アルピニスト講座のご案内

Homeへ戻る

【実技講習会参加申込みの方へ】

 ・実技講習会、参加申込みの方は、登山実施前に異常のある場合は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。
 ・家族、同居の方などに「風邪」を疑わせる症状のある方は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。

【 重要 】

 「風の谷」アルピニスト講座のテント泊、ツェルト泊の山行に参加される方、全員に主宰者から「コロナ抗原検査キット」を送付します。参加される方は、山行前に抗原検査(自宅で唾液検査5分で、自分自身で結果を知る事ができるキットです)を必ず実施し、陰性を必ず確認してください。ご協力ください。

※「アルピニスト講座」につきましては「机上講習会」「実技講習会」双方とも、50歳未満(初めて参加いただいた時に50歳未満で、その後、50歳を越えた方は引き続き参加してください)に限らせていただきます。

「本格的な登山に挑戦したい」「一歩上の山を目指したい」「岩登りや沢登り、テントを使った大きな雪山登山をしてみたい!」そんな方のための登山教室です。
一部の「入門講習」「体験講習」など以外では5人~6人程度の「一パーティー」として活動できる範囲の人数での登山です。
雪山登山では、入門者向けの日帰りプラン、赤岳などの初めての本格的雪山の第一歩のプランで山小屋などを使用する以外は、基本的にテント泊、雪洞泊です。
岩登りでは三つ峠などの基本講習の上で、剣岳八つ峰のフェース・およびチンネ、本峰南壁、北岳パットレス(三年前の崩壊以降、休止中でしたが、2016年再開)、中央カンテまでの谷川岳一ノ倉沢・マチガ沢などの基本的なクラッシックルートを中心に、少人数での講座を行なっています。
沢登りは「風の谷」の無雪期の活動の大きな柱となるものです。上越、谷川岳、東北、北アルプス、南アルプス、などにも出かけますが、奥多摩、奥秩父の沢登りが多いです。
とりわけ、奥秩父は荒川水系、笛吹川水系を中心に、かなりマイナーな箇所も含めて詳細にトレースしています。年に何回か山小屋利用の沢登りも行ないますが、基本的に「ビバーク」での沢登りが中心です。
「風の谷」のアルピニスト講座では、恐縮ですが、参加年齢を50歳未満と限らせていただいております。
宿泊装備、登攀用具などを全て背負った状態での長時間の行動となることが多く、他のガイドプランと比べて相当程度にハードな場合もあります。
以前より御参加いただいている方には50歳以上になられても来ていただいている方もいますが、初参加時点で50歳以上の方には、個人でのガイドに来ていただいています。

(七月の季節のご挨拶)

 梅雨末期!「何時、梅雨が上がるのか?」と天気図とニラメッコの毎日が続きます。梅雨が明ければ、真っ青な空に伸びて行く白い入道雲、飛沫を上げる滝と深い釜の連続する沢登り、古典的な憧れのバリエーションルートの登攀の季節がやってきます。一年で最も躍動感に満ちた登山が可能な季節の到来です。待っていた夏です!

(八月の季節のご挨拶)

 待ちに待った夏!渓谷遡行とバリエーション登攀、岩壁登攀を行う者が最も活動しやすい季節の到来です。人っ子一人いない奥秩父の苔むした渓谷での巨大な滝との対面、剱岳の憧れの厳しい岩壁登攀、夏を振り返りながらの高原の風の中のクライミング!長時間行動と、大きな標高差の登高が可能な、この夏の登山を全力で楽しもう!

★机上講習会

このホームページを見ていただいている方、とりあえず、まず「机上講習会」に来てみませんか?
「今年こそ挑戦!はじめての雪山」「今年こそ始めよう!岩登り」「今年こそ挑戦!はじめての沢登り」を筆頭に山岳気象の基礎など、本格的な登山を行い、「風の谷」からも自立した登山者になるための基本的な知識をお話しします。
「風の谷・アルピニスト講座」は単に「個人では行けない困難な山に連れて行く」ガイドではありません。「風の谷を卒業して自立する登山者を育てる」ガイドです。・・・そのためにも、ぜひ!
 講習費は無料です。 参加の申込は不要です(直接、会場へとおこしください。)

アルピニスト机上講習会は、7月、8月、9月はお休みします。 次回机上講習会は10月20日です。詳細は9月1日頃、公開します。

「今年こそ挑戦!はじめての雪山」

★実技講習会

50歳未満の方が対象です(初参加の時に50歳未満の方が対象です。参加後、50歳に達した方は、引き続き御参加ください。)「オレは強いから例外にしろ!」はちょっと無理です。 ※実技講習での「講習費」について、山岳保険(ピッケル、ザイルなどの使用を前提とする山岳保険。ただし「レスキュー保険」「山きふ共済」を除く)の加入を前提に、宿泊を伴うプランで5000円、日帰りのプランで3000円、岩壁登攀は2000円を割り引いています。20代の方には、更に割引があります。実技講習参加に当たっては、主宰者にご確認ください。

