作品一覧
作品一覧
詰将棋おもちゃ箱

展示室(今月の詰将棋)

詰将棋おもちゃ箱
詰将棋おもちゃ箱

前回(7月展示室)解答者、当選者  当選:隅の老人Bさん、陽気なわらしべ長者さん


夏のくるくる特集
解答は最終手と手数だけでOKです(なるべく感想も)

くるくる展示室 No.319

くるくる展示室 No.319
拡大表示
  くるくる展示室 No.320

くるくる展示室 No.320
拡大表示
  くるくる展示室 No.321

くるくる展示室 No.321
拡大表示
入選9回 ぬ

持駒は双方なし 10手以下


  入選30回 金少桂

とどめは香 20手台


  入選6回 野曽原直之

受方は持駒なし 30手台


くるくる展示室 No.322

くるくる展示室 No.322
拡大表示
  くるくる展示室 No.323

くるくる展示室 No.323
拡大表示
入選5回 永安克志

飛をどかすには 30手台

  入選41回 やよい

14×4+α 60手台


解答募集: 解答、感想(短評)をメールでにお寄せください。
解答は最終手と手数だけでOKです。
作者の励みになりますので、感想(短評)もよろしくお願いします。
締切:2016年8月末
解答者全員から抽選で2名に詰将棋の本などを呈賞。
1題でも解けたら是非ご解答ください。
解答と正解者は各展示室のコーナーで掲載、全解答者と当選者はその後ここで発表します。

作品募集:
在庫 16
 検討中 50
各展示室向けの作品を募集します。投稿は下記を明記してメールでにお寄せください。
  作者名・どの展示室向けか・図面・手順・狙い
  (図面、手順は柿木将棋のkif形式が望ましい)
解説はご自分で書くことも可能です(歓迎します)。お申し出ください。


アート展示室 美しい詰将棋
くるくる展示室 (暗算でも解ける)やさしい趣向詰
パズル展示室 パズル的な詰将棋
記録展示室 何らかの記録を更新する作品
ドキドキ展示室 大道詰将棋(形良く誘い手のある作品)
研究展示室 裸玉、300手以上の長手数作品
記念展示室 記念曲詰など、何らかの記念作品
カピタン展示室 フェアリー詰将棋

投稿・解答
受付の確認
作品投稿・解答の受付状況は投稿・解答履歴でご確認いただけます。
将棋ソフトの
利用について
詰将棋解答・創作での将棋ソフトの利用についてをごらんください。


7月展示室 解答者、当選者

解答: 17名

  池田俊哉さん  市橋宗士さん  S.Kimuraさん  おかもとさん  小山邦明さん
  鈴木彊さん  隅の老人Bさん  占魚亭さん  高田明浩さん  Pathfinderさん
  長谷繁蔵さん  波多野賢太郎さん  藤田卓志さん  蛇塚の坂本さん  松本浩一さん
  山下誠さん  陽気なわらしべ長者さん

当選: 隅の老人Bさん  陽気なわらしべ長者さん

  おめでとうございます。
  賞品をお送りしますので、賞品リスト から選んだご希望の賞品と送付先を メールでお知らせください。

総評など:

長谷繁蔵さん:
今年も暑くなりそうです。お手やわらかにお願いします。

暑い夏はくるくるで夕涼み。

高田浩史さん:
久しぶりの解答ですがよろしくお願いいたします。

気にいった問題があったらいつでもどうぞ。

隅の老人Bさん:
記録作特集だそうですが、不勉強なB爺さんには、何の記録か解らない作品もありました
No 109の記録は解った積りですが、長手数で手数勘定に追われて、飛打飛合の回数勘定までは手が回らず、です。
7月下旬のある日の午後、展示室の解答を書き終える。
隣家の老桜では喧しく蝉が鳴いている。
その声を聞きながら、ク−ラ−ONで、さて、今度は昼寝。

クーラーONでお昼寝タイム。 最高ですね。

松本浩一さん:
掲載有難う御座います。
軽い一言解説も兼ね、解答に挑戦してみました。
自力では解けず何とも情けない限りですが、楽しく鑑賞させて戴きました。
引続き頑張って参りたいと思います。
宜しく御願します。

また、おもしろい作品を見せてください。

Pathfinderさん:
加えて、全国大会で話に出た'とり研'の詳細を送らせていただきます。
よろしければ、おもちゃ箱の方で宣伝の方、お願いします。

詰将棋イベント情報に掲載させていただきました。 お近くの方はおでかけください。
9月17日(土)13時〜 米子 鳥取大学医学部キャンパス同窓会館

藤田卓志さん:
先日の詰将棋全国大会では写真を沢山撮っていただきありがとうございました。

お話できてうれしかったです。 ありがとうございました。

鈴木彊さん:
No.109は長手順なので途中の変化読みはたいへんです。
詰パラではこの作者馬詰恒司氏は見かけてないようにも思います。
凄い方(若しかしてペンネーム、かくし名?)がいるものですね。

ペンネームのような名前ですが本名で、看寿賞作家のベテラン。 詰パラでは昨年9月にたま研の課題作で登場していましたね。

波多野賢太郎さん:
今月は「星河」作品展に取り組み、推理将棋にも悩まされ、展示室もボリュームがあってなかなか大変でした。 しかし、どれも見所のある記録作ばかりで楽しかったです。

夏にしてはボリュームありすぎでしたか。 楽しんでいただけてよかった。

アクセスカウンター
(2005.10.9〜)