詰将棋おもちゃ箱詰将棋美術館
アート展示室 No.64 eureka
詰将棋美術館
詰将棋美術館

棋譜ファイル(柿木将棋kif形式)

出題時のコメント:
雪隠詰 29手

アート展示室No.64 eureka eureka飛角図式展、トリを飾る作品は、金一色持駒、 そして田舎ですが「C」の初形曲詰の飛角図式。 解くのは大変ですが、手順はおもしろいので、ぜひ並べてご鑑賞ください。

2枚馬が押さえているとはいえ、飛龍の守りも固いので、15金か25金と打ち込んでほぐしに行くしかなさそうです。 馬も二通りありますが、正解は15金打から同馬左。

  15金、同飛、同馬左、同龍

龍が残っているので、まだ大変。 13金、23金と捨てていくのは1枚足りません。 ここは34飛と拠点を作ります。

  34飛、24銀合

24合は弱い駒(歩香桂)なら、13金、同玉、12金、23玉、22金打、14玉、13金以下。 強い駒(銀金角)の合駒が必要です。 正解は24銀合ですが、とりあえず銀金角のいずれかは保留にして先に進めましょう。

すぐに同飛は同龍で龍の守りが強すぎて切れ筋。 ここは、15馬と龍を取ってしまうのが強い攻め。 更に26金と捨てて36飛と打てば、2枚馬の拠点が2枚飛車に切り替わりました。

  15馬、同玉、26金、同玉、36飛、17玉、

36飛に15玉は16金から25金打で24合を取れるので簡単。
17玉に28金と捨てれば、やっと24の合駒をとることができました。

  28金、同玉、24飛、

この時点で持駒は(金+銀金角のいずれか)の2枚。
金金なら27合が何であっても金2枚打っていけば簡単。
角金なら27合が何であっても73角と打てば簡単。
というわけで24合は銀合で、現在の持駒は金銀と判明します。
27の合は歩香桂銀金角と6種類ありますが、結論からいうと29に利かす27香合が最長で29手、 他は39金か39銀で27手以下で詰みます(上記盤面または棋譜ファイルでご確認ください)。 香合のときだけは39金も39銀も詰まず、29銀の送りの手筋が正解です。

  27香合29銀、同玉、27飛、28金合

28の合は、39金、19玉、16飛の筋を防ぐため、金合に決定。 金合には39金ではダメで、同飛と切って29香と捨てれば、出題コメントの通り雪隠詰で収束します。

  同飛、同玉、29香、19玉、18金、同玉、28金、19玉、
  16飛 まで29手

29香を同玉は39金、18玉、28金打、19玉、29金(16飛)まで同手数でこれも正解。 この順も雪隠詰です。

馬が主役かと思いきや、飛が主役。 26金、28金、29銀と金銀を捨てて飛を活用する手順は気持ちいいですね。 銀合、香合、金合と3回の合駒は、すべて限定で割り切れています。

それでは、みなさんの感想を。 解答到着順です。

津久井康雄さん:
34飛から15馬が見えず、合駒選択もあって苦戦しました。
山下誠さん:
2六金から飛打ちでうまく押し返せる。初形がきれい。

22龍まで27手解。 飛打に対して入玉してしまうのが最長でした。

長谷繁蔵さん:
5手目34飛で24銀合以下
15馬や13金が有り分かりません。
少し早いギブアップですがお許し下さい。

15馬が正解でした。

池田俊哉さん:
強力な持駒を背景に飛龍を剥がす。 24飛に対して持駒を打って下段に追いこむのは趣向っぽい
占魚亭さん:
二枚馬から二枚飛車へ移行して迫る。
波多野賢太郎さん:
合駒、変化を読むのが大変でしたが、最後はきれいに詰んだのでスッキリしました。1一ではなく1九で詰むのは予想外でした。
S.Kimuraさん:
ヒントから,玉は当然11に行くものとばかり思っていましたが,19に来るとは,またも驚かされました.

アート展示室No.64 解答:6名 正解5名

  池田俊哉さん  S.Kimuraさん  占魚亭さん  津久井康雄さん
  波多野賢太郎さん

当選者は、展示室で発表しています。