碧海電子鉄道


since 2000.11.5
Sorry,only in Japanese.

構 内 放 送

【同和鉱業片上鉄道のページを公開】

 

40年前に訪問した同和鉱業片上鉄道40年前の春休み、中国地方へ旅行に出掛けました。目的は岡山県内の非電化私鉄3路線と、山口線、クモハ42が残っていた小野田線(本山支線)です。そして、関門トンネルを通って初めて九州にも入りました。
 今回は田園茶屋駅展示室のコンテンツ、「私鉄の機関車が牽く旅客列車」新ページ「片上鉄道」です。シリーズの中でも魅力たっぷりであった路線です。
 同社については、Xで写真を公開してきました。それらが好評を受けているのは、今もって同社に魅力を感じている方が多いことの現れであろうと思います。
 そういう意味では、公開が少なくとも10年遅かったと感じています。たびたび書いていることですが、従来型HPの閲覧数は大きく減りました。SNSが普及する前に公開していれば、もっと多くの方にご覧いただけたであろうと思います。
 それでも新ページの制作を行ったのは、SNSはせいぜい数日しか賞味期限がないからです。1〜2日の間は閲覧数が伸びますが、それ以降はほとんど見ていただけなくなってしまいます。あの方はきっと喜んで下さるだろうと思って公開しても、見逃されてしまったら終わりです。
 ずっと維持しているので、見たいときはいつでもお越しください。その方針は碧電開業当時から不変のものです。
 4泊に車中1泊の6日間。学生生活最後の1年は卒研に追われ、これだけの長い期間の旅行に出掛けられるのは最後の機会になりました。(24.6.9)


 構内放送ログはこちらへ。

トップページカウンター

ようこそ碧海電子鉄道へ

仮想の鉄道、碧海電鉄へようこそ。碧海電鉄といってもかつて名鉄西尾線の前身として実在した碧海電気鉄道ではありません。当鉄道では愛知県出身の開設者が40年以上にわたって撮影した鉄道写真のアルバムをご紹介していきます。

更新情報



改札口(いりぐち)
(全線均一無料)

運輸約款(おやくそく)

リンクは自由です。特にご連絡は不要ですが、ご厚意は歓迎します。
必要あれば中身のページでもご自由にリンクして下さい。
画像の著作権は撮影者にあります。画像への直リンク、無断使用、転載はお断りします。

碧海電子鉄道 ©2000-2024

開設者:愛知県 鈴木雄司

Created by ez-HTML