次ヘ
次ヘ
詰将棋おもちゃ箱記録に挑戦!
記録展示室 No.105 柏木さん
記録に挑戦!
記録に挑戦!
解答を見るには「棋譜表示」ボタンをクリック

棋譜ファイル(柿木将棋kif形式)
出題時のコメント:
・・・の長・短手数記録 10手台

記録展示室No.105 柏木 柏木さんは、展示室では初登場ですが、スマホ詰パラで活躍されていて、記録に挑戦!で、 都小駒歩なし煙(金銀桂香全駒)の長手数記録「段取八分」や都鶯煙(桂香歩全駒)の長手数記録「鶯宿梅」が登録されています。

いろいろな条件の都煙を開拓している柏木さん、本作は初めての都桂香煙です。 初めての条件の場合、1局しかないので、長手数記録でもあり、短手数記録でもあるわけですが、 まずは長手数記録として登録し、2号局が登場したときに長手数記録・短手数記録で振り分けることにします。

初形から桂を捨てて捌いていくしかないところ。 しかし、52桂成、53桂成と捨てるのは同玉で後続がありません。 61桂成、62桂成と捨てて、73香成と拠点を作るのがうまい手順。 それから6筋の桂を捨てれば67の香と73成香が連携して、都で詰め上がります。

  61桂成、同玉、62桂成、同玉、73香成、51玉、
  52桂成、同玉、53桂成、同玉、63成香、54玉、
  64成香、55玉、65成香 まで15手

作者 「都桂香煙、四香詰。見た目のみ綺麗ですが、実、邪魔桂馬四枚の只の処理です。」

成駒なしの初形桂香8枚から桂4枚が消えて四香詰の詰上りとは見事ですね。

小駒系の都煙では、合駒で大駒を取らなければ詰上り5枚が必要で、それを都煙と呼んでいます。 途中で大駒の合駒を取って4枚で詰め上がる都煙は見たことがありませんが、出現した場合には区別する名称が必要になるかもしれませんね。 都純桂香煙(合駒なし、5枚)と都桂香煙(合駒あり、4枚)とか。

盤面2種全駒の詰将棋では飛角図式が有名で、金銀8枚もかなり作られていますが、桂香8枚は過去1作しかありません。 それは使用駒玉と桂香8枚の長手数記録として登録されているおおさきさんの作品で、本作が2号局になります。 まだまだいろいろな作品が創作できそうな条件で、もっと作られてもよいと思うのですが。

なお、「古今趣向詰将棋名作選」で分類されている初形・詰上り趣向の分類では、 飛角図式は盤面が玉と飛角4枚、金銀図式は使用駒種が玉と金銀、桂香図式は21桂11香のある図と、名前の付け方がばらばらで、 非常にわかりにくくて困ったものです。 本作の初形は、桂香全駒図式と呼ぶことになるのでしょうか。

それでは、みなさんの感想を。 解答到着順です。

陽気なわらしべ長者さん:
久し振りにラムネを飲んだ様にスカッとした。
長谷繁蔵さん:
詰上り香だけ面白い。
高田明浩さん:
桂の成り捨てが気持ちよかったです。
隅の老人Bさん:
初形は王と桂香だけの駒配置、詰上がりは四香詰、詰手数は15手。
さて、何の記録でしょうね。

新規に都桂香煙の長手数記録の項目を起こして登録しました。

山下誠さん:
成駒のない桂香図式ぁら爽やかな手順を経て四香詰。嫌味がなくて美しい作品です。
おかもとさん:
桂香の二色から香の一色+ミニ煙ですね。56香は歩でも可、なんてヤボなことをいってはいけないんでしょうね。

どちらでも可能なら、本作なら当然香にしますね。

松本浩一さん(作者):
ケキョもまあ鳴き声にはなりそうでして、都歩無し鶯煙とでも呼びましょうか。
他に考えられた方も居るかとは思う故、出した物勝ちかも知れません。楽しんで貰えれば幸いです。

歩なし鶯だと、ちょっと考えないと駒種がわからないので、ダイレクトに都桂香煙としました。

Pathfinderさん:
成駒のない桂香図式から香一色の都煙詰は美しいですね。
蛇塚の坂本さん:
桂が全て捌け香だけが残った形は非常に綺麗です。
藤田卓志さん:
5手目の香成に気付くまで迷路をさまよいました。
4枚の桂が見事に消え、美しい詰め上がりですね。
鈴木彊さん:
終図が香3枚成香による都詰 仮名のス?

これを「ス」と読ませるのはちょっと苦しいですね。

波多野賢太郎さん:
桂馬はすべて成捨で、でも単に四連続成捨でないところがちょっといいです。
市橋宗士さん:
盤面玉以外は、桂香だけの初形図、詰め上がりは四桂をすべて成り捨てて4枚の香だけでの趣向作、うーん見事に詰み上がった。不動の3枚の香ががっしりした感じ。初形、桂と香が別々のかたまりに見えて面白かったが、この配置に決定するまで苦労・工夫されたのでは推察。初形図と詰上図の比較で言えば、最終成「桂」という手順の作品も、別の意味で、あり、かと。今月は、三連作の趣向詰め、1題しか解けませんでしたが、106番、107番は、解説にて、鑑賞したいと思います。
S.Kimuraさん:
56の香車を54に動かすだけで4手減り,56,47,67の香車を58,49,69に動かせば良い4手増えそうですが,長・短手数記録というよりも,都煙詰め自体が大事ということでしょうか.

単に桂香全駒図式、あるいは四香詰ならもっと長手数の作品があるので、都煙ということで記録になります。

小山邦明さん:
手順も初形もすばらしい。初入選とは思えません。
占魚亭さん:
一気の捌き。この図はちょっとした発見かも。
池田俊哉さん:
桂香都煙の最長手数かな?でも最短手数がわからない...
ただ、成香に意味のある四香詰になったのは良い。

1号局なので、短手数記録にもなります。


記録展示室No.105 解答:17名 全員正解(下記)

  池田俊哉さん  市橋宗士さん  S.Kimuraさん  おかもとさん  小山邦明さん
  鈴木彊さん  隅の老人Bさん  占魚亭さん  高田明浩さん  Pathfinderさん
  長谷繁蔵さん  波多野賢太郎さん  藤田卓志さん  蛇塚の坂本さん  松本浩一さん
  山下誠さん  陽気なわらしべ長者さん

当選者は、全題の解答発表のあと、展示室で発表します。