やまあるき講座(全くの初心者対象。年齢不問)

※このページを見ていただいた方!まずは「風の谷」の机上講習会への参加ををお勧めいたします。実際の「やまあるき」の雰囲気も判り、実技講習会でお持ちいただきたい装備等も実物を手にお話しできます。ぜひ!

Homeへ戻る

 「高尾山に登った。楽しかった」「御岳山に行ってみた。次はどこに行こうかな?」ピクニック、観光から一歩前に。山靴を初めて履く人の最初の一歩をしるすための登山教室です。主に向かうのは、奥多摩の山々。大菩薩、奥秩父、北八ヶ岳も大好きな山域です。夏を中心に南北アルプス、八ヶ岳にも向かいます。近郊の日帰り登山と一泊〜二泊程度の山小屋泊まりの登山とを行います。平日が中心の登山ですので、どうしても年齢は高くなります。ガイドブックのコースタイムの2〜3割増し程度のゆっくりペースで歩きます。冬も軽アイゼン等を使って行ける「雪の山歩き」も行っています。春のカタクリの咲く奥多摩から夏雲湧く南アルプス、北アルプスの3000mの山々、北欧を思わせる森林高地・北八ヶ岳の樹氷の森の散策までを楽しみます。最も好きな山は、やはり奥秩父。原生林と渓谷の魅力の重厚な山々こそ「やまあるき」の故郷と思っています。基本は「全くの初心者」の山歩き。頂上だけでなく、木々や、花、雲の美しさにも足を止める登山教室を目指します。参加者は一名でも実技講習は行います。定員は8人。アシスタントガイドを配置した状況で13名で定員としています。平均7人前後のパーティーでの山歩きです。

 机上上講習会のお知らせ!「今年こそ挑戦!はじめての山歩き」  「山歩きをしてみたいけど、何から始めて良いか判らない」「学生時代は登山をしてたけど、あれからずっと登ってない。装備や用具も昔とは違うんだろうな。」高尾山に行ったら楽しかった。次はどこに、行こうかな?・・・そんな方のための「はじめての山・・」を始めるための講習です。

机上講習会やってます!「はじめての・やまあるき」入門講座 
 「やまあるき」をしてみたい。「高尾山に行ってみて楽しかったけど、人が多くて、もっと静かな山にも登りたい。」「昔、若い頃には山を楽しんだが、体力が心配だし、仲間もいない、道具もずいぶんと進歩したようだし・・・。」「いつか富士山にも登ってみたい。」「東京にも2000mの山・雲取山があるんですよね?ワタシには無理かな?」そんな方のための講習会です。「やまあるき」の始め方、初心者でも、初体験でも登りやすい山の情報の紹介。そして、最低限、準備したい装備や用具の購入の仕方、とにかく「最初の一歩」を踏みだすための講習会です。

机上講習会 

2019年度 はじめての「やまあるき」入門講座
「やまあるき」始めてみませんか?やってみたいけど、最初の一歩がなかなか踏み出せない「やまあるき」。高尾山には行った事があるけど登山らしい登山は・・まだ。どんな山が初体験には向いているのか?誰と行けば良いのか?どんな服を着て、どんな靴がいいのか?その最初の一歩を考えます。首都圏の親しみやすい山についてもお話しします。 
・日時 3月14日()午後2:00(:30開場)  ・場所 武蔵野公会堂第一会議室(吉祥寺駅南口下車徒歩3分) 講習費無料 申込不要(直接、会場へ!)


・4月18日(木)午後2:00~(1:30開場)武蔵野公会堂第3会議室
・5月16日()午後2:00~(:30開場) 武蔵野公会堂第3会議室(吉祥寺駅南口下車徒歩3分)
講習費無料 申込不要(直接、会場へ!)

 ★実技講習のお知らせ!           

(一月の季節のご挨拶)冬です。雪の季節の到来です。樹氷、霧氷に覆われた美しい北八ヶ岳の森林高地、晴天率が高く、乾いた澄み切った展望の中に陽だまりのカヤトが暖い奥多摩の山々、そして夏の観光地が凍てついた氷滝の連続となって青氷が冷たく光る奥秩父の渓谷。冬だから美しい、雪があるから歩ける・・・そんな真っ白い世界に出かけよう!

