次ヘ
次ヘ
詰将棋おもちゃ箱詰将棋美術館
アート展示室 No.24 老花現象さん
詰将棋美術館
詰将棋美術館

棋譜ファイル(柿木将棋kif形式)

出題時のコメント:

くるくるアートその1。40手台


純対称の初形。 形と持駒からわかる通り、手順はくるくるです。

57歩からスタート。
純対称なので、どちらに逃げても同じ。 とりあえず66玉と逃げることにしましょう。

  57歩、66玉、

まずは歩を打っていきます

  67歩、76玉、77歩、86玉、87歩、95玉、96歩、同玉、97歩、95玉、

95玉で1歩余分に使わせるのを忘れないように。

ここからはおなじみの金鎖手順。

  94と寄、85玉、84と右、75玉、74金、65玉、64金右、55玉、

中央に戻って来ました。

  54金引、46玉、

56歩と突きたいのをじっと我慢して53金を活用。

46玉の局面の1筋から4筋を、2手目の局面の9筋から6筋と比べると、左右裏返すと全く同じ。
そこで、ここからは、先ほどと左右対称の手順が出現します。

  47歩、36玉、37歩、26玉、27歩、15玉、16歩、同玉、17歩、15玉、
  14と寄、25玉、24と左、35玉、34金、45玉、44金左、55玉、

そして三たび中央に戻って、待望の歩突きでフィニッシュ。

  56歩 まで41手
作者:
形(初形、詰上り)および手順が対称となっています。

初形も詰上りも駒種もそろったきれいな純対称立体曲詰。 そして左右対称の趣向手順の出現と、見事な様式美です。
初手に突いた歩が最後にもう一度動いてとどめをさすところもいい感じです。

それでは、みなさんの感想を。 解答到着順です。

長谷繁蔵さん:
2より優しく助かった
三輪勝昭さん:
暗算なので自信なし。
捌けない趣向なので好きでない。
やよいさん:
暗算で解いていたら30手台で詰んでしまい、結局は盤に並べるハメに。
池田俊哉さん:
右へ左へ通算一往復。初形・最終形ともに完全対称が良い
やきのりさん:
∞記号型の軌跡で無限の往復!?いえいえ楽しく解けました。
やまかんさん:
初形55玉でないのが惜しい。
隅の老人Bさん:
2手目、どちらに逃げよう、右or左?
どちらに逃げても最終手は56歩とは珍しい。
初形、収束図、ともに綺麗な左右対称。
老花?いいえ、まだまだ若いです。
やぶいりさん:
両端が要注意。詰め上がりも対称形。
S.Kimuraさん:
玉が8の字に動くのが面白かったです.
9手目に14と寄としても同じになるかと思ったのですが,打ち歩詰めになるのですね.
占魚亭さん:
歩にはじまり歩に終わる。

アート展示室No.24 解答:10名 全員正解

  池田俊哉さん  S.Kimuraさん  隅の老人Bさん  占魚亭さん  長谷繁蔵さん
  三輪勝昭さん  やきのりさん  やぶいりさん  やまかんさん  やよいさん  

当選者は、全題の解答発表のあと、展示室で発表します。