本文へスキップ

毎月18日更新 安心(あんじん)をお届けします

潮音寺(ナモの寺)

必有隣

人間 徳を重ね
自らを磨くということは
甚だ難しく
その道程は
孤独なものである

故に『論語』では
 「徳は孤ならず
 必ず隣あり」という

しかるに
大乗の菩薩(修行者)は
上求菩提
(自身は向上を目指し)
下化衆生
(苦悩するものを救済する)
他者と共にというところに
重きがおかれる

されば
共に笑い 共に泣き
共に歩む
癒やしと安心のある
仏道でありたい

下の再生ボタンをクリックすると、音声が流れます。

お知らせ解説

必有隣


「徳不孤、必有隣」出典は『論語』
 (とくはこならず かならずとなりあり)
 徳のある人(人格者)は孤立することなく、必ず共鳴者、理解者が現れるものである。

新着情報news

2018年5月18日  下の画像の部分をクリックして下さい。
もし、読み込みにエラーが出る場合は、ウェブブラウザをGoogle Chromeで試して下さい。
『潮音寺だより』平成30年6月号発刊しました。

潮音寺(ナモの寺)

〒456-0034
愛知県名古屋市熱田区伝馬1-10-11

TEL 052-671-4831