次ヘ
次ヘ
詰将棋おもちゃ箱詰将棋美術館
アート展示室 No.11 TETSU
詰将棋美術館
詰将棋美術館
出題時のコメント:

まずは肩慣らし。10手以下


吉田さん、利波さんとアート向け作品の投稿があったので、6月はきれいな配置のくるくる作品をあわせて美形詰将棋特集を組みました。 アートの2題はちょっと難しめということで、肩慣らしを1題追加。

初形は上向きの矢印のような形。 実は昨年12月、クリスマスツリーのつもりで作ったものです。

まずは桂打で香を移動させます。 左右対称なので、どちらから打っても同じこと。
2枚の香を動かすと、再び左右対称に。 下向きの矢印のような、イカリのような形。

ここで金を捨てて守りの金を左右どちらかに動かせば、反対側から金打で詰み。
詰上りはまたまた左右対称。 目のようなUFOのような。

  47桂(67桂)、同香成、67桂(47桂)、同香成、
  45金(65金)、同金、65金(45金) まで7手

左右対称の三段曲詰ですが、いろいろなものに見える形。 みなさん、想像力を発揮して楽しまれたようです。

それでは、みなさんの感想を。 解答到着順です。

市原誠さん:
これは基本ですね。
稲葉上さん:
最終形もアート。傘がそろばん玉へ。
長谷繁蔵さん:
初形,詰上り共左右同形キレイ
中澤照夫さん:
詰め上がりも対称形。
凡骨生さん:
詰め上がりも美しい。
小峰耕希さん:
↑↓∞でしょうか。
松田浩輔さん:
最初は簡単でよかったと思います。
しろねこさん:
45金を6五金としても詰みます。
形がいいです。
渡辺さん:
これは流石に簡単。左右対称の特例を2重に使っているのですね。
S.Kimuraさん:
手順は簡単でしたが,詰め上がりも対称になっているのですね.
隅の老人Bさん:
美しい形に肩のこらない手順。十分楽しみました。
利波さん:
形は面白いけど、桂打ちも金打ちもどちらからでも良いので、四通りも組み合わせがあるのは少し気になりますね。
鈴木康夫さん:
左右どちらで解答するか迷いました。
ちなみに、最終手は65金が10人、45金が7人でした。

アート展示室No.11 解答:17名 全員正解

  嵐田保夫さん  安藤さん  市原誠さん  稲葉上さん  S.Kimuraさん
  小峰耕希さん  しろねこさん  鈴木康夫さん  隅の老人Bさん  躑躅さん
  利波さん  中澤照夫さん  長谷繁蔵さん  凡骨生さん  松田浩輔さん
  渡辺さん  watarumanさん

当選者は、全題の解答発表のあと、展示室で発表します。