やまあるき講座

(全くの初心者対象。年齢不問)

Homeへ戻る

【実技講習会参加申込みの方へ】

 山行実施前は体調管理に十分に気を付けて、発熱、「風邪」を疑わせる症状の参加のある方は参加を辞退してください。集合時にパルスオキシメーターによる血中酸素飽和度(SPO2)の計測を主宰者が行います。ご協力ください。

※このページを見ていただいた方!まずは「風の谷」の机上講習会への参加ををお勧めいたします。
実際の「やまあるき」の雰囲気も判り、実技講習会でお持ちいただきたい装備等も実物を手にお話しできます。ぜひ!

「高尾山に登った。楽しかった」「御岳山に行ってみた。次はどこに行こうかな?」ピクニック、観光から一歩前に。
山靴を初めて履く人の最初の一歩をしるすための登山教室です。主に向かうのは、奥多摩の山々。
大菩薩、奥秩父、北八ヶ岳も大好きな山域です。夏を中心に南北アルプス、八ヶ岳にも向かいます。
近郊の日帰り登山と一泊~二泊程度の山小屋泊まりの登山とを行います。
平日が中心の登山ですので、どうしても年齢は高くなります。ガイドブックのコースタイムの2~3割増し程度のゆっくりペースで歩きます。
冬も軽アイゼン等を使って行ける「雪の山歩き」も行っています。
春のカタクリの咲く奥多摩から夏雲湧く南アルプス、北アルプスの3000mの山々、北欧を思わせる森林高地・北八ヶ岳の樹氷の森の散策までを楽しみます。
最も好きな山は、やはり奥秩父。原生林と渓谷の魅力の重厚な山々こそ「やまあるき」の故郷と思っています。
基本は「全くの初心者」の山歩き。頂上だけでなく、木々や、花、雲の美しさにも足を止める登山教室を目指します。
参加者は一名でも実技講習は行います。定員は8人。アシスタントガイドを配置した状況で13名で定員としています。平均7人前後のパーティーでの山歩きです。

「七月の季節のご挨拶」

 真っ青な空にグイグイと伸びていく雄大な積乱雲。草原を埋め尽くす高山植物。ハイマツの中を走り回るライチョウの親子。そして見上げる憧れの南北アルプスの山々。梅雨空けの安定した晴天の下、無理はしない「やまあるき」でも少し背伸びした挑戦の季節がやってきました。森林限界を大きく越えた大きな山に登るステキな夏です。

「八月の季節のご挨拶」

 夏です。高い気温と一定の安定した天候が、「やまあるき」初心者でも南北アルプスや渓谷遡行に挑むことができる一年間で唯一の季節です。憧れの写真でしか見た事のない世界が待っています。夏でも豊富な残雪を残す雪渓を見下ろし、連続するクサリ場を制して峻険な山頂に立つ、最高の季節の到来です。挑戦の「やまあるき」です。

「九月の季節のご挨拶」

 秋は、山の上からからやってきます。まだ気温は高いのに、足元のウラシマツツジが真っ赤に染まり、木道に霜が光ります。気温の低下に伴って、霞んでいた展望もカーンと冴えた物に変わっていきます。秋雨前線の活動が終わり周期的に大陸の高気圧が現れだせば変化に富んだ素晴らしい秋の山が待っています。次の季節の始まりです。

★机上講習会のお知らせ!―「はじめての・やまあるき」入門講座

「今年こそ挑戦!はじめての3000m!」

 夏でも豊富な残雪が山肌に残る日本アルプスの山々。上高地から見上げる穂高連峰や、中央線から眺める北岳等の山々。「槍ヶ岳?あんな尖った岩山、絶対に無理無理」と思う方が多いのですが、本当に無理なのでしょうか?整備された登山道と、設備の整った快適な山小屋が「やまあるき」初心者の標高の高い山への挑戦を後押しします。高い山の独特の難しさ、魅力、楽しさ、そして高い山に挑むための工夫等について判りやすくお話しします、また、日本アルプス初心者にお勧めの山も紹介します。

「やまあるき」のための気象学

 安全で快適な「やまあるき」に不可欠の山な気象の知識。「雲は何故、できるの?」「雨は何故、降るの?」の最も大切な天気の仕組みから、天気図の基本的な見方、登山天気の情報入手の方法、天候の変化の仕組み、山と下界の天気の違い、危険な天気の要素等について、判りやすくお話しします。

★実技講習のお知らせ!

