やまあるき講座

(全くの初心者対象。年齢不問)

Homeへ戻る

【実技講習会参加申込みの方へ】

 ・実技講習会、参加申込みの方は、登山実施4日前から検温を行い、異常のある場合は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。
 ・家族、同居の方などに「風邪」を疑わせる症状のある方は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。

※このページを見ていただいた方!まずは「風の谷」の机上講習会への参加ををお勧めいたします。
実際の「やまあるき」の雰囲気も判り、実技講習会でお持ちいただきたい装備等も実物を手にお話しできます。ぜひ!

「高尾山に登った。楽しかった」「御岳山に行ってみた。次はどこに行こうかな?」ピクニック、観光から一歩前に。
山靴を初めて履く人の最初の一歩をしるすための登山教室です。主に向かうのは、奥多摩の山々。
大菩薩、奥秩父、北八ヶ岳も大好きな山域です。夏を中心に南北アルプス、八ヶ岳にも向かいます。
近郊の日帰り登山と一泊~二泊程度の山小屋泊まりの登山とを行います。
平日が中心の登山ですので、どうしても年齢は高くなります。ガイドブックのコースタイムの2~3割増し程度のゆっくりペースで歩きます。
冬も軽アイゼン等を使って行ける「雪の山歩き」も行っています。
春のカタクリの咲く奥多摩から夏雲湧く南アルプス、北アルプスの3000mの山々、北欧を思わせる森林高地・北八ヶ岳の樹氷の森の散策までを楽しみます。
最も好きな山は、やはり奥秩父。原生林と渓谷の魅力の重厚な山々こそ「やまあるき」の故郷と思っています。
基本は「全くの初心者」の山歩き。頂上だけでなく、木々や、花、雲の美しさにも足を止める登山教室を目指します。
参加者は一名でも実技講習は行います。定員は8人。アシスタントガイドを配置した状況で13名で定員としています。平均7人前後のパーティーでの山歩きです。

「一月、二月の季節のご挨拶」

 冬が、雪がやって来ました。東京近郊の山でさえ、都心に冷たい雨が降った翌日、白く雪化粧をしています。高い山は、夏には考えられない様な静寂が、人の声に代わって霧氷の森を吹き抜ける風の音となって聞こえてきます。真っ白な、誰も踏んでいない雪の面に自分たちの一筋のトレースを付ける嬉しさは、この時期だけの物です。

「二月、三月の季節のご挨拶」

 早春は、奥多摩、丹沢、大菩薩、奥秩父に最も安定的な雪が美しく積もる季節です。冬型が緩み、太平洋岸を低気圧が足早に通り過ぎる・・・乾いた砂埃の稜線に雪が積もり、来るべき春の潤いを創り出します。奥多摩の山麓の梅が咲き誇る頃、まだ東京都最高峰・雲取山は深い雪の中です。やっと、近郊の山が輝く早春がやって来ました。

★机上講習会のお知らせ!―「はじめての・やまあるき」入門講座

「やまあるき」の始め方 ※申込み制です。申込み受付2月25日~

 「やまあるき」を、やってみたい。「高尾山と御岳山はケーブルを使って登ってみたけれど、また、ぜひ、山に行ってみたい。」そんな方が最初の一歩を踏み出す講習会です。テーマは「やまあるき の始め方」。これから「やまあるき」を始める方、昔、登山はしていいても、ずっと山に行っていない方が、もう一度、始めるための講習会です。併せて「東京近郊の初心者も楽しめる山」も紹介します。また、最低限、準備してほしい装備についてもお話しします。
※マスク着用

★実技講習のお知らせ!

1月19日から4月14日の予定です(アルファベット表記の物は現在、募集中のプラン)

                                                

A、1月19日(山麓泊)~20日 美濃戸・八ヶ岳山荘から登る雪の硫黄岳

※宿泊の八ヶ岳山荘については、「風の谷」貸切としました。安心して宿泊可能です。
 「岩と雪」の南八ヶ岳の中で最も穏やかな山容で登り易い硫黄岳。ややタイトな日程ですが、美濃戸口の八ヶ岳山荘に前泊し、実質、日帰りで山頂を目指します。暖かく、豪華な食事で有名な八ヶ岳山荘を早朝に歩きだし、、見上げる阿弥陀岳の屹立した山容を見上げながら車道を美濃戸へと向かい、柳川北沢沿いの渓谷沿いを進めば、突然、大きく開ける八ヶ岳西壁の威容が広がります。八ヶ岳登山の拠点として知られる赤岳鉱泉からシラビソの見事な樹氷の森を、木々の間に広がる赤岳から横岳の雄大な姿を見ながら立つ赤岩ノ頭。強い風と凍てついた斜面、「エビのシッポ」の張りつめた岩。そして背後に一歩登る毎に広がる南北中央アルプスの見事な銀屏風。凍てつく氷雪の360度の圧倒的な展望の広々とした硫黄岳の巨大なケルンの前に立ちましょう!南は編笠山から北は蓼科山まで一本の真っ白い尾根が硫黄岳から続いている事に大きな感動があります。歩行1日目0時間2日目9時間(美濃戸までクルマで入山できれば7時間) ※滑落などの危険性は極めて少ないです。風、寒さが一番の困難です。※アイゼン+ピッケルが心強いです。ピッケル等はレンタル可能です。

