やまあるき講座(全くの初心者対象。年齢不問)

※このページを見ていただいた方!まずは「風の谷」の机上講習会への参加ををお勧めいたします。実際の「やまあるき」の雰囲気も判り、実技講習会でお持ちいただきたい装備等も実物を手にお話しできます。ぜひ!

Homeへ戻る

 「高尾山に登った。楽しかった」「御岳山に行ってみた。次はどこに行こうかな?」ピクニック、観光から一歩前に。山靴を初めて履く人の最初の一歩をしるすための登山教室です。主に向かうのは、奥多摩の山々。大菩薩、奥秩父、北八ヶ岳も大好きな山域です。夏を中心に南北アルプス、八ヶ岳にも向かいます。近郊の日帰り登山と一泊〜二泊程度の山小屋泊まりの登山とを行います。平日が中心の登山ですので、どうしても年齢は高くなります。ガイドブックのコースタイムの2〜3割増し程度のゆっくりペースで歩きます。冬も軽アイゼン等を使って行ける「雪の山歩き」も行っています。春のカタクリの咲く奥多摩から夏雲湧く南アルプス、北アルプスの3000mの山々、北欧を思わせる森林高地・北八ヶ岳の樹氷の森の散策までを楽しみます。最も好きな山は、やはり奥秩父。原生林と渓谷の魅力の重厚な山々こそ「やまあるき」の故郷と思っています。基本は「全くの初心者」の山歩き。頂上だけでなく、木々や、花、雲の美しさにも足を止める登山教室を目指します。参加者は一名でも実技講習は行います。定員は8人。アシスタントガイドを配置した状況で13名で定員としています。平均7人前後のパーティーでの山歩きです。

 机上上講習会のお知らせ!「今年こそ挑戦!はじめての山歩き」 新規開始! 「山歩きをしてみたいけど、何から始めて良いか判らない」「学生時代は登山をしてたけど、あれからずっと登ってない。装備や用具も昔とは違うんだろうな。」高尾山に行ったら楽しかった。次はどこに、行こうかな?・・・そんな方のための「はじめての山・・」を始めるための講習です。

机上講習会やってます!「はじめての・やまあるき」入門講座 
 「やまあるき」をしてみたい。「高尾山に行ってみて楽しかったけど、人が多くて、もっと静かな山にも登りたい。」「昔、若い頃には山を楽しんだが、体力が心配だし、仲間もいない、道具もずいぶんと進歩したようだし・・・。」「いつか富士山にも登ってみたい。」「東京にも2000mの山・雲取山があるんですよね?ワタシには無理かな?」そんな方のための講習会です。「やまあるき」の始め方、初心者でも、初体験でも登りやすい山の情報の紹介。そして、最低限、準備したい装備や用具の購入の仕方、とにかく「最初の一歩」を踏みだすための講習会です。 テーマは「やまあるき」の始め方。「東京の近郊にはどんな山があるか?」です。 

机上講習会 「今年こそ始めよう!やまあるき」 「やまあるき」を始めたい!まずは、自宅の西の窓から見える山々に一つ一つ足跡を記してみたい。でも、どうやって行くのかな?誰と?何も道具は持っていないけれど大丈夫かな?東京近郊なら高尾山には行った事があるはず。その次の一歩はどう踏みだすか?そのための講習会です。テーマは「「やまあるき」の始め方」。初心者でも行ける山を見つけて、最低限の道具を揃えて、山に向かう準備のお話です。併せて 「東京近郊には、どんな山があるのか?」奥多摩、丹沢、大菩薩等の日帰りで初心者も歩ける山を紹介します。まずは、来てみてください。  ・期日 3月22日(木)午後2:00〜(1:30開場)講座開始までNHKBS「雲取山」「甲武信岳」を放映します。途中入室、退出可 ・場所 武蔵野公会堂第一会議室(吉祥寺駅南口下車徒歩3分) 講習費無料 申込不要(直接、会場に来てください)

 実技講習のお知らせ!             
(二月の季節の挨拶)東京近郊の山が最も雪が深くなり、冬らしい様相となるのは二月から三月。そう今なのです。慣れ親しんできた山が美しく雪化粧して、違った趣を見せてくれます。雪の東京都最高峰、周囲を有名山岳で囲まれた明るい展望の山、ブナの巨樹が豪雪の中に林立する信越国境の美しい山・・・。雪が何故か暖かく感じる白い山の広がりです。