(二月の季節のご挨拶)ほんの少しですが日照時間が伸びてきました。でも、これからが奥多摩、大菩薩、北八ヶ岳の山々にとって最も雪が深くなり、雪山らしくなる季節です。山々が深い雪に覆われると共に、訪れる者も少なくなり、全てを埋め尽くす雪と吹き抜ける風が山々を支配します。そして、時折、訪れる穏やかな暖かい陽射し。山の春ももうすぐです。

     1月16日〜3月27日までの予定です(アルファベット表記の物は現在、募集中のプラン)

  A、
1月16日 冬枯れの生藤山と三国峠越え
  
B、1月22日〜23日 北八ヶ岳・樹氷の森の高見石から天狗岳
  C、1月29日 樹氷と大展望の北横岳
  D、1月30日 樹氷と展望と静寂の八ヶ岳南端・西岳
  E、2月5日 氷結の奥秩父・西沢渓谷

  
F、2月13日 西上州の奇峰・鼻曲山
  G、2月14日 浅間山の外輪山・大展望の黒斑山
  H、 2月19日〜20日 奥鬼怒温泉・日光沢温泉に泊まって鬼怒沼湿原
  I、2月19日〜20日 奥鬼怒・日光沢温泉から雪の鬼怒沼湿原
  J、2月27日 奥多摩・笹尾根の陽だまりを歩こう!
  K、3月5日〜6日 春雪の東京都最高峰・雲取山

  ★3月12日 春雪の蓼科山
  ★3月19日 奥多摩入り口・高水三山
  ★3月26日〜27日 雪の西穂高・独標

A、
 1月16日 奥多摩・生藤山と三国峠越え
 奥多摩・秋川上流と神奈川・鶴川上流を隔てる尾根が山梨、東京、神奈川の三県を分けながら三頭山から高尾山へと実に40kmを越える長さで伸びる甲武相国境尾根。そのど真ん中に、まさに、この三県を分ける三国峠があります。美しい里名の南秋川の集落・柏木野から社のある巨木の中を登り詰め、明るい雑木林の森の中を辿っていきます。背後に広がるキツネ色の秋川上流の暖かみのある斜面を見ながら万六ノ頭を越えれば、緩やかに上下する古くからの峠道が続きます。長かった南秋川からの登りは連行峰で主稜線に飛び出す所で終了。桂川を挟んで真っ白な富士山が大きく聳える道を茅丸、生藤山と辿ります。生藤山からは北に奥多摩の山々、南に丹沢から御坂、富士山が見事です。僅かな距離で立つ三国峠は富士山の大展望台!明るい峠道を軍刀利神社へと降ります。 歩行4時間半 ※軽アイゼンとスパッツが必要です。
・集合 1月16日(水)午前8:50 JR五日市線・武蔵五日市駅改札口(立川発8:04「武蔵五日市駅行き」が便利です。)
・日程 武蔵五日市駅(バス)柏木野〜万六ノ頭〜連行峰〜茅丸〜生藤山〜三国峠〜軍刀利神社〜井戸(バス)上野原駅 
・講習費 8000円(山岳保険料含む)


B、1月22日~23日 北八ヶ岳の樹氷の森と凍った湖、氷雪の天狗岳
 北欧を思わせる穏やかな森林高地が、どこまでも続く北八ヶ岳の原生林。それらの木々が全て石膏細工を思わせる樹氷とガラス細工の様な霧氷に飾られる夢の世界が広がります。雪に埋もれて歩きやすくなったサイの河原を越えて、中央アルプスの好展望台・高見石へと登り着きます。その直下に建つ古き良きマキストーブの煙が上がる高見石小屋が今宵の宿です。小屋に荷物を置き、真っ白く凍結した白駒池を訪れます。夏の印象とは全く異なる広々とした雪と氷の原と化した凍結した湖はステキです。白い擂鉢の底の様な湖から見上げる光景は、ここだけの物です。炬燵と羽毛布団の暖かい小屋で一夜を過ごし、翌朝はカーンと冷えた空気の中、とりわけ樹氷の美しい原生林の中を中山へと向かいます。中山展望台からは南北アルプスが銀屏風の様に凛として見られます。中山峠から向かう天狗岳は滑落、雪崩の心配は無い物の、むき出しの雪と岩に覆われた高山の尾根。周囲の眺めをユックリと堪能しながら360度の展望に包まれた山頂に立ちます。穏やかな黒百合平からも静寂の樹氷の森の中の道です。  ※軽アイゼンとスパッツが必要。 ※天狗岳登頂を避ける方は暖かい黒百合ヒュッテでお待ちいただけます。歩行1日目4時間2日目6時間
・集合 1月22日()午前9:10 JR中央線・茅野駅改札口(新宿発7:00立川7:21「スーパーあずさ1号・松本行が便利です。)
・日程 茅野駅(クルマ)渋ノ湯~サイの河原〜高見石(高見石小屋泊。到着後、白駒池往復)~中山~中山峠~天狗岳〜中山峠〜黒百合平~渋ノ湯(クルマ)茅野駅
・講習費 17000円(山岳保険料含む)



