おじさんのちまちま備忘録

海の上を「ぶらぶら歩く」とは 2020/12/9

 登別市立図書館ホームページのサイドメニュー 「市民活動サポーターおすすめ郷土資料」 コーナーに載せようと、佐藤三次郎氏が昭和13年に 「アチック・ミューゼアム」から出版した 「北海道幌別漁村生活誌」の テキストデータ化作業に取り組んでいる。
 その打ち込み作業で、「へぇ~」と感心させられる、 あるいはアイヌの人達の話言葉で、こんな表現方法 があるのか、と驚かさせられることが多々あり、 独りニンマリ。
 そのひとつが、13、4歳当時、親のシリカップ漁 について歩いたという板久孫吉氏の話。 シリカップとは元はアイヌ語で「メカジキ」のこと。 佐藤氏が伯父でもある孫吉さんにインタビューし、 当時の漁の模様を再現しているが、その一部を紹介。
 「それから?」
 「それから、シリカップ探して歩くんだ。一人が表を漕いていると・・・(略)」
 「なるほど、そしてシリカップ見つけるまでぶらぶら歩いてゐるんだな?」
 「さうだ。一日いつぱい歩つても見付けられない時や、獲りつぱぐつた時は、その晩沖さ泊るんだ」
 ~略~
 「あゝさうか、そして次の日に又探すんだな?」
 「うん、次の日の朝暗いうちから又探して歩くんだ」
 ~略~
 佐藤三次郎氏は有名なアイヌ言語学者・知里真志保氏 の義弟で、かつ真志保氏からアチック・ミューゼアム彙集と して  「幌別村漁村生活誌」を書くよう励まされたいきさつがある。
 文中では、舟で漁に出る時、飲料水は徳利に入れて携行するのだが、
 「~水は貧乏徳利さ入れて、エンドつていふ草あるべ、あれで栓(くち)するんだ」
 「何(な)してエンドで栓するんだべ?」
 「あの草で栓すれば、何日置いても水の味が變らないからよ。~略~」
とある。エンドとはナギナタコウジュ(薙刀香需)のこと。風邪や吐き気、下痢などに薬効があり、口臭除去のうがい薬代わりにもなるという。
 アイヌの人たちが、代々伝えてきた知恵だ。

「幌別村男爵伝」 2020/11/20

 「文芸のぼりべつ 第39号」(令和2年9月発行)に投稿した創作「幌別村男爵伝」。 発行している登別市文化協会に、道外などから購入を希望する電話が数件入るなど、 うれしい限りの反応。
 しかし残念ながら、300部印刷した39号は早々に売り切れとなりました。「祖先の 話が載っているので」といった購入希望者もチラホラ、おられたよう。
 ならば、とインターネットで作品を読めるように、私の個人ウエブサイト「おじさんズ」 の「ちまちま文芸帳」に、作品をアップ。少しでも、お役に立てば・・・。手前みそに なりましたが、お許しを。

サイトリニューアル 2020/8/29

おじさんズ3人組も、最長老は米寿間近、アニさんも車の免許返上で活動は自然休止状態に。というわけで、 ここは心機一転、おじさんズ3号が地域にわずかでも貢献できそうなページをつくろうと、 サイトをリニューアル。図書館支援の一助に—と、がんばりま~す。