7月2日から10月23日の講習会です。アルファベット表記の物は現在、募集中のプランです。

A、7月2日 沢登り初体験!丹沢・葛葉川本谷

 丹沢表尾根・三ノ塔から流れ出す葛葉川は明るく、楽しく登れる滝が次々と現れ、沢登り初体験の者が、その楽しさを満喫する沢です。「葛葉の泉」の駐車場から谷に入れる容易さです。横向ノ滝でズブ濡れになり、板立ノ滝でちょっと緊張し、優美な富士形ノ滝を攀じ登ります。谷間を遡ってきた者の目には三ノ塔からの相模湾と富士山が眩しいです。 ※靴以外、全装備レンタル可能 ※沢登り初体験向き

B、7月3日 攀じ登れ!大棚!滝の直登が連続する丹沢・新茅ノ沢

 直登できる滝が次々と現れ、スッキリした登攀性の高い沢登りができる新茅ノ沢。7m以上の白い岩肌の美しい迫力ある滝を次々と直登していけば、頭上はるか上から注ぎ落ちる大棚。シャワークライミングで突破して更に13本もの滝を次々と乗り越えて立つ明るい烏尾山。丹沢の沢登りの楽しさが詰まっています。

C、7月16日~18日 岳人憧れの槍ケ岳北鎌尾根

 槍ケ岳北鎌尾根!近代登山が成立する過程で岳人が憧れた真のバリエーションルートです。槍ケ岳山頂を支える東鎌、西鎌、穂高からの尾根と共に無数の岩峰を林立させながら千天出合へと急峻に落ち込む岩稜です。上高地から水俣乗っ越しを越えて北鎌沢出合にビバークし、北鎌のコルへと這い上がる所から挑戦は始まります。天狗ノ腰掛、独標と次々と現れる関門を突破し、北鎌平で見上げる「槍」。チムニーを越えて、穂先直下をトラバースし、槍の祠に飛び出します。北鎌のコルから先は全て完全に安全を確保しての登高です。※三級程度の岩登りが確実にできれば大丈夫。体力勝負!

c、(梅雨が明けていなかった場合)荒川源流から十文字峠、赤沢谷下降に変更

※Cかcかについては、7月13日に決定

D、7月23日~24日 バリエーションルート入門!前穂高北尾根

 穂高・涸沢を訪れた者の目を奪う前穂高北尾根の圧倒的な存在感。前穂高岳山頂から南にゴツゴツとⅡ峰、チムニーを要したⅢ峰、大きな岩峰・Ⅳ峰、横に大きいⅤ峰と見事な岩稜を連ねています。Ⅴ・Ⅵのコル下にビバークして挑みます。ⅤⅥのコルからコンテで一つ一つの岩峰を越えてⅣ峰からはハイマツも無い岩の中をジリジリと攀じ登り、Ⅲ峰はスタカットの登攀で越えて行きます。Ⅱ峰を懸垂下降すれば、最後の岩場を乗り越えて、広々とした前穂高岳に飛び出します。 ※三級程度の岩登りが確実にできれば大丈夫。全装備を背負っての登攀です。

E、7月30日~31日 多摩川水系唯一の太古からの姿の残る大常木谷

 伐採、堰堤、林道等で何らかの人工の手の入った全ての多摩川水系の谷の中で、唯一、奇跡的に一切の人の手が入らなかった大常木谷。両岸、見上げるばかりの黒々と磨かれたゴルジュは素晴らしく、その中に直登可能な五間ノ滝、巨大な千苦ノ滝、深々とした山女淵、胸まで浸かる早川淵、美しい二段の不動ノ滝と息継ぐ間の無い素晴らしい遡行が可能です。不動ノ滝でいったん沢は明るくなり、美しいナメ滝の連続となり中流部に登り着きます。静寂の原生林の中で天を焦がす大焚火の横で泊り、翌日、長いゴーロの後、滝を越えて奥秩父主脈縦走路から将監峠へと辿ります。

F、8月6日~7日 奥秩父荒川滝川豆焼き沢

 奥秩父荒川水系の支流の中で、滝川は重厚な沢の多い事で知られます。中でも豆焼沢は雁坂トンネルが出合付近を埋めた今も、巨大な滝を連続させ、最後の最後まで美しい渓谷美を見せている。圧巻は四段50m大滝と左右から白い布の様に落ちる50mスダレ状の滝。最後は雁坂峠道に登り着くが、その瞬間までゴルジュの続く素晴らしい谷だ。暗い谷底を遡行してきた者の目には雁坂峠の明るい展望が眩しい。

