アルピニスト講座のご案内

Homeへ戻る

【実技講習会参加申込みの方へ】

 ・実技講習会、参加申込みの方は、登山実施4日前から検温を行い、異常のある場合は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。
 ・家族、同居の方などに「風邪」を疑わせる症状のある方は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。

※「アルピニスト講座」につきましては「机上講習会」「実技講習会」双方とも、50歳未満(初めて参加いただいた時に50歳未満で、その後、50歳を越えた方は引き続き参加してください)に限らせていただきます。

「本格的な登山に挑戦したい」「一歩上の山を目指したい」「岩登りや沢登り、テントを使った大きな雪山登山をしてみたい!」そんな方のための登山教室です。
一部の「入門講習」「体験講習」など以外では5人~6人程度の「一パーティー」として活動できる範囲の人数での登山です。
雪山登山では、入門者向けの日帰りプラン、赤岳などの初めての本格的雪山の第一歩のプランで山小屋などを使用する以外は、基本的にテント泊、雪洞泊です。
岩登りでは三つ峠などの基本講習の上で、剣岳八つ峰のフェース・およびチンネ、本峰南壁、北岳パットレス(三年前の崩壊以降、休止中でしたが、2016年再開)、中央カンテまでの谷川岳一ノ倉沢・マチガ沢などの基本的なクラッシックルートを中心に、少人数での講座を行なっています。
沢登りは「風の谷」の無雪期の活動の大きな柱となるものです。上越、谷川岳、東北、北アルプス、南アルプス、などにも出かけますが、奥多摩、奥秩父の沢登りが多いです。
とりわけ、奥秩父は荒川水系、笛吹川水系を中心に、かなりマイナーな箇所も含めて詳細にトレースしています。年に何回か山小屋利用の沢登りも行ないますが、基本的に「ビバーク」での沢登りが中心です。
「風の谷」のアルピニスト講座では、恐縮ですが、参加年齢を50歳未満と限らせていただいております。
宿泊装備、登攀用具などを全て背負った状態での長時間の行動となることが多く、他のガイドプランと比べて相当程度にハードな場合もあります。
以前より御参加いただいている方には50歳以上になられても来ていただいている方もいますが、初参加時点で50歳以上の方には、個人でのガイドに来ていただいています。

(九月、十月の季節のご挨拶)

 つい先日まで暑さの中で山に行っていたはずなのに、季節は、一気に秋。紅葉の前線が少しずつ山の斜面を降りて行き、ある日、見上げた山頂付近が真っ白に雪が降っている。そんな毎日の変化が素晴らしい季節です。次の季節に向けての冬季登攀の練習、そして、いち早く雪化粧した北アルプスの山頂を目指す山行。ワクワクします!

(十月、十一月の季節のご挨拶)

 「山に、本当の秋なんかない!」。つい、先日まで炎天下を半袖で登っていたのに冷たい風に風花が混じりだし、都会は街路樹も緑色なのに、登り着いた森林限界を越えた尾根で、いきなりホワイトアウトに捕まる。夏の終わりは冬の始まり。山が最も刺激に満ちて、自らルートを見つけ、雪の中に一条のトレースを付け・・・の季節の到来だ。「偏西風が戦士を鍛える!」。新しい自分を成長させてくれる季節に踊りだせ!

★机上講習会

このホームページを見ていただいている方、とりあえず、まず「机上講習会」に来てみませんか?
「今年こそ挑戦!はじめての雪山」「今年こそ始めよう!岩登り」「今年こそ挑戦!はじめての沢登り」を筆頭に山岳気象の基礎など、本格的な登山を行い、「風の谷」からも自立した登山者になるための基本的な知識をお話しします。
「風の谷・アルピニスト講座」は単に「個人では行けない困難な山に連れて行く」ガイドではありません。「風の谷を卒業して自立する登山者を育てる」ガイドです。・・・そのためにも、ぜひ!
 講習費は無料です。 参加の申込は不要です(直接、会場へとおこしください。)

★「風の谷」雪山机上講習会2020をやります!「今年こそ挑戦!はじめての雪山」

憧れてはいても、最初の一歩がなかなか踏み出せない、雪山登山。「すごく寒いんですよね?」「ナダレとか、無理」「最初は連れて行ってもらわないと・・・、そんな人、いない」「装備とか、どこで買うんですか?買ってもピッケルとか、使い方判知らない・・・」そんな人が雪山登山を始めるための講習会です。

★第一回「雪山登山の始め方」

   無雪期と積雪期の雪山の違い、本格的な雪山登山に求められる体力や、知識、そして近郊の雪山からのステップアップの方法や、ラッセルや氷雪技術、ルート判断などの雪山技術の習得の方法についてお伝えします。また、今の時期から、絶対に用意したい基本的な雪山装備の準備の方法について学びます。「ワタシでも雪山行けるかな?」と思える講習会です。

