本文へスキップ

毎月18日更新 安心(あんじん)をお届けします

潮音寺(ナモの寺)

拈華微笑

人間
この世に生まれてきた以上
願を持つべし

そして
願成就のためには
よき師匠に付くべし

仏弟子の迦葉尊者が
釈尊から
以心伝心
不立文字
教外別伝の法門を
付属されたがごとく
よき師との巡り逢いは
掛け替えなきもの

ために
歩き歩いて
尋ね探し求めるがよい
じっとしていたのでは
何も始まらず
何も生まれない

下の再生ボタンをクリックすると、音声が流れます。

お知らせ解説

拈華微笑


「拈華微笑」(ねんげみしょう)
【意味】 釈尊が霊鷲山で会衆を前に蓮華を無言でひねったのに、その弟子迦葉だけが微笑して応じたことをいう。

新着情報news

2019年8月18日  下の画像の部分をクリックして下さい。
もし、読み込みにエラーが出る場合は、ウェブブラウザをGoogle Chromeで試して下さい。
『潮音寺だより』令和元年9月号発刊しました。

潮音寺(ナモの寺)

〒456-0034
愛知県名古屋市熱田区伝馬1-10-11

TEL 052-671-4831