7月2日から11月20日の予定です(アルファベット表記の物は現在、募集中のプラン)

                                                

A、7月2日~3日 花、花、花の八ヶ岳・硫黄岳(晴天の場合は、横岳も)

 八ヶ岳は梅雨時が最も花が美しい・・。七月上旬、ツクモグサが残り、ハクサンイチゲ、ミヤマキンバイが咲き誇り、気の早いコマクサが咲きだします。岩のイメージが強い南八ヶ岳にあって硫黄岳は岩場の登下降は無く、設備の整った稜線の硫黄岳山荘からは朝晩を中心に南北アルプスの優れた展望が待っています。茅野駅から送迎車で夏沢鉱泉から歩き出しオーレン小屋から樹海、ハイマツの海を登ります。山頂手前から沢山の花が迎えてくれます。硫黄岳山荘付近は一面の花!稜線の山荘の夜空と夜景を楽しみ、翌朝、横岳方面に花散策をしてから改めて硫黄岳に立ち、夏沢峠から夏沢鉱泉へと向かいます。 歩行1日目3時間半2日目3時間or4時間

B、7月9日 シャクナゲとドウダンツツジ咲く那須連峰・茶臼岳と朝日岳

 北関東、福島県境に近い栃木県那須連峰。今も噴煙を上げる火山は低い標高にも関わらずハイマツが広がります。那須ロープウェイ山頂駅からジグザグの砂礫の道を茶臼岳の山頂に立ちます。もし、晴れていたら北関東、南東北の雄大な展望が広がります。火口を一周しハクサンシャクナゲが点在する道を峰ノ茶屋へと降り立ちます。風の通り道で知られる峰ノ茶屋から赤茶けた斜面をイワカガミとベニサラサを見ながら剣が峰を巻き、朝日の肩から岩混じりの朝日岳の狭い山頂に立ちます。火山の荒涼とした展望が広がります。 歩行4時間

C、7月23日~24日 南アルプス入門!「山の団十郎!」甲斐駒ヶ岳

 中央線が甲府を過ぎると左手の窓一杯に屹立する甲斐駒ヶ岳。深田久弥氏をして「山の団十郎」と言わしめた美しい山容の山です。難しく思える豪快な甲斐駒ヶ岳ですが、標高2033mの北沢峠に林道バスが通う現在、登山口から山頂の標高差が1000mを切る比較的登りやすい山であるとも言えます。長野側の長谷村からバスで北沢峠に運ばれて立つ北沢峠。原生林の中の道を辿り美味しい食事と豊富な水で知られる仙水小屋に泊まります。早朝に小屋を発ち、森の中を抜けて登り着く仙水峠。夜明けの甲府盆地を見下ろす峠から、見上げる角度で甲斐駒ヶ岳・摩利支天の白い岩峰と出会います。鬱蒼とした急峻な原生林の中を登り続け、森から抜け出して立つ駒津峰で森林限界を迎えます。ここから風化した花崗岩の中を登り続けます。登る毎に背後の展望が開け、仙丈岳と北岳に手が届きそうです。白砂の中を登れば辿り着く山頂。360度の大展望が待ってます。歩行1日目40分2日目6時間半 ※仙水小屋は小屋前に冷たい湧水があり、清潔で「山小屋初体験」の方も安心です。

