やまあるき講座

(全くの初心者対象。年齢不問)

Homeへ戻る

【実技講習会参加申込みの方へ】

 ・実技講習会、参加申込みの方は、登山実施4日前から検温を行い、異常のある場合は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。
 ・家族、同居の方などに「風邪」を疑わせる症状のある方は、参加辞退を前提に必ず、お申し出ください。

【 宿泊を伴う山行に参加される方へ 】

 宿泊を伴う山行に参加される方に「風の谷」ではマツモトキヨシのコロナ抗体検査キット(3780円)、抗原検査キット(3980円)によるコロナ陽性検査を推奨しています(「推奨」で義務ではありません)。薬局店頭で購入でき、自宅で誰にも知られずに結果を知る事ができます。現在マツキヨが最も安価、手軽です。また、集合時に参加者全員の血中酸素飽和度(SPO2)をパルスオキシメーターにより測定します(こちらは山行参加の条件です)。ご協力ください。

※このページを見ていただいた方!まずは「風の谷」の机上講習会への参加ををお勧めいたします。
実際の「やまあるき」の雰囲気も判り、実技講習会でお持ちいただきたい装備等も実物を手にお話しできます。ぜひ!

「高尾山に登った。楽しかった」「御岳山に行ってみた。次はどこに行こうかな?」ピクニック、観光から一歩前に。
山靴を初めて履く人の最初の一歩をしるすための登山教室です。主に向かうのは、奥多摩の山々。
大菩薩、奥秩父、北八ヶ岳も大好きな山域です。夏を中心に南北アルプス、八ヶ岳にも向かいます。
近郊の日帰り登山と一泊~二泊程度の山小屋泊まりの登山とを行います。
平日が中心の登山ですので、どうしても年齢は高くなります。ガイドブックのコースタイムの2~3割増し程度のゆっくりペースで歩きます。
冬も軽アイゼン等を使って行ける「雪の山歩き」も行っています。
春のカタクリの咲く奥多摩から夏雲湧く南アルプス、北アルプスの3000mの山々、北欧を思わせる森林高地・北八ヶ岳の樹氷の森の散策までを楽しみます。
最も好きな山は、やはり奥秩父。原生林と渓谷の魅力の重厚な山々こそ「やまあるき」の故郷と思っています。
基本は「全くの初心者」の山歩き。頂上だけでなく、木々や、花、雲の美しさにも足を止める登山教室を目指します。
参加者は一名でも実技講習は行います。定員は8人。アシスタントガイドを配置した状況で13名で定員としています。平均7人前後のパーティーでの山歩きです。

「四月の季節のご挨拶」

 東京近郊の奥多摩、丹沢、大菩薩には少しずつ、間違いなく、確実に春が訪れています。奥秩父等の2000mを越える山々では、まだまだ、重い雪が山や森に積もる事があっても、毎日、新緑の美しい色は確実に山肌を登り詰めて行きます。キブシや、ダンコウバイ、カタクリ等、いち早く春を告げ知らせる花が訪れる者を歓迎します。

「五月の季節のご挨拶」

 毎日の様に少しずつ、でも、確実に、標高の高い山に向けてジリジリと登り詰めて行った新緑の帯が、山頂に届きはじめました。最初は控えめだった春の花が、その緑と共に次々と開花しだしています。稜線に、谷に、繁殖期を迎えた鳥の声が、一杯に鳴き交わす賑やかな、華やかな季節の到来です。最も山に登り易い季節の春の山です。

★机上講習会のお知らせ!―「はじめての・やまあるき」入門講座

「やまあるき」の装備 ※申込み制です。申込み受付3月25日~

 これから「やまあるき」を始めよう!という方、長い間「やまあるき」をお休みしとていて再開する方のための講習会です。都会とは違う絶えず変化する山に登るためには独特の装備が必要です。足を守り、快適に歩くための登山用の靴。背負いやすいリュックサック、雨風から体を守るカッパなど、最低限必要な装備を、何を、どこで購入するかを実物を手にお話しします。また、東京近郊で、親しみやすく魅力が一杯 の「奥多摩」の山の楽しみ方、四季の様子、魅力を併せてお伝えします。
※マスク着用

★実技講習のお知らせ!

