真空管式スーパーラジオ徹底ガイド    正誤表

この本は現在入手可能な部品を使って、5球スーパーを組み立てる上でのノウハウをまとめた物です。
日本でのラジオの歴史から設計方法 実際の組み立て方、更に調整方法まで詳細に解説してあります。
並四 高1など真空管ラジオの組み立てにも役立つと思います。
残念ながら誤植が見つかりました、正誤表もご覧ください
具体的な内容については、目次の画像をご覧ください。

  中津市立小幡記念図書館に寄贈してあります、ご利用ください。












 梅田さんのご好意でテキストにしていただきましたので 下記に追記します。
 ラジオ温故知新


真空管式スーパーラジ 徹底ガイド 目次

第1章 ラジオ放送と受信機の仕組み
 1-1  電波について……………………………………………………………………………………………………………10  
   ・送信と受信の仕組み……………………………………………………………………………………………………11
 1-2  受信の仕組みを最も簡単な鉱石ラジオで知る………………………………………………………………………13
 1-3  ループアンテナやバー(μ)アンテナ…………………………………………………………………………………15
 1-4  受信機の回路方式………………………………………………………………………………………………………16
   ・ストレート受信機(並四など)………………………………………………………………………………………16
   ・高周波増幅付きストレート受信機(高1など)………………一…………………一……………………………17
   ・スーパーヘテロダイン受信機………………………………一………………………………………………………18
 1-5  日本で作られた受信機と電界強度……………………………………………………………………………………18

第2章 日本のラジオの歴史
 2-1  大正末から昭和初期にかけて……………………………………………………一…………………………………22
 2-2  昭和4年頃〜……………………………………………………………………………………………………………22
 2-3  昭和10年頃〜……………………………………………………………………一……………………………………23
 2-4  昭和14年〜………………………………………………………………………………………………………………24
    ・放送局型受信機………………………………………………………………………………………………………25
 2-5  昭和20年〜………………………………………………………………………………………………………………26
 2-6  昭和23年〜………………………………………………………………………………………………………………26
 2-7  日本におけるmT管の発売と普及について……………………………………………………………………………31

第3章 スーパーヘテロダイン受信機のやさしい設計法
 3-1  スーパーの構成と総合利得……………………………………………………………………………………………34
 3-2  スーパーの各回路の設計法……………………………………………………………………………………………35
   ・入力回路(同調回路を含む)…………………………………………………………………………………………35
   ・周波数変換回路…………………………………………………………………………………………………………35
   ・混合について……………………………………………………………………………………………………………37
   ・局部発振回路……………………………………………………………………………………………………………38
     アンテナ側の周波数変化範囲は535〜1,605kHzで約3倍…………………………………………………………39
 回路定数………………………………………………………………………………………………………………40
   ・中間周波増幅回路………………………………………………………………………………………………………41
     中間周波トランス(IFT) ……………………………………………………………………………………………41
     1FT の周波数…………………………………一……………………………………………………………………42
     1F段にはリモートカットオフ管を…………………………………………………………………………………43
   ・回路について……………………………………………………………………………………………………………43
     主な部品とその定数…………………………………………………………………………………………………43
     いろいろなIFTの種類 ………………………………………………………………………………………………44
   ・検波とAVC回路 …………………………………………………………………………………………………………44
     AVC回路 ………………………………………………………………………………………………………………45
     遅延AVCについて ……………………………………………………………………………………………………46
   ・低周波増幅回路と電力増幅回路………………………………………………一……………………………………46
     出力トランス…………………………………………………………………………………………………………48
     スピーカー……………………………………………………………………………………………………………49
   ・電源回路…………………………………………………………………………………………………………………49
     A電源 …………………………………………………………………………………………………………………49
     B電源 …………………………………………………………………………………………………………………50
     基本的な整流回路……………………………………………………………………………………………………51
     平滑回路………………………………………………………………………………………………………………54
     直熱真空管のバイアス回路…………………………………………………………………………………………56
     C電源 …………………………………………………………………………………………………………………56
     電池管ポータブルラジオの回路例…………………………………………………………………………………57
     半固定バイアス………………………………………………………………………………………………………57
     固定バイアス…………………………………………………………………………………………………………57
     電源トランスと整流管の選択の例…………………………………………………………………………………57
     実際に使われる電源回路の例………………………………………………………………………………………59
     トランスレス5球スーパーの電源…………………………………………………………………………………60
      ・ヒーター用A電源 ………………………………………………………………………………………………61
      ・プレートおよびスクリーングリッド用B電源 ………………………………………………………………61
     アースについて………………………………………………………………………………………………………62
 3-3  そのほかのスーパーの例………………………………………………………………………………………………62
   ・高周波増幅付きスーパー…………………………………………………………………一…………………………62
     シャープ「RS-350型」マジックアイ付き7球スーパー…………………………………………………………62
     ナショナル「BL-620型」マジックアイ付き7球スーパー………………………………………………………62
   ・簡略化スーパーの例……………………………………………………………………………………………………63

