やまあるき講座

(全くの初心者対象。年齢不問)

Homeへ戻る

※このページを見ていただいた方!まずは「風の谷」の机上講習会への参加ををお勧めいたします。
実際の「やまあるき」の雰囲気も判り、実技講習会でお持ちいただきたい装備等も実物を手にお話しできます。ぜひ!

「高尾山に登った。楽しかった」「御岳山に行ってみた。次はどこに行こうかな?」ピクニック、観光から一歩前に。
山靴を初めて履く人の最初の一歩をしるすための登山教室です。主に向かうのは、奥多摩の山々。
大菩薩、奥秩父、北八ヶ岳も大好きな山域です。夏を中心に南北アルプス、八ヶ岳にも向かいます。
近郊の日帰り登山と一泊~二泊程度の山小屋泊まりの登山とを行います。
平日が中心の登山ですので、どうしても年齢は高くなります。ガイドブックのコースタイムの2~3割増し程度のゆっくりペースで歩きます。
冬も軽アイゼン等を使って行ける「雪の山歩き」も行っています。
春のカタクリの咲く奥多摩から夏雲湧く南アルプス、北アルプスの3000mの山々、北欧を思わせる森林高地・北八ヶ岳の樹氷の森の散策までを楽しみます。
最も好きな山は、やはり奥秩父。原生林と渓谷の魅力の重厚な山々こそ「やまあるき」の故郷と思っています。
基本は「全くの初心者」の山歩き。頂上だけでなく、木々や、花、雲の美しさにも足を止める登山教室を目指します。
参加者は一名でも実技講習は行います。定員は8人。アシスタントガイドを配置した状況で13名で定員としています。平均7人前後のパーティーでの山歩きです。

「十二月の季節のご挨拶」

冬が、雪が、山々にやって来ました。乾いた晴天が、近郊の山に訪れています。長雨に、台風に翻弄されて、多くの山々が傷つき壊れた、今年の厳しかった秋。誰がなんと言おうとも、間違いなく、これらが「地球の温暖化」の産物であることは疑う余地はありません。それでも、冬と、雪は山にやって来ます。樹氷の森を歩きましょう。

「一月の季節のご挨拶」

待ちに待った、本格的な降雪が山々を静かに包んでいます。真っ白な石膏細工を思わせる樹氷が、雪の結晶をそのまま付けた霧氷の森が、そしてダイヤモンドダストが私達を迎えてくれます。雪の森を歩き、凍った静寂の湖を歩きましょう。奥多摩、奥秩父、大菩薩の冬は乾いた晴天の下、大きな展望と出会えます。冬の山が待ってます。

★机上講習会やってます!「はじめての・やまあるき」入門講座

「やまあるき」をしてみたい。
「高尾山に行ってみて楽しかったけど、人が多くて、もっと静かな山にも登りたい。」「昔、若い頃には山を楽しんだが、体力が心配だし、仲間もいない、道具もずいぶんと進歩したようだし・・・。」
「いつか富士山にも登ってみたい。」「東京にも2000mの山・雲取山があるんですよね?ワタシには無理かな?」。
そんな方のための講習会です。「やまあるき」の始め方、初心者でも、初体験でも登りやすい山の情報の紹介。そして、最低限、準備したい装備や用具の購入の仕方、とにかく「最初の一歩」を踏みだすための講習会です。

★机上講習会のお知らせ!―「今年こそ挑戦!はじめての山歩き」

今季の「やまあるき」机上講習会は終了、しばし冬眠します。
次回講習会は 少し先で3月12日(木)午後2:00~ はじめての「やまあるき」シリーズが始まります。
※詳細は追って掲載します。

三月 「やまあるき」の始め方

★実技講習のお知らせ!