B、1月26日 冬枯れの浅間尾根と浅間嶺

 甲州古道が通り、檜原村の背骨の様に秋川を南北に分け標高1000m前後を緩やかに上下する浅間尾根。かつての交通の要衝だった尾根道は随所に馬頭観音があり、カヤトの跡と炭焼き窯の残る古き良き明るい尾根です。北には大岳山、御前山、三頭山の奥多摩三山が手の届く様な近さで、南には笹尾根や御坂山塊の上に頭だけ出した真っ白い富士山が眺められます。浅間嶺展望台からは、長閑な秋川上流の山々の展望が見事です。※危険個所もなく、全くの初心者でも楽しめます。 歩行4時間半 ※チェーンスパイクor軽アイゼン、スパッツを準備してください。

C、2月2日~3日 八ヶ岳・横岳に野辺山・杣添尾根からテント泊で登頂しよう!

 八ヶ岳の中核に小岩峰を林立させながら横に長く伸びる横岳。最高峰・奥ノ院をめざし野辺山の海ノ口から杣添尾根を登ります。登山口から森の美しい広々とした尾根を登り詰め、奥秩父と佐久盆地の夜景の美しい2200m付近にテントを設営します。翌朝、まばらになる樹林の中、真っ白な美しい雪のヤセ尾根を登り詰め、飛び出す三叉峰。いきなり吹き付ける強烈な西風の岩稜を辿る事、僅か、氷雪の中に浮かぶ孤島の様な横岳奥ノ院に立ちましょう!今まで見えていなかった南北アルプスを含めた圧倒的な展望が待っています。 ※アイゼンとピッケルが必要です。お持ちの方はワカンをお持ちください。 ※詳細は御問い合わせください。シュラフについては羽毛量700g前後の物をレンタル可能。若干の共同装備をお持ちください。

D、2月9日 北八ヶ岳の盟主・樹氷の森と大展望の北横岳 ※雪の山初体験向き

 ロープウェイがかかり雪の高山にいきなり到着する北横岳。雪原となった溶岩台地は既に大展望の中です。見事な石膏細工の様な密集した樹氷の森を抜けて稜線に出て、急峻な森の中を登り詰めれば、突然、森林限界を迎え、吹き付ける西風と共に、南北アルプス、八ヶ岳の圧倒的な展望の中に放り出されます。樹氷となった灌木、岩に張り付いたエビのシッポを見ながら、南峰、最高峰の北峰と登頂します。樹林の中に入り、ホッとして七ツ池の明るい広がり、三ツ岳Ⅰ峰の岩峰と無理なく本格的な雪山気分を体験します。 ※軽アイゼンでもアイゼンでもけっこうです。 歩行3時間半

E、2月10日 南アルプス北端!諏訪湖の上の「日本百名山が沢山見える」守屋山

 南アルプスが入笠山等の山を連ねて諏訪湖に没する最後の高まりに守屋山はあります。諏訪盆地に岬の様に突き出す東西の二つの山頂は、その位置から正面に八ヶ岳、南に高まり行く南アルプス、西に中央アルプスと御嶽山、北に北アルプスと、たくさんの日本百名山が見られる大展望台!昔は放牧地だった草原の山頂は遮る物もない展望の地です。アカエ沢源頭の湿原地帯、明るいカラマツ林の登り、大きなブナの木も見事です。※軽アイゼンorチェーンスパイク、スパッツが必要 歩行4時間

F、2月16日(ペンション前泊)~17日 静寂の雪の上高地を歩こう!

 国道で固く扉を閉ざし釜トンネルから歩く以外の方法の無い冬の上高地。深い雪と霧氷の付いた木々、氷の浮かぶ大正池があります。大正池の角を回った時、思わず歓声の上がる銀屏風となって屹立する穂高連峰の圧倒的な姿!噴煙を上げる焼岳、西穂高から、ジャンダルムを従えた奥穂高、前穂高から明神まで、見事です。田代橋で梓川を渡り、河童橋を周り、岳沢苑池の雪の湿原を歩きます。雪の中でも、晴天の展望の中でも、それぞれの味のある雪の上高地です。※軽アイゼン、スパッツが必要です。 歩行4時間半 ※初日、沢渡温泉のペンション「シルフレイ」に宿泊し上高地は送迎していただきます!