第4章 5球スーパー製作のための使用部品
 4-1  真空管……………………………………………………………………………一……………………………………66
   ・真空管はナス管から始まった………………………………………………一………………………………………67
 4-2  真空管用シールドケース………………………………………………………………………………………………68
 4-3  5球スーパーコイル……………………………………………………………………………………………………72
   ・ループアンテナ…………………………………………………………………………………………………………72
   ・現在入手できる5球スーパーコイル…………………………………………………………………………………72
     ミズホ通信の復刻版5球スーパーコイル…………………………………………………………………………72
     アサヒ通信の5球スーパーコイル…………………………………………………………………………………72
     補修交換用のコイル…………………………………………………………………………………………………74
   ・5球スーパーコイルの自作やトランジスター用を真空管ラジオ用に改造する方法……………………………74
     コイルの材料…………………………………………………………………………………………………………74
     バーアンテナの利用…………………………………………………………………………………………………74
     0SCコイル ……………………………………………………………………………………………………………75
 4-4  パディングコンデンサー…………………………………一…………一…一………………一……………………75
   ・パディングコンデンサーの代用………………………………………………………………………………………76
     固定タイプ……………………………………………………………………………………………………………76
     半固定タイプ…………………………………………………………………………………………………………76
 4-5  バリコン…………………………………………………………………………………………………………………76
   ・バリコン取り扱い上の注意……………………………………………………………………………………………77
   ・高周波増幅付き3連バリコン…………………………………………………………………………………………77
 4-6  中間周波トランス (IFT)………………………………………………………………………………………………78
   ・現在販売されているIFT とその内部構造……………………………………………………………………………80
   ・中古品で入手できる可能性の高いIFT ………………………………………………………………………………80
 4-7  音量調整用ボリューム(VR)……………………………………………………………………………………………82
   ・動作不良になったボリュームの修理や交換のアイデア……………………………………………………………84
 4-8  スピーカー………………………………………………………………………………………………………………85
   ・フィールド型(電磁型/励磁型)ダイナミックスピーカー…………………………………………………………85
   ・パーマネントダイナミックスピーカー………………………………………………………………………………86
 4-9  出力トランス……………………………………………………………一……………………………………………87
 4-10 電源トランス……………………………………………………………………………………………………………88
 4-11 電解コンデンサー(ケミコン)………………………………………………………………………………………90
   ・ブロック型ケミカルコンデンサー……………………………………………………………………………………92
   ・使用上の注意……………………………………………………………………………………………………………93
   ・現在入手できるケミコン………………………………………………………………………………………………93
 4-12 抵抗器やコンデンサー…………………………………………………………………………………………………93
 4-13 真空管ソケット…………………………………………………………………………………………………………94
 4-14 ダイヤル…………………………………………………………………………………………………………………95
   ・バーニヤダイヤル………………………………………………………………………………………………………95
   ・中古品のダイヤルメカの例……………………………………………………………………………………………96

