アルピニスト講座のご案内

Homeへ戻る

【実技講習会参加申込みの方へ】

 ・実技講習会、参加申込みの方は、登山実施4日前から検温を行い、異常のある場合は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。
 ・家族、同居の方などに「風邪」を疑わせる症状のある方は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。

【 宿泊を伴う山行に参加される方へ 】

 宿泊を伴う山行に参加される方の中で、山行実施前にコロナワクチンの接種を完了していない方に、「風の谷」ではマツモトキヨシのコロナ抗体検査キット(3780円)、抗原検査キット(3980円)によるコロナ陽性検査を推奨しています(「推奨」で義務ではありません)。薬局店頭で購入でき、自宅で誰にも知られずに結果を知る事ができます。現在マツキヨが最も安価、手軽です。また、集合時に参加者全員の血中酸素飽和度(SPO2)をパルスオキシメーターにより測定します(こちらは山行参加の条件です)。ご協力ください。

※「アルピニスト講座」につきましては「机上講習会」「実技講習会」双方とも、50歳未満(初めて参加いただいた時に50歳未満で、その後、50歳を越えた方は引き続き参加してください)に限らせていただきます。

「本格的な登山に挑戦したい」「一歩上の山を目指したい」「岩登りや沢登り、テントを使った大きな雪山登山をしてみたい!」そんな方のための登山教室です。
一部の「入門講習」「体験講習」など以外では5人~6人程度の「一パーティー」として活動できる範囲の人数での登山です。
雪山登山では、入門者向けの日帰りプラン、赤岳などの初めての本格的雪山の第一歩のプランで山小屋などを使用する以外は、基本的にテント泊、雪洞泊です。
岩登りでは三つ峠などの基本講習の上で、剣岳八つ峰のフェース・およびチンネ、本峰南壁、北岳パットレス(三年前の崩壊以降、休止中でしたが、2016年再開)、中央カンテまでの谷川岳一ノ倉沢・マチガ沢などの基本的なクラッシックルートを中心に、少人数での講座を行なっています。
沢登りは「風の谷」の無雪期の活動の大きな柱となるものです。上越、谷川岳、東北、北アルプス、南アルプス、などにも出かけますが、奥多摩、奥秩父の沢登りが多いです。
とりわけ、奥秩父は荒川水系、笛吹川水系を中心に、かなりマイナーな箇所も含めて詳細にトレースしています。年に何回か山小屋利用の沢登りも行ないますが、基本的に「ビバーク」での沢登りが中心です。
「風の谷」のアルピニスト講座では、恐縮ですが、参加年齢を50歳未満と限らせていただいております。
宿泊装備、登攀用具などを全て背負った状態での長時間の行動となることが多く、他のガイドプランと比べて相当程度にハードな場合もあります。
以前より御参加いただいている方には50歳以上になられても来ていただいている方もいますが、初参加時点で50歳以上の方には、個人でのガイドに来ていただいています。

(十二月の季節のご挨拶)

 都会から西の空に浮かぶ富士山が、ようやく白く染まり、雪山のシーズンがやって来ました。雪が、山々を、山小屋を、登山道を、ペンキのマークを覆い尽くし、自分達で登路を見つけ、踏み跡を付け、凍った斜面を一歩一歩、歩く、ワクワクする最も刺激的で創造的な登山の季節が始まりました。吹き付ける偏西風が僕達を鍛えます。

(一月の季節のご挨拶)

 本格的な降雪と寒さ、最も刺激的な雪山シーズンが始まりました。初めて履くアイゼン、ワカン、誇らしく持つピッケル。夢の様な樹氷の森から「雪と岩」の世界に踊りだす「はじめての雪山」。憧れの八ヶ岳最高峰への挑戦!峻険な3000m峰への高度差の大きな尾根。新しい出会いが一杯の最も充実する季節の始まりです!

(二月の季節のご挨拶)

 山々が最も深い雪に覆われ、最も寒くなり、八ヶ岳以外の山域では他の登山者の姿を一切、見ない季節の到来です。雪山本来の楽しみ・・・誰も踏んでいない雪面に自分たちのトレースをラッセルして付けて登り、雪の中にテントを張り、または雪洞を堀り、泊り、氷雪の尾根を登り誰も踏んでいない山頂に僕達の最初の踏み跡を付ける・・・本来のあるべき、本物の雪山が広大な山域で待っています。

★机上講習会

このホームページを見ていただいている方、とりあえず、まず「机上講習会」に来てみませんか?
「今年こそ挑戦!はじめての雪山」「今年こそ始めよう!岩登り」「今年こそ挑戦!はじめての沢登り」を筆頭に山岳気象の基礎など、本格的な登山を行い、「風の谷」からも自立した登山者になるための基本的な知識をお話しします。
「風の谷・アルピニスト講座」は単に「個人では行けない困難な山に連れて行く」ガイドではありません。「風の谷を卒業して自立する登山者を育てる」ガイドです。・・・そのためにも、ぜひ!
 講習費は無料です。 参加の申込は不要です(直接、会場へとおこしください。)

