アルピニスト講座のご案内※「アルピニスト講座」につきましては「机上講習会」「実技講習会」双方とも、50歳以下(初めて参加いただいた時に50歳以下で、その後、50歳を越えた方は引き続き参加してください)に限らせていただきます。50歳以下とは、51歳の誕生日までのことです。
 「本格的な登山に挑戦したい」「一歩上の山を目指したい」「岩登りや沢登り、テントを使った大きな雪山登山をしてみたい!」そんな方のための登山教室です。一部の「入門講習」「体験講習」など以外では5人〜6人程度の「一パーティー」として活動できる範囲の人数での登山です。雪山登山では、入門者向けの日帰りプラン、赤岳などの初めての本格的雪山の第一歩のプランで山小屋などを使用する以外は、基本的にテント泊、雪洞泊です。岩登りでは三つ峠などの基本講習の上で、剣岳八つ峰のフェース・およびチンネ、本峰南壁、北岳パットレス(三年前の崩壊以降、休止中でしたが、2016年再開)、中央カンテまでの谷川岳一ノ倉沢・マチガ沢などの基本的なクラッシックルートを中心に、少人数での講座を行なっています。沢登りは「風の谷」の無雪期の活動の大きな柱となるものです。上越、谷川岳、東北、北アルプス、南アルプス、などにも出かけますが、奥多摩、奥秩父の沢登りが多いです。とりわけ、奥秩父は荒川水系、笛吹川水系を中心に、かなりマイナーな箇所も含めて詳細にトレースしています。年に何回か山小屋利用の沢登りも行ないますが、基本的に「ビバーク」での沢登りが中心です。「風の谷」のアルピニスト講座では、恐縮ですが、参加年齢を50歳までと限らせていただいております。宿泊装備、登攀用具などを全て背負った状態での長時間の行動となることが多く、他のガイドプランと比べて相当程度にハードな場合もあります。以前より御参加いただいている方には五十歳以上になられても来ていただいている方もいますが、初参加時点で五十歳を越える方には、個人でのガイドに来ていただいています。


(2月の季節のご挨拶)この時期、一年で最も深い雪が山々を覆っています。日本海側の豪雪地帯だけでなく、積雪量の比較的少ないはずの八ヶ岳、南アルプスにも美しい樹氷の森と、深雪のラッセルの世界が広がります。そんな厳しい一面と、周期的に訪れる移動性高気圧の下の好天が二月から三月の雪山の特徴です。テント、雪洞を使って宿泊を伴う大きな雪山を楽しむ登山者が少なくなった現在、「風の谷」の向かう山々は、どこも静寂の中にあります。雪の中にルートを開き、雪の中に泊まり、山頂を目指す「本物の雪山」が僕たちの訪れを今日もヒッソリと待っています。
(3月の季節のご挨拶)連続的に冬型の気圧配置が支配していた天候も周期的に変わりだし、雪山も春の訪れと共に輝く「春の雪山」の季節がやってきます。伸びていく日照時間。上がっていく気温。実は「春の雪山」こそ、雪山登山を始めるのにピッタリの季節なのです。時折、厳冬期と変わらない風雪が荒れ狂う日々があっても、変化の季節の到来です。


★机上講習会 このホームページを見ていただいている方、とりあえず、まず「机上講習会」に来てみませんか?「今年こそ挑戦!はじめての雪山」「今年こそ始めよう!岩登り」「今年こそ挑戦!はじめての沢登り」を筆頭に山岳気象の基礎など、本格的な登山を行い、「風の谷」からも自立した登山者になるための基本的な知識をお話しします。「風の谷・アルピニスト講座」は単に「個人では行けない困難な山に連れて行く」ガイドではありません。「風の谷を卒業して自立する登山者を育てる」ガイドです。・・・そのためにも、ぜひ!
 「風の谷」では、カモシカスポーツ(新宿区高田馬場。高田馬場駅下車徒歩3分。рO3−3232−1121)のご協力の下で、カモシカスポーツ山とスキーの店・本店のコーヒーコーナーで講習を行ないます。 
 
講習費は無料です。 参加の申込は不要です(直接、会場へとおこしください。)

机上講習会のお知らせ!