G、2月24日 春雪のハナド岩と三ッドッケ

 東京都と埼玉県を分ける県境尾根に遠くからも判る小さなピークが並ぶ三ッドッケ。日原横スズ尾根が派生する山です。山頂は南側が大きく開け、三角錐の鷹ノ巣山の横に真っ白な富士山が見事です。今回、日原鍾乳洞奥の小川谷・カロー橋から美しい自然林の続く仕事道の走るハンギョウ尾根から稜線に出て、地形図には岩記号もない小川谷の素晴らしい展望台・ハナド岩に立ちます。 ※歩行5時間半 ※軽アイゼンとスパッツが必要です。 ※積雪が多い場合はルートを変更する可能性あり。

H、3月2日~3日 春雪の北八ヶ岳彷徨!高見石から中山、ニュウ、白駒池

 北欧を思わせる森林高地・北八ヶ岳は今、最も深い雪の中です。林立する樹氷の森、キラキラと輝くダケカンバの霧氷。そして幸運にも晴天に恵まれれば銀屏風の様な南北、中央アルプスが見事です。雪の中でも静かにエントツから煙を上げる高見石小屋を拠点に南アルプスの見える丸山、大展望の中山、孤高の岩峰・ニュウ、そして真っ白く凍結した白駒ノ池から秘密の「オコジョのコツ」で槍・穂高と対面し、高見石へと周回する文字通りの北八ッ彷徨の二日間です。 歩行1日目3時間2日目6時間 ※軽アイゼンorアイゼンとスパッツが必要です。お持ちの方はワカンもぜひ。

I、3月9日 静寂の大菩薩嶺と大菩薩峠

 多くの登山者が訪れた大菩薩も車道の冬季閉鎖と共に深い静寂が支配します。夏にはクルマで通過する千石茶屋からの旧道を背後に広がる甲府盆地の展望を楽しみながら美しいブナの森を辿ります。福チャン荘から登る唐松尾根は登る毎に富士山、南アルプスが大きくなり見事な展望の中、雷岩に立ち原生林の大菩薩嶺に立ちます。大菩薩峠への広々とした稜線は「富士山に向かって歩く」様な明るく美しい最高の稜線です。雪の大菩薩を満喫します。歩行6時間 ※軽アイゼンとスパッツが必要

J、3月16日~17日 大展望と夜景の雪の雲取山

 東京都最高峰・雲取山は一年で最も深い雪の中にあります。冷えて澄んだ大気の中一年で一番素晴らしい展望を静寂の中に独り占めできます。鴨沢から背中に春の陽射しを感じながらブナ坂に立ち富士山、南アルプスの展望を楽しみながら雲取山に登ります。一転して暗く深い雪の中を暖かい雲取山荘に宿泊します。金粉を捲いた様な様な都会の夜景と満天の星を楽しみ翌朝、再び山頂に立てば銀屏風の南アルプスと光る東京湾がステキです。広々とした尾根を七つ石山に立ち、千本ツツジから明るい峰谷に降ります。歩行1日目5時間半2日目5時間 ※軽アイゼンとスパッツが必要

K、3月23日 大菩薩北端の展望の名山!黒川山と鶏冠山

 大菩薩の北端に、一見、独立峰の様にある黒川山と鶏冠山。柳沢峠から丸川峠へと向かう水源歩道は手厚く保護された原生林でミズナラ、ブナの見事な森です。六本木峠で大きく北に向かい、横尾峠から明るい南面をトラバースし、黒川山に向かいます。三角点から離れて、そこだけ露出した黒川山展望台からは思わず歓声の上がる見事な展望が待っています。塩山から見るのとは別の山の様な三角錐の大菩薩嶺、銀屏風の南アルプス、そして北に奥秩父核心部が黒々とした龍のように横たわります(奥秩父全体を見渡せる実は、唯一、最高の展望台)。さらに、一転して暗い岩場の道を神秘的な鶏冠山に立ちます。 歩行4時間半 ※軽アイゼンとスパッツが必要

★講習会参加申込の方法

参加申込書の内容(箇条書きで可)を nrh09361@nifty.com にメールしてください。(過去に参加経験のある方は氏名と希望コースのみをメールしてください。)メールに添付して計画書、その他、必要な事項をお伝えします。
郵送の方は 〒180-0013東京都武蔵野市西久保1-37-4山岳ガイド「風の谷」 あて 申込書をお送りください。計画書、その他を(郵送、メール希望の方法で)お送りします。
(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡下さい。)

また、講習内容に不安や不明な点のある場合は 携帯090-2248-9244 におかけください。特に月曜日、金曜日は講習内容に関係なく、登山に関する、あらゆる相談にお答えしています。

★★参加申込書★★(メールでお送りいただく方は、書式に関係なく、箇条書きで同様の内容をお送りください)

※初めて御参加いただく方は遅くとも、6日前程度にはお申込みください。(初回は装備の準備、その他に思わぬ時間のかかる場合があります。)何回のも来ていただいている方も、できるだけ、お早めに!

申込書は全て記入してください(携帯電話お持ちの方、必ず記入してください。非常時の連絡に必要です)。体調不良時の無理な参加はおやめください。
・参加できない状況となった時は至急ご連絡ください。参加前日夕刻以降は携帯電話090-2248-9244 にご連絡ください。キャンセルは必ずガイド自身に電話の肉声で!メールでのキャンセルは受け付けません。
・計画書到着後のキャンセルにはキャンセル料金が発生する場合があります。
・事故に際しては全力で救助にあたりますが、保障については山岳保険の範囲(遭難捜索費用を保障する内容)の範囲に限らせていただきます。