・講師 山田哲哉(社団法人・日本山岳ガイド協会山岳ガイドⅡ、山岳ガイド「風の谷」主宰)
・対象 50歳未満の雪山未経験者、初心者
・日時 11月5日(木)午後7:00~8:30(途中、入室、退出可)
・場所 「風の旅行社」セミナールーム(中野駅北口徒歩7分・中野区新井2-30-4IFOビル7階・会場問い合わせ☎090-2248-9244)
・講習費無料 申込み不要(直接、会場へおこしください)

★実技講習会

50歳未満の方が対象です(初参加の時に50歳未満の方が対象です。参加後、50歳に達した方は、引き続き御参加ください。)「オレは強いから例外にしろ!」はちょっと無理です。 ※実技講習での「講習費」について、山岳保険(ピッケル、ザイルなどの使用を前提とする山岳保険。ただし「レスキュー保険」「山きふ共済」を除く)の加入を前提に、宿泊を伴うプランで5000円、日帰りのプランで3000円、岩壁登攀は2000円を割り引いています。20代の方には、更に割引があります。実技講習参加に当たっては、主宰者にご確認ください。
10月3日から1月24日の講習会です。アルファベット表記の物は現在、募集中のプランです。

A、10月3日 超初心者のための日和田山・岩登り初体験入門講習

 本格的な「一歩上の登山」を志す者が、絶対に身に着けて欲しい「岩登り」の技術。「風の谷」の岩登り講習は、参加者3名に最低でも1名のガイドを配置し「自分の遠くない将来のパートナーを育てる」つもりで、基礎から徹底的に岩登りを教えます。ザイル等の基本装備の使い方、装着の方法から、基本的な岩の登下降、相手に対するビレー、懸垂下降などを繰り返し練習します。「オレは岩登りは、やらない」という方も、ぜひ、参加してほしい講習です。※靴以外、基本装備の無料レンタルあり。

B、10月4日 「つづら岩」初心者と経験者の為の岩登り総合講習、冬季登攀講習

 奥多摩・つづら岩は、アプローチは大変なものの、高度差50mを越える大きな岩場でクライマーも少なく快適です。全くの初心者には、ザイルの基本操作、岩の登下降、懸垂下降とビレーなど、岩登りのイロハを徹底的に練習します。経験者は多くのルートを登攀した後に、アイゼン・手袋・バイルを使った冬季登攀の練習を行います。また、自己脱出、危急時対応を含めたレスキューの基本を学びます。初心者と経験者はグループ分けし総合的なクライミングの講習を行います。※装備のレンタルあり。

C、10月17日~18日 三つ峠岩登り総合講習

 三つ峠の岩場!富士山を背中に高度差200mの大きな岩場で、基本的な岩登りの基礎から本チャン同様の緊張感あるクライミングが可能です。「風の谷」では、シッカリと複数のガイドを手配して、初心者と経験者にグループ分けして、それぞれが充実した訓練を受けられる様にしています。この岩場で、全くの初心者には、装備の装着からザイルの結束、岩場の登下降から懸垂下降、ビレーの基礎を徹底的に練習し、実際のマルチピッチまでを経験します。また、経験者はリードを含めて出来るだけ多くのルートを登攀した上で、アイゼンでの冬季登攀の練習、レスキューまで繰り返し練習します。※山小屋泊です ※初心者には基本装備のレンタル有

D、10月24日~25日 紅葉の奥秩父唯一の岩稜!鶏冠尾根から甲武信岳

 原生林の奥秩父の中にあって、唯一、ゴツゴツした岩稜を笛吹川の上に派生させる鶏冠尾根。笛吹川の北に一気にせり上がり、清兵衛沢、ホラの貝沢、東御築江沢、東のナメなど急峻なスラブを滝となって落とす岩稜です。東沢を渡渉し、急峻な原生林の斜面をグイグイと登り詰め、チンネのコルに登り着けば、そこから始まる岩峰の林立する核心部が始まります。第一岩峰を登り、第二岩峰へと次々と現れる岩場を乗り越え、痩せたリッジを渡り、立つ笛吹川を見下ろす展望台。更に鶏冠山に立ち、コルに降りれば、一気に尾根は広がり急峻な原生林の中をユッタリと登りつめ飛び出す木賊山。翌朝、立つ甲武信岳からは鶏冠尾根が美しく見下ろせます。

E、10月31日~11月1日 新雪の北アルプスで最も不遇な七倉岳と船窪岳

 蓮華岳と烏帽子岳の間、北アルプスでも最も静寂に包まれた不遇の名峰です。ここに高瀬川・七倉から、やっと訪れた初冬と新雪を求めて挑みます。七倉から「鼻突き八丁」の異名をとる原生林の中の延々たる登り。凍てついたハシゴと急坂の連続が天狗ノ庭まで続きます。船窪小屋から北アルプスど真ん中のピーク七倉岳に立ち、稜線のテント場に泊まります。翌朝、新雪の痩せた尾根を辿り、登り立つ船窪岳。黒部川を挟んで圧倒的な剣・立山の初冬の景色と対面します。 ※冬山装備の登山です。

