やまあるき講座

(全くの初心者対象。年齢不問)

Homeへ戻る

――― 実技講習会参加申込みの方へ ―――

 ・実技講習会、参加申込みの方は、登山実施4日前から検温を行い、異常のある場合は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。
 ・家族、同居の方などに「風邪」を疑わせる症状のある方は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。

※このページを見ていただいた方!まずは「風の谷」の机上講習会への参加ををお勧めいたします。
実際の「やまあるき」の雰囲気も判り、実技講習会でお持ちいただきたい装備等も実物を手にお話しできます。ぜひ!

「高尾山に登った。楽しかった」「御岳山に行ってみた。次はどこに行こうかな?」ピクニック、観光から一歩前に。
山靴を初めて履く人の最初の一歩をしるすための登山教室です。主に向かうのは、奥多摩の山々。
大菩薩、奥秩父、北八ヶ岳も大好きな山域です。夏を中心に南北アルプス、八ヶ岳にも向かいます。
近郊の日帰り登山と一泊~二泊程度の山小屋泊まりの登山とを行います。
平日が中心の登山ですので、どうしても年齢は高くなります。ガイドブックのコースタイムの2~3割増し程度のゆっくりペースで歩きます。
冬も軽アイゼン等を使って行ける「雪の山歩き」も行っています。
春のカタクリの咲く奥多摩から夏雲湧く南アルプス、北アルプスの3000mの山々、北欧を思わせる森林高地・北八ヶ岳の樹氷の森の散策までを楽しみます。
最も好きな山は、やはり奥秩父。原生林と渓谷の魅力の重厚な山々こそ「やまあるき」の故郷と思っています。
基本は「全くの初心者」の山歩き。頂上だけでなく、木々や、花、雲の美しさにも足を止める登山教室を目指します。
参加者は一名でも実技講習は行います。定員は8人。アシスタントガイドを配置した状況で13名で定員としています。平均7人前後のパーティーでの山歩きです。

「五月の季節のご挨拶」

 山々は山頂まで新緑が覆い、アカヤシオ、シロヤシオ、アズマシャクナゲ、ミツバツツジが山々に咲き乱れているのに、世界を覆うウィルス禍が「山」にさえも大きな影を落としつつあります。混んだ乗り物を避け、健康管理に注意すれば、山そのものは、清浄な空気と吹き抜ける晩春から初夏の風の中です。鳥の囀りの見事な季節です。

「六月の季節のご挨拶」

 コロナの災禍は登山そのものを壊死させかねない勢いです。完全にはこの困難を克服できない以上、冷静に対処しながら「山」を止めない事が必要です。首を縮めてヒッソリと過ごす間にも山々の緑は濃くなり、下界の混乱をよそに初夏の花が山々を覆いだしています。繁殖期にある鳥の囀りは山に、谷に響き渡っています。梅雨の季節が迫っていますが、瑞々しい山は今、生き生きと輝いています。山に行きましょう!

★机上講習会やってます!「はじめての・やまあるき」入門講座

「やまあるき」をしてみたい。
「高尾山に行ってみて楽しかったけど、人が多くて、もっと静かな山にも登りたい。」「昔、若い頃には山を楽しんだが、体力が心配だし、仲間もいない、道具もずいぶんと進歩したようだし・・・。」
「いつか富士山にも登ってみたい。」「東京にも2000mの山・雲取山があるんですよね?ワタシには無理かな?」。
そんな方のための講習会です。「やまあるき」の始め方、初心者でも、初体験でも登りやすい山の情報の紹介。そして、最低限、準備したい装備や用具の購入の仕方、とにかく「最初の一歩」を踏みだすための講習会です。

★机上講習会のお知らせ!―「今年こそ挑戦!はじめての山歩き」

6月11日机上講習会実施します。
今回から予めの申込制とします。
机上講習会参加希望者は nrh09361@nifty.com 山岳ガイド「風の谷」あてに、「6月机上講習会、参加希望します。氏名、年齢」をお送りください。先着23名の方に「参加してください」の返信メールを送ります。
また、参加者は、当日、検温をおこない平熱を越えている場合、体調不良の場合は、参加を辞退してください。
会場内ではマスク着用をお願いします。

「やまあるき」の装備と用具 「奥多摩」の山を知ろう!

