の流入の少ない花崗岩の白い廊下は次々とナメ滝、ナメ床が現れ、その一つ一つを乗り越えて股ノ沢林道へと登り着きます。林道を辿り歴史ある十文字峠に立ち、四里観音避難小屋に宿泊します。翌朝、峠道を辿り三里観音下から下る赤沢谷はかつては森林軌道の通った谷です。再び入川に降り立ち、荒川源流周回の沢旅を終えます。 ※渓流釣りをする方、ぜひ、チャレンジを!

B、7月20日~21日 バリエーションルート入門!剣岳源次郎尾根

 「岩と雪」の殿堂・剣岳に剣沢側から山頂へとダイレクトに突き上げる堂々たる岩稜・源次郎尾根。ハッキリと判る二つの岩峰を連ねます。超早朝に剣沢を出発し、急峻な剣沢を下降して取り付くハイマツの尾根。延々と登り詰めⅠ峰正面壁が立ちはだかるコルから岩稜の登攀が始まります。八つ峰、後立山連峰の背後の大展望に励まされⅠ峰を越えて立つⅡ峰。ここから50mザイルを目いっぱい使った懸垂下降して最後の岩稜を攀じ登れば日本海が大きく見え、剣岳山頂に到着します。 ※本来、二泊の山行を一泊で抜けます。体力勝負です。(懸垂下降経験者)

C、7月27日~28日 奥秩父多摩川水系唯一の太古の谷・大常木谷で大焚火!

 東京都民の命の川・多摩川。138本あると言われる支流の殆どが堰堤、伐採等で大きな変貌を遂げさせられている中で唯一、出合から水源まで全く人の手が入らず太古の姿を保つのが大常木谷です。一ノ瀬林道から下り着く多摩川源流を下り、大常木谷出合は磨かれた玉砂利が敷き詰められ、見上げるゴルジュは深く、その中を豊富な水量が滔々と流れます。五間ノ滝をきわどく攀じ登り、全水量を頭上遥か上から叩き落す千苦ノ滝を越え、山女淵を乗り越え、早川淵を胸までの渡渉で乗り越え、二段で大迫力で落ちる優美な不動ノ滝を直登すれば谷は開け、濃い緑の中にナメ滝が連続します。樺谷出合で大焚火をして泊まり、翌朝、次々と現れる滝を越えて奥秩父縦走路に登り着きます。登山道を将監峠へと辿れば眩しい大展望が待っています。

D、8月3日~4日 黒部川源流から日本一美しい赤木沢

 日本一の急流・黒部川は源流地帯で左右に原生林と高層湿原を広げ、明るく美しい渓谷美を見せます。イワナの泳ぐエメラルドグリーンの源流を渡渉しながら遡行し谷の中に泊まります。翌朝、真っ白なゴルジュを乗り越え源流が見事な堰堤の様な美しい滝となる横に流れ込む赤木沢。出合から次々と現れる明るいナメ滝の連続。左右はお花畑が広がり背後には水晶岳や源流の山々が広がります。四段の滝を乗り越え二段35mの大滝を巻き、越えれば二俣から水源までの広大な高層湿原と草原の中を赤木岳に立ちます。北ノ俣岳を乗り越えて太郎平から折立へと帰ります。

E、8月10日~12日 剣岳チンネ中央チムニーaバンドbクラック登攀

 剣岳チンネ。岩に囲まれた三ノ窓を取り囲む圧倒的な岩壁群の中で巨大な守備兵の様に立ちはだかる最大の岩場です。剣沢を下降し、長次郎雪渓を登り、乗っ越しから緊張の池ノ谷ガリーを下り立つ三ノ窓。チンネ正面壁に切りつけた様に食い込む鋭い凹角が中央チムニーです。三ノ窓雪渓を渡り取り付くチムニーは3ピッチの登攀。中央バンドから更にピナクルからaバンドの足元の切れ落ちたトラバースを制し垂直のbクラックの鋭い登攀を制して立つ見事な尖峰・チンネ!bクラック上部からは日本海を見ながらの登攀です。8ピッチの登攀の後、剣岳への厳しい横断が待ってます。