3月31日から8月19日の予定です(アルファベット表記の物は現在、募集中のプラン)

                                                

A、3月31日 奥多摩入口の個性ある三つの山頂・高水三山

 奥多摩の入口に最高峰でも800mに満たない可愛らしい三つの山が並びます。山頂に常福院という寺院のある高水山、最高峰で遠く雲取山や大菩薩も見える岩茸石山、鬱蒼とした針葉樹に覆われ神社のある惣岳山と、それぞれが独特の個性のある楽しい山です。軍畑駅から長閑な平溝川沿いの明るい山里を辿り、高水山に立ち、奥武蔵の展望が楽しい岩茸石山への明るい尾根を歩きます。急峻な岩混じりの惣岳山を登って御嶽駅へと降ります。 歩行4時間 ※「やまあるき」初体験向き

B、4月6日  「奥多摩に春がやってきた!」南北秋川を分ける浅間尾根と浅間嶺

 島嶼を除いて東京都唯一の「村」・檜原村。その南北秋川を分ける中心に横たわる浅間尾根は、古くから甲州古道として「塩道」「嫁取道」として、かつては生活路で馬も通っていた道がありました。今でも随所に可愛らしい石仏「馬頭観音」があり、炭焼窯の跡も残ります。標高1000m以下を緩やかに上下する明るい雑木林の道からは大岳山や御前山が手が届きそうに大きく見えます。「富士見の峰」・浅間嶺からは頭だけ出した富士山が見えます。途中、何か所かで、春を告げるカタクリの群落があります。歩行4時間半 ※安定した道で全くの初心者も安心して楽しめます。

C、4月13日~14日 真っ白な富士山と相模湾を見ながら丹沢主脈縦走

 相模湾の上に大きく横たわる丹沢山塊。その主脈は絶えず富士山の展望と共にあります。大倉の住宅地から大きな標高差の大倉尾根をユックリユックリ登り立つ、遮る物も無い360度の展望が広がる塔ノ岳が縦走の出発点です。谷川岳を思わせる草原と笹原が交互に繰り返される稜線を日高、竜ケ馬場と辿り今宵の宿・みやま山荘が山頂に建つ丹沢山に立ちます。朝晩の真っ白な富士山の眺めと、窓から見える夜景と星空が見事です。翌朝、所々で痩せた岩混じりの尾根と笹原が交互に繰り返される遮る物も無い稜線を不動ノ峰を越えて最高峰・蛭ケ岳に到着します。ここからの主脈縦走は一転してブナの森と草原の静かな尾根道となって姫次、黍殻山と次々と現れるピークを越えて道志川へと辿ります。 歩行1日目5時間2日目7時間半 ※宿泊予定の「みやま山荘」は美味しい食事の山小屋です。山小屋初体験向き!

D、4月20日 甲府盆地をピンクに染める桃の花!甲州高尾山

 大菩薩日川尾根の末端にある甲州高尾山は甲府盆地に岬の様に突き出す位置にあり、この時期、足元を埋める広大な桃畑が一斉に開花し、まさに桃源郷となります。ピンクの花の広がりの上に春霞の中に浮かぶ南アルプスの美しい姿が見事です。登山口は武田家終焉の寺、大善寺。一歩ごとに広がる展望の中、柏尾山を越えて立つ山頂でゆっくりと花と展望を楽しみます。下りは大きな滝が見事な大滝不動尊から勝沼ぶどう郷駅に向かいます。 歩行4時間半 ※歩きやすい展望のルートです。

E、4月27日 日和田山「やまあるき」岩登り講習会

 登山道のある登山が基本の「やまあるき」ですが、夏には北アルプス等の登山道上の岩場のあるルートで登山をしたりジャンダルムなどの厳しい破線ルートに挑戦することもあります。岩場での上手な登下降、ザイル等を安全に使用する技術など、「やまあるき」での岩場での技術を覚える事も大切です。日和田山の岩場は支点も豊富で基本装備の装着からザイル操作の基本、懸垂下降や岩の登り方、降り方を覚えるのに最適な岩場です。基本装備の大部分は無料レンタル可能です。この夏のバリエーションルートに挑戦する方だけでなく、安全登山のためにも、ぜひ、参加してください。

F、5月11日~12日 今シーズン最後の雪山!春雪の常念岳登頂プラン

 安曇野から北アルプスを見上げる時、美しい白い三角錐の姿を見せる常念岳。まだ、山腹にタップリと雪を纏い北アルプスの雪山を楽しめる今シーズン最後の山です。名残雪が舞う事もありますが、雪質は柔らかくなり、日照時間も長くなり、眩しいばかりの純白の輝く高峰を楽しめます。雪が埋める一ノ沢を延々と登り詰め、常念乗っ越しに飛び出せば、思わず上がる歓声!梓川を挟んで槍・穂高が手が届きそうな迫力で銀屏風となって並びます。常念小屋テラスからは展望の夕暮れがステキです。翌朝、ガラガラの岩が堆積する斜面を登り、立つ山頂からは360度の大展望が待っています。 ※10本爪以上のアイゼンが必要です。 歩行1日目5時間2日目5時間半

G、5月19日 ミツバツツジ咲く渓谷美と滝を見て川苔山に登ろう!