D、7月29日~31日 憧れの北アルプス最高峰!奥穂高岳登頂プラン

 上高地カッパ橋から穂高連峰を見上げた時、大きく広がる連峰の中心が奥穂高岳です。登山者の聖地、美しい涸沢をベースにノンビリと二泊して奥穂高岳に挑みます。上高地からの梓川沿いの道は、明神岳、前穂高が時々刻々と姿を変える景色を見上げる素晴らしい道です。「氷壁」で知られる徳澤、前穂高東壁を正面に見上げる横尾と辿ります。大迫力で見上げられる屏風岩の裾を廻り込み、本谷橋を渡り、登り続ければ穂高の山々が見えだし大きく広がるカールの中を登り到着する涸沢。見事な聖地に満天の星を見上げながら泊まります。朝焼けに真っ赤に染まる穂高を正面に、石畳みの道を涸沢岳の下をユックリとザイテングラード登の岩尾根を登り続け穂高岳山荘前に立ちます。岐阜側の展望を堪能し、小屋裏の急峻なハシゴを登り切り、傾斜が緩みだせば、一面の岩原の前方に大きなケルンとジャンダルムが見えだし、ついに立つ憧れの山頂!槍ヶ岳を筆頭に北アルプス全部の圧倒的な展望が遮る物もなく広がり、上高地が箱庭の様です。 歩行1日目6時間2日目5時間半3日目5時間

E、8月5日~6日 登りやすい3000m峰!南アルプスの女王・仙丈岳 ※変更しました

 南アルプスの女王!仙丈岳。標高2000mまで南アルプスバスが通る北沢峠から登れば標高差1000mの登りやすい3000m峰です。手を使って登るような岩場もなく、見事なお花畑と圧倒的な展望は、「はじめての3000m峰」にピッタリです。南アルプス林道バスを大平山荘前で降りると、いきなり静寂の巨樹の原生林の中の登りで始まります。真夏でも涼やかな道は、藪沢の沢音、大滝の音を下に聞きながら、少しずつ標高を上げていきます。やがてお花畑が広がり、沢を渡ると静かな馬の背ヒュッテに到着です。美味しい食事と満天の星空を楽しんで、翌早朝、お花畑の中の森林限界を越えた圧倒的な展望の中を登り詰めます。仙丈小屋を過ぎ、背後に広がる北・中央アルプスの圧倒的な展望を楽しみながら登れば360度の展望の山頂に到着します。北岳、甲斐駒ヶ岳の雄姿が見事です。 歩行1日目3時間2日目3時間半 ※歩行時間も短く危険個所も少なくアルプス初体験向き

F、8月19日~21日 憧れの剣岳登頂

 北アルプス、日本アルプス最難の「岩と雪の殿堂」剣岳。別山乗っ越しに立った瞬間、視界一杯に広がる巨大な岩の塊。源次郎尾根、八つ峰、早月尾根を山頂を支える巨大な柱の様にして、一服剣、前剣を前衛として、ドッシリと聳えています。最も取り付きやすい剣山荘をヘッドランプで出発し、一服剣からは要所要所に張り巡らされたクサリを頼りに前剣の大きな登りを終えます。一歩進むごとに少しずつ大きくなる剣岳本峰を仰ぎながら、左手に大きく広がる日本海を感じながら、痩せた岩稜を越えG4を越えスラブを平蔵のコルへと下り、最後の「カニのタテバエ」を制してガラガラの岩場を越えれば遮る物の無い剣岳山頂の祠が待っています。大きく広がる日本海、後立山連峰を筆頭とした北アルプスの山々の圧倒的な展望を楽しみ、「カニのヨコバイ」等の登り以上に厳しい下りを慎重に降り、安住の地・剣山荘に帰り着きます。 歩行1日目3時間半2日目5時間3日目3時間半※8月9日までにお申し込みを!

