詰将棋おもちゃ箱カピタンリバイバル
カピタン展示室 No.28 占魚亭さん
対面協力詰 7手(持駒はチェスのナイト)
カピタンリバイバル
カピタンリバイバル
出題時のコメント:

持駒の騎はチェスのナイト

対面ルール 盤上にある任意の駒は、そのすぐ上に敵の駒が存在するとき、その駒の性能に変化する。
例えば56騎と打つと、56騎は玉の動き、55玉は騎(八方桂)の動きになる。
協力詰(ばか詰) 先手後手協力して、最短手順で後手玉を詰ます。

対面ルールは、安南将棋などと同じく、盤面の配置によって駒の利き(動き)が変わる性能変化系のルールです。 その条件は相手の駒と直接向き合うとき。 そのとき、両方共向き合った相手の駒の利きに変わります。

騎士(ナイト)の動き 持駒の騎はチェスの騎士(Knight)、八方桂です。

さて、本作、美しい無仕掛けの対称飛一色図式。 持駒騎1枚ではこころもとないので、飛の入手を図りたいところ。

普通に王手したのではなかなか飛は取れませんが、そこは対面ルール。 56騎、36(76)玉、37(77)騎とすれば、簡単に飛を取ることができます。 7手詰なので、あと4手で詰みです。

  56騎、36玉、37騎、

37騎で、36の玉はナイトの性能になったので、行ける場所は8か所。 詰めるためにはなるべく端に寄せたいので、24、15、17、28が有力でしょうか。

玉が動けば37の騎が25、16、18、29に利いているので、それを利用して飛で詰められる?

  • 24玉、23飛、15玉、25飛成まで
  • 28玉、23飛、19玉、29飛成まで(27飛、19玉、29飛まで)
  • 28玉、38飛、19玉、18飛まで

普通の詰将棋ならこれで詰みなのですが、これは対面ルール。 24(28、17)歩など王手を外す手があるので、まだ詰んでいません。

正解はなんと15玉に16騎で詰ます筋。 23、34、36、27と逃げ道が4か所もあって、とても詰みそうにありませんが、2手で全部塞ぐ手がありました。

  15玉、45飛、44角!、16騎 まで7手

45飛に44角が絶妙。 これで45飛は角の利きになるので、4か所すべてに利いています。

作者「チェスの騎(ナイト)を使った対面協力詰です。 初形が取り柄の易しい一本道の手順ですが、4五飛・4四角の2手がちょっとした考え所でしょうか。 盤上に飛車が2枚ないと、初手36騎、35飛以下の順が成立します。」

美しい初形から、対面ルールと騎士の利きを活用した手順が好評でした。

それでは、みなさんの感想を。 解答到着順です。

山下誠さん:
ナイトに変わった玉の利き筋を1枚で止める駒が角とは意外。 形も手順もきれいな傑作だと思います。
小山邦明さん:
フェアリーはルールに慣れないといけないのですが5手目が非限定になったので不安な解答です。

89飛成までの解答。 対面ルールではまだ詰んでないんです。

きたさん:
久しぶりに解答したのはこれが解けたから。 詰将棋とは違って新鮮だった。

25飛成までの解答。 これも対面ルールではまだ詰んでいません。

S.Kimuraさん:
騎を37に移動させ,19玉 29(18)飛 までと思いましたが,飛車の頭に歩などを打つと逃れるのですね. fmza64 に解かせましたが,44角は思い浮かびませんでした.
池田俊哉さん:
44角対が玉(騎)の逃げ道をすべて塞ぐ好手。 二手目76玉(騎)もあるが、77飛を外してしまうと初手36騎から詰んでしまうのか...
たくぼんさん:
習いある詰上がりですが、初形55から15への王移動やら簡素な初形も素晴らしく、美しい作品と思います。

カピタン展示室No.28 解答:8名 正解5名

池田俊哉さん  S.Kimuraさん  占魚亭さん  たくぼんさん  山下誠さん  

当選者は、全題の解答発表のあと、展示室で発表します。