F、11月14日~15日 新雪の北アルプス・常念岳登頂プラン

 安曇野から美しい三角錐で屹立する常念岳。ようやく新雪の季節を迎え、凛として聳え立ちます。この山頂に向けて真っ直ぐ東に伸びる東尾根に向けて、挑みます。三股下の登山口から、三股に至り、取り付く延々たるジグザグの夏道。鬱蒼とした原生林と笹の急斜面を登り詰め、飛び出す東尾根の広々としたコル。ここを拠点に、翌朝、ヘッドランプで登りだします。新雪を纏った東尾根を森林限界に飛び出し、グイグイと開けて行く北アルプスの展望の中、岩塊と雪の微妙な稜線を辿り、飛び出す常念岳山頂。初冬の真っ白な雪に覆われた360度の展望は眼前の槍・穂高を中心に大迫力で迫ります。 ※冬装備の登山です。用意の不十分な方、ご相談ください。

G、11月21日~23日 新雪の爺が岳、鹿島槍ヶ岳登頂プラン

 後立山連峰の盟主。安曇野から見上げる美しい双耳峰・鹿島槍ヶ岳。北アルプス北部に位置するため立山連峰と共にいち早く雪に覆われる山です。扇沢から南尾根に取り付き雪を踏みしめてジャンクションピークに立ち、翌朝、爺が岳南峰、中央峰と縦走します。黒部川を挟んで大迫力の剱岳を見ながら、冷池に二日目のテントを張り、鹿島槍ヶ岳南峰を目指します。背後にグイグイと広がる北アルプスの圧倒的な新雪の展望を楽しみながら、山頂に立ちましょう。本格的雪山第一歩です!

H、11月29日~30日 赤岳天狗尾根ビバーク訓練

 清里側から赤岳を見上げる時、山頂を支える柱の様な天狗尾根。凍てついた地獄谷から原生林を辿り、立ちはだかるカニのハサミ、大天狗、小天狗の緊張の岩峰を乗り越え、立つ八ヶ岳主脈縦走路。凍てついた岩稜を迫る夕闇の中、赤岳に向かいます。赤岳山頂を後に2590m台地で、今回の目的、ビバーク訓練に挑みます。ツェルトとシュラフカバーで過ごす一夜。仲間の温もりだけが唯一の暖房。眠れぬ夜を震えながら耐え抜き、奥秩父・金峰山から昇る太陽!風と寒気と狭いツェルトの不便さの中、過ごす一夜は、きっと、何時かは経験するはずの「バリエーショルートで拠点に帰り着かない」事態の中できっと役にたつはずです。※シュラフの可否は各自判断

I、12月5日~6日 冬季登攀第一弾!赤岳主稜

 南八ヶ岳西面に屏風の様に並ぶ西壁。その中で主峰・赤岳山頂に突き上げる美しい岩稜・主稜。文三郎尾根からトラバースして取り付く数ピッチに渡る登攀は、アイゼンでの岩登りの練習をした者なら無理なく登攀できます。真っ白な凍結した岩壁と格闘し、強い西風に耐え、赤岳北峰に登り着いた感動は小さくありません。

J、12月12日~13日 八ヶ岳アイスクライミング講習会(場所、未定)

 まだ本格的な降雪が無く、乾いた寒さが本格化した今、八ヶ岳はアイスクライミングの素晴らしい練習場となります。一見、難しく見えるアイスクライミングですが、基本技術を覚えてしまえば、自分でも驚くほど上達します。水音一つしない凍てついた青氷のゴルジュを辿り、屹立する垂直の氷の滝に挑みましょう。バイルの使い方、アイゼンでの立ち方、支点の合理的な作り方、アイススクリューの使用方法など覚え、全くの初心者でも、その日のうちに十分に楽しめます。 ※バイル、スクリュー等は、使いまわしします。準備がなくても大丈夫。 ※凍結状態を見て場所は選びます。

★ご注意

上記「講習費」には、山岳保険料、テント宿泊の際の食費、宿泊費は含まれますが交通費、営業山小屋代金等は一切含まれておりません。タクシー等を使用した際には参加者のワリカンでお願いいたします。
なお、テント宿泊の際のテント、食事、燃料等は基本的に主宰者が用意いたします。

★講習会参加申込の方法

 参加申込書の内容(書式は問いません。箇条書きで可)を漏れなく記入し メールで nrh09361@nifty.com にお送りください(既に参加経験のある方は氏名と参加申込プラン名だけでOK)。返信に計画書を添付します。
郵送の方は 〒180-0013東京都武蔵野市西久保1-37-4 山岳ガイド「風の谷」あて 参加申込書に記入してお送りください。
お問い合わせもメール可。 メール、郵送どちらでも申し込まれたプランごとの詳細な計画書をお送りいたします。
(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡ください。)

 なお、講習内容に不安な点や、不明な点のある場合は、メール nrh09361@nifty.comで、または携帯電話090-2248-9244にお問い合わせください。講習内容だけでなく、あらゆる登山に関する相談、質問にも応じています。

★★参加申込書★★メールの方は書式に関係なく同内容をお送りください。

体調不良時の無理な参加は絶対におやめください。また、体重75kgを越える方の参加、予めご相談ください(安全を確保できないプランがあります)。