G、8月27日~28日 「やまあるき」の沢登り・小雲取谷から雲取山

 多摩川最大の支流・日原川は雲取山から流れ出す谷です。その水源地帯は東京都最大の原生林が広がり、苔とサルオガセが巨樹の世界が大きく広がります。日原川本流である大雲取谷に注ぐ小雲取谷は堰堤、伐採等の影響が全くなく、完璧な「本来の奥多摩の沢」が残る貴重な谷です。日原林道を終点まで辿ります。崩壊で通行止めになっている大ダワ林道を長沢谷を渡渉し、二軒小屋尾根を乗り越し、辿ります。かつての仙人尾根への踏み跡を下り「仙人の渡」で黒々とした岩が磨かれた大雲取谷を辿り美しい小雲取谷出合に到着します。小雲取谷は分厚い苔が沢床を覆い、所々に両側を屹立させたゴルジュを点在させます。三段の滝、二条の滝、階段状の滝と次々と乗り越え赤岩の滝を越えれば周囲は穏やかなカラマツ林となって小雲取山東の肩へと登り着きます。暗い谷底を歩いて来た者の目には明るい展望が眩しいです。雲取山を越えて、雲取山荘で一夜を過ごし、富田新道を下降します。 ※沢靴をご用意ください。それ以外の専門用具は基本的に全部無料レンタル可能です。

H、9月3日~5日 南アルプス中核・雄大な塩見岳登頂プラン

 巨大な山容で日本を代表する雄大な山々が林立する南アルプスの中にあって全山脈の中核的な位置に聳える雄大な・塩見岳。その山頂から太平洋が見える事から付けられた塩見岳は素晴らしい原生林といくつものピークを越えた先にあります。「日本で一番美しい村・大鹿村」から鳥倉林道から歩きます。重厚な原生林の中を登り、山田ガイドの友人が小屋番を勤めるキレイな三伏峠小屋に泊まります。翌早朝、夜明けの三伏山に立ち初めて出会う塩見岳。再びハイマツの森林限界を越えた本谷山に登り着き更に森の中を権右衛門沢の源頭を渡り、登り着く塩見小屋。ここからは、岩場の道となり、立ちはだかる天狗岩を乗り越え、立つ西峰。目の前の東峰に立てば富士山が目の前に聳えます。北には白峰三山から甲斐駒、仙丈。南には荒川、赤石、聖と素晴らしい展望が待っています。登ってきた延々と遠い道を再び三伏峠小屋へと帰っていきます。 歩行1日目3時間半2日目9時間3日目3時間

I、9月10日 白樺の高原とスリリングな岩場と展望の乾徳山

 奥地秩父前衛の乾徳山は、国師岳から南東に伸びた尾根のピークです。甲府盆地に突き出した岬の様な位置にあるため。富士山、南アルプス、奥秩父主脈の展望の山です。中腹の白樺に囲まれた大平高原が出発点、草原の広がる道満尾根から無人の高原ヒュッテを経て扇平の広々とした尾根を登ります。ここからはクサリの設置された岩場の登高が始まります。迂回路もありますが、背後にグイグイと広がる展望を楽しみながら、ひときわ大きな岩場を登り切れば目の前に黒々とした奥秩父主脈の圧倒的な展望が広がる乾徳山の山頂です。360度の大展望が待ってます。 歩行4時間半

J、9月18日 水根沢林道から鷹ノ巣山、六つ石山縦走

 雲取山から東へ奥多摩駅まで延々と伸びる石尾根の中にあって、美しい三角錐の山容の鷹ノ巣山は日原からの稲村岩尾根ルートが廃道となって奥多摩湖下から水根沢沿いを忠実に辿る水根沢林道から登ります。沢沿いの道は大滝、半円ノ滝の音を聞きながら登ります。カヤノキ尾根への急峻な登りを制して水根山で石尾根上に飛び出せば一気に展望が広がり、南面に大きくカヤ原が広がり北面にブナが点在する中を登り詰めて富士山、南アルプス、大菩薩の展望の広がる鷹ノ巣山山頂に登り着きます。水根山から広葉樹の美しい広々とした尾根を辿り、将門馬場から登り返せば西に大きく展望のある六つ石山です。防火帯が切り拓かれ、大岳山、御前山の展望に優れた石尾根を奥多摩駅へと長い下りが待っています。 歩行8時間