「今年こそ挑戦!はじめての雪山・雪の八ヶ岳」

 今年から雪山登山を始める雪山一年生が、最初に取り組む八ヶ岳の雪山。通年営業の山小屋と発達したアプローチが「初挑戦」の不安を、少し和らげます。中腹までロープウェイがかかる北横岳、森林高地の北八ヶ岳と「岩と雪」の南八ヶ岳の両方の顔と出会える天狗岳、八ヶ岳最高峰・本格的な雪山技術が試される赤岳・・・それぞれの山を具体例に、雪山初体験者の挑戦のノウハウをお伝えします。また、八ヶ岳を具体例に雪山装備の準備の仕方を、お伝えします。「僕も、雪山・・・行けるかも」と思える講習です。


※体調不良時の参加は辞退してください。会場ではマスク着用!受付での血中酸素(SPO2)の計測にご協力ください。
※高田馬場「カモシカスポーツ」よりガイド紹介割引券を参加者に配布

★実技講習会

50歳未満の方が対象です(初参加の時に50歳未満の方が対象です。参加後、50歳に達した方は、引き続き御参加ください。)「オレは強いから例外にしろ!」はちょっと無理です。 ※実技講習での「講習費」について、山岳保険(ピッケル、ザイルなどの使用を前提とする山岳保険。ただし「レスキュー保険」「山きふ共済」を除く)の加入を前提に、宿泊を伴うプランで5000円、日帰りのプランで3000円、岩壁登攀は2000円を割り引いています。20代の方には、更に割引があります。実技講習参加に当たっては、主宰者にご確認ください。
12月18日から2022年5月9日の講習会です。アルファベット表記の物は現在、募集中のプランです。

A、12月18日~19日 初心者と経験者の為の富士山雪上訓練

 日本で一番早く広大な氷雪のバーンを形成し、真剣な氷雪技術を学べる富士山。本格的な雪山登山を志す者が一度は経験すべき雪上訓練の場です。全くの初心者には冬山登山靴の正しい履き方、基本装備の装着の基本から始めて、登山靴での雪上歩行を中心に基礎を訓練した上で、アイゼン歩行、ピッケルの様々な場面での使用を練習します。更に滑落停止、ザイル操作、支点の構築などを練習します。経験者には、歩行などの基本技術を練習した上で、滑落停止、ザイル確保、支点作りやユマーリング、フィクスロープの設置などを練習します。今春、高温とブロック雪崩で十分な練習ができなかった雪上訓練てすが、今回は厳冬のガッツリした雪上訓練を行います。 ※初心者には基本装備の無料レンタル。 ※御殿場の積雪状況によって吉田口に変更。

B、12月25日 アイスクライミング初体験講習会(場所未定)

 水音一つ立てずに青氷をかけて落ちる凍結した滝をピオレトラクション(ダブルアックス)とアイゼンで登攀するアイスクライミング。基本的な動作を身に着ければ、傾斜がキツイ安定した氷結した滝であれば、比較的無理なく登攀可能です。一見、極めて難しそうに見える氷結した滝の登攀ですが、基本動作を間違いなく練習すれば日帰りでも技術習得できます。まだ、この時期、どの個所が凍結するかが不明な為に場所未定です。雪山基本装備があればバイル等はレンタルします。※現在、御坂山塊・三つ峠山下付近、八ヶ岳・広河原沢などで行う予定です。

C、12月30日~1月3日 「風の谷」冬合宿講習・北アルプス後立山連峰・爺が岳東尾根から鹿島槍岳、爺が岳南尾根下降

 「風の谷」の一年の登山の集大成・冬合宿講習。今年も北アルプスの豪雪地帯・後立山連峰で行います。安曇野から北アルプスを見上げた時、必ず目に付く美しい双耳峰の鹿島槍ヶ岳と三つの真っ白いピークの並ぶ爺が岳。日本有数の豪雪地帯で、重厚な雪山登山が実現できます。早朝の鹿島集落から凍結した急峻な斜面に取り付く東尾根は、下部は広々とした尾根ですが、中間部に顕著なピークと痩せた雪稜が続き、緊張感ある登高が続きます。ヤセ尾根の上に急峻なラッセルを続けてジャンクションピークに立ち、爺が岳中央峰へと登ります。長野県、富山県の県境である中央峰に飛び出すと、強烈な西風と共に黒部川を挟んで剱岳の圧倒的な雄姿が見られます。冷池への氷結した斜面のトラパースを終え、この貴重な安定した台地を拠点に鹿島槍ヶ岳へラッセルの後、西風を全身に受けて登頂します。そして、再び爺が岳稜線を縦走し、南峰に立ち、南尾根を下降します。連日のラッセルと緊張の氷雪の尾根、雪山テント生活、風雪下の行動と雪山登山の全てを体験する五日間です。