C、1月29日 八ヶ岳南端の大展望の名峰!西岳
 かなりの八ヶ岳好きでも「西岳」を訪れた方は少ないはず。網笠山と共に、八ヶ岳の主稜線からポツンと離れた姿は独特です。八ヶ岳の南端、富士見高原に岬の様に飛び出した穏やかな三角錐の形の原生林の山は山頂だけが森林限界を越えて南北アルプス、八ヶ岳自身の圧倒的な展望台です。富士見高原からカラマツ林を抜けて重厚な原生林の中の登りは静寂の中。ポンと飛び出す山頂からは遮る物もない雪の白と青空の中にあります。 歩行6時間 ※軽アイゼンとスパッツが必要
・集合 1月29日()午前9:00 JR中央線・小淵沢駅改札口(新宿発7:00立川7:21「スーパーあずさ1号・松本行が便利です。)
・日程 小淵沢駅(クルマ)富士見高原スキー場~不動清水~広場〜西岳~広場〜不動清水~富士見高原スキー場(クルマ)小淵沢駅
・講習費 8000円(山岳保険料含む)
 



D、1月30日樹氷と展望の北八ヶ岳の盟主・北横岳(無理なく、雪山体験!)
 北八ヶ岳の盟主・北横岳は2250mの坪庭までロープウェイがかかり、いきなり冷たい空気の雪の大展望台からの歩き出しとなります。一転したシラビソの樹氷の森を抜けて最後の斜面を這い上がれば山頂だけが、南北中央アルプスの歓声の上がる大展望と遮る物のない高山の寒風が吹き抜けます。樹林帯に降り立ち、ホッと一息つき、凍結した美しい七ツ池を訪問します。 歩行3時間半※軽アイゼンとスパッツが必要
・集合 1月30日(水)午前9:10 JR中央線・茅野駅改札口(新宿発7:00立川7:21「スーパーあずさ1号・松本行が便利です。)※連続の方、宿泊先紹介します。
・日程 茅野駅(クルマ)ピラタス(ロープウェイ)坪庭〜北横岳ヒュッテ〜北横岳〜七つ池〜坪庭(ロープウェイ)ピラタス(クルマ)茅野駅 
・講習費 8000円(山岳保険料含む)


E、
2月5日 凍結した青氷の滝と釜の続く冬の渓谷美!西沢渓谷

 初夏のシャクナゲと秋の紅葉で知られる奥秩父の名渓・西沢渓谷は、あの滝も釜も美しい青氷のシャンデリアと化します。吊り橋を渡り西沢に入れば雪の中、見事な氷の芸術が連続します。脇から流れ込む沁み出しも氷柱となり、寒さの中、息を飲む光景が続きます。最後の七つ釜・五段の滝で氷の中の登山は終わります。夏の観光地の思わぬ光景に感動する一日です。 歩行3時間半 ※軽アイゼンとスパッツが必要
・集合 2月5日(火)午前9:00 JR中央線・塩山駅改札口(新宿発7:30立川7:52「あずさ3号・南小谷行き」が便利です)
・日程 塩山駅(クルマ)西沢渓谷入口〜二俣〜大久保滝〜魚留ノ滝〜七ツ釜五段の滝〜展望台〜西沢渓谷入口(クルマ)塩山駅 
・講習費 8000円(山岳保険料含む) 
 

