逍遥の山
回想
雑記帳
宿題
更新履歴
since 1 Oct 1998
雨引山から筑波山を望む

 
2 Dec 2022

ワールドカップ、一次リーグ3回戦。早起き。

日本vsスペイン、2-1。
前半序盤に得点機があったものの、先制されスペインのボール回しを延々と見させられる展開。しかもCB3人が全員イエローカードを貰うという不利な状況に。

ところが後半、両サイドに三笘と堂安を投入して前線への押し上げを強め、堂安の目の覚めるようなミドルシュート、同じく堂安のクロスをゴールラインぎりぎりで受けた三笘の切り返しから田中碧が押し込み逆転。

その後は前半のようにスペインのボール回しとなったものの、優勝経験国は疲労からかスピードと精度を欠くように。富安に遠藤まで投入して守備の安定さを高め、なんとそのまま勝利。これで首位で一次リーグ突破。なるほどドイツ戦は奇跡ではなく、コスタリカ戦が不味かっただけか。そういう特性のあるメンバー構成なのだろう。


前半を見ているあいだはどうなることかと思ったものだけど、最少失点で留めたのは朝のニュースで分析結果が報じられたとおり、ドイツ戦に比べてもペナルティエリアへの侵入が防がれていたため。結果的には「持たせていた」という状況だった。

得点機に関して、さすがの三笘、さすがの堂安だけど、勝ち越し点の意味を越えてここは碧のゴールをとくに喜びたい。ドイツでの所属チームで得点することも求められ苦闘してきたなかでの世界注視の結果。これをさらなる弾みに。

前半、初スタメンの谷口が守田や碧と三角形を作ってパス交換し機を窺う場面など、フロンターレ時代を思わせて懐かしさすらも。


ドイツvsコスタリカ、4-2。
結果のみ。一時は勝ち越されたドイツ、2点差で勝ったものの日本がスペインに勝ったため得失点差でスペインに及ばず一次リーグ敗退。2大会連続の敗退にドイツの凋落は歴然たるものに。

クロアチアvsベルギー、0-0。
結果のみ。ベルギーが攻め立てた模様だけどゴールは割れず。前回大会3位で世界ランクは2位のベルギー、なんと一次リーグで敗退。クロアチアは2位通過で、次の日本の相手に。ベルギーに押されていたという東欧の雄、さて日本戦はどうなるか。

モロッコvsカナダ、2-1。
結果のみ。ベルギーを早々に退場させたのはアフリカの俊敏な国。モロッコがこの組の首位になるとは誰が予想したか…(日本の首位もだけど)。次戦はスペインと。面白い試合になりそうな予感。

 
今月のPreface/Monologue Preface/Monologue(index) To Top