次ヘ
次ヘ
詰将棋おもちゃ箱詰将棋美術館
アート展示室 No.23 山田淳さん
詰将棋美術館
詰将棋美術館

棋譜ファイル(柿木将棋kif形式)

出題時のコメント:

馬を作って追い詰める。30手台


と金一色のきれいな無防備対称形。 持駒は角金4と強力なものの、入玉型なので簡単には詰みません。

馬を作るには、と考えると、48金、同玉、93角は見えるところ。 対称形なので、もちろん68金、同玉、13角でもかまいません。

  48金、同玉、93角、49玉、

2手目の変化がちょっと大変。

1) 67玉は77金で、これは簡単
2) 68玉は57角、78玉、79金、87玉、77金打以下、これも簡単
3) 69玉は68金、同玉、13角、78玉、79金、87玉、77と、同玉、68角成以下
4) 59玉は58金打、69玉、68金で、以下3)の変化と同じ

じつは作意順も3)、4)の変化と同様の順になるので、ここを読んでおくとあとが楽になります。

  48金、59玉、58金、69玉、68金、同玉、57角成、78玉、

金を横にスライドさせて、馬をつくるのに成功。 ちなみに93角に59玉の逃げはすぐに58金で2手短くなります。

ここまでくれば、あとはさきほど読んだ順。

  79金、87玉、77と、同玉、68馬、87玉、78金、96玉、
  86金、97玉、87金引、98玉、88金引、99玉、89金、同玉、
  79馬、99玉、88馬 まで31手

87玉にあわてて金を打たず、77と捨てが軽妙な一手。
68に馬を据えれば、今度は縦の金スライドでぴったり収束します。
作者:
と金一色の逆三角形です。手順の方は、金の動きが前半横方向、後半縦方向と対照的で面白いかと思います。

この初形にこの手順。 記憶に残る作品です。

それでは、みなさんの感想を。 解答到着順です。

市橋宗士さん:
初手もいろいろあるし、角打ちがまたいろいろあるが。 この手順でしか詰められなかったので大丈夫かな? 3枚のと金を何と表現してよいのか。
長谷繁蔵さん:
48馬を見つけて解決。キレイに収束
4手目59玉として29手で困った
池田俊哉さん:
57角成をさけて最下段を動く玉の動きが楽しい。収束も決まって作者も満足か
やまかんさん:
憎らしいほどうまい金の使い方。
隅の老人Bさん:
先ずは、簡素で綺麗な初形に感心。
手順も角が成る処までが、けっこう難しい
と金を15手目に捨てるのが最後の好手で、上手く出来ています、好作。
S.Kimuraさん:
馬を作るというヒントから,68金から追ってみましたが,手が広くて分かりませんでした.
占魚亭さん:
軽妙な好作。
好評でした。 左と右では、初手68金から右で詰めた方の方が多かったようです。

アート展示室No.23 解答:6名 全員正解

  池田俊哉さん  市橋宗士さん  隅の老人Bさん  占魚亭さん
  長谷繁蔵さん  やまかんさん  

当選者は、全題の解答発表のあと、展示室で発表します。