 1367mと奥多摩でも中程度の標高ながら、滝、釜を連ねた川乗谷の渓谷美を見ながら登る変化に富んだ素晴らしいコースと山頂からの大展望によって奥多摩随一の人気を誇る川苔山。細倉橋からは何度も谷を渡り、夫婦ノ滝、百尋ノ滝を間近に見て背後に広がる展望を楽しみながら、奥多摩のほとんどの山々を見渡せる展望の山頂に立ちます。ミツバツツジ咲く花の道です。 歩行5時間半

H、5月26日 登山道の無い原生林と苔の大菩薩北尾根(前夜、甲府泊)

 人気の百名山・大菩薩嶺から北へ泉水谷まで落ち込む大菩薩北尾根。途中に大黒茂林道と言う水源林巡視路が横断する以外、一切の道、指導標の無い太古のままの原生林に覆われた苔むした尾根です。51年前に山田ガイドが登った際にはスズタケの延々たるヤブコギに終始したのですが、鹿の食害で笹が全く無くなり、登山道はないものの登高が可能です。全行程で10時間近い行動となるために早朝、甲府駅集合で、挑みます。清流の泉水谷を渡り、不動滝ノ峰への急斜面を這いあがった後は、明瞭な尾根を巨樹の林立する苔むした踏み跡を登ります。三ノタル、二ノタルと小さな上下を繰り返し大菩薩嶺に登り着く感動は小さくありません。地形図と睨めっこの一日です。 歩行10時間前後 ※三条新橋との標高差1300mあり。体力勝負!

I、6月1日~2日 大展望の日本百名山・甲武信岳からシャクナゲの海!十文字峠

 山梨(甲)埼玉(武)長野(信)の三県に跨り、千曲川、荒川、笛吹川の水源の山でもある甲武信岳は百名山の内、実に43座が見える展望の山です。千曲川の最後の一滴まで遡り、見事な苔むした道からマキストーブの素朴な甲武信小屋に宿泊します。星空と夜景の中の小屋の一夜を過ごし、立つ山頂からは富士山、南アルプスを筆頭に圧倒的な展望が待っています。更に首都圏最大の原生林を埼玉県最高峰・三宝山、武信白岩と辿れば大山周辺からピンクのシャクナゲが現れ、十文字峠はまさにシャクナゲの海です。奥秩父の渓谷と森を味わう二日間です。 歩行1日目4時間2日目5時間半 ※甲武信小屋は「風の谷」と極めて親しい山小屋です。山小屋初体験向き。

J、特別企画!6月8日~9日 日本一の美渓!笛吹川釜ノ沢を沢登りして甲武信岳

 田部重治氏が「笛吹川を遡る」で表した笛吹川東沢釜ノ沢。沢登りで川、谷、沢、水源と遡ります。左右から滝となって注ぐ支流、ホラの貝のゴルジュ、魚留ノ滝、千畳のナメ、両門ノ滝と山水画の様な世界を辿り甲武信岳に登ります。詳細は御問い合わせください。 ※渓流シューズ、ヘルメット、ハーネス等が必要です。

★講習会参加申込の方法

参加申込書の内容(箇条書きで可)を nrh09361@nifty.com にメールしてください。(過去に参加経験のある方は氏名と希望コースのみをメールしてください。)メールに添付して計画書、その他、必要な事項をお伝えします。
郵送の方は 〒180-0013東京都武蔵野市西久保1-37-4山岳ガイド「風の谷」 あて 申込書をお送りください。計画書、その他を(郵送、メール希望の方法で)お送りします。
(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡下さい。)

また、講習内容に不安や不明な点のある場合は 携帯090-2248-9244 におかけください。特に月曜日、金曜日は講習内容に関係なく、登山に関する、あらゆる相談にお答えしています。

★★参加申込書★★(メールでお送りいただく方は、書式に関係なく、箇条書きで同様の内容をお送りください)

※初めて御参加いただく方は遅くとも、6日前程度にはお申込みください。(初回は装備の準備、その他に思わぬ時間のかかる場合があります。)何回のも来ていただいている方も、できるだけ、お早めに!

申込書は全て記入してください(携帯電話お持ちの方、必ず記入してください。非常時の連絡に必要です)。体調不良時の無理な参加はおやめください。
・参加できない状況となった時は至急ご連絡ください。参加前日夕刻以降は携帯電話090-2248-9244 にご連絡ください。キャンセルは必ずガイド自身に電話の肉声で!メールでのキャンセルは受け付けません。
・計画書到着後のキャンセルにはキャンセル料金が発生する場合があります。
・事故に際しては全力で救助にあたりますが、保障については山岳保険の範囲(遭難捜索費用を保障する内容)の範囲に限らせていただきます。