「今年こそ挑戦!春の雪山」
・雪山を始めるのに最も適した季節が「春の雪山」。毎日、少しずつ伸びていく日照時間。行ったり来たりを繰り返しながら、間違いなく上がっていく気温。全身に重くのしかかっていた重装備も少しずつ軽くなっていきます。陽差しを浴びて「春の雪山」に挑戦してみませんか?「春の雪山」の魅力、楽しさ、独特の困難。春だからこそ注意したい装備について・・・判りやすくお話しします。 
・日時 3月15日(木)午後7:00〜(途中参加可) ・場所 カモシカスポーツ山の店コーヒーコーナー(高田馬場駅下車徒歩3分 рO3−3232−1121) 講習費無料 申込不要(直接、会場へ!) ・対象 50歳以下の雪山未経験者、初心者。それ以上の年齢の方、「やまあるき」でも机上講習会をやっています。



 
★実技講習会50歳以下の方が対象です(初参加の時に50歳以下の方が対象です。参加後、50歳に達した方は、引き続き御参加ください。)「オレは強いから例外にしろ!」はちょっと無理です。
※実技講習での「講習費」について、山岳保険(ピッケル、ザイルなどの使用を前提とする山岳保険。ただし「レスキュー保険」「山きふ共済」を除く)の加入を前提に、宿泊を伴うプランで5000円、日帰りのプランで3000円、岩壁登攀は2000円を割り引いています。20代の方には、更に割引があります。実技講習参加に当たっては、主宰者にご確認ください。
2月24日から5月27日の講習会です。アルファベット表記の物は現在、募集中のプランです。

A、2月24日〜25日 谷川連峰・タカマタギで雪山テント初体験!
B、3月3日〜4日 雪山テント初体験!南アルプス鳳凰山塊・観音岳登頂プラン

C、3月17日〜18日 雪洞を掘って、雪洞に泊まって、唐松岳
D、3月24日〜25日 南アルプス白嶺南稜の秘峰!黒河内岳
E、3月31日〜4月1日 「春の雪山」入門。雪洞を掘って、雪洞に泊まって天神尾根で春山雪上技術を習得して谷川岳登頂
F、4月14日〜15日 春雪の雪稜!赤岳天狗尾根

★4月21日 岩登り初体験!奥武蔵・天覧山の岩場で「岩登り」の基本を学ぼう!
★4月22日 岩登り初体験!日和田山で岩登りを体験しよう!
★4月28日〜29日 三つ峠岩登り総合講習会
★5月3日〜6日 飯豊連峰核心部全山大縦走!「風の谷」春合宿講習
★5月19日〜20日 奥秩父荒川水系・大荒川谷を溯行し、大焚き火をして、破風山に登り、ナメラ沢を下降しよう!
★5月26日 沢登り初体験!初心者のための奥多摩・川苔山逆川
★5月27日 沢登り初体験!初心者のための奥多摩・川苔山真名井沢

2月24日〜25日 雪山テント生活初体験!谷川連峰・タカマタギ
 谷川岳連峰の北側に毛渡沢を挟んで真っ白く横たわる日白山からタカマタギへの稜線。深い雪と静寂、中腹までを覆う美しいブナの森が特徴の山です。技術的な難しい箇所、雪崩、滑落の心配が極めて少なく、深い雪に自分たちだけのトレースを付けていく独特の達成感があります。ブナの森の中に一夜を過ごし、早朝の山頂に向かいます。稜線南側に大きな雪庇を張り出した、沁み一つない真っ白な雪稜の上に美しい三角錐の山頂には、眼前に銀屏風となった谷川連峰の重厚な山々が連なる最高の展望が待っています。 ※雪山テント生活初体験向き。シュラフ等のレンタルがあります。
・集合 2月24日(土)午前9:00 上越新幹線・越後湯沢駅改札口(東京発7:28「上越新幹線・たにがわ77号」が便利)※JR中央線・三鷹駅5:30 JR南武線・府中本町駅6:00集合で主宰者のクルマ同乗可 ※各自のマイカーでいらっしゃる方、冬用タイヤ必着
・日程 越後湯沢駅(クルマ)毛渡橋〜取り付き点〜棒立山〜コル(泊)〜タカマタギ〜棒立山〜取り付き点〜毛渡橋(クルマ)越後湯沢駅or東京など
・講習費 30000円(山岳保険料、テント宿泊費、食費含む)




