本文へスキップ

文京区千駄木の整形外科わたなべ整形外科です。

電話でのお問い合わせはTEL.03-5815−5185

〒113−0022 東京都文京区千駄木4−1−16
グランドメゾン千駄木一番館1F

文京区千駄木の整形外科 わたなべ整形外科

ようこそ、わたなべ整形外科のホームページへ。

平成11年開院の文京区千駄木 わたなべ整形外科です。

informationお知らせとお願い

             
  • 最新の超音波診断装置に更新しました。以前のα7も名機でしたが、より鮮明な画像が得られます。
  • 当院は幼児、小学生などのスポーツ外傷の早期診断治療を得意としています。軽い捻挫と間違われる足首の剥離骨折など遠慮なくご相談ください。また、ドッヂボールやサッカーなどで傷つけた唇などの顔の外傷も治療します
  •  子供の骨折ー1−
     
    5か月の乳児の場合サイズがなく、ストッキネットで治療しました
  •  
     子供の骨折ー2−
     
          
  •                      
     子供の超音波画像(肘内障)
       皆川先生が命名したJサインです。いつもこのような画像が見られるわけでも、また、見えないからといって、肘内障が否定できるわけではありません。
  • 待つから、治す治療へオステオトロンXについて皆様のご要望にお答えして、骨折治癒を促進させる最新の超音波骨折治療器を導入しました。 早期のスポーツ復帰が可能となります。 骨折だけでなく治りの悪い野球肘、離断性骨軟骨炎などに対しても、有効であるとの報告もあります。                                 
  • G-TESの導入についてロコモ予防や有酸素運動によるカロリー消費を目的としています
  • 当院は検査専門の医療機関ではありません。往診専門クリニックなどからの「レントゲンさえ撮ってくれれば、いいんだよ」といったご要望にお応えする余力はございません。提携先の病院受診をお願いします。
  • 健康保険証について

    初診や、毎月初めの受診の際は、健康保険証をお持ちください。 
    保険証がない場合、御預り金をいただくことになりますのでご注意ください。
  • 労働者(ホワイトカラーも含む)が仕事中あるいは通勤中、受傷した場合は、健康保険は使えません。
  • お薬についてのお願い。当院では、お薬は必ずご本人様の同意を得て処方しておりますこっそり、飲むのをやめないでくださいまずは院長にまで、ご一報ください病気をこじらせたり、慢性化する場合があります。
  • 湿布薬 の枚数制限について。法律上、能書に記載されいる以上の枚数を差し上げることができなくなっております。使い切ってしまったとしても、ご希望に添えない規約になっております。
  • 後遺症診断書についての注意。後遺症が認められるケースは自賠責で半数弱です。医学的に考えて、ふさわしくない症状は、例え追加記載しても、非該当とされる可能性は大です。また、初診しか受診せず、または受診しなくなって、長期間経過した後の後遺症診断は、そもそも事故との直接の因果関係は不明であり、申し訳ございませんが応じかねます。
  • 初診でありながら診察も検査もお断り、薬だけ寄こせ、処置だけしろとの要求は応じかねます。
  • 新しいAGA治療薬、飲む発毛治療薬ザガーロをお取り扱いしております。これまでのAGA治療薬に満足できなかった方にもお勧めします
  • プロペシアと全く同等品(フィナステリド錠)もお取り扱いしております。お求めやすくなりました。
  •  

わたなべ整形外科ビルダークリニック