アルピニスト講座のご案内※「アルピニスト講座」につきましては「机上講習会」「実技講習会」双方とも、50歳以下(初めて参加いただいた時に50歳以下で、その後、50歳を越えた方は引き続き参加してください)に限らせていただきます。50歳以下とは、51歳の誕生日までのことです。
 「本格的な登山に挑戦したい」「一歩上の山を目指したい」「岩登りや沢登り、テントを使った大きな雪山登山をしてみたい!」そんな方のための登山教室です。一部の「入門講習」「体験講習」など以外では5人〜6人程度の「一パーティー」として活動できる範囲の人数での登山です。雪山登山では、入門者向けの日帰りプラン、赤岳などの初めての本格的雪山の第一歩のプランで山小屋などを使用する以外は、基本的にテント泊、雪洞泊です。岩登りでは三つ峠などの基本講習の上で、剣岳八つ峰のフェース・およびチンネ、本峰南壁、北岳パットレス(三年前の崩壊以降、休止中でしたが、2016年再開)、中央カンテまでの谷川岳一ノ倉沢・マチガ沢などの基本的なクラッシックルートを中心に、少人数での講座を行なっています。沢登りは「風の谷」の無雪期の活動の大きな柱となるものです。上越、谷川岳、東北、北アルプス、南アルプス、などにも出かけますが、奥多摩、奥秩父の沢登りが多いです。とりわけ、奥秩父は荒川水系、笛吹川水系を中心に、かなりマイナーな箇所も含めて詳細にトレースしています。年に何回か山小屋利用の沢登りも行ないますが、基本的に「ビバーク」での沢登りが中心です。「風の谷」のアルピニスト講座では、恐縮ですが、参加年齢を50歳までと限らせていただいております。宿泊装備、登攀用具などを全て背負った状態での長時間の行動となることが多く、他のガイドプランと比べて相当程度にハードな場合もあります。以前より御参加いただいている方には五十歳以上になられても来ていただいている方もいますが、初参加時点で五十歳を越える方には、個人でのガイドに来ていただいています。

(二月の季節のご挨拶)山々は今、最も深い雪と、連続する降雪の中にあります。少しずつ伸び出した日照時間の中、この時期にこそ登れる不遇のルート、長大な山塊の大縦走、挑戦的な登攀を伴うバリエーションの入門ルート、強烈なラッセルと共に「勝ち取る」山頂の感動。この季節だからこそできる、本物の雪山登山に1月から2月上旬にかけて行われた入門的な雪山登山を基礎に「一歩上」を目指して、どんどん挑戦して行こう!

(三月の季節のご挨拶)山々は今、最も深い雪と、連続する降雪の中にあります。少しずつ伸び出した日照時間の中、この時期にこそ登れる不遇のルート、長大な山塊の大縦走、挑戦的な登攀を伴うバリエーションの入門ルート、強烈なラッセルと共に「勝ち取る」山頂の感動。この季節だからこそできる、本物の雪山登山に1月から2月上旬にかけて行われた入門的な雪山登山を基礎に「一歩上」を目指して、どんどん挑戦して行こう!


★机上講習会 このホームページを見ていただいている方、とりあえず、まず「机上講習会」に来てみませんか?「今年こそ挑戦!はじめての雪山」「今年こそ始めよう!岩登り」「今年こそ挑戦!はじめての沢登り」を筆頭に山岳気象の基礎など、本格的な登山を行い、「風の谷」からも自立した登山者になるための基本的な知識をお話しします。「風の谷・アルピニスト講座」は単に「個人では行けない困難な山に連れて行く」ガイドではありません。「風の谷を卒業して自立する登山者を育てる」ガイドです。・・・そのためにも、ぜひ!
 「風の谷」では、カモシカスポーツ(新宿区高田馬場。高田馬場駅下車徒歩3分。рO3−3232−1121)のご協力の下で、カモシカスポーツ山とスキーの店・本店のコーヒーコーナーで講習を行ないます。 
 
講習費は無料です。 参加の申込は不要です(直接、会場へとおこしください。)