12月3日から3月22日の予定です(アルファベット表記の物は現在、募集中のプラン)

                                                

A、12月3日 甲斐駒ケ岳を見上げる白砂の展望の山・日向山

 南アルプス前衛で甲斐駒ケ岳を見上げる角度で仰ぎ見る日向山。風化した花崗岩が山頂付近を形作る独特の山です。甲府盆地の突き出した岬の様な位置にあり、背後に南アルプス、前に八ヶ岳と奥秩父を望む大展望が見事です。登り着いてアッと息を飲む白砂の広がりの雁ケ原。登り口の美しい錦滝もステキです。歩行3時間 ※危険個所も無く、歩行時間も短く全くの初心者も十分に安心して楽しめます。

B、12月10日~11日 西穂高独標リベンジ登頂プラン

 この春、真っ青な空の下にも関わらず、強風にその基部まで行きながら撤退した西穂高独標。そこは、穂高連峰の南端にありながら、前穂高、ジャンダルムを手が届きそうな近さで仰ぎ見て、梓川の対岸に霞沢岳と対峙する、まさに穂高の中にいる事を実感させてくれました。本格的な冬に一歩踏み込んだ今、再び、この独標に挑みます。標高2155mの笠ケ岳と槍ケ岳を背後に見る千石平まで、歩くことなく、ロープウェイで運ばれ、美しい原生林の雪の森の中を登って到着する西穂山荘。周囲がどんなに寒い吹雪でもストーブが燃え、夏と変わらない宿泊が可能な「黄金の御殿」です。翌朝、背後の丸山に立てば、森林限界を越えて一気に広がる大展望。雪の尾根を一歩一歩前進し、少しずつ痩せてくる尾根。そしてクサリのかかる斜面に取り付き、ジリジリと登りつめて飛び出す独標。360度の圧倒的な展望が広がります。今度こそ、本物の「穂高のど真ん中」を体験しましょう。歩行1日目1時間半2日目3時間半(夏の時間です) ※アイゼンとピッケルが必要になります。ピッケルについてはレンタルが可能です。 ※シッカリしたガイドを複数配置して登る安心の雪山です。

C、1月7日~8日 雪の金峰山登頂と「風の谷」新年会

 奥秩父の中で森林限界を越えて雪と氷の高山の雰囲気を、滑落や雪崩の心配がなく体験できる金峰山。山小屋が冬季閉鎖しているため、訪れる者もない孤高の風の中にあります。今回、山頂直下に建つ金峰山小屋主人・吉木真一さんが平日にも関わらず特別に小屋を暖め、美味しい食事つきで宿泊させてくれます。人っ子一人いない廻り目平から真っ青に凍結した氷瀑を眺めながら歩く金峰山川沿いの道。雪化粧した原生林の雪の森を登り着く既に展望の中にある金峰山小屋。ストーブが燃え、羽毛布団の暖かな小屋で「風の谷」のささやかな新年会を楽しみます。翌朝は背後に聳える八ヶ岳、浅間山を眺めながら雪とハイマツの中を金峰山山頂に立ちます。富士山が、大菩薩が見事です。山頂からは雪尾根を千代ノ吹き上げに行きます。まさに南アルプス全山の銀屏風に向けて歩くような素晴らしい道から金峰山小屋に戻ります。歩行1日目3時間2日目3時間半(夏時間です) ※軽アイゼンとスパッツが必要です。 ※新年会の際に1000円程度のプレゼント交換をします。

D、1月21日~22日 雪の北八ヶ岳・北横岳から縞枯山、茶臼山縦走

 標高2250mまでロープウェイがかかり、山頂は森林限界を僅かに越える本格的な雪山の強烈な展望が体験できる北横岳山頂まで僅か1時間半で到達できます。見事な樹氷の森、凍てついた七ツ池の静寂を体験します。初日に岩山の三ツ岳を往復します。北横岳ヒュッテは「馬肉のスキヤキ」の美味しい暖かい清潔な小屋です。岩山の三ツ岳を往復し、翌朝、朝一番の南北アルプスの大展望の広がる北横岳山頂に立ちましょう。さらに雨池峠から原生林の美しい縞枯山山頂に立ち、展望台に立てば浅間山に手が届きそうな近さです。樹氷の森をユッタリと茶臼山、展望台と歩き、北八ヶ岳最大の広大な雪原・五辻からロープウェイへと周回します。 歩行1日目3時間2日目4時間半 ※軽アイゼンorチェーンスパイクとスパッツが必要です。 ※全くの「雪の山歩き」初体験の方でも安心して楽しめます。小屋は暖房が効いてます。