(三月の季節のご挨拶)まだまだ山の雪はタップリとあり、ときおり雪が新たに積もる日があっても、間違いなく、季節の時計は確実に進みます。?に突き刺さる風は吹かなくなりました。日照時間は長くなり、周期的に暖かい陽差しが射し込みます。眩しい雪面と、春雪の山が待っています。そして、奥多摩の里山からカタクリなどの春の花の報せも届きます。

     月14日〜5月30日までの予定です(アルファベット表記の物は現在、募集中のプラン)31

  
A、2月14日 展望の茅ヶ岳
  B、2月20日〜21日 雪の雲取山と石尾根
  C、2月27日 雪の入笠山から釜無山スノーシューorワカンハイク
  D、2月28日 北八ヶ岳の樹氷と展望の山・北横岳
  E、3月7日(前夜6日・飯山前泊)信越トレール・鍋倉山登頂と巨大ブナ・森太郎捜し

  F、3月13日 雪の奥多摩・三頭山
  G、3月20日 雪の大菩薩北端・黒川山と鶏冠山
  H、3月27日〜28日 春雪の北八ヶ岳・高見石からニュウ、白駒池
  I、4月3日 高水三山
  ★4月10日〜11日 春雪の西穂高丸山
  ★4月17日 奥多摩・生藤山と三国峠越え
  ★4月18日 浅間尾根と浅間嶺
  ★4月24日〜25日 展望の丹沢主脈縦走
  ★5月8日 アカヤシオ咲く両神山
  ★5月15日〜16日 飛龍山に雲取山から登ろう!
  ★5月23日 奥多摩の名山・川苔山
  ★5月29日〜30日 シャクナゲの奥秩父の秘峰・和名倉山

A、
 2月14日 奥秩父前衛・深田久弥終焉の地・茅ヶ岳
 「日本百名山」の著者・深田久弥が病没した茅ヶ岳。奥秩父・金峰山から続く独特の位置は、八ヶ岳、南アルプスを見上げ、奥秩父主脈を振り返る素晴らしい展望の山にしています。韮崎付近から見るキツネ色の明るい山の色合いと、山麓のカラマツ林の広がりは茅ヶ岳だけの物です。背後に富士山、大菩薩、南アルプス北部の山々、左手に八ヶ岳を眺めながら辿っていけば、明るい広々とした山頂に飛び出します。山頂に着いて初めて眺めることのできる奥秩父の重厚な山々が印象的です。冬の日溜まりと展望の茅ヶ岳です。 歩行4時間 ※軽アイゼンとスパッツが必要です。
・集合 2月14日(水)午前8:40 JR中央線・韮崎駅改札口(新宿駅発7:00立川7:22「スーパーあずさ1号・松本行き」が便利です)
・日程 韮崎駅(クルマ)深田公園〜女岩〜茅ヶ岳〜南西尾根〜深田公園(クルマ)韮崎駅
・講習費 8000円(山岳保険料含む)

 

B、2月20日〜21日 雪の東京都最高峰・雲取山と石尾根縦走
 東京の西の端に唯一の2000m峰として、東京の持つ「日本百名山」として大きな山容で聳える雲取山。二月末は、この雲取山が最も深い積雪に覆われる時期です。登り口は奥多摩湖畔の明るい鴨沢。背中の陽差しが暖かい緩やかな傾斜の道は距離は長いものの、確実に頂上へと僕たちを導いてくれます。ブナ坂で石尾根を辿る頃から、亜高山の雰囲気が出てきます。大きく広がる展望。キラキラと光る雪面。小雲取山からの最後の登りを制して立つ山頂は広大な展望の中です。一気に深くなる積雪を蹴散らして炬燵と羽毛布団が暖かく、東京の夜景の素晴らしい雲取山荘に泊まります。翌朝、再び山頂に登り返し、富士山、南アルプス、大菩薩の絶景をユックリと堪能して、長々と伸びる「石尾根」に向かいます。七ツ石山、鷹ノ巣山、六つ石山・・・最後まで歩けば奥多摩駅です。雪の量、みんなの体調を見ながら、できるだけ・・辿れるだけ歩きましょう! 歩行1日目5時間半2日目(奥多摩駅まで歩いた場合)7時間半 ※軽アイゼンとスパッツが必要です。雲取山荘は暖かで快適です。・集合 2月20日(火)午前8:40 JR青梅線・奥多摩駅改札口(立川発7:31「青梅線・青梅行き」で青梅乗り換え。青梅発8:04「奥多摩行き」が便利)
・日程 奥多摩駅(バス)鴨沢〜堂所〜ブナ坂〜雲取山〜雲取山荘(泊)〜雲取山〜七つ石山〜鷹ノ巣山〜六つ石山〜奥多摩駅 
・講習費 17000円(山岳保険料含む)