机上講習会のお知らせ!
 三月「今年こそ挑戦!はじめての春の雪山」
 日照時間が伸び、強い冬型の気圧配置がときおり緩む日も少しずつ現れ、周期的に天候の変化が見られるようになった「春の雪山」。一方で気温の上昇と、大きく張り出した雪庇など、行動しやすい一面と、ブロック雪崩などの独特の困難もあります。「春の雪山」の魅力、楽しみ方、独特の困難、装備の工夫についてお話しします。 ・期日 3月14日()午後7:00~(途中参加可能) ・場所 カモシカスポーツ登山本店コーヒーコーナー(高田馬場駅下車徒歩3分?03‐3232-1121)  講習費無料 申込不要(直接、会場へ来てください)


 
★実技講習会50歳以下の方が対象です(初参加の時に50歳以下の方が対象です。参加後、50歳に達した方は、引き続き御参加ください。)「オレは強いから例外にしろ!」はちょっと無理です。
※実技講習での「講習費」について、山岳保険(ピッケル、ザイルなどの使用を前提とする山岳保険。ただし「レスキュー保険」「山きふ共済」を除く)の加入を前提に、宿泊を伴うプランで5000円、日帰りのプランで3000円、岩壁登攀は2000円を割り引いています。20代の方には、更に割引があります。実技講習参加に当たっては、主宰者にご確認ください。

2月9日から5月25日の講習会です。アルファベット表記の物は現在、募集中のプランです。

A、2月9日〜11日 雪山テント泊入門!南アルプス鳳凰三山完全縦走
B、2月23日〜24日 谷川連峰・白毛門、笠が岳、朝日岳登頂
C、3月2日〜3日 八ヶ岳・旭岳東稜からツルネ東稜

D、3月16日〜17日 雪山テント生活を楽しむ、全山ブナの「白き、たおやかな峰」信越国境・鍋倉山
E、3月23日〜24日 豪雪の北アルプス・爺が岳
F、3月30日〜31日 谷川連峰・仙ノ倉山北尾根
G、4月6日〜7日 春雪の富士山雪上総合訓練と、ネパール登頂トレーニング

★4月20日 日和田山岩登り初体験!入門講習会
★4月21日 奥多摩「つづら岩」岩登り、入門、総合講習会
★4月26日〜5月7日 ネパール・アンナプルナ山塊・トロンピーク(6144m)登頂「風の谷」遠征(同時に世界最高標高の峠・トロンパス越えトレッキングも並行して開催)
★5月18日〜19日 三つ峠岩登り総合講習会
★5月25日〜26日 奥秩父・和名倉倉沢を溯行して和名倉倉山


A、2月9日~11日 雪山テント縦走初体験!南アルプス北部・鳳凰三山縦走
 南アルプス北部で最も身近な高山・鳳凰三山。日本庭園を思わせるハイマツと白砂と雪が独特の世界を創り出す薬師岳。最高峰で北岳に向けて岬の様に突き出す観音岳。天空を突き刺すオベリスクの象徴的な地蔵岳。白峰三山が壁となり強烈な季節風を防ぎ、決定的な危険個所の無い鳳凰三山は初めてのテント生活を体験し、フル装備で一歩一歩森林限界を越えた大展望の稜線を縦走する本格的な雪山登山の入門の山です。夜叉神峠からの原生林の登り。北岳を正面に見るテント場。そして始まる縦走。最高峰・観音岳からの南アルプス北部を筆頭とした360度の大展望と、甲斐駒ケ岳を絶えず正面に見た地蔵岳への稜線が最高です。歩ききった感動はきっと自信となります。
・集合 2月9日()午前8:30 JR中央線・甲府駅改札口(新宿発7:00「スーパーあずさ1号・松本行き」が便利です)※縦走のため、クルマは不便です。
・日程 甲府駅(タクシー)夜叉神ノ森~夜叉神峠~山火事跡()~南御室小屋~薬師岳〜観音岳~地蔵岳~鳳凰小屋()~燕頭山~御座石鉱泉(タクシー)韮崎駅
・講習費 40000円(山岳保険料、テント宿泊費、テント食費含む)