F、2月13日 上州の空っ風に聳える展望の鼻曲山 
 森村誠一の「人間の証明」で知られる碓氷峠から霧積温泉への道。その途中に大きく聳える名前の通りの独特の山容の山・鼻曲山。冬季は晴天が高く乾いた寒さの中に大きく聳える浅間山と谷川岳を筆頭に上信越の雪山の展望が見事です。霧積温泉からブナ、ミズナラの明るい美しい森の中を登り、十六曲峠からブナの純林を抜けて鼻曲峠から山頂まで急な道を一気に登ります。周囲は岩峰、奇峰に囲まれた独特の光景が広がります。 歩行4時間半 ※軽アイゼン、スパッツが必要
・集合 2月13日() 午前6:45 JR中央線・三鷹駅北口
・日程 三鷹駅(クルマ)霧積温泉~十六曲峠~鼻曲峠~鼻曲山~十六曲峠~霧積温泉(クルマ)長野新幹線・軽井沢駅and佐久平駅 
・講習費 8000円
(山岳保険料含む


G、2月14日 浅間山に迫る大迫力!原生林と展望の黒斑山(クロフヤマ)
 浅間山の外輪山の一つ・黒斑山は、噴火シェルターのあるトーミの頭から山頂まで絶えず、手の届きそうな勢いで巨大な山容と山襞の一つ一つまで見られる近さで浅間山を眺められる迫力満点の山です。火山活動が活発な際にはシューシューという噴気の音まで聞こえます。カラマツ林の美しい雪原・車坂峠から佐久盆地を挟んで八ヶ岳、北アルプスが銀屏風となって聳えるのを眺めながらシラビソの樹氷の森の中を360度の展望の山頂に立ちます。 歩行3時間半 ※軽アイゼンとスパッツが必要

・集合 2月14日()午前9:00 JR長野新幹線・佐久平駅改札口(東京駅発7:24「新幹線・あさま603号」が便利)  ※Bと連続の方、佐久平での宿泊先紹介
・日程 佐久平駅(クルマ)車坂峠~トーミの頭~黒斑山~車坂峠(クルマ)東京など
・講習費 8000円(山岳保険料含む)


H、2月19日~20日 奥鬼怒・日光沢温泉から雪の鬼怒沼湿原
 雪に覆われた奥鬼怒温泉。その中の一つ日光沢温泉は古き良き山小屋のままで静かに湯煙を上げています。標高2000mの高層湿原・鬼怒沼は、二月は真っ白い雪原と化し、背後に尾瀬、会津の穏やかな山容の山々が浮かび上がります。振り返れば男体山、女峰山などの峻険な山々が聳え、絶対に他の人々の姿を見ない雪と風の音しかしない僕たちだけの白い世界が広がります。日光沢から鬱蒼とした原生林の間を対岸に青白い氷柱となったオロオソロシの滝を見て、登り続けて鬼怒沼に飛び出した時の解放感は、ここだけの物です。 歩行1日目2時間2日目5時間半 ※軽アイゼンとスパッツが必要 ※日光沢の復旧工事が終了し本当に静かです。
・集合 2月19日()午前7:00  JR中央線・三鷹駅北口
・日程 三鷹駅(クルマ)女夫淵温泉~日光沢温泉()~オロオソロシの滝~鬼怒沼湿原〜オロオソロシの滝~日光沢温泉~女夫淵温泉(クルマ)東京など
・講習費 17000円(山岳保険料含む)


I、2月27日 奥多摩の南端・笹尾根の陽だまりのカヤトと雑木林を歩こう!
 奥多摩・三頭山から高尾山に向けて東京、神奈川、山梨の三県を分けながら伸びる甲武相国境尾根。その真ん中を笹尾根と呼び標高1000m前後を緩やかに上下する雑木林とカヤトと植林が交互に現れる稜線は冬枯れの中、真っ白い富士山と奥多摩、大菩薩の美しい展望と陽だまりの中にあります。今回、西原峠から浅間峠までの歩ける範囲をユックリと歩きます。 歩行5時間半 ※軽アイゼンとスパッツが必要
・集合 2月27日()午前8:26  JR中央線・上野原駅改札口(高尾発8:10 「中央線・普通・甲府行き」が便利です。)
・日程 上野原駅(バス)郷原~西原峠~笹ケタワ峰~丸山~土俵岳~浅間峠~上川乗(バス)武蔵五日市駅 ・講習費 8000円(山岳保険料含む)


