詰将棋おもちゃ箱記録に挑戦!
 記録展示室 No.121 金少桂さん
記録に挑戦!
記録に挑戦!
解答を見るには「棋譜表示」ボタンをクリック

棋譜ファイル(柿木将棋kif形式)
出題時のコメント:
10手台。記録に挑戦!は詰将棋のギネスブック

記録展示室No.121 金少桂 長手数記録、短手数記録、駒数の記録、繰返し回数の記録など、詰将棋のいろいろな記録作を一覧できるコーナーが、 記録に挑戦!です。

何十年も破られてない記録もあれば、頻繁に更新されている記録もあり、ちょっと頑張れば更新できそうな記録もありそうです。 新規な項目も調査可能な条件であれば随時追加していますので、「こういうのは記録作になりますか」など、 まずは管理人TETSUにメールでご相談ください(omochabako@nifty.com)。

本作は、繰返し回数の記録、双方連続同種の手のうち、連続金の記録作(10回)です。

作者「4-100 連続金 の記録を9回から10回に更新する作です。
内容としては現記録『宵の明星』を2手逆算して配置を一路右に寄せたものです。」


これまでの記録作(9回)は、同じ作者の「宵の明星」(2008年8月記録展示室No.43)で、 現時点での全手順金の長手数記録作(9手)です。

金少桂「宵の明星」 棋譜ファイル(柿木将棋kif形式)

このときにも、作者は「1手逆算して、10手詰め(受先)も出来ている」と述べていました。 連続金の記録項目が登録されたのを機に、11手詰の連続金10回の記録作として発表したわけです。

改良図なので、直接記録に挑戦!に登録しようかと思いましたが、「宵の明星」がかなり前の発表であること、 短手数で詰将棋ガイダンスでの記録に挑戦!の紹介として適当な作品であることから、記録展示室で出題させていただきました。

手順は16角の利きを止める25金合がポイント。 「宵の明星」の2手逆算なので、詳しくは「宵の明星」の解説をごらんください。

  24歩、同、14、同、35、25合、
  24打、同寄、同、同、14 まで11手

それでは、みなさんの感想を。 解答到着順です。

鳥本敦史さん:
途中で全応手金では?と思い立ちあとは暗算でスラスラ解けました。奇天烈な構図は作者ならでは。
蛇塚の坂本さん:
金の連続10回は凄いと思える。
山下誠さん:
自陣の飛車をピンすることで金の手が続く。うまいアイデアです。
長谷繁蔵さん:
同金4回

詰方の同金もあるので5回ですか。 同金の回数記録の項目はありませんが、データベースで調べてみたら、添川公司さんの「二天門」の18回が記録のようです。

小山邦明さん:
金の連続着手の記録作でしょうか? 34金という手があるので8手目の金寄が限定で、うまく手順が続けられている。
津久井康雄さん:
金の連続手ですね。配置に苦戦の跡が・・・
S.Kimuraさん:
最初が歩なのが少し残念ですね.
池田俊哉さん:
連続金応手の記録でしょうか。25金打合で手数を伸ばすのがポイント
占魚亭さん:
初手から金の着手でないのが惜しいですね。
変寝夢さん:
記録は1手更新なのかな。8手目は限定なのですね

8手目同金引では34金まで。

ハマGさん:
連続金10回の記録でしょうか?
市橋宗士さん:
2四歩以下、十手台で詰むんですが、駒が余るので不正解ですね、降参です。

もうちょっとだったのかな。 どこが違うか、手順を見てご確認ください。

波多野賢太郎さん:
これは金の連続着手10手の新記録でしょうか。よく考えてある力作ですね。

記録展示室No.121 解答:13名 全員正解(下記)

  池田俊哉さん  S.Kimuraさん  キリギリスさん  小山邦明さん  占魚亭さん
  津久井康雄さん  鳥本敦史さん  長谷繁蔵さん  波多野賢太郎さん
  ハマGさん  蛇塚の坂本さん  変寝夢さん  山下誠さん

当選者は、全題の解答発表のあと、展示室で発表します。