B、2月23日~24日 豪雪の谷川連峰・白毛門から笠が岳、朝日岳
 豪雪で知られる谷川連峰の東に、湯檜曽川を挟んで対峙する朝日岳を中心とした山々。純白の山稜と穏やかな表情の山容。そして谷川本峰からそぎ落ちたマチガ沢、一ノ倉沢、幽ノ沢の圧倒的な雪の大岩壁を見る最高のロケーションを持っています。土合で谷川岳に向かう登山者と別れ、取り付くブナの原生林の中の登り。いきなり始まるワカンを付けての終わりのないラッセルは、少しずつ深くなり、次々と先頭を交代しながらのガンバリの苦闘の末に松ノ木沢ノ頭で苦行は一段落。締まりだした雪を再びラッセルしながら雪の大斜面を白毛門の山頂に飛び出します。一気に開ける展望。谷川東面の展望と朝日岳へと続く稜線を見ながらテントで泊まります。翌朝、笠が岳から始まる小烏帽子、大烏帽子を筆頭にノコギリ歯状に次々と小ピークが連続するヤセ尾根を一つ一つ越えて、立つ朝日岳。誰も踏んでいない雪の稜線に刻まれた自分たちの一筋のトレースに感動します。 ※本格的ラッセル初体験、雪山テント生活初体験向き。 ※雪山シュラフのない方、数に限りはありますがレンタル可能
・集合 2月23日()午前6:30  水上町「道の駅・みなかみ」(前夜、21:45 JR中央線・三鷹駅、22:20 JR南武線・府中本町駅集合で主宰者のマイカーで現地or各自のマイカーで現地or JR水上駅に各自で来て、ピックアップのいずれか)
・日程 「道の駅・みなかみ」(クルマ)土合橋~松ノ木沢ノ頭~白毛門()~笠が岳~朝日岳~笠が岳~白毛門(テント撤収)~松ノ木沢ノ頭~土合橋(クルマ)水上駅or東京など
・講習費 30000円(山岳保険料、テント宿泊費、テント食費含む)



C、3月2日~3日 八ヶ岳で最も美しい雪稜!旭岳東稜からツルネ東稜
 清里から八ヶ岳を見上げた時に急峻に屹立する東面のヒマラヤ襞を思わせる稜線に突き上げる柱の様なリッジの中でも、権現岳の横に少し小さな旭岳に正面から向かう真っ白なリッジが東稜です。美ノ森から背後の南アルプスを振り返りながら辿る地獄谷。そのどん詰まり、出合小屋前の広場に拠点を設けます。翌超早朝、取りつく東稜。痩せた岩稜をグイグイと登りつめ、到達する肩。ここから始まる痩せ細ったキノコ雪を付けた真白な雪稜。通常の登攀方法の他に、迫ってきたネパールヒマラヤ遠征を頭に、フィクスを張り、ユマーリングして次々と白馬のタテガミを思わせるリッジを登攀します。最後の雪壁を乗り越えて立つ狭い旭岳。ここから一気にツルネに向かい、ツルネ東稜を下降します。ここでも、急峻な個所をコンテとフィックスのフリクションヒッチでの通過で、スピーディーに行動する練習をします。ヒマラヤのブラックアイスのリッジが身近に感じられる旭岳東稜です。
・集合 3月2日()午前8:40 JR中央線・韮崎駅改札口(新宿発7:00「スーパーあずさ1号・松本行き」が便利です。東京、早朝で主宰者のクルマで現地)
・日程 韮崎駅(クルマ)美ノ森~地獄谷~出合小屋付近()~東稜取り付き~~五段の宮~旭岳~ツルネ~東稜~出合小屋~地獄谷~美ノ森(クルマ)東京など
・講習費 40000円(山岳保険料、テント宿泊費、テント食費含む)



D、3月16日〜17日 雪山テント生活初体験!白き「たおやかな」鍋倉山
 信越県境の鍋倉山は標高1400m代の里山です。ただ登頂するだけなら日帰りも十分可能な山です。5mを越える大豪雪の山で日本を代表するブナの巨木の森を登り、雪上テント生活を楽しむプランです。スノーテーブルを作り、ユッタリと雪山に溶け込むような山行をします。雪の壁が数メートルも続く温井集落からワカンで歩きだしブナの巨樹「森太郎」のある「巨木の谷」を辿りシロブナの純林の原にテントを張り食事用の雪洞を掘ります。「雪見鍋」を囲み、大きな雪山テント泊を体験しましょう。翌朝、絵の様な樹氷、霧氷の森を日本海を大きく見下ろす「白き、たおやかな」鍋倉山に立ちます。足元に広がる「日本昔話」を思わせる雪の里山の光景を楽しみ、西ノ沢を下降します。歩きだしから歩き終わるまで、終始、ワカンの山行です。※行動時間は短く、危険個所はなく雪山初心者、テント初体験向き ※シュラフ等レンタル可
・集合 3月16日()午前6:30JR中央線・三鷹駅、7:10JR南武線・府中本町駅で主宰者のクルマで(冬用タイヤ装着の)マイカー参加も可
・日程 東京(クルマ)飯山市温井集落~巨木の森~雪原()~鍋倉山~西のコル~西の沢~温井集落(クルマ)東京 ・講習費 30000円山岳保険料、テント宿泊費、テント食費含む)



