次ヘ
次ヘ
詰将棋おもちゃ箱記録に挑戦!
記録展示室 No.106 柏木さん
記録に挑戦!
記録に挑戦!
解答を見るには「棋譜表示」ボタンをクリック

棋譜ファイル(柿木将棋kif形式)
出題時のコメント:
・・・の長・短手数記録 20手台

記録展示室No.106 柏木 前作(都桂香煙)に似たたたずまいですが、使用駒に銀4枚が増えています。 そう、本作は都銀桂香煙で、これも 初めての条件。 前作も本作も成駒が1枚もないのがきれいですね。

前作では73香成から63成香、64成香、65成香と引いて詰みました。 本作も同様に73銀成から成銀を63、64、65と引いて詰ます方針でいきましょう。

41から32の逃げ道があるので、初手は51桂成と47香の利きを通します。 62玉と逃げるのは73桂成、71玉、61成桂と銀を取って簡単で、同玉の一手。 そこですぐに42銀成(不成)と追っては62から71に逃げられて続きません。 先に空き王手で64桂と据えるのが好手。 67香の利きが4重に止るので、ちょっと指しにくいかもしれません。

  51桂成、同玉、64桂、57銀成、

ここから42銀成、52成銀、61成銀と強引に61の銀を剥します。 52成銀のとき同銀は73銀成以下。

  42銀成、62玉、52成銀、71玉、61成銀、同玉、

61成銀のとき81玉と逃げられる手が気になりますが、71成銀がいい手で、同玉は72銀、82玉、73桂成り以下、
91玉なら82銀、同玉、73桂成り以下で詰みます。

  62銀、同玉、74桂、51玉、62桂成、同玉、

72銀、51玉、52桂成と迫りたいところですが、67香の利きが止っている状態では続きません。 先に62銀と犠牲にして74桂から62桂成と66の桂を消去するのが重要な手。 この形になれば、73銀成以下例の筋に持ち込めます。

  73銀成、51玉、52桂成、同玉、53桂成、同玉、63成銀、54玉、

前作と違ってそのまま引いては47香が浮いているので失敗。 ここで56香と退路封鎖してから成銀を引いて収束します。

  56香、同成銀、64成銀、55玉、65成銀 まで29手

成駒なしの銀桂香12枚から気持ちのよい捌きで都煙の詰上り。 解答者のみなさんにも好評でした。

なお、作者から本作の短手数版(23手)の作品(右図)も届いていますので、本作を都銀桂香煙の長手数記録、短手数版を都銀桂香煙の短手数記録として登録しました。

短手数版の手順は下記の棋譜ファイルをご参照ください。

記録展示室No.106参考図棋譜ファイル(柿木将棋kif形式)

それでは、みなさんの感想を。 解答到着順です。

長谷繁蔵さん:
難しかったあ!
隅の老人Bさん:
初形は王と銀桂香だけの綺麗な駒配置、詰上がりは小駒での中央煙。
これまた、どんな記録かな?

これも新規に都銀桂香煙の長手数記録・短手数記録の項目を起こしました。

山下誠さん:
これまた成駒のない銀桂香図式。手順も爽やかで美しい姉妹局です。
おかもとさん:
銀桂香の三色から銀香二色のミニ煙。序がむずかしかったです。
松本浩一さん(作者):
アート展示室でPathfinder様の銀桂香煙作品を偶然見掛けまして、前に挑戦し途中で挫折していた都詰の御蔵入から、銀桂香だけの構成で途中の物から辿れる限り辿ってみました。
銀の成不成の決定が大分後に効いて来るのが気に入っております。
他、余り手順に捻りはありませんが、これまた楽しんで貰えれば幸いです。

57銀不成だと56香を取れないわけですね。

Pathfinderさん:
銀桂香による都煙詰。桂香に銀が加わるだけで手順が一層面白くなりますね。
蛇塚の坂本さん:
銀を手に入れすぐに6二銀同玉と捨てる手が指しづらかった。
鈴木彊さん:
終図が香2枚成銀2枚による都詰 No.105と同じ図ス?
波多野賢太郎さん:
銀桂香図式な上に手順も考えどころ十分で、駒もよく捌けて好作と思います。詰上がりも105と同形になり見事ですね。
S.Kimuraさん:
最後になって,4手目は銀成が最善と分かるのですね.
小山邦明さん:
No105と姉妹作の雰囲気。うまく駒を配置して収束につなげていると思います。
占魚亭さん:
6筋の香の利きを通すための捌きが気持ちいい。
池田俊哉さん:
こちらは銀桂香都煙の最長手数か。最短手数はわからないが、57銀成が限定になったのはうまい構成

これも1号局なので、長手数記録で短手数記録。 今回は作者が短手数版を作られたので、短手数記録はそちらの作品になりました。


記録展示室No.106 解答:13名 全員正解(下記)

  池田俊哉さん  S.Kimuraさん  おかもとさん  小山邦明さん  鈴木彊さん
  隅の老人Bさん  占魚亭さん  Pathfinderさん  長谷繁蔵さん  波多野賢太郎さん
  蛇塚の坂本さん  松本浩一さん  山下誠さん

当選者は、全題の解答発表のあと、展示室で発表します。