第5章 5球スーパー組み立て時の注意と中古部品利用のノウハウ
 5-1  組み立てるときの注意…………………………………………………………………………………………………98
   ・信号の流れに沿った部品配置が大切…………………………………………………………………………………98
   ・6D6などにはシールドケースを忘れずに ……………………………………………………………………………98
   ・コイルの配置には注意…………………………………………………………………………………………………98
   ・トリマー…………………………………………………………………………………………………………………99
   ・ネジはワッシャーを入れて固定する…………………………………………………………………………………99
     ボリューム回転止め…………………………………………………………………………………………………99
   ・トランス付きラジオのヒーター配線は片側をアース………………………………………………………………99
   ・低周波回路 ……………………………………………………………………………………………………………100
   ・鉄板製のシャシーのアース …………………………………………………………………………………………100
   ・ドランスレスラジオのアース ………………………………………………………………………………………100
   ・コイルまわり …………………………………………………………………………………………………………100
   ・パディンクコンデンサーの取り付け ………………………………………………………………………………101
   ・平滑用電解コンデンサー(ケミコン) ……………………………………………………………………………101
   ・真空管の規格 …………………………………………………………………………………………………………101
   ・同じ名前なのに別の真空管 …………………………………………………………………………………………101
   ・手抜きの真空管 ………………………………………………………………………………………………………102
   ・単巻トランス …………………………………………………………………………………………………………102
 5-2  中古部品を楽しく利用するためのノウハウ ………………………………………………………………………102
   ・代用真空管の製作法 …………………………………………………………………………………………………103
     代用ソケットの構造 ………………………………………………………………………………………………103
   ・ST管の修理法 …………………………………………………………………………………………………………103
     ベースの接着外れ …………………………………………………………………………………………………103
     トップグリッドの外れ ……………………………………………………………………………………………103
     べ一スのハンタ付け不良 …………………………………………………………………………………………107
   ・動作中に発生する真空管の異常現象について ……………………………………………………………………107
     電極の内部で桃色に光る現象 ……………………………………………………………………………………107
     空気の入った真空管 ………………………………………………………………………………………………107
     音のする真空管 ……………………………………………………………………………………………………108
     原因不明の症状 ……………………………………………………………………………………………………108
   ・不良IFTの修理 ……………………………………………………………………………………………………108

第6章 5球スーパー受信機の組み立て例
 6-1 ST管5球スーパーの組み立て…………………………………………………………………………………………110
   ・電源トランスの選定 …………………………………………………………………………………………………110
   ・真空管の選定 …………………………………………………………………………………………………………112
   ・真空管の入手に困ったら ……………………………………………………………………………………………113
   ・ST管ソケット …………………………………………………………………………………………………………113
   ・シールドケース ………………………………………………………………………………………………………114
   ・430pF2連バリコンとコイル、IFT……………………………………………………………………………………114
   ・使用する部品について ………………………………………………………………………………………………114
     抵抗とコンデンサー ………………………………………………………………………………………………114
     真空管 ………………………………………………………………………………………………………………115
     コイルとバリコン …………………………………………………………………………………………………115
   ・5球スーパー受信機を組み立てる …………………………………………………………………………………116
   ・組み立ての注意 ………………………………………………………………………………………………………120
   ・組み立て後 ……………………………………………………………………………………………………………122
   ・調整方法 ………………………………………………………………………………………………………………124
    中間周波トランスの調整 ……………………………………………………………………………………………124
    受信周波数範囲の調整 ………………………………………………………………………………………………125
    トランキンク調整 ……………………………………………………………………………………………………125
どうしてもインタクタンスを調整したい場合の方法 ……………………………………………………………126
   ・調整が完了したST管5球スーパー受信機 …………………………………………………………………………126
 6-2 mT管5球スーパー(トランス付き)の組み立て……………………………………………………………………128
   ・mT管5球スーパーの回路 ……………………………………………………………………………………………128
   ・使用部品 ………………………………………………………………………………………………………………128
    真空管 …………………………………………………………………………………………………………………131
    電源トランス …………………………………………………………………………………………………………131
    コイルとバリコン ……………………………………………………………………………………………………131
    シャシー ………………………………………………………………………………………………………………132
    1FT………………………………………………………………………………………………………………………133
   ・組み立て作業 …………………………………………………………………………………………………………133
   ・配線を始める …………………………………………………………………………………………………………135
     発振コイルの組み込み ……………………………………………………………………………………………135
     平滑用抵抗器の取り付け方 ………………………………………………………………………………………136
     ラグ端子利用上の注意事項 ………………………………………………………………………………………137
   ・組み立て後の確認と動作試験 ………………………………………………………………………………………137
   ・調整方法 ………………………………………………………………………………………………………………139
     IFTの調整……………………………………………………………………………………………………………139
     IFTの同調周波数を揃える…………………………………………………………………………………………140
     受信周波数範囲の調整 ……………………………………………………………………………………………141
     トラッキング調整 …………………………………………………………………………………………………141
 6-3 mT管トランスレス5球スーパー受信機の組み立て …………………………………………………………………142
   ・基本構想 ………………………………………………………………………………………………………………142
   ・外観 ……………………………………………………………………………………………………………………142
   ・回路の考え方 …………………………………………………………………………………………………………142
   ・主な回路の説明 ………………………………………………………………………………………………………144
     周波数変換回路 ……………………………………………………………………………………………………144
     中間周波増幅・検波回路 …………………………………………………………………………………………145
     ヒーター回路の接続順について …………………………………………………………………………………145
     同調表示回路について ……………………………………………………………………………………………146
   ・製作データ ……………………………………………………………………………………………………………146
     アンテナコイルの作り方 …………………………………………………………………………………………147.
     発振コイルの作り方 ………………………………………………………………………………………………147
     1FTの作り方…………………………………………………………………………………………………………148
   ・トランスレススーパーの調整 ………………………………………………………………………………………149
     TO(テストオシレーター)またはSSG(標準信号発生器)を使う方法………………………………………149
      ・IFTの調整………………………………………………………………………………………………………………149
      ・受信範囲を決める ……………………………………………………………………………………………………149
      ・トラッキングの調整 …………………………………………………………………………………………………149
     TOやSSGなどの測定器を使わない調整法…………………………………………………………………………150
      ・IFTの調整………………………………………………………………………………………………………150
      ・受信範囲を決める ……………………………………………………………………………………………150
      ・トラッキングの調整 …………………………………………………………………………………………151
   ・トラブルが発生したときのために …………………………………………………………………………………151
   ・注 意 …………………………………………………………………………………………………………………151