E、3月23日~24日 雪洞に泊まって、豪雪の北アルプス北部・爺が岳
 冬中、激しい風雪が吹き荒れた北アルプス北部・後立山連峰。豊富な雪が作り出す重厚な雪山です。爺が岳は三つの山頂からなる白い要塞です。夏にはアルペンルートの走る扇沢まで真っ白な雪の道を日向山から延々と歩き南尾根に取り付きます。原生林の中の果てしないラッセルの末にジャンクションピークまで登り、雪が作る真っ白な宿・雪洞を掘ります。雪洞は何十回もの降雪が層となった何メートルもの積雪に掘る一夜の住まい。スコップで掘り進み、ローソクの灯りにキラキラと光る風からも降雪からも影響を受けない雪山ならではの快適空間です。翌朝、雪洞から這い出して眼前に聳える三角錐の爺が岳南峰を目指します。冷沢側に張り出した雪庇を避け南峰に飛び出した途端に飛び込む黒部川を挟んだ剱岳の雄姿!素晴らしい展望の中、最高峰・中央峰に立ちます。豪雪の北アルプスを雪洞と共に味わう二日間です。
・集合 3月23日()午前6:00 道の駅「松川」(前夜、21:30 JR中央線・三鷹駅、22:10JR南武線・府中本町集合で主宰者のクルマで現地or各自で現地)
・日程 道の駅「松川」(クルマ)日向山ゲート~扇沢~南尾根~ジャンクションピーク()~爺が岳南峰~中央峰往復〜ジャンクション~扇沢~日向山ゲート(クルマ)東京など
・講習費 30000円(山岳保険料、雪洞宿泊費、雪洞食費含む)

F、3月30日~31日 谷川連峰最高峰・仙ノ倉山北尾根
 谷川連峰最高峰・仙ノ倉山から真北に伸びる北尾根。春の豊富な水量を豊かに流す毛渡沢から広大な雪原となったバッキガ平に向かい、美しいブナの森の中の急峻な斜面を小屋場ノ頭へと向かいます。大イきく谷川連峰主稜線を望む頭にテントを張り、翌早朝、白馬のタテガミを思わせる真っ白なヤセ尾根をグイグイと登りつめて行きます。K1、K2と辿るヤセ尾根はシッケイの頭から少しずつ広がります。北尾根は登るほど広がり、最後は驚くほどの大雪原となって仙ノ倉山の美しい三角錐の山容の中に吸い込まれるように山頂に立ちます。越後から谷川連峰、上越の真っ白な山々がどこまでも広がる圧倒的な展望の山頂に立ちます。
・集合 3月30日() 午前5:30JR中央線・三鷹駅、6:10JR南武線・府中本町駅で主宰者のクルマで(冬用タイヤ装着の)マイカー参加も可)
・日程 東京(クルマ)毛渡沢~バッキガ平~小屋場ノ頭()~K1~シッケイの頭~雪原~仙ノ倉山~シッケイの頭~K1~小屋場ノ頭~毛渡沢橋(クルマ)東京など
・講習費 30000円(山岳保険料、テント宿泊費、テント食費含む)