C、2月27日 大展望の南アルプス北端の穏やかな山・入笠山から釜無山
 南アルプスが北に向けて少しずつ標高を下げて2000mを下回る場所に、かつては広大な牛の放牧地として知られた入笠山があります。富士見スキー場のゴンドラを利用すれば入笠山直下に到達します。マナスル山荘から登り着く入笠山は南北中央アルプスの文字どおりの大展望台。たっぷりと寒くなるまで眺めたら大河原湿原から穏やかな山容の釜無山に向かいます。カラマツに覆われた広い尾根にトレースを刻み、静寂の中の釜無山に立ちましょう。 歩行4時間 ※軽アイゼンが必要
・集合 2月27日(火)午前9:00 JR中央線・小淵沢駅改札口(新宿駅発7:00立川7:22「スーパーあずさ1号・松本行き」が便利です)
小淵沢駅(クルマ)富士見スキー場(ゴンドラ)山頂駅〜入笠湿原〜入笠山〜大河原湿原〜釜無山〜大河原湿原〜山頂駅(ゴンドラ)スキー場(クルマ)小淵沢駅or東京など
・講習費 8000円(山岳保険料含む)※翌日と連続参加のかた、宿泊先、紹介します。

D、2月28日 樹氷の森と展望の北横岳
 北八ヶ岳の盟主・北横岳は2450mの坪庭までロープウェイがかかり、いきなり白銀の世界に運ばれた箇所から雪山登山が始まります。白い雪原と化した坪庭から背後の南北アルプスの展望を楽しみ、樹氷の森と化したシラビソの森は「オトギの国」です。山頂付近だけが森林限界を越えた冷たい風の吹き抜ける北横岳は360度の素晴らしい眺めが待っています。帰りに凍結した七つ池も訪問! 歩行4時間 ※軽アイゼンとスパッツが必要。雪の「やまあるき」初体験向き!
・集合 2月28日(水)午前9:10 JR中央線・茅野駅改札口(新宿駅発7:00八王子7:29「スーパーあずさ1号・松本行き」が便利です)
   日程 茅野駅(クルマ)ピラタス(ロープウェイ)坪庭〜北横岳〜七つ池〜三つ岳付近〜坪庭(ロープウェイ)ピラタス(クルマ)茅野駅or東京など
 ・講習費 8000円(山岳保険料含む)
※前日と連続参加のかた、宿泊先紹介します。


E、3月7日(前夜泊)全山シロブナの巨樹に埋めつくされた鍋倉山と森太郎
 長野(信)と新潟(越)を分けながら大きく横たわる信越トレール。その最高峰・・と言っても1289mの穏やかな山容の山が鍋倉山です。「日本昔話」に出てきそうな雪の山里の上の穏やかな山です。この鍋倉山は全山を真っ白なブナで埋めつくされています。何故か、木肌に付く苔が無く、白い幹が豪雪の中に生える独特の光景が見事です。太古からのブナの森は巨樹も多く、とりわけ登りに採る「巨木の森」は一抱えも二抱えもあるシロブナの森です。「森太郎」「森姫」は、その中の最大の物です。初めて見た時は、その大きさに驚かされました。ブナの森を抜けて立つ穏やかな山頂からは日本海と北信の雄大な眺めが待っています。下りは西のコルから西ノ沢を下降します。ワカンorスノーシュー(無料レンタル)で歩きます。歩行4時間半  
・集合 3月7日(水)午前6:30 JR新幹線・飯山駅改札口(飯山駅へは東京から新幹線で1:51。駅周辺のビジネスホテルへの宿泊をお勧めします)