J、3月5日~6日 春雪の東京都最高峰・雲取山
 東京都最高峰・唯一の2000m峰・日本百名山・雲取山は、この三月上旬、一年で最も深い雪の中に素晴らしい展望と共にあります。奥多摩湖を背に南面で穏やかな鴨沢からの道を登り、ブナ坂からは明るい広々とした展望の石尾根を雲取山山頂へと登り着きます。一転して北面の鬱蒼とした原生林の深い雪の中を降り炬燵と羽毛布団の暖かい都会の広大な夜景と星空の美しい雲取山荘に一夜を過ごします。翌朝、再び立つ早朝の山頂。富士山、南アルプス、大菩薩、東京湾までの息を飲む展望を飽きるまで楽しみます。小雲取山から美しいカラマツとサワラと広葉樹の尾根・富田新道を雪の森を楽しみながら日原川源流・唐松橋から日原へと下ります。 歩行1日目5時間半2日目5時間半 ※軽アイゼンとスパッツが必要
・集合 3月5日()午前8:38  JR青梅線・奥多摩駅改札口(立川発7:31「青梅線・青梅行き」で青梅乗り換え。青梅発8:05「奥多摩行き」が便利です)
・日程 奥多摩駅(バス)鴨沢~堂所~ブナ坂~雲取山~雲取山荘()~雲取山~サワラ平~唐松橋~日原鍾乳洞(バス)奥多摩駅 
・講習費 17000円
(山岳保険料含む)


参加申込Eメールでの申込も受け付けます。一般的な問い合わせも!)

アドレス・nrh09361@nifty.com 「参加申込書」と同様の内容(書式は問いません)をお送りください。過去に参加経験のある方は氏名と希望コースのみをメールしてください。添付で計画書を送ります。お問い合わせもメール可!

講習会参加申込の方法

 参加申込書に漏れなく記入し〒180−0013東京都武蔵野市西久保1−37−4 山岳ガイド「風の谷」あて お送りください。 FAXでお申し込みされる方は 0422−54−1679 にお送り下さい。申し込まれたプランごとの詳細な計画書をお送りいたします。(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡下さい。)

 なお、講習内容に不安な点や、不明な点のある場合は、毎週月曜日、金曜日の9:00〜17:00の間 рO422−54−1676 にお問い合わせください。講習内容だけでなく「登山相談日」として、あらゆる登山に関する相談、質問に応じています。※ FAXは24時間受け付けています。電話でのお問い合わせは9:00〜17:00の間にお願いいたします。 携帯電話は090−2248−9244(携帯Eメール・tetsujkaze2017@docomo.ne.jp)

★★参加申込書★★(メールでお送りいただく方は、書式に関係なく、箇条書きで同様の内容をお送りください)

※初めて御参加いただく方は遅くとも、6日前程度にはお申込みください。(初回は装備の準備、その他に思わぬ時間のかかる場合があります。)何回も来ていただいている方も、できるだけ、お早めに!

氏名フリガナ

職業

生年月日(西暦)

血液型

住所 〒

電話 

自宅Tel         FAX        携帯

勤務先(・いつでも可・非常時のみ)Tel        FAX

Eメールアドレス

非常時連絡先(基本的に最も親しい親族)氏名          (関係)

特記すべき既往症

体重

初めて参加いただく方は主たる登山経験

講習会参加申込(○をつけてください)

A、、生藤山と三国峠越え  B、高見石から白駒池と天狗岳
C、八ヶ岳南端・大展望の西岳  D、北八ヶ岳・樹氷と展望の北横岳
E、氷結の西沢渓谷  F、上州・鼻曲山  G、浅間山塊・黒斑山
H、奥鬼怒・日光沢温泉から鬼怒沼湿原  I、奥多摩・笹尾根
J、春雪の雲取山          

計画書送付の方法(○をつけてください)

・郵送希望   ・FAX希望  ※Eメールの方には計画書は添付で送り返します。

参加にあたっての要望等、装備のレンタル等

山岳保険加入者は保険会社名と有効期間(一般の保険は記入しないでください)

メッセージ

申込書は全て記入してください(携帯電話お持ちの方、必ず記入してください。非常時の連絡に必要です)。体調不良時の無理な参加はおやめください。

・参加できない状況となった時は至急ご連絡ください。参加前日夕刻以降は携帯電話

090−2248−9244 にご連絡ください。キャンセルは必ずガイド自身に電話の肉声で!eメール、FAXでのキャンセルは受け付けません。

・計画書到着後のキャンセルにはキャンセル料金が発生する場合があります。

・事故に際しては全力で救助にあたりますが、保障については山岳保険の範囲(遭

難捜索費用を保障する内容)の範囲に限らせていただきます。