G、8月11日~14日 剱岳登攀合宿講習会

 岩と雪の殿堂・剣岳。最も美しい岩稜を連ねる八つ峰と、そのⅥ峰に突き上げる明るく広大なA~Dの各フェース群。そして、その壁を登攀してからの鋭く突き上げる八つ峰上半のすっきりした岩稜。特にA・Cフェースは、フリクションの効く花崗岩のルートで訪れた者を魅了します。更に剣岳を代表する大岩壁であるチンネに挑みます。長次郎雪渓を詰め、池ノ谷ガリーを下り辿り着くクライマーの聖地・三ノ窓。圧倒的な迫力でのしかかる正面壁の左端・左稜線の全16ピッチにのぼるロングルートの登攀は下部はフェース、中間部はリッジ、そしてハングを乗り越えナイフリッジを辿ればチンネの頭で突然、日本海がドーンと視界に入ります。今回、熊の岩をベースにこの見事な岩の殿堂を徹底的に登りつくします。 ※八つ峰フェースの登攀は、三つ峠等でマルチピッチの登攀経験があれば充分に楽しめます。一方、チンネの登攀は、登攀能力以上にロングルートを登攀し、かつ雪渓、ザレ場等を登下降する体力を含めた総合的な力が必要です。状況によっては8ピッチ程度の「チンネ中央チムニー、aバンドbクラックチームを編成します。詳細は御問い合わせください。

H、8月27日~28日 奥秩父・多摩川源流・龍喰谷

 奥秩父であり、奥多摩である多摩川源流地帯は、東京都水道水源林として手厚く保護された原生林が広がります。その中を流れる谷は、隣の大常木谷等とあわせて太古の静けさの中にあります。龍喰谷は本流・一ノ瀬川の滝の中段に注ぎ込む谷で、下部では幅広ノ滝、精錬場ノ滝と飛沫を浴びながら直登し、更に大きな下駄小屋ノ滝、曲り滝と何れもダイレクトに直登で越えて行きます。美しくサラサラと流れるスダレ状ノ滝を越えれば、直瀑系の滝は少なくなり、穏やかなナメ滝が連続します。随所に快適な泊場があり、大焚火をして谷の中の一夜を過ごしましょう。上半もナメ滝の中に所々現れる大きな滝はシャワークライミングが続き、真夏の沢登りの快適さを満喫しながらの登高が続きます。巨樹が林立する中、大常木林道に出て、三ノ瀬へと向かいます。 ※釣りの腕前のある方、竿を持ってきてください。

I、9月3日~4日 小川山フリークライミング講習会とバーベキュー

 日本における本格的なフリークライミング発祥の地・小川山。内陸性の乾燥した爽やかな高原の空気の中で、無数の岩峰が林立する山水画の様な世界の中を二日間、徹底的にクライミングに打ち込みましょう。小川山はポピュラーな物だけでも300以上のルートがあり、フリークライミング初心者にはトップロープで基本的な登り方を練習し、その上で本格的なマルチピッチの岩場を登攀します。経験者は、それぞれの志向に合わせてピッチ数の多い物を中心に「一本でも多く」を目指して沢山のルートを登攀します。花崗岩のフリクションの効く岩質と、人気ルートでは、支点も整備されていてクライミングの楽しさを満喫できます。また、整備されたテント場で、夜はバーベキューや鍋を楽しみ、この夏の登攀を振り返りましょう!

★ご注意

上記「講習費」には、山岳保険料、テント宿泊の際の食費、宿泊費は含まれますが交通費、営業山小屋代金等は一切含まれておりません。タクシー等を使用した際には参加者のワリカンでお願いいたします。
なお、テント宿泊の際のテント、食事、燃料等は基本的に主宰者が用意いたします。

★講習会参加申込の方法

 参加申込書の内容(書式は問いません。箇条書きで可)を漏れなく記入し メールで nrh09361@nifty.com にお送りください(既に参加経験のある方は氏名と参加申込プラン名だけでOK)。返信に計画書を添付します。
郵送の方は 〒180-0013東京都武蔵野市西久保1-37-4 山岳ガイド「風の谷」あて 参加申込書に記入してお送りください。
お問い合わせもメール可。 メール、郵送どちらでも申し込まれたプランごとの詳細な計画書をお送りいたします。
(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡ください。)

 なお、講習内容に不安な点や、不明な点のある場合は、メール nrh09361@nifty.comで、または携帯電話090-2248-9244にお問い合わせください。講習内容だけでなく、あらゆる登山に関する相談、質問にも応じています。

★★参加申込書★★メールの方は書式に関係なく同内容をお送りください。

体調不良時の無理な参加は絶対におやめください。また、体重75kgを越える方の参加、予めご相談ください(安全を確保できないプランがあります)。