D、1月8日~10日 八ヶ岳核心部全山(権現岳~中山峠)テント大縦走

 諏訪盆地から東を見上げる時、権現岳から蓼科山まで銀屏風となって輝く八ヶ岳連峰。現在、見渡せる一つ一つのピークは、山腹の山小屋等の拠点から往復する形で、積雪期でも多くの登山者が登頂しますが、雪山縦走での踏破は、厳しさと共に大きな達成感があります。その核心部を権現岳から赤岳、横岳、硫黄岳と「雪と岩」の強い寒さと西風の中を縦走し、夏沢峠から美しい樹氷の森と化した森林高地を天狗岳の素晴らしい展望の山々を越えて中山峠まで八ヶ岳の核心部を縦走します。昨一月、マイナス20度を下回る寒気に叩きのめされた途中下山のリベンジです。荷物を背負ってのラッセルから氷雪の尾根の縦走と雪山テント生活、本格的な雪山登山の全てが学べる雪山大縦走です。※雪山一年生に限り、冬用シュラフ等のレンタルあり。

E、1月22日 体力も根性もないけど雪山初体験!北横岳と三つ岳

 中腹までロープウェイがかかり、いきなり雪山の展望と樹氷の森の中を辿る北横岳。全くの雪山初体験の方に経験豊富なスタッフがゲスト3人に一人は付いて、雪山登山靴の履き方、基本装備の装着を最初に室内で行い、その上で、雪上歩行、ピッケルの持ち方、使い方を学びながら標高を上げ、森林限界手前でアイゼンの装着、歩行を練習します。北横岳は山頂付近だけが森林限界を越えて南北アルプスの圧倒的な展望と本格的な冬山の冷たい風を体験しながらの登頂です。更に樹氷の森を抜けて岩峰の三つ岳で岩場でのアイゼン歩行を練習して三つの山頂の縦走、雨池山のラッセルを経験して、雪上訓練しながらの雪山初体験を実現します。 ※ピッケル等のレンタルあり

F、1月23日 雪山超初心者のための天狗岳日帰り登頂プラン

 樹氷の森林高地の北八ヶ岳と「岩と雪」の南八ヶ岳の二つの顔を持つ天狗岳。ちょっと忙しい日程ですが、天狗岳に日帰り登頂する中で雪山登山技術の基礎を学ぶプランです。渋ノ湯から黒百合平まで石膏細工の様な凍てついた静かな森を登り、中山峠からは一転して強い西風と、南北アルプスの雪山景色の中を辿ります。歩きながらアイゼン、ピッケルを使っての雪山技術を実践を通して学びながらの登頂です。天狗岳山頂からは赤岳を筆頭に南八ヶ岳の圧倒的な展望が待っています。

G、1月29日~30日 雪山テント泊入門!中央アルプス越百山

 中央アルプス南部の最後のシメとなる越百山。木曾側からのルートは重厚な原生林の中、訪れる者もなく自分たちでラッセルしルートを拓き、美しい真っ白な尾根にトレースを付けて登頂する雪山本来の魅力に満ちています。雪の中にテント泊し、最後の樹林帯をラッセルし、背後に聳える御嶽山を眺めながら雪の斜面を登り詰め、孤高の山頂に立てば、今まで見えなかった富士山と南アルプスが雄大です。 ※危険個所は少なく雪山テント初体験向き。雪山一年生にはシュラフのレンタルあり。

H、2月5日~6日 雪山初心者のための赤岳登頂プラン

 八ヶ岳最高峰!主峰!赤岳。「赤岳を目指して雪山を始めた者」にも「赤岳を出発点に本格的な雪山へと向かう者」にも指標となる山です。美濃戸から雪の森の中を歩き、赤岳を大きく見上げる行者小屋にテントで泊ります。テント場付近でで、ハーネスやアイゼンの装着などを練習し、翌早朝から取り付く地蔵尾根は中間で森林限界を迎え稜線へは岩と雪の緊張のヤセ尾根をガイドにガッチリと安全確保されての登高です。飛び出す主稜線。吹き抜ける風の中、一歩ごとに広がる360度の大展望の中、遮る物も無い赤岳山頂に立ちます。文三郎尾根を慎重に下降します。 ※数に限りはありますが冬用シュラフのレンタルがあります。テントや食事は主宰者が用意します。