E、1月29日 奥多摩最高峰・冬の唐松尾山と御殿岩

 多摩川水源の「隠れ里」・三ノ瀬の上に孤高を誇る奥多摩最高峰・唐松尾山。冬枯れの今、訪れる者もなく静寂の中にあります。唐松の森の中を登り、奥秩父主脈の午王院平・山ノ神土から辿るコメツガの原生林。木の間越しには塩山から見るのとは違う三角錐の大菩薩が見事です。小さな標識しかない山頂の僅かに埼玉側に行った岩峰からは荒川源流の重厚な谷が見られます。更に御殿岩に立てば360度の展望が南アルプス、富士山も含めて見られます。静寂の奥多摩最高峰です。 歩行5時間半 ※軽アイゼンorチェーンスパイク、スパッツが必要です。

F、2月4日~5日 雪の大菩薩・静寂の小金沢連嶺縦走

 冬真っ只中の大菩薩は、夏には大菩薩峠直下までクルマで行けた道路は全て封鎖となり。本当にこの地を愛する人だけの物となります。昔の登山口・裂石からの道はブナが林立し背後には南アルプスの銀屏風の並ぶ素晴らしい道です。宿泊先の長兵衛ロッジは個室と暖炉とお風呂もある快適なロッジ。翌朝、展望の大菩薩峠に立ち、広々とした石丸峠から小金沢連嶺の縦走に入ります。最高点・小金沢山、秀麗富岳十二景・牛奥ノ雁ガ腹摺山、広大な展望の白谷ノ丸から湯ノ沢峠へと辿り、更に、登山口まで歩きます。終始、富士山を真正面に見る重厚な雪の大菩薩です。 歩行1日目2時間2日目7時間 ※軽アイゼン○

★参加申込、Eメールでの申込も受け付けます。(一般的な問い合わせも!)Eメールでの申込が一番早く、間違いないです。

アドレス・nrh09361@nifty.com に「参加申込書」と同様の内容(書式は問いません)をお送りください。過去に参加経験のある方は氏名と希望コースのみをメールしてください。添付で計画書を送ります。お問い合わせもメール可!

★講習会参加申込の方法

 参加申込書に漏れなく記入し〒180-0013東京都武蔵野市西久保1-37-4 山岳ガイド「風の谷」あて お送りください。 FAXでお申し込みされる方は 0422-54-1679 にお送り下さい。申し込まれたプランごとの詳細な計画書をお送りいたします。(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡下さい。)  なお、講習内容に不安な点や、不明な点のある場合は、毎週月曜日、金曜日の9:00~17:00の間 ℡0422-54-1676 にお問い合わせください。講習内容だけでなく「登山相談日」として、あらゆる登山に関する相談、質問に応じています。※ FAXは24時間受け付けています。電話でのお問い合わせは9:00~17:00の間にお願いいたします。 携帯電話は090-2248-9244(携帯Eメール・tetsujkaze2017@docomo.ne.jp)

★★参加申込書★★(メールでお送りいただく方は、書式に関係なく、箇条書きで同様の内容をお送りください)

※初めて御参加いただく方は遅くとも、6日前程度にはお申込みください。(初回は装備の準備、その他に思わぬ時間のかかる場合があります。)何回のも来ていただいている方も、できるだけ、お早めに!

申込書は全て記入してください(携帯電話お持ちの方、必ず記入してください。非常時の連絡に必要です)。体調不良時の無理な参加はおやめください。
・参加できない状況となった時は至急ご連絡ください。参加前日夕刻以降は携帯電話
090-2248-9244 にご連絡ください。キャンセルは必ずガイド自身に電話の肉声で!eメール、FAXでのキャンセルは受け付けません。
・計画書到着後のキャンセルにはキャンセル料金が発生する場合があります。
・事故に際しては全力で救助にあたりますが、保障については山岳保険の範囲(遭難捜索費用を保障する内容)の範囲に限らせていただきます。