F、8月24日~25日 日本一の美渓!奥秩父笛吹川東沢釜ノ沢西俣から甲武信岳 ※変更しました

 六月に実施予定だった釜ノ沢が増水で転進したリベンジ!笛吹川に入り鶏冠谷を分け東沢魚止めノ滝、ホラの貝ゴルジュと息を飲む谷が作り出す光景に感嘆しながら山の神で本格的な渓谷遡行に入ります。左右から滝となって注ぐ東御築江ノ沢、乙女ノ沢、東のナメ、西のナメを次々と見て立つ、釜ノ沢出合。釜ノ沢魚留ノ滝を越えればアッと驚く千畳のナメをヒタヒタと歩き、雄大な両門ノ滝に到着します。ここで西俣に入りゴルジュを越えて到着する「風の谷」の泊まり場。大焚火を囲み一夜を過ごし、最後まで苔むした滝を越えて立つ奥秩父主脈。百名山が43座見える甲武信岳に立ちます。 ※体力があれば沢登り初体験でも遡行可能です。経験者も十分に楽しめます。

G、8月31日~9月1日 小川山クライミング・ミニ合宿

 小川山・廻り目平の岩場。日本のフリークライミング発祥の地として知られる岩場は、標高1500mの白樺林に囲まれたステキなキャンプ場を中心に、200ルートと言われる豊富なルートが容易な物から厳しいものまで、無数に存在します。キメの粗い花崗岩の一枚岩のスラブは、最初は、どう登ったら良いか、とまどうばかりですが、岩の弱点を見つけ、登るうちに独特な小川山の登り方が会得できます。トップロープでスラブの登下降を練習したら、マルチピッチにも挑戦します。経験者はマルチピッチのロングルートに挑戦してください。樹林の上の岩峰に立てば山水画の様に森に林立する岩峰が見事です。 ※廻り目平キャンプ場はテント設営地までクルマ乗り入れ可能です。豪華キャンプセットを持ち込んで、夜は焚火を囲んで、楽しかった夏山を振り返りバーベキューor鍋を楽しみましょう。

H、9月14日~16日 岳人憧れの槍ヶ岳北鎌尾根

 天空を突き刺す槍ヶ岳に向けて、支える柱の様な四本の尾根。西、東の鎌尾根、穂高へと続く稜線には登山道がありますが、唯一、悪魔的な岩峰を林立させる激しい岩稜こそが北鎌尾根です。歴史的な初登攀争いから加藤文太郎、松濤明氏らの積雪期の壮絶な遭難など鋭い姿と共に岳人にとって共通な憧れのルートです。上高地街道から槍沢に入り、水俣乗っ越しで穂先に間近に迫りながら、再び沢を下降し、北鎌沢出合でピパークします。翌朝、ヘッドランプで急峻な北鎌沢を這い上がり立つ北鎌のコル。天狗ノ腰掛の急峻なハイマツの中を登り、「槍」と出会います。次々と現れる岩峰を乗り越えていきます。立ちはだかる独標を越えれば圧倒的な迫力で立ちはだかる穂先。一つ一つの岩峰を越える度に大きくなる穂先。北鎌平から最後のチムニーを乗り越え、急峻な岩場を這い上がれば、穂先では一般ルートの登山者の拍手が待っています。

I、9月21日~23日 甲斐駒ヶ岳黒戸尾根を登り鋸岳縦走

 ※14日~16日の槍ヶ岳北鎌尾根が悪天中止の場合、この週に移動の可能性あり。  中央線が甲府を過ぎる頃、車窓一杯に立ちはだかる「山の団十郎」甲斐駒ヶ岳。そしてその右(東)に いくつもの岩峰を連ねて悪魔的様相で連なる鋸岳。日本最大級の標高差を誇る黒戸尾根を登り、南アルプス唯一の岩稜を富士川源流まで辿る雄大な山行です。原生林から岩場の急登を制して七丈で足元に広がる甲府盆地の夜景を見ながら泊まります。超早朝、ヘッドランプで黒戸尾根の終盤の急峻な登りを制して向かう甲斐駒ヶ岳。南北中央アルプス、八ヶ岳の圧倒的な360度の展望を楽しんだら鋸岳の縦走に入ります。風化した花崗岩の尾根を慎重に辿り、六合目の小屋を過ぎ、三ッ頭を過ぎる頃から、少しずつ厳しい表情を見せ始め、熊穴沢ノ頭から荒涼とした中ノ川乗っ越しに立てば鉄の剣の立つ鋸岳第二高点に立ちます。ここから大ガランで大ギャップの下を通過し、岩稜にポッカリと空いた天空の窓・鹿窓を目指します。小ギャップの壁を登りトラバースすれば狭い鋸岳第一高点に到着します。遮る物も無い絶頂からは辿ってきた鋸岳が振り返られます。更に角兵衛沢ノコルから角兵衛ノ頭を越え、原生林の中を三角点ピークを越えて最後の横岳峠へと辿ります。富士川源流で泊まり、源流を下降します。鋸岳を完全縦走するプランです。