・日程 飯山駅(クルマ)温井〜田茂木池〜巨木の森(森太郎捜し)〜鍋倉山〜西のコル〜中ノ沢〜温井(クルマ)飯山駅or東京など
・講習費10000円(山岳保険料含む)


F、3月13日 春雪の奥多摩主脈の王者・三頭山
 新緑、紅葉の季節には多くの登山者が訪れる三頭山は、今、春雪の季節で静寂の中にあります。葉を落とし見通しの良くなった山肌、秋川上流の山から雲取山、飛龍山の優れた展望があります。都民の森を歩きだし、鞘口峠からの奥多摩最大のブナの森を登れば、山頂からは広大な展望が見られます。降りに取る三頭ノ大滝は、部分的に凍結し、見事な氷の芸術を見せてくれます。 軽アイゼンが必要 歩行3時間
・集合 3月13日(火)午前7:40 JR五日市線・武蔵五日市駅改札口(立川発7:02「武蔵五日市行き」が便利です。)
・日程 武蔵五日市駅(クルマ)都民の森〜鞘口峠〜三頭山東峰〜三頭山中央峰〜西峰〜ムシカリ峠〜三頭ノ大滝〜都民の森(クルマ)武蔵五日市駅
・講習費 8000円(山岳保険料含む)


G、3月20日 大菩薩北端の静寂の山・黒川山、鶏冠山
 大菩薩北端に多摩川上流に岬のように突き出した大展望の山・黒川山があります。そこから僅かで到達する岩峰に囲まれた鶏冠山。その山中に武田家の財源を支えてきた黒川金山の廃鉱を抱え、「オイラン淵」を初めとした戦国時代の様々な歴史の舞台となった山です。青梅街道の最高点・柳沢峠から「水源の森」として手厚く保護された明るいミズナラの原生林の中を歩き、登り着く黒川山からは奥秩父主脈が黒々と東西に横たわる姿と南アルプス、富士山の素晴らしい展望が得られます。一転して雪の残る斜面を登れば周囲を岩峰に囲まれた厳しい表情の鶏冠山に立ちます。絶対に他の登山者に会わない静寂の山です。 軽アイゼンが必要です。 歩行4時間半
・集合 3月20日(火)午前9:00 JR中央線・塩山駅改札口(新宿駅発7:30立川7:52「特急あずさ3号・南小谷行き」が便利です)
・日程 塩山駅(クルマ)柳沢峠〜水源展望台〜六本木峠〜横手山峠〜黒川山〜鶏冠山〜六本木峠〜柳沢峠(クルマ)塩山駅 
・講習費8000円(山岳保険料含む)



H、3月27日〜28日 春雪の北八ヶ岳・高見石からニュウ、白駒池
 北欧を思わせる森林高地の樹海と点在する凍結した小さな湖が独特の世界を創り出す北八ヶ岳。「白駒池の展望台」として知られる高見石から主稜線から離れた展望の岩峰・ニュウ、大きな中山と南北アルプスの展望台を巡る北八ヶ岳彷徨の二日間です。拠点はマキストーブと炬燵と羽毛布団の暖かい古き良き山小屋・高見石小屋です。春雪が溶岩台地を埋めつくし大雪原をアチコチに出現させ、最後の樹氷の森が見事です。森と湖の北八ヶ岳を自由に歩き回ります。 歩行1日目2時間半2日目5時間半 軽アイゼンが必要です。※基本的に森の中です。危険個所はありません。
・集合 3月27日(火)午前9:10 JR中央線・茅野駅改札口(新宿駅発7:00立川7:21「スーパーあずさ1号・松本行き」が便利です)
・日程 茅野駅(クルマ)渋ノ湯〜高見石(泊)〜中山〜ニュウ〜白駒池〜高見石〜渋ノ湯(クルマ)茅野駅 
・講習費 17000円(山岳保険料含む)