I、2月11日~13日 憧れの南アルプス3000m仙丈岳地蔵尾根

 南アルプスの女王と呼ばれ優美で「たおやかな」山容を見せる仙丈岳。山頂へと突き上げる地蔵尾根は山麓から2000m近い標高差を制して登る重厚な尾根です。柏木集落から山麓の広葉樹の森を何回も林道を横切って辿るアプローチ。少しずつ背後の中央アルプスが大きく望まれ、少しずつ標高を上げて行きます。延々とラッセルしながら標高を上げ、2000m弱の穴沢ノ頭の先の明るい広場にベースを設けます。翌早朝、ここからは南アルプス独特の鬱蒼とした重厚な原生林の中をワカンを付けて高度を上げて行きます。地蔵岳を越えて、少しずつ傾斜を増す尾根は丸山谷ノ頭で森林限界を迎えます。雪庇の張り出した展望の尾根を、なかなか近づかない山頂へとアイゼンを効かせて登り詰め、馬ノ背からのルートど合流し、長かった登りをこなして山頂に立てば北岳、富士山の展望も含めて、長かった苦闘に応える最高の頂上が待っています。 ※馬ノ背との合流まで滑落などの危険性は極めて少ないです。昨年一泊で全く余裕のなかった山行を二泊にして雪山一年生、雪山テント初体験の方でも十分に楽しめるプランとして実行します。 ※シュラフ等のレンタルあり。

J、2月26日~27日 信越県境・大豪雪とブナの鍋倉山で雪洞体験

 標高僅か1600m代。長野・新潟県境の信越トレール最高峰である鍋倉山は6m近い大豪雪に覆われた雪の里山です。鍋倉山を有名にしているのは、この山、全部を覆い尽くしたシロブナの巨樹の森です。この大豪雪を利用して雪洞を掘り、雪洞の中で生活してみましょう(雪質によっては、食事等は雪洞で、夜間の宿泊はテントにする可能性があります)。スコップ一本で掘り上げる雪洞はローソクの灯りにキラキラと壁が光り、外が風雪でも一切、天気の影響を受けない静寂の世界です。雪の尾根から大雪原に雪洞を掘り、泊り、翌朝、霧氷、樹氷に覆われた美しい森を鍋倉山に立てば北信の重厚な山々と日本海の景色が美しく見られます。 ※ほとんどの行動がワカンを履いての登山です。 ※雪山テント初体験向き。 ※シュラフのレンタルあり。

K、3月5日~6日 雪洞を掘って、雪洞に泊まって唐松岳に登頂しよう!

 唐松岳八方尾根。大規模に開発されたスキー場によって、かつての第一ケルン上まで歩かずにリフト等で上がれます。いきなり放り出される右に不帰ノ嶮から白馬三山、左に五龍岳と鹿島槍ヶ岳の圧倒的な展望。風雪下ではルートファインディングに苦労する広々とした尾根を八方池、第二、第三ケルンと辿って行きます。下ノ樺を越えて上ノ樺の下に、今宵の宿・雪洞を作ります。八方尾根の雪は単なる豪雪だけでなく、高い標高で締まった分厚い雪が積もり、スノーソーとスコップで安定した大きな雪洞が掘れます。雪で作られた住まいは、テントの様にコンロを炊いても暖まりはしませんが、外が猛吹雪でも一切、天候の影響を受けずロウソクの灯りが白い雪壁にキラキラと輝いてステキです。翌朝、丸山から馬ノ背のヤセ尾根を慎重に辿り、登り着く富山・長野の県境に立てば剱岳の圧倒的な姿と対面できます。唐松岳山頂からは春雪の北アルプスの大展望が待っています。 ※シュラフのレンタルあり。

★ご注意

上記「講習費」には、山岳保険料、テント宿泊の際の食費、宿泊費は含まれますが交通費、営業山小屋代金等は一切含まれておりません。タクシー等を使用した際には参加者のワリカンでお願いいたします。
なお、テント宿泊の際のテント、食事、燃料等は基本的に主宰者が用意いたします。

★講習会参加申込の方法

 参加申込書の内容(書式は問いません。箇条書きで可)を漏れなく記入し メールで nrh09361@nifty.com にお送りください(既に参加経験のある方は氏名と参加申込プラン名だけでOK)。返信に計画書を添付します。
郵送の方は 〒180-0013東京都武蔵野市西久保1-37-4 山岳ガイド「風の谷」あて 参加申込書に記入してお送りください。
お問い合わせもメール可。 メール、郵送どちらでも申し込まれたプランごとの詳細な計画書をお送りいたします。
(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡ください。)

 なお、講習内容に不安な点や、不明な点のある場合は、メール nrh09361@nifty.comで、または携帯電話090-2248-9244にお問い合わせください。講習内容だけでなく、あらゆる登山に関する相談、質問にも応じています。

★★参加申込書★★メールの方は書式に関係なく同内容をお送りください。

体調不良時の無理な参加は絶対におやめください。また、体重75kgを越える方の参加、予めご相談ください(安全を確保できないプランがあります)。