K、9月25日 南アルプス前衛・甲斐駒ヶ岳の大展望!雨乞岳

 南アルプス北端に位置する雨乞岳は甲斐駒ヶ岳の北に位置する山梨百名山の一つの大きな山です。平久保池からよく整備された登山道が明るい広葉樹、カラマツの森を抜けて続き、終始、鳳凰三山や富士山の展望の中の道です。キラキラと光る笹原の中を抜ければ、誰もいない明るい雨乞岳の山頂です。見上げる角度で雄大な甲斐駒ヶ岳と出会えます。背後には八ヶ岳、奥秩父の展望が見事です。 歩行5時間

L、10月1日~2日 サヲラ峠から三条ノ湯に泊まり飛竜山

 雲取山から西の空を見る時、視界の半分以上を遮る巨大な飛竜山。飛ぶ竜の様な雄大な山容と2069m、雲取山より50ⅿも高い標高なのに訪れる者は雲取山の百分の一、まさに不遇の名山です。今回、丹波山村から歴史あるサヲラ峠を越え美しい原生林の中を御嶽沢、樺谷と渡り携帯電話も通じない秘湯・三条ノ湯にお風呂に入って宿泊します。翌朝、再び原生林の中を登り、中ノ尾根から奥秩父縦走路の北天のタルに登り着きます。トラバース道から踏み跡を辿り立つ僅かな展望が、奥深さを感じさせる飛竜山。山頂から降りたハゲ岩は奥多摩、奥秩父随一の展望台!足元に食い込む大常木谷、南アルプス全山、富士山、大菩薩の雄大な眺めが見事です。岩混じりの道を前飛竜を越え、火打石に登り返し、再びサヲラ峠に帰ります。おそらく誰にも会わない静寂の中の二日間です。歩行1日目4時間半2日目7時間

★講習会参加申込の方法

参加申込書の内容(箇条書きで可)を nrh09361@nifty.com にメールしてください。(過去に参加経験のある方は氏名と希望コースのみをメールしてください。)メールに添付して計画書、その他、必要な事項をお伝えします。
郵送の方は 〒180-0013東京都武蔵野市西久保1-37-4山岳ガイド「風の谷」 あて 申込書をお送りください。計画書、その他を(郵送、メール希望の方法で)お送りします。
(申し込まれて数日たっても計画書の届かない場合にはトラブルの可能性があります。必ずご連絡下さい。)

また、講習内容に不安や不明な点のある場合は 携帯090-2248-9244 におかけください。特に月曜日、金曜日は講習内容に関係なく、登山に関する、あらゆる相談にお答えしています。

★★参加申込書★★(メールでお送りいただく方は、書式に関係なく、箇条書きで同様の内容をお送りください)

※初めて御参加いただく方は遅くとも、6日前程度にはお申込みください。(初回は装備の準備、その他に思わぬ時間のかかる場合があります。)何回のも来ていただいている方も、できるだけ、お早めに!

申込書は全て記入してください(携帯電話お持ちの方、必ず記入してください。非常時の連絡に必要です)。体調不良時の無理な参加はおやめください。
・参加できない状況となった時は至急ご連絡ください。参加前日夕刻以降は携帯電話090-2248-9244 にご連絡ください。キャンセルは必ずガイド自身に電話の肉声で!メールでのキャンセルは受け付けません。
・計画書到着後のキャンセルにはキャンセル料金が発生する場合があります。
・事故に際しては全力で救助にあたりますが、保障については山岳保険の範囲(遭難捜索費用を保障する内容)の範囲に限らせていただきます。