第7章 スーパーラジオの調整
 7-1 約束事……………………………………………………………………………………………………………………154
 7-2 lFTの調整方法 …………………………………………………………………………………………………………154
 7-3 目盛合わせ………………………………………………………………………………………………………………156
 7-4 トラッキング調整………………………………………………………………………………………………………157
 7-5 東芝「かなりやQ」 ……………………………………………………………………………………………………158
   ・「かなりやQ」のシャシー内部………………………………………………………………………………………158

COLUMN

並四とは……………………………………………………………………………………………………………………………31
局発回路とパディングコンデンサー……………………………………………………………………………………………41
トランスレスラジオのアースについて…………………………………………………………………………………………52
真空管ラジオの注意点……………………………………………………………………………………………………………57
真空管の内部をのぞいてみたら!!……………………………………………………………………………………………70
高周波増幅付きスーパー用コイル………………………………………………………………………………………………77
いろいろな中古IFTを調べてみたら ……………………………………………………………………………………………82
ブロック型ケミコンの爆発………………………………………………………………………………………………………92
簡単に自作できる455kHz発振器…………………………………………………………………………………………………96
中古真空管の購入時の注意 ……………………………………………………………………………………………………104
手抜き真空管があった! ………………………………………………………………………………………………………106
トランジスター式シグナルインジェクター …………………………………………………………………………………117
トランスレススーパー試験用ACコンセント …………………………………………………………………………………127
フィールドコイル型スピーカー付きスーパーの修理 ………………………………………………………………………151
古いスーパーラジオのチェックポイント ……………………………………………………………………………………152
絶縁トランス付きケミコンテスターの製作 …………………………………………………………………………………159


















                 内容省略

ここから部品の説明






















84〜85ページ


VRにはいろいろな物があります。
抵抗値、変化カーブ、スイッチの種類がそれぞれ異なるので注意が必要です。
PUの切替に使われているものは、機種によってスイッチの構造が異なります。

87〜88 スピーカーや出力トランス





(90〜91電源トランスの説明は省略)

92〜93





















以下は原稿の内容の一部です。

ST管スーパーの組み立て





mT管トランス式スーパーの組み立て例


下記写真は原稿です、書籍では白黒です。



下記写真は原稿です、書籍では白黒です。


mT管トランスレススーパー (同調表示はネオン管で)


下記写真は原稿です、書籍では白黒です。


下記写真は原稿です、書籍では白黒です。

蛍光ネオンの輝度は受信する電波の強さに比例します
離調時 電波が弱い 電波が強い

コラムの一例です。

   




この書籍は修理方法については、ページ数の関係で簡略化しています。
詳細には男の自由時間「真空管ラジオ・アンプ作りに挑戦!」をご覧ください。

2008年12月24日:1771



最近 法外な値段で売られています、困ったものです。
この本は東京中野区では南台図書館にあります。
実は 中津市立小幡記念図書館に2冊寄贈してありますので、大分県の方は地元の図書館経由でご利用ください。
福岡県でも豊前地方の方は大丈夫と思います。