B、3月3日〜4日 南アルプス入門!雪山テント初体験!鳳凰山塊・観音岳登頂プラン
 中央線の車窓から大きく見える南アルプス北部の山々。その山塊の最も身近な位置で最初の高まりとして聳え立つ鳳凰三山。季節風の風上を北岳、仙丈岳等に押さえられているために森林限界が高く、激しい風雪から守られた穏やかな気候が特徴です。また、野呂川を挟んで一定の距離を置いた白峰三山の真っ白な姿が絶えず見られる展望の山です。夜叉神峠から薬師岳、観音岳へのルートは雪崩、滑落の心配がなく、技術的な困難もありません。森林限界を越えてからの日本庭園を思わせる美しい雪の稜線を辿る初心者でも安心のルートです。夜叉神峠までの昔ながらの峠道を辿り、南アルプスならではの重厚な雪の森の道を辿ります。杖立峠から先で大きく開ける北岳の雄姿に励まされて苺平付近にテントを張り、泊まります。翌早朝から南御室小屋を経て急峻な原生林の中の登りを制して飛び出す砂払ノ頭からの白砂と雪とハイマツの世界。薬師岳を越えて遮る物もない展望の中を観音岳へと登頂します。 ※雪山テント初体験向き。体力があれば雪山経験の少ない方でも参加可能。シュラフのレンタル有。
・集合 3月3日(土)午前8:30 JR中央線・甲府駅改札口(新宿発7:00「スーパーあずさ1号・松本行き」が便利です。※JR中央線・三鷹駅5:30 JR南武線・府中本町駅6:00集合で主宰者のクルマ同乗可 ※各自のマイカーでいらっしゃる方、冬用タイヤ必着)
・日程 甲府駅(クルマ)夜叉神ノ森〜夜叉神峠〜杖立峠〜苺平(泊)〜南御室小屋〜薬師岳〜観音岳〜薬師岳〜苺平〜夜叉神峠〜夜叉神ノ森(クルマ)甲府駅or東京など
・講習費 30000円(山岳保険料、テント宿泊費、食費含む)
・日程 越後湯沢駅(クルマ)毛渡橋〜取り付き点〜棒立山〜コル(泊)〜タカマタギ〜棒立山〜取り付き点〜毛渡橋(クルマ)越後湯沢駅or東京など
・講習費 30000円(山岳保険料、テント宿泊費、食費含む)



C、3月17日〜18日 雪洞を掘って雪洞に泊まって唐松岳に登ろう!
 豪雪で知られる北アルプス北部の中でスキー場の発達で八方池山荘までリフトで上れる八方尾根。歩きだした箇所から右に白馬三山、左に五竜から鹿島槍ヶ岳の迫力ある展望の中を進みます。石神井ケルン、下ノ樺、上ノ樺と辿り、今宵の宿・雪洞を作ります。雪洞は雪の中に掘る真っ白な住まい。スコップとスノーソーだけで彫り上げます。ローソクの灯にキラキラと光る真っ白な空間は、意外と暖かく、雪山でだけ体験できる大切な泊まり場です。翌朝、好天に恵まれれば、素晴らしい展望の中を登ります。丸山ケルンから少しずつ尾根は痩せ、馬ノ背を越えると登り着く、富山・長野県境の稜線!黒部川を挟んで劔岳の雄姿が見事です。登り着く唐松岳は360度の北アルプスの展望が広がります。 ※シュラフ等のレンタル可
・集合 3月17日(土)午前11:30 JR大糸線・白馬駅改札口(新宿発7:30「あずさ3号・南小谷行き」が便利です。※JR中央線・三鷹駅5:30 JR南武線・府中本町駅6:00集合で主宰者のクルマ同乗可 ※各自のマイカーでいらっしゃる方、冬用タイヤ必着)
・日程 白馬駅(クルマ)八方(ゴンドラ・リフト)八方池山荘〜下ノ樺(泊)〜丸山〜馬ノ背〜唐松岳〜丸山〜下ノ樺〜八方池山荘(ゴンドラ・リフト)八方(クルマ)白馬駅or東京など
・講習費 30000円(山岳保険料、雪洞宿泊費、食費含む)


