つくばみらい市、つくばエクスプレスのみらい平駅近くの小児科クリニックです。

新着ニュース(2016年8月18日)
☆同時接種は4つの注射とロタリックスの合計5つまで受け付けています。
☆ロタリックス(ロタウイルスワクチン)は同時接種でのみ受け付けております。
☆B型肝炎ワクチンもお勧めしています。思い立ったら早いほうが良いですが、3回の接種です。
☆水痘ワクチンは6か月以上の間隔を開けて2回接種することをお勧めします。
☆おたふくかぜワクチン2回目は小学校入学前に麻疹風疹2回目と一緒に打つと良いでしょう。
8月20日土曜日は院長のみの診療となります。
☆肺炎球菌、Hibワクチンの接種について
これらのワクチンは他のワクチンよりも早く、2か月から接種できます。 早期から接種するのは、肺炎球菌やHibによる髄膜炎の脅威が乳児期前半から忍び寄っているからなのです。これらのワクチンを受けるなら、なるべく早くしないとせっかくの防御が間に合わなくなってしまいます。 4種混合がターゲットとする百日咳も乳児期にかかると 無呼吸を起こしたり、命に関わる事態になります。 これら3つのワクチンを効率的に早く受けるには、2か月早々に肺炎球菌とHibを同時接種、3か月になったら4種混合を加えた3者同時接種を行うようにすると良いです。さらにロタワクチン、B型ワクチンを同時に行うか考えて下さい。
ご希望により単独接種を行っていますが、以上の理由から、早期からの同時接種をお勧めしています。
☆乳児期の接種スケジュールについては、日本小児科学会とワクチンで検索してください。推奨スケジュールが公表されています。
また、小児科学会から同時接種についての声明文が出ています。
「ワクチン、同時接種」で検索してみて下さい。

☆トラベルワクチン(A型肝炎、B型肝炎、狂犬病、破傷風トキソイド)をご希望の場合は
あらかじめ受付でご予約をお願い致します。渡航されるご両親の接種も可能です。
☆ワクチンデビューのほとんどの方が2か月から接種を受けています。また、95%以上の方が同時接種でスタートしています。
☆成人の風疹が流行しています。麻疹風疹ワクチンの自治体補助も始まりましたので妊娠予定の女性や家族は接種を検討して下さい。

当院休診中の病態悪化時には筑波メディカルセンター病院、取手協同病院の救急外来を受診されますよう、お願いいたします。
守谷第一病院で小児科医が夜間の救急診療している日は限定されますので、ご注意ください。
どの病院も夜間になるとドクターが一人となり、検査業務も限定されますので、なるべく日中の外来を受診することをお勧めいたします。
受診の際は必ず電話をおかけください。

心臓病、発達障害、夜尿症、食物アレルギーなど院長が「じっくりと」診療する必要がある場合は受付で予約をお取りしております。なるべく午後の予約をお取り下さい。直接受け付け宛お電話下さい。
食物負荷試験は2−3ステップのみ行っています。基本的に火曜日朝のみの予約となります。
事前に診察を受けて頂いた上での予約となりますので、ご注意下さい。
発達障害の初診時もお取りできる時間は限られますのでご留意下さい。

☆ワクチンデビューする時は優先的に
 予約を受け付けます。
 直接受付にお電話下さい。
 なお、接種スケジュールは初回接種時に
 ご説明致します。

☆子宮頚癌ワクチン接種は現在中止しています。
☆水痘ワクチンは3歳未満で二回接種です
☆つくばみらい市に続いて常総市でもでおたふくかぜの補助が始まっています。