I、4月3日 「やまあるき」初体験!奥多摩に春が来た!高水三山 
 雲取山から東京都と埼玉県を分けながら延々と伸びてきた尾根が青梅丘陵で「山の形」を失う最後の高まり・高水三山。奥多摩入り口の標高700m前後の三つの山が並ぶ楽しい山です。古刹・常福院のある高水山、最高峰で明るい雑木林に囲まれて展望の岩茸石山、神社があり鬱蒼とした森の中の惣岳山。小粒ながら一つ一つの個性ある山を時間をかけてユックリと歩きます。すぐ下まで山里の長閑な広がりが見えて、奥多摩に春が来たことを全身で感じながらの一日です。まだ、緑は浅くてもキブシ、ダンコウバイ等の控えめな花が顔を出し、いち早く春の訪れを教えてくれる展望の楽しい山で「やまあるき」の楽しさを知ってください。歩行時間も短く「やまあるき」初体験に向いています。 歩行3時間45分
・集合 4月3日(火)午前8:15 JR青梅線・軍畑駅改札口(立川発7:31「青梅行き」で青梅乗り換え。青梅発8:04発「奥多摩行き」が便利です)
・日程 軍畑駅〜平溝〜高水山〜岩茸石山〜惣岳山〜御獄駅
・講習費 8000円(山岳保険料含む)

 

参加申込Eメールでの申込も受け付けます。一般的な問い合わせも!)

アドレス・nrh09361@nifty.com 「参加申込書」と同様の内容(書式は問いません)をお送りください。過去に参加経験のある方は氏名と希望コースのみをメールしてください。添付で計画書を送ります。お問い合わせもメール可!

講習会参加申込の方法

 参加申込書に漏れなく記入し〒180−0013東京都武蔵野市西久保1−37−4 山岳ガイド「風の谷」あて お送りください。 FAXでお申し込みされる方は 0422−54−1679 にお送り下さい。申し込まれたプランごとの詳細な計画書をお送りいたします。(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡下さい。)

 なお、講習内容に不安な点や、不明な点のある場合は、毎週月曜日、金曜日の9:00〜17:00の間 рO422−54−1676 にお問い合わせください。講習内容だけでなく「登山相談日」として、あらゆる登山に関する相談、質問に応じています。※ FAXは24時間受け付けています。電話でのお問い合わせは9:00〜17:00の間にお願いいたします。 携帯電話は090−2248−9244(携帯Eメール・tetsujkaze2017@docomo.ne.jp)

★★参加申込書★★(メールでお送りいただく方は、書式に関係なく、箇条書きで同様の内容をお送りください)

※初めて御参加いただく方は遅くとも、6日前程度にはお申込みください。(初回は装備の準備、その他に思わぬ時間のかかる場合があります。)何回も来ていただいている方も、できるだけ、お早めに!

氏名フリガナ

職業

生年月日(西暦)

血液型

住所 〒

電話 

自宅Tel         FAX        携帯

勤務先(・いつでも可・非常時のみ)Tel        FAX

Eメールアドレス

非常時連絡先(基本的に最も親しい親族)氏名          (関係)

特記すべき既往症

体重

初めて参加いただく方は主たる登山経験

講習会参加申込(○をつけてください)

A、茅ヶ岳   B、雲取山から石尾根縦走  C、入笠山から釜無山  D、北横岳  
E、鍋倉山と森太郎捜し  F、春雪の三頭山  G、大菩薩北端・黒川山と鶏冠山
H、北八ヶ岳・高見石から中山、ニュウ、白駒池  I、高水三山              

計画書送付の方法(○をつけてください)

・郵送希望   ・FAX希望  ※Eメールの方には計画書は添付で送り返します。

参加にあたっての要望等、装備のレンタル等

山岳保険加入者は保険会社名と有効期間(一般の保険は記入しないでください)

メッセージ

申込書は全て記入してください(携帯電話お持ちの方、必ず記入してください。非常時の連絡に必要です)。体調不良時の無理な参加はおやめください。

・参加できない状況となった時は至急ご連絡ください。参加前日夕刻以降は携帯電話

090−2248−9244 にご連絡ください。キャンセルは必ずガイド自身に電話の肉声で!eメール、FAXでのキャンセルは受け付けません。

・計画書到着後のキャンセルにはキャンセル料金が発生する場合があります。

・事故に際しては全力で救助にあたりますが、保障については山岳保険の範囲(遭

難捜索費用を保障する内容)の範囲に限らせていただきます。