J、9月28日~29日 今年最後の沢登り!狼伝説の奥秩父荒川水系大洞川荒沢谷で大焚火をして雲取山に登ろう!

 ※前後の天候で和名倉山市ノ沢転進の可能性あり  東京都最高峰・雲取山西面から流れ出す荒沢谷は深々とした原生林に覆われ、豊富な水量で随所に見ごたえのある滝を連続させます。大洞川を見下ろしながら雲取林道を辿り、荒沢橋から谷に入ると、いきなりのゴルジュと滝の連続が始まります。桂谷、アシ沢が豊富な水量で合流し、5m前後の滝を次々と越えていくと立ち塞がる赤色の迫力抜群のベンガラの滝と出会います。更に続くゴルジュを乗り越えた到達する菅ノ平は広々とした谷の中の平地。始まった紅葉の中、盛大な大焚火で泊まります。翌朝は井戸淵のゴルジュから始まります。赤い岩のゴルジュを経て、狼谷の豊富な水量の谷を入れれば滝とゴルジュが続き最後の遡行が楽しめます。北雲沢に入り、雲取山西面の巻き道に出て、三条タルミから雲取山に立ちます。暗い谷間を歩いて来た目からは広大な明るい東京都最高峰の展望が見事です。

K、10月12日~14日 剣岳北方稜線から仙人池

 岩の殿堂・日本で一番峻険な山・剣岳は一般ルートの別山尾根で山頂に立った後、剣岳北方稜線を遠く長く厳しい岩稜を連ねています。別山尾根から剣岳頂上に立ち、長次郎乗っ越し、長次郎の頭、池の谷乗っ越しから池ノ谷ガリーを下り、周囲を威圧的な岩壁に囲まれた岳人の聖地・三ノ窓に降り立ちます。小窓の王下のバンドを慎重にトラバースして小窓ノ頭を小さく巻き、緩やかに降り立つ小窓。改めて富山湾・日本海を大きく見下ろし、ここから小窓雪渓の上部を池の平へと向かいます。「裏剣」と呼ばれる剣岳を支える八つ峰、チンネ等の圧倒的な展望の中、仙人池に泊まります。翌朝、改めて剣岳の展望を楽しみ剣沢に下降して、ハシゴ谷乗っ越しを経て内蔵助平の秘境を経て黒部川から黒部ダムへと向かいます。

★ご注意

上記「講習費」には、テント宿泊の際の食費、宿泊費は含まれますが交通費、営業山小屋代金等は一切含まれておりません。タクシー等を使用した際には参加者のワリカンでお願いいたします。
なお、テント宿泊の際のテント、食事、燃料等は基本的に主宰者が用意いたします。

★講習会参加申込の方法

 参加申込書の内容(書式は問いません。箇条書きで可)を漏れなく記入し メールで nrh09361@nifty.com にお送りください(既に参加経験のある方は氏名と参加申込プラン名だけでOK)。返信に計画書を添付します。
郵送の方は 〒180-0013東京都武蔵野市西久保1-37-4 山岳ガイド「風の谷」あて 参加申込書に記入してお送りください。
お問い合わせもメール可。 メール、郵送どちらでも申し込まれたプランごとの詳細な計画書をお送りいたします。
(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡ください。)

 なお、講習内容に不安な点や、不明な点のある場合は、メール nrh09361@nifty.comで、または携帯電話090-2248-9244にお問い合わせください。講習内容だけでなく、あらゆる登山に関する相談、質問にも応じています。

★★参加申込書★★メールの方は書式に関係なく同内容をお送りください。

体調不良時の無理な参加は絶対におやめください。また、体重75kgを越える方の参加、予めご相談ください(安全を確保できないプランがあります)。