本文へスキップ

毎月18日更新 安心(あんじん)をお届けします

潮音寺(ナモの寺)

豈容不去

夕焼け小焼けで日が暮れて
山のお寺の鐘がなる
おててつないでみなかえろう
からすといっしょにかえりましょ

子供がかえったあとからは
まるい大きなお月さま
小鳥が夢を見るころは
空にはきらきら金の星

お寺の鐘は
「行けよ」という釈尊の声
まるいお月さまは
「来いよ」と喚ぶ
阿弥陀さま

さあ
あなたもわたしも
みなでいっしょに
浄土極楽へ
あに去かざるべけんや


下の再生ボタンをクリックすると、音声が流れます。

お知らせ解説

豈容不去


「豈容不去」【出典】善導大師『観経疏』
 釈迦はこの方より発遣し、弥陀はすなわちかの国より来迎したまう。かしこに喚び、ここに遣る。あに去らざるべけんや。

新着情報news

2020年9月18日  下の画像の部分をクリックして下さい。
もし、読み込みにエラーが出る場合は、ウェブブラウザをGoogle Chromeで試して下さい。
『潮音寺だより』令和2年10月号発刊しました。

潮音寺(ナモの寺)

〒456-0034
愛知県名古屋市熱田区伝馬1-10-11

TEL 052-671-4831