 「やまあるき」を始めたい・・・、どんな靴を履いて、どんなザックを背負って行けば、いいんだろう?そもそも、登山用具って、どこで購入すればいいの?これから「やまあるき」を始める方が、必ず用意すべき最低限の装備と用具について、実物を手に判りやすくお話しします。また、身近で親しみやすい「東京の奥庭」・奥多摩の山々について、どんな山があるのか?その魅力、楽しみ方、独特の危険、四季の様子についてお伝えします。

★実技講習のお知らせ!

5月19日から8月26日の予定です(アルファベット表記の物は現在、募集中のプラン)

                                                

A、5月19日 秩父側の富士遥拝の道・シロヤシオの咲く奥多摩・仙元峠と蕎麦粒山

 東京都と埼玉県を分ける奥多摩・長沢背稜東部の仙元峠は秩父側からの「富士山遥拝の道」でした。また、奥多摩・日原と秩父を結ぶ交易の道でした。北面の峠道は、静かでブナとミズナラの巨樹が林立する原生林のステキな尾根です。延々たる登りを制して、やっとの思いで辿り着いた小さな社のある幽玄な仙元峠に立ちます。真っ白な富士山と対面し、稜線上を一面に埋め尽くすシロヤシオが見事なブナの稜線を登れば奥多摩方面の圧倒的な展望の蕎麦粒山に立ちます。奥多摩でも最も静寂な山頂に古くからの秩父から登り着く好ルート。 歩行7時間半

B、5月20日 滝と、初夏の花に囲まれた大展望の奥秩父の秘峰・南天山

 奥秩父の最奥に位置する荒川支流・中津川の北にある不遇の名峰・南天山。この群馬県・埼玉県境に位置する山々は荒涼とした岩峰が林立し、名前さえなく〇〇mピークと仮称され登山道もない孤高を保っています。唯一、美しく滝を連ねた鎌倉沢の横を渓谷美を楽しみながら到達する南天山だけは、登山道が整備され、滝、ミツバツツジ、シャクナゲを楽しみながらのルートです。原生林の中に飛び出すような岩峰(岩登りの様な危険個所はなし)が山頂のため、飛び出した瞬間に上がる歓声!目の前に十文字峠から甲武信岳、雁坂峠、和名倉山の黒々とした奥秩父北面の大展望が待っています。 歩行3時間半(初心者も無理なく登れます)

C、5月27日 「やまあるき」の為の三つ峠岩登り講習会

 「やまあるき」でも穂高連峰ジャンダルム越えや、前穂高北尾根、北穂高東稜の様に「岩登り」の技術が必要なルートに挑む事もあります。三つ峠訓練は、まさに、それに対応した講習です。富士山を背に200m近い高度差で屹立する三つ峠屏風岩。実際の大きな岩場、岩稜と同様な本格的な岩登りが体験できます。実際の岩場の登下降、パートナーへのビレー、懸垂下降等の基本をシッカリ練習した後に、三つ峠山頂まで、本チャンと同様のマルチピッチの登攀を3ピッチ行い、開運山山頂まで登攀します。この夏、源次郎尾根を目指す方、ぜひ!※基本装備は各自、用意してください。

D、6月2日~3日 千曲川水源から日本百名山・甲武信岳に登り、シャクナゲの海・十文字峠まで原生林の中を歩こう!

 甲(山梨)、武(埼玉)、信(長野)の三県に跨り、千曲川、荒川、笛吹川の水源を持つの日本の分水嶺である甲武信岳。その山頂からは日本百名山の内43座が見える圧倒的な展望が待っています。レタス畑の中を抜けて毛木平から「日本一の長さを持つ川・千曲川」の畔を少しずつ細くなっていく大河の最後を見ながら緩やかに登る苔の道。ダケカンバの根元から沁み出すように流れ出す千曲川最初の一滴を見て、鬱蒼とした原生林の中を甲武信小屋へと向かいます。翌朝、澄んだ空気の中、圧倒的な展望の甲武信岳に立ち、遺伝子保存林として手厚く保護された首都圏最大の原生林の道を辿ります。降り着く十文字峠は見事なシャクナゲの海と苔むしたコメツガの巨樹の森に囲まれた歴史ある峠です。ショッキングピンクのアズマシャクナゲの原を散策して千曲川へと帰り着きます。 歩行1日目4時間半2日目5時間半

E、6月9日 「やまあるき」初体験!御嶽山から大岳山 ※変更しました

 東京の町から西の空を見ると、ひときわ目立つ山頂にとんがり帽子の様な突起を付けた独特の山容の大岳山があります。御岳山からロックガーデン、綾広ノ滝を越る変化に富んだ道は、最後の急斜面を登り、大きく広がる展望の待つ山頂に到着します。雲取山等、奥多摩の山々と大菩薩、富士山の展望に優れた山頂です。下りは北秋川へと安定した道です。 ※全くの初心者でも安心して楽しめます。 歩行4時間半

