作品一覧
作品一覧
詰将棋おもちゃ箱

展示室(今月の詰将棋)

詰将棋おもちゃ箱
詰将棋おもちゃ箱

前回(9月展示室)解答者、当選者  当選:エレーンさん、おかもとさん


芸術の秋

解答は最終手と手数だけでOKです(なるべく感想も)

アート展示室 No.74

アート展示室 No.74
拡大表示
  アート展示室 No.75

アート展示室 No.75
拡大表示
  アート展示室 No.76

アート展示室 No.76
拡大表示
入選6回 大西智之

変同あり 10手台

  入選7回 大西智之

希望限定あり 20手台

  入選19回 eureka

非限定あり 10手台


カピタン展示室 No.32

カピタン展示室 No.32
拡大表示

鑑賞詰 89手

手順を並べて鑑賞する

  鑑賞詰: 指定した手順にしたがって詰める。

解くのではなく、手順を鑑賞して楽しむフェアリー詰将棋です。
詳しくはこちらを ==> 鑑賞詰で妄想力を鍛えよう

31飛、12玉、21飛成、13玉、11龍、12歩合、22龍、14玉、
13龍、25玉、15龍、36玉、16龍、26香合、25龍、27玉、
16龍、37玉、17龍、27香合、28龍、47玉、37龍、56玉、
36龍、46飛合、45龍、67玉、65龍、66金合、56龍、78玉、
58龍、68金合、69龍、87玉、89龍、88銀合、98龍、76玉、
96龍、86銀合、87龍、85玉、96龍、74玉、94龍、84銀合、
85龍、83玉、94龍、72玉、92龍、82銀合、81龍、63玉、
61龍、62金合、72龍、54玉、74龍、64金合、65龍、43玉、
45龍、44角合、54龍、32玉、52龍、42角合、41龍、23玉、
21龍、22香合、32龍、14玉、34龍、24香合、23龍、25玉、
14龍、36玉、25龍、37玉、36龍、28玉、39龍、17玉、
19龍 まで89手

作者 「裸玉・単騎図式(途中図も含む)・スーパー詰将棋です。
多分最短手数ではないと思うので、どなたか最短手数の図を
示していただけると嬉しいです。」

入選2回 深井一伸

感想をお聞かせください

 

解答募集: 解答、感想(短評)をメールでにお寄せください。
解答は最終手と手数だけでOKです。
締切:2020年10月末
解答者全員から抽選で2名に詰将棋の本などを呈賞。
1題でも解けたら是非ご解答ください。
解答と正解者は各展示室のコーナーで掲載、全解答者と当選者はその後ここで発表します。

作品募集:
在庫 11
 検討中 36
各展示室向けの作品を募集します。投稿は下記を明記してメールでにお寄せください。
  作者名・どの展示室向けか・図面・手順・狙い
  (図面、手順は柿木将棋のkif形式が望ましい)
解説はご自分で書くことも可能です(歓迎します)。お申し出ください。


アート展示室 美しい詰将棋
くるくる展示室 (暗算でも解ける)やさしい趣向詰
パズル展示室 パズル的な詰将棋
記録展示室 何らかの記録を更新する作品
ドキドキ展示室 大道詰将棋(形良く誘い手のある作品)
研究展示室 裸玉、双裸玉、300手以上の長手数作品
記念展示室 記念曲詰など、何らかの記念作品
カピタン展示室 フェアリー詰将棋

投稿・解答
受付の確認
作品投稿・解答の受付状況は投稿・解答履歴でご確認いただけます。
将棋ソフトの
利用について
自力で解いても将棋ソフトを利用して解いてもかまいません。
解けない作品については、将棋ソフトを利用して鑑賞することをおすすめします。

詰将棋解答・創作での将棋ソフトの利用についてをごらんください。


9月展示室 解答者、当選者

解答: 19名

  あいうえおさん  荒川貴道さん  嵐田保夫さん  池田俊哉さん
  市原誠さん  S.Kimuraさん  エレーンさん  おかもとさん
  金少桂さん  小山邦明さん  占魚亭さん   塚崎彰仁さん
  鳥本敦史さん  中沢照夫さん  浜野乙三さん  藤田卓志さん
  蛇塚の坂本さん  本間瑞生さん  山下誠さん

当選: エレーンさん  おかもとさん

  おめでとうございます。
  賞品をお送りしますので、賞品リスト から選んだご希望の賞品と送付先を メールでお知らせください。

総評など:

荒川貴道さん:
なんとなく解答したくなりました。10手台がやっとです。

毎回1題は短手数の作品も出題したいところ。 作家のみなさん、よろしく。

エレーンさん:
初解答です。 趣向詰の楽しさを感じることができました。 これからもよろしくお願いします。

初解答ありがとうございます。 また気に入った作品があったらご解答ください。

嵐田保夫さん:
それにしても、先月の大道詰将棋には痺れました。 締め切りに間に合わず、2問しか解けず。 それも不完全という体たらく。 次回の大道棋特集時にはリベンジしたいと思います。

大道棋特集、近いうちにまたしたいと思いますので、ぜひご挑戦ください。

アクセスカウンター
(2005.10.9〜)