D、3月24日〜25日 南アルプス白嶺南稜の秘峰・黒河内岳
 白峰三山から南下する白嶺南稜。大井川を挟んで悪沢岳、赤石岳と向き合う長大な稜線は訪れる者も、確かな登山道も無い不遇の静寂の中にあります。その中で、標高2717mを保つ黒河内岳は森林限界を大きく越え、早川から一気に立ち上がる孤高の山頂は、そこだけ白く輝いています。登る毎に背後に大きく広がる展望。富士山の大きな山容に励まされながらの登りです。稜線上の唯一の安住の地・二重山稜の広々とした僕たちだけのテント場に一夜を明かします。2016年2月、頂上直下200mまで肉薄しながら、寒気とラッセルに追い返されたリベンジです。その際も前方に大きく見えた白銀の南アルプス南部の山々に励まされました。今回は、春雪にワカンを効かせ、伸びた日照時間を利用して、必ず登頂を実現させます。他のパーティーの痕跡すら見ない孤高の山頂からは北部から南部まで、圧倒的な南アルプスの大展望が待っています。 ※技術的な困難はありません。体力勝負!
・集合 3月24日(土)午前5:30 中央道下り線・「境川」パーキング(前夜21:45JR中央線・三鷹駅、22:15JR南武線・府中本町集合で主宰者のクルマor各自のクルマ)
・日程 境川(クルマ)奈良田湖〜1603mピーク〜二重山稜(泊)〜2560mP〜黒河内岳南峰〜北峰〜2560mP〜二重山稜〜1603mP〜奈良田湖(クルマ)東京など
・講習費 30000円(山岳保険料、テント宿泊費、テント食費含む)

  

E、3月31日〜4月1日 雪山初心者のための谷川岳雪洞登頂プラン
 日本有数の豪雪地帯の一つ・谷川岳。都会に桜の咲く頃になっても、まだ数メートルの積雪の下です。この豊富な積雪を使ってロープウェイ終点から30分の所に雪洞を掘ります。谷川岳の雪洞は、標高が低いため、中での炊事が難しいなどの欠点はありますが、シッカリと締まった豊富な雪で確実に体力を使わずに掘りやすい快適な真っ白い空間です。「雪山テントの経験も無いのに・・」という心配はいりません。ローソクの灯にキラキラと光る真っ白な空間は、きっと雪山の忘れられない経験になります。翌日は、ピッケル、アイゼン、ワカン等を使用した基本的な雪山技術を確認しながら、光溢れる雄大な天神尾根を登ります。天神尾根は、ごく一部を除いては危険個所が少なく、雪山初心者も、安心して登高可能です。国境稜線に登り着き、上越の豪雪が創り出す見事な展望の谷川岳に立ちましょう。 ※宿泊用具を背負っての登高は僅かです。雪洞は、みんなで掘ります。雪山初心者も歓迎。シュラフのレンタルあり。
・集合 3月31日(土)午前9:30 JR上越線・水上駅改札口(上野発6:26「普通列車・前橋行き」で高崎乗り換え。高崎発8:24発「水上行き」が便利です。マイカー参加or東京早朝、主宰者のマイカー同乗可)
・日程 水上駅(クルマ)ロープウェイ(ゴンドラ)天神平〜天神峠下(雪洞泊)〜熊穴沢〜肩ノ小屋〜谷川岳〜肩ノ小屋〜熊穴沢〜天神峠〜天神平(ロープウェイ・クルマ)水上駅or東京など
・講習費 30000円(山岳保険料、雪洞宿泊費、宿泊食費含む)