F、6月16日~17日 シャクナゲと大展望の金峰山から大日岩と小川山 ※変更しました

 奥秩父の西端に王者の風格で聳えたつ金峰山。山頂は森林限界を越えて岩とハイマツの遮る物も無い展望は、南アルプス、八ヶ岳を中心に広大です。廻り目平の岩峰の林立する山水画の様な中を歩きシャクナゲの咲く原生林の中を登り着く森林限界に建つ金峰山小屋。居ながらの大展望と、羽毛布団とマキストーブのステキな小屋に泊まり、金峰山頂から「南アルプスに向かう」様な千代の吹き上げの高山の尾根を歩きます。大日岩の巨大な花崗岩を乗り越え、小川山へ向けて森と岩と展望の道を歩きます。小川山は山腹に無数の岩峰を持つ「フリークライミング発祥の地」ですが、ルートの大部分は見事な原生林の中。廻り目平に降り着きます。1日目3時間半2日目8時間

G、6月23日 アヤメの花畑と富士山、南アルプスの大展望!南ア前衛・櫛形山

 甲府盆地から南アルプスを見上げる時、手前に大きく立ちはだかる「和櫛」の形の櫛形山。重厚な原生林と東洋一と言う一面のアヤメの原が見事です。富士山と南アルプスの大展望もステキです。 登山道が良く全くの初心者も安心! 歩行4時間半

H、6月30日~7月1日 三斗小屋温泉泊で那須連峰・茶臼岳、朝日岳、三本槍ヶ岳

 今も静かに噴煙を上げる火山・那須連峰。その山腹に隠れるようにある歴史ある三斗小屋温泉に宿泊します。ロープウェイで中腹まで上がり遮る物もない大展望の茶臼岳に立ち、色とりどりのツツジに囲まれた峰ノ茶屋からの峠道を湯煙を上げる三斗小屋温泉へと向かいます。翌朝、火山独特の荒涼とした斜面と色とりどりの花の中、隠居倉から連峰最高峰・三本槍ヶ岳に立ち、更に尖った山容の朝日岳の絶頂に登ります。那須連峰の核心部を歩く2日間です。 歩行1日目3時間2日目5時間

I、7月8日 多摩川最初の一滴「水干」からレンゲツツジの笠取山

 東京の川・多摩川!東京湾から138km上流の苔むした岩の間からポタポタと落ちる水源「水干」があります。水源林として保護された明るい森の中を登り、この水干の水で紅茶を入れて、明るい草原の上の笠取山に立ちましょう。笠取山は、今、ツツジを筆頭に花と鳥の声に満ちています。歩行4時間半 全くの初心者も安心です。

★講習会参加申込の方法

参加申込書の内容(箇条書きで可)を nrh09361@nifty.com にメールしてください。(過去に参加経験のある方は氏名と希望コースのみをメールしてください。)メールに添付して計画書、その他、必要な事項をお伝えします。
郵送の方は 〒180-0013東京都武蔵野市西久保1-37-4山岳ガイド「風の谷」 あて 申込書をお送りください。計画書、その他を(郵送、メール希望の方法で)お送りします。
(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡下さい。)

また、講習内容に不安や不明な点のある場合は 携帯090-2248-9244 におかけください。特に月曜日、金曜日は講習内容に関係なく、登山に関する、あらゆる相談にお答えしています。

★★参加申込書★★(メールでお送りいただく方は、書式に関係なく、箇条書きで同様の内容をお送りください)

※初めて御参加いただく方は遅くとも、6日前程度にはお申込みください。(初回は装備の準備、その他に思わぬ時間のかかる場合があります。)何回のも来ていただいている方も、できるだけ、お早めに!

申込書は全て記入してください(携帯電話お持ちの方、必ず記入してください。非常時の連絡に必要です)。体調不良時の無理な参加はおやめください。
・参加できない状況となった時は至急ご連絡ください。参加前日夕刻以降は携帯電話
090-2248-9244 にご連絡ください。キャンセルは必ずガイド自身に電話の肉声で!eメール、FAXでのキャンセルは受け付けません。
・計画書到着後のキャンセルにはキャンセル料金が発生する場合があります。
・事故に際しては全力で救助にあたりますが、保障については山岳保険の範囲(遭難捜索費用を保障する内容)の範囲に限らせていただきます。