G、4月6日~7日 富士山春山雪上訓練とネパール遠征訓練
 激しく凍結した初冬のバーンの富士山に対して、春の富士山は本来の雪上訓練が可能です。気温、風の影響で時々刻々と変化する雪面の状態、それに合わせてのキックステップ、アイゼン歩行等の的確な歩行技術などが磨けます。また、バーンが硬く、危険だったため、恐る恐る行っていたピッケル技術、滑落停止やザイルワークについても条件を選んで十分に基礎技術が習得可能です。実は、本来の雪上技術は春雪の時期にこそ確実に習得できるのです。雪山シーズンの最後に、冬山登山の実践の中でなかなか身に付かなかった雪上技術を完成させるのに最も適しいるのがこの時期の富士山です。キックステップ、アイゼン歩行を筆頭とした歩行技術、カッティング、様々な体制からの滑落停止、初期制動などのピッケル技術、制動確保を中心としたザイルワーク、支点の設定などを訓練します。一方、目前に迫ったネパール・トロンピーク遠征を前に、ヒマラヤ登山部隊には、雪上支点の設定と構造の理解、設置の実践、フィクスロープの設置、迅速なユマーリングとフリクションヒッチによる下降、雪上の懸垂下降の安定的な実施などを繰り返し、ヒマラヤを頭に描きながら行います。
・集合 4月6日()午前9:10 富士急行線・富士山駅改札口(新宿発7:00「スーパーあずさ1号」で大月乗り換え。大月発8:18富士急行線「快速急行・河口湖行き」が便利。冬季用タイヤ装着のマイカー参加可)
・日程 富士山駅(クルマ)馬返し~五合目下(テント設営後、五合目付近で訓練。泊)~六合目雪上訓練〜テント撤収~馬返し(クルマ)富士山駅
・講習費 30000円(山岳保険料、テント宿泊費、テント食費含む)

講習会参加申込の方法(メールでの受け付け歓迎します)

 参加申込書に漏れなく記入し〒180−0013東京都武蔵野市西久保1−37−4 山岳ガイド「風の谷」あて お送りください。FAXでお申し込みされる方は 0422−54−1679 にお送り下さい。メールによる参加申込は nrh09361@nifty.com に書式に関係なく、箇条書きなどで参加申込書の必要事項と同様の内容をお送りください(既に参加経験のある方は氏名と参加申込プラン名だけでOK)。返信に計画書を添付します。お問い合わせもメール可。 郵送、FAX、メールいずれでも申し込まれたプランごとの詳細な計画書をお送りいたします。(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡ください。)

 なお、講習内容に不安な点や、不明な点のある場合は、毎週月曜日、金曜日の9:00〜17:00の間 0422−54−1676 にお問い合わせください。また、メールでのお問い合わせも大歓迎 nrh09361@nifty.com(こちらは、いつでも大丈夫!) 講習内容だけでなく「登山相談日」として、あらゆる登山に関する相談、質問に応じています。※FAXは24時間受け付けています。電話でのお問い合わせは9:00〜17:00の間にお願いいたします。 携帯電話は090−2248−9244(携帯Eメール・tetsujkaze2017@docomo.ne.jp)

★★参加申込書★★メールの方は書式に関係なく同内容をお送りください。

氏名フリガナ

職業

生年月日(西暦)

血液型

住所 〒

電話 

自宅Tel         FAX        携帯

勤務先(・いつでも可・非常時のみ)Tel        FAX

Eメールアドレス

非常時連絡先(基本的に最も親しい親族)氏名          (関係)

特記すべき既往症(常に服薬している方は薬名)

体重・身長

初めて参加いただく方は主たる登山経験

講習会参加申込(○をつけてください)

A、雪山テント縦走入門!鳳凰三山  B、谷川連峰・白毛門、笠が岳、朝日岳  C、八ヶ岳・旭岳東稜  D、雪山テント生活初体験!信越国境・鍋倉山
E、雪洞に泊まって豪雪の爺が岳  F、仙ノ倉山北尾根
G、富士山春山雪上訓練とネパールトレーニング

計画書送付の方法(○をつけてください)

・郵送希望   ・FAX希望 ※Eメールの方は計画書を添付します。

参加にあたっての要望等、装備のレンタル等

山岳保険加入者は保険会社名と有効期間

メッセージ

体調不良時の無理な参加は絶対におやめください。また、体重75kgを越える方の参加、予めご相談ください(安全を確保できないプランがあります)
・体系的にハーネスが安全に着用できない方(腰の部分に安定的にベルトが収まる「くびれ」の全く無い方)、参加をお断りする場合があります。
・参加できない状況となった時は至急ご連絡ください。参加前日夕刻以降は携帯電話090−2248−9244 にご連絡ください。キャンセルは必ずガイド自身に電話の肉声で!eメール(携帯も含む)、FAXでのキャンセルは受け付けません。留守電の後でも必ず電話でご一報を。申込を行い、計画書が届いてからのキャンセルについては、キャンセル料をいただきます。事故に際しては全力で救助にあたりますが、補償については山岳保険の範囲に限らせていただきます。