F、4月14日〜15日 春雪の八ヶ岳東面登攀!天狗尾根
 多くの登山者が登る諏訪側の八ヶ岳と比べ、静寂に満ちた東面は権現岳から赤岳にかけて、清里から見上げるとヒマラヤ襞を思わせる美しい雪稜を何本も主稜線へと突き上げる真っ白な世界が出現します。とりわけ、天狗尾根は、カニのハサミ、大天狗、小天狗とクッキリとした岩峰を林立させ、赤岳を支える柱のような見事な岩稜です。美ノ森からの地獄谷に沿った南アルプスを背後にした美しいアプローチ。赤岳沢に入ってからの原生林の中の登り、這い上がった天狗尾根の登高。天狗尾根の中での静寂の宿泊。早朝、次々と現れる岩峰を一つ一つ攀じ登り、見上げる大天狗の岩峰。岩場を登り切り、小天狗への痩せた雪稜を慎重に辿り、西風が強く当たる縦走路に飛び出します。赤岳に立ち、慎重に真教寺尾根の雪稜を下降します。
・集合 4月14日(土)午前9:00 JR中央線・小淵沢駅改札口(新宿発7:00「スーパーあずさ1号・松本行き」が便利です。東京からクルマ同乗可)
・日程 小淵沢駅(クルマ)美ノ森〜出合小屋〜赤岳沢〜天狗尾根(泊)〜カニのハサミ〜大天狗〜小天狗〜赤岳〜真教寺尾根〜牛首山〜美ノ森(クルマ)小淵沢駅or東京など
・講習費 40000円(山岳保険料、テント宿泊費、テント食費含む) 
   


 (注)上記「講習費」には、山岳保険料、テント宿泊の際の食費、宿泊費は含まれますが交通費、営業山小屋代金等は一切含まれておりません。タクシー等を使用した際には参加者のワリカンでお願いいたします。なお、テント宿泊の際のテント、食事、燃料等は基本的に主宰者が用意いたします。


講習会参加申込の方法(メールでの受け付け歓迎します)

 参加申込書に漏れなく記入し〒180−0013東京都武蔵野市西久保1−37−4 山岳ガイド「風の谷」あて お送りください。FAXでお申し込みされる方は 0422−54−1679 にお送り下さい。メールによる参加申込は nrh09361@nifty.com に書式に関係なく、箇条書きなどで参加申込書の必要事項と同様の内容をお送りください(既に参加経験のある方は氏名と参加申込プラン名だけでOK)。返信に計画書を添付します。お問い合わせもメール可。 郵送、FAX、メールいずれでも申し込まれたプランごとの詳細な計画書をお送りいたします。(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡ください。)

 なお、講習内容に不安な点や、不明な点のある場合は、毎週月曜日、金曜日の9:00〜17:00の間 0422−54−1676 にお問い合わせください。また、メールでのお問い合わせも大歓迎 nrh09361@nifty.com(こちらは、いつでも大丈夫!) 講習内容だけでなく「登山相談日」として、あらゆる登山に関する相談、質問に応じています。※FAXは24時間受け付けています。電話でのお問い合わせは9:00〜17:00の間にお願いいたします。 携帯電話は090−2248−9244(携帯Eメール・tetsujkaze2017@docomo.ne.jp)

★★参加申込書★★メールの方は書式に関係なく同内容をお送りください。

氏名フリガナ

職業

生年月日(西暦)

血液型

住所 〒

電話 

自宅Tel         FAX        携帯

勤務先(・いつでも可・非常時のみ)Tel        FAX

Eメールアドレス

非常時連絡先(基本的に最も親しい親族)氏名          (関係)

特記すべき既往症(常に服薬している方は薬名)

体重・身長

初めて参加いただく方は主たる登山経験

講習会参加申込(○をつけてください)

A、谷川連峰・タカマタギ  B、南アルプス・鳳凰山塊・観音岳  C、雪洞を掘って、唐松岳  D、南アルプスの秘峰・黒河内岳  E、雪洞に泊まって谷川岳
F、赤岳天狗尾根

計画書送付の方法(○をつけてください)

・郵送希望   ・FAX希望 ※Eメールの方は計画書を添付します。

参加にあたっての要望等、装備のレンタル等

山岳保険加入者は保険会社名と有効期間

メッセージ

体調不良時の無理な参加は絶対におやめください。また、体重75kgを越える方の参加、予めご相談ください(安全を確保できないプランがあります)
・体系的にハーネスが安全に着用できない方(腰の部分に安定的にベルトが収まる「くびれ」の全く無い方)、参加をお断りする場合があります。
・参加できない状況となった時は至急ご連絡ください。参加前日夕刻以降は携帯電話090−2248−9244 にご連絡ください。キャンセルは必ずガイド自身に電話の肉声で!eメール(携帯も含む)、FAXでのキャンセルは受け付けません。留守電の後でも必ず電話でご一報を。申込を行い、計画書が届いてからのキャンセルについては、キャンセル料をいただきます。事故に際しては全力で救助にあたりますが、補償については山岳保険の範囲に限らせていただきます。