2015年11月28日

これは売れました。



久しぶりに アクセスしたらこの値段

2016年9月15日



もう売れていまいた、驚きを通り越しています。

2016年9月16日


真空管式スーパーラジオ徹底ガイド 正誤表

ページ 訂正箇所
12 左欄下から16〜15行 「側帯波」→「側波帯」
16 左欄上から10行 「日本で世界初の」→「日本初の」
18 表2中 「12Y-R1-12Y-V1-12Z-P1-24Z-K2」→「12Y-V1-12Y-R1-12Z-P1-24Z-K2」
20
写真の説明が「ST管スーパー」になっているが、正しくは「並四」です。
23 当選するともらえた→東京中央放送局の懸賞にナショナルラジオが1等当選したのを記念して発売されたラジオです。


写真2に示すラジオは「224 227 47B 112B」→
「224 227 247B 112B」が正しい。
24 (写真間違いあり)  テレビアン M-48の写真

  
26 上から3〜4行 「12Y-R1-12Y-V1-12Z-P1-24Z-K2-B-37」→「12Y-V1-12Y-R1-12Z-P1-24Z-K2-B-37」
36 6.3V ヒーターのアース配線が抜けている。
38 図3 C2の記載抜け
42 図7 C5黒丸ズレ (赤丸の位置に移動してください)
48 C12→C11 (訂正箇所)2箇所あり。
52 コラム中4行目 「ふたとおり」→「2通り」あるいは「2とおり」
58 (3)p.58 左欄下から2行目 「よ過ぎる」→「良過ぎる」
59 表6中 「6AR5」のプレート電流値「35」→「32」
「6AR5」のスクリーングリッド電流値「10」→「5.5」
「5球スーパーB」のB電流値「66.2mA」→「62.9mA」
60 左欄9行 「合計40.7mA」→「合計40.2mA」
66 表2の中の電池式の真空管で表記間違いあり。
12SK7G-T→12SK7-GT
1AB4は1AB6が正しい,
1A64-1A6が正しい,
1DG5-1D5G,が正しい
1S5CF-1S5SFが正しい
67 写真1の説明 「6W-C5/6D6/6Z-DH3A/42/KX-80」→「6W-C5/6D6/6Z-DH3A/6Z-P1/80BK」
79 写真19 説明は「中国製ポリバリコン」となっているが「日本製ポリバリコン」が正しい。
90 表8でP-60のB電源容量は60mAが正しい。
91 表9 P-88Hの欄 「0-70V」→「-70V」
表9 S-422の欄 「250Vx20V」→「250Vx2」
106 この6Z−DH3は、75を使ったラジオの補修用にも使えるようPD1を省略した2極管の3ピンは無接続(NC)でした。
→この6Z−DH3は、75を使ったラジオの補修用にも使えるようPD1を省略した2極管の4ピンは無接続(NC)でした。
107 6Z−DH3のベース接続は間違い、右の図が正しい。 
109 最下行 「用意」→「容易」
111 図1のOPTは5Kは12KΩ。
表1
6Z-DH3Aのプレート電流:0.5mA。
42のプレート電流:35mA、G2電流:9.7mA。
112 表2 真空管のヒーター電圧「6.3V/0.2A」→「6.3V/2.0A」
左欄 下から4行 「0.2Aに下げられます。」→「0.2A下げられます。」
113 写真2の説明 「6W-C5、6D6、6Z-DH3A、42、KX-80BK」→「6W-C5、6D6、6Z-DH3A、6Z-P1、80BK」
118 下の図6C-W5は6W-C5の間違い
119 パワートランスの1次側電圧表示を赤字のごとく訂正。

122 5行目
テスターを直流電圧計にして整流管のプレート電圧を測定します。→(交流電圧計のまま)整流管のプレート電圧を測定します。
(紛らわしい表現でした、整流管を挿入した後の各部のB電圧は直流電圧計で測定します)
123 図2のOPT 12KΩ
127 下から20行 「道ずれ」→「道づれ」
129 図3,OPT 5K〜7KΩ
144 図4,OPT 2〜3KΩ、12AV6のグリッドリークなど。

145
147 表9 340PFバリコンの場合、パディング330PF。280PFバリコンで、ANTコイル310μHに訂正。 
151 12表に余分な文字あり、”電力”を3箇所消す。

2008年12月28日:2,029
2008年12月31日:2,238
2009年1月11日:2,824
2009年8月10日:7,802 79ページの訂正を追加。
2009年8月17日:7,940 106ページの訂正を追加。
2012年2月26日:19,976 リンク切れを修正
2012年3月21日:20,259 ページ間違い(152→151)を修正
2016年9月16日:35,221 アマゾンでの高値販売時驚愕
2016年9月19日:35,331 目次を梅田さんに テキストにしていただいたので追加します。


radiokobo-all