本文へスキップ

毎月18日更新 安心(あんじん)をお届けします

潮音寺(ナモの寺)

看々臘月盡

むかし中国で
坊さんが山中を歩いていると
樹の上に仙人がいる

「何をしているか?」
「見てのとおり修行しておる」

「修行して何になる?」
「不老長寿二百年!」

「では二百一年目はどうなる?」
仙人はぐうの音も出ず
坊さんの弟子になったという

どんなに長生きしようが
人間いつかは死ぬ

南無阿弥陀仏
浄土極楽往生は
無量寿への旅立ち

身支度を調えて
準備しておかねばならぬ

下の再生ボタンをクリックすると、音声が流れます。

お知らせ解説

看々臘月盡


「看々臘月盡」(看よ看よ臘月尽く)
 みるみるうちに年は暮れかかる。あっというまに一生の決着の時がやってくる。

新着情報news

2020年11月18日  下の画像の部分をクリックして下さい。
もし、読み込みにエラーが出る場合は、ウェブブラウザをGoogle Chromeで試して下さい。
『潮音寺だより』令和2年12月号発刊しました。

潮音寺(ナモの寺)

〒456-0034
愛知県名古屋市熱田